神奈川県議会厚生常任委員会は17日、県内の海水浴場を原則禁煙とする県水浴場条例改正案を全会一致で可決した。県によると、条例により海水浴場での喫煙を禁止するのは都道府県では初めてで19日の本会議で可決、成立する見通し。
 改正案では、プールなどに加え海水浴場でも専用区域を除き喫煙してはならないという規定を盛り込んだ。違反者に対する罰則は定めないが、3年ごとに実施状況にあわせて条例を見直すことを明記した。
 県内には約30カ所の海水浴場があり、改正案が成立すれば今夏からすべての海水浴場が原則禁煙となる。 

【関連ニュース】
当世「新成人」諸事情
火も煙もゼロのたばこ発売へ=JT
たばこ販売、最大の落ち込みに=増税も1000億円減収
22日は「吸わん吸わん」=白鳥をロゴに、毎月禁煙デー
全面禁煙は「今月通知」=閣議後会見で長妻厚労相

肌で感じた「政権与党」の苦しみ(産経新聞)
社長、防火態勢の不備否定 介護施設火災、事務所などを捜索(産経新聞)
公立病院医師ら書類送検=薬誤投与の疑い-青森県警(時事通信)
首相動静(3月15日)(時事通信)
<大分コンサル脱税>大光など3社に罰金3億円超求刑(毎日新聞)
AD