中国内モンゴル自治区のゴビ砂漠、約7500万年前(白亜紀後期)の地層から、鳥類に近い小型肉食恐竜ドロマエオサウルス類のほぼ完全な全身骨格化石が見つかり、新属新種に分類された。英ロンドン大や中国古脊椎(せきつい)動物古人類研究所などの国際研究チームが20日までに国際動物学誌ズータクサに発表した。
 「リンヘラプトル」と名付けられた化石は、全長が約2.5メートル、体重が約25キロと推定される。ドロマエオサウルス類らしく、足に巨大なかぎつめがあるのが特徴。素早く動き、草食恐竜などを捕らえて食べていたとみられる。
 化石の保存状態は非常に良く、同類の進化過程や、当時の環境を解明するのに役立つと期待される。 

【関連ニュース】
陸上走る鳥の祖先か=新種の化石発見
白鵬関が結婚式
無登録でモンゴル投資募る=100人から5億円超集金か
国内初、角竜類化石を発見=トリケラトプスの起源か

<築地移転>民主、予算修正案を26日提出…用地購入費削除(毎日新聞)
「陸」の慎太郎、西郷も認めた「節義の士」(産経新聞)
森田さん、桜開花予想的中のはずが目前で散る(スポーツ報知)
<狩野探幽>水墨画「雲竜図」の作者と判明 京都・興正寺(毎日新聞)
政倫審開催を中野会長に要請=自公(時事通信)
AD