あなたの思い描く夢をカタチにできる!フラクタル心理学を活用して 潜在意識を土台から作り変える脳の修正方法を伝えます

フリーで好きな仕事をしている方
将来、好きな仕事で起業したい方を成功へとサポートします。
私は、成功できない思考回路を削除して、成功するための新しい思考回路を作り出すための心理コンサルタントです。
MBIPはあなたの才能を開花させる具体的な方法を学べます


テーマ:

こんにちは。

潜在意識を土台から作り変えるサクセストレーナー 
フラクタル心理学 LDP講師
重地則子です



【人生の標識、暗号を読み解く(LDP)】
あなたの潜在意識の中の情報を
自分で読み解くことができます。


あなたは人生に迷ったときや、
感情がイライラしたり不安定になった時、
自分の心を知りたいと思ったりしませんか?

私はいったいどうしたいのだろう?
どの方法が正解なのかな?
失敗するのは嫌だ!
遠回りするのも嫌だ!

こんな体験はありませんか?

または、どうしていいかわからないうちに、
だんだん不安感が増していってしまった・・・

だから
友達に相談してみようかな・・・
セラピーを受けに行ったらいいかな・・・
占いにいこうかな・・・

迷いからなかなか抜け出せない。
これは無駄な思考であり、時間の無駄です。

アメーバこんな方におすすめです

・進む方向性を知りたい
・未来を知をしたい
・将来が不安
・選択が苦手
・周りの人の意見を聞くことが嫌
・自分の問題は自分で解決したい
・周りの出来事から自分の深層意識を知りたい


こんなとき、気軽に自分を知れる
具体的な方法があったらいいと思うでしょう。


あなたの潜在意識をあなた自身で読み解く
具体的な方法があります。

Life Decoding Procedure(LDP)
人生の標識、暗号を読み解く方法




アメーバ講座の内容

1LDP(Life Decoding Procedure)とは
自分だけの人生の標識があります

2世界を見れば自分の深層意識がわかる
 世界は自分の思考を映し出しているスクリーン

3世界と自分は相似関係になっている
 本質は同じだから、相似形になる

4深層意識の情報源は周りから得られる
 例えば、ニュース!

5向かいたい方向性を決める
 あなたは成功したいのか?それともこのままでいいのか?

6解決したい問題をハッキリさせる
 あなたはどうなりたいのか?

7ワークシートに沿ってLDPをやってみる


アメーバこんな効果を得られます

・自分の心を知って安心した
・今やることが分かった
・モヤモヤ、イライラが消えてスッキリした
・「占い」に行かなくても問題解決できると思った
・自分でもまたやってみようと思った
・迷いが消え、先に進む選択ができた
・自分の心と周りの関係が見えた

*「人生の標識を読み解く(LDP)」プログラム制作者:
国際TAW協会一色真宇会長

【受講生の感想】

宝石赤受講してみて、私の深層意識には、思った以上に、自分本位な気持ちと責任を逃れたい気持ちがあることがわかりました。
そして、チャイルドの考えと大人の考えの区別ができていないので、余計な心配や不安が生まれることもわかりました。

宝石赤自分では気が付かない角度からの見方を示唆していただき納得しました.

宝石赤自分が分からない自分の潜在意識の中に、修正したほうが良い思考と、これを目標に頑張ると良い思考の2つがあると知りました。

宝石赤ネガティブニュースとポジティブニュースの2つには関連性があること。まさに思い当たることがあり、びっくりしました。

宝石赤毎日、私は「絶対変わると決めた!」と唱え、変わることが当たり前になるようにしていきます。
そして、目の前のことを文句を言わず黙々とこなします。

宝石赤マンツーマンのように丁寧にアドバイスしてくださり、とても面白かったです。意外な自分の思考も出てきてよかったです。

「人生の標識を読み解く」2時間講座

開催日時:
7月28日(木)18:00~20:00

8月 6日(土)16:00~18:00
  11日(木)14:00~16:00
  27日(土)13:00~15:00
  28日(日)14:00~16:00

開催場所:東京都内

料金:5400円(税込)テキスト付

定員:2名(少人数でガッチリやります)

お申込み:こちらからお願いします

宝石赤遠方の方はスカイプ受講も可能です。

個別でも対応しています。ご相談ください。

お問い合わせ:grace33shigechi@gmail.com






潜在意識を土台から作り変えるメルマガ登録はこちらから


あなたの成功を心から応援しています宝石赤

潜在意識を土台から作り変えるサクセストレーナー 重地則子



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)