1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-10 23:16:35

次回作にご期待ください

テーマ:ブログ



こんばんは、単刀直入に申し上げてブログが面倒くさくなってきたので更新もこれっきりにしたいなと。
何だか散漫とした趣味や、仕事を理由に妥協の繰り返しというサイクルにこの頃自己嫌悪と危機感を抱く一方なんですよね。

一点を見据えた生き方、つまり目標に向かって満身創痍するとか、物事を突き詰めて考えるには
必要不可欠ともいえる犠牲であったり非常識な法則に従うしかない、特に自分のような不器用な人間は何かを成し遂げなければ存在価値がない、といったコンプレックスを常に抱いているものですから
とにかく諦めがつくまでやらなければ、過ぎていく時間ですら無常と感じ、苛立ってしまう気質なのです。

画像は特に意味ないんですけどね、自分はメカ好きというよりも自己啓発の類として見ているので、まさに「セナは僕にとってのアイドル」です、励みになります。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2016-05-04 00:08:05

選ばれしプログレ者

テーマ:ロードバイク



あら、いいですねぇ・・・先月はそれまで入手困難だったアルバムが安価な値段で50タイトル?だかリイシューされたのでこの機会にまとめ買いしました。

入手困難というか乱発されている輸入盤は散見できますが、どうせなら高品質を期待できるものが望ましいっていう事で早まらずに様子見てたんですよね。
最近安価なアーカイブとかBOXセットも出てきていましたしね、どこかで踏ん切りつくようなものが出てくればいいな、と、思っていたところにこういう形で出てくるのはもう確信犯としか言いようがない
使い回しのライナーと外装さえ気にしなければ1800円という価格も良心的と感じます。

特にハットフィールズの1stと2ndはカンタベリーファン必聴の名盤と聞いていましたので既にエッグ、スティーブヒレッジ関連、ナショナルヘルスといったアルバムを愛聴している身にとって最高のご褒美と感じますね、もうね、プログレばっかり。(プログレ企画なんだから当たり前なんだけどさ)
上記の画像ではよく分かりませんが、ハットフィールズ1st,2nd、ダリル・ウェイズ"ウルフ"1st,2nd、スティーブヒレッジ「L」、ルネッサンス「燃ゆる灰」、UK「憂国の四士」、です。
燃ゆる灰・・・辺りはかなり今更感ありますが、こういう作品こそ最高の音質で堪能したいものです・・・このSHMもどこまで信用していいのかよく分からんだけど。



それで、一発目できますかね~こんなところで運を使い果たすつもりないんですけどね。
嬉しいですよ、プログレの次はハードロック特集だかで70年代初期のアンダーグラウンド作品も何作か出てくるみたいですし。



他はハズレましたが5枚消費して何を頂くか検討中、何にせよブログネタに困窮していたので嬉しい誤算は大歓迎。
その代りといっちゃ何だが、普段使いのミラーレス一眼ペンタックスQ10のバッテリーが寿命を迎えたのか昨日から電源が入らないという、こんなCDをパチパチやってる最中、突然の出来事だったので故障かと思ったが冷静に替えのバッテリーを注文、てか故障だったらかなりヘコむよ、まだ3~4年も経たないか?今使ってるガラケーの携帯より新しいわけですからね・・・(笑)
なので3枚目と以下の自転車は予備のコンデジで撮りました、鬱陶しいったらありゃしない。




ロードは夏に向けて中華製の廉価DHバーを導入してみました。
今日の午前中にバーテープも巻き終わって試走する予定だったのですが、あまりの風の強さに断念。
横風に煽られて何度も白線跨ぎそうになるわで、風をかき分け走る、というよりも今にも落馬しそうなジョッキーみたいな気分で必死にしがみつく感じでしたね、明日こそは風になりたいと思います。

ただこのDHバー、街中ではさすがに危険なので使用できませんが、見通しのいい直線や高速域で巡行できる農道は把握しているので早急に試したくて仕方がない。
画像は装着直後のもので今後も細かい調整は入っていくと思います。
肘パッドも単なるスポンジで安っぽいので、この辺も代替品見つかるとかなり嬉しい。



DHバーのエンドキャップも頼りない感じで挿入時に粉砕しないか心配でしたが、ゴムハンマーで騙しだまし入れてやりました。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-04-29 22:04:19

トラディッショナルでアヴァンギャルドで先進的でアカデミックな無重力ブリティッシュサウンド70s

テーマ:音楽紹介のコーナー



最近はすっかりブリティッシュトラッドフォークやカンタベリー系といった深淵な世界に嵌っています。
ハードロック収集に勤しんでいた頃にキャメル、エッグ、キャラバンといったバンドの廃盤CDも手に入れよく聴いていましたが、ようやく毒が全身に回ってきたと言ったところでしょうか。

中でもよく聴いているのがスパイロジャイラの3rd、チューダーロッジの1st、KHAN「宇宙の船乗り歌」など、どれもその筋では言われずと知れた名盤なのですが、総じて言えるのが初期キングクリムゾンを彷彿とさせる静と動の対比が織りなすドラマチックなサウンドと、どこかグレーな感じであったり哀愁漂う英国特有の深い森に迷い込んだかのような音世界。
どこを切り取っても素晴らしく、最近ワーナーが行っているSHM再発企画ではとりわけ密度の濃いプログレが続々とリイシューされているので収集も捗っています。





このチープなジャケットからは想像もつかないようなテクニカルでスペイシーなサウンドを聴かせてくれるのがカンタベリーロックの面白いところですね。
これでも精一杯キャッチーにしているんだろうなぁ・・・それでも非コマーシャル的とレーベルから冷遇される事に驚きを隠せませんが(笑
スティーブヒレッジは若くしてKHANのフロントに抜擢された事を重圧と感じ、解散後はバックバンドとして下積みに徹する意向を示しゴングに加入していますが、ゴング脱退後に発表した1975年のソロ1作目「Fish Rising」ではKHAN時代に共演したデイヴスチュワートも参加しています。
やはりそこでも押し寄せるようなスペイシーサウンドと弾きまくりのギターを堪能でき素晴らしい無重力サウンドを聴かせてくれます。
ヒレッジの音楽性というかキャリアはこの頃「宇宙の船乗り歌(1972)」から一貫しているものと痛感させられますね。



この深みに嵌って宮殿も2枚目です・・・この宮殿はボートラにMoonchildのフルバージョンやアメリカでシングルカットされたThe Court Of The Crimson KingのMONOシングルVerなど収録の2枚組エディションで聴きごたえ十分ですな。
グリフォンは今年のリイシュー盤で素晴らしい音質、この中では一番高価だった。
PFMを更に親しみやすくした感じのサウンドですが、古典音楽やクラシックの要素が際立つ感じでジャケットから漂う高貴でユニークな雰囲気もそのままファミコンみたいなシンセが心地よい、ぶっ通しで聴ける名盤です。
ギルガメッシュはジャケとは裏腹な優雅なジャズロック、ソフツ関連で知ったがこれも素晴らしい。
フループの中では最も牧歌的でコミカルとされている3rdですが、紙ジャケが高騰していて聴く機会に恵まれなかったので安価な輸入盤で手に入れました、自分は当世仮面舞踏会からこのバンドを知りましたがこれも良い。
無人島に持っていくならこの一枚と言われても納得しますね、ファンタジックでポップとはいえ、やはりむさ苦しいオッサン共が打ち出す音楽ですのでサウンドは厳格この上なくこのアンバランスさが何とも面白い。
やはりプログレバンドなのだと痛感させられます。




結構前にもアップしましたがこの機会なので見せびらかそうかなと。
アカデミックや実験音楽と言われると胸が高鳴るのはUK好きの性かもしれませんが、そんな音楽を枯渇していた頃に行きつけのCD屋に本当にたまたまあったんです、これは幸運としか言いようがない。
やはり、どこを切り取ってもアヴァンギャルドで、実験的で、かつ先進的で、何というかこういうジャンルは一部の感性を揺るがすセンスという点に委ねられているような気もするが※自分は単なる雑食なのでセンスとは程遠い人種と自負しております(笑)
紙ジャケ再発シリーズが総じてプレミアなのはLP盤をそのままコンパクト化している再現度とか物欲でしょうね、このエッグのオリジナルは確かデラムNOVAとかいうアンダーグラウンドレーベルだったと思いますが原盤の現存数も気になる。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-04-09 18:19:50

5か月ぶりのロード

テーマ:ロードバイク



自転車に乗るのは5か月ぶりくらいです・・・
路上の雪は完全になくなりましたので厚着して身体動かしていこうかなと。
乗り出す前にチェーンを脱着可能にしておきます。



使った工具。ミッシングリンク用のリムーバーとPWTのツールボックスからチェーンカッターでブチッ!と。
ただブッチンした時にチェーンがすっ飛んでいくので固定はあらかじめしておきます。



チェーンクリーナー⇒シリコンスプレー⇒取り付け後耐水性の潤滑油(ウェットルブ)で慣らしておきました。
ヌルヌル回って気持ちがイイ~誰がガチホモやねん



作業の為に一応買っておいたステーガード、あまり意味はなかった。
スカルチュラは既にチェーンステーにゴムが埋め込まれている良心設計だったので付けておくメリットもあまりないし、ただカーボン調で見た目はいいので気休め程度に。



これでチェーンの脱着も安易になりますね、BBのグリスもまだ残っているみたいでよく回転します。
レー5のハブも買った時に分解して充填しているので爆音もせず調子が良い。
ツールボックスがあるとメンテも捗りますね、何だか気分はミニ四駆いじり。
ちなみに好きなミニ四駆はネオ・バーニングサン、友人からはダサイだのキモイだの散々な言われようでしたが(笑)



ただ5か月も乗ってないと前のセッティングに違和感が出てきて1から調節し直すハメになりました。
ドロハンは位置を下げシート角度も水平に、これって単にデフォルトに戻っただけのような気もしますが。
この前は登りやすさを重視していたのであのようなセッティングに落ち着き軽量化も目論んでいましたが、今は速度維持を目的にしたいので直線で安定して踏めるようなセッティングになりますね、その分取り回しは悪くなるのでますます街中で乗ることが困難になってくると思います。
しかもブレーキはクソブレーキで定評のあるテクトロなので急制動も苦手、フロントとリアで違う握力を駆使しなければいけないストレスもある、これは調整が悪いのか何なのか、とりあえず105が死ぬほど欲しいとだけ言っておきたい。



調整が済んだ頃には完全に晴れていたので走ってみましたが、変にアドレナリンが発生してやたら頑張って漕いでしまった、やはり自転車は気持ちがいい。
ただこんな日にやたら車が多いのは何なんでしょうね?自分は信号のない横断歩道でなかなか渡れない時は必ずと言っていいほど鬼のような形相をするわけですよ、ただそれは停止しない車に怒ってるわけじゃないんです、むしろ無理して停止せずさっさと通過してほしいんです、発端は「なぜこれほど交通量が多いのか?」っていう事にブチギレてるんです、あれ全員時間無駄にしてますよ、効率悪いんですよ。
自分なんかは混みそうな時を見越して空いている時に行くタイプなので、信じられませんね、ラーメン屋とか薬局なんかも入店する前に雰囲気感じ取って妥協案も用意していくじゃないですか、2手3手先を読んで行動していきたいですよ、ホンマに、何の話してましたっけ僕。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-04-01 20:28:13

ブログタイトルの変更

テーマ:独り言



最近部屋の片づけして学生の頃聴いてたCDやら本やら結構処分しました。
段ボールひとつ分くらいですかね、それを親がリサイクルショップに持っていくとうるさいので持っていかせたら
買い取り額が2000円くらい、ボロボロの本やらCDやら、あんなゴミの塊みたいなもんが2000円にもなったという(笑)
それで冷蔵庫にあるソースをCGCからブルドッグに変えてくれと懇願して2000円は差し上げました。

それと大量に出てきたのがドラえもんやらクレヨンしんちゃんをダビングしたVHS
処分する前に視聴しました、小1~3くらいの頃の物なので10年以上経過してますけど、大山のぶ代(今認知症なんだってね!?)時代のテープです。

何の秘密道具の回なんだかよく分からんが、空き地でのび太がキャラメルの箱を拾うんだけど中身が空っぽで、しかもそれはジャイアンとスネオが意図的に空き地に置いておいた私物。まんまとそのキャラメルのトラップにハマったのび太が2人に全力でバカにされるという回。
のび太「ぐゃじぃぃぃ!!」

今こうして観ると、のび太は自分自身にある卑しさであったり自己抑制というものを省みるべきだったね(真顔)
子供アニメにマジレスしてしまいましたが、諸悪の根源はドラえもんそのものだったね、これは。
完全にのび太が成長する過程を「未来の道具」によって先延ばし、先延ばしにしている感じがする。
親も育児放棄同然じゃないですか?未来から便利な奴が来たからと言って、そいつに全てを託していいのだろうか。
遊び相手という体であっても、のび太をダメな奴だとレッテル張りする奴が一人増えただけの可能性だって無きにしも非ずである、戸塚ヨ●トスクールみたいな仕打ちをのび太がされても親は黙認しただろうか?恐らくしただろう、それでのび太の根性が叩きなおされるなら、と切に願ったはずだ・・。

しばらくして、ドラえもんが未来に帰還するという劇場版にもなった回がありましたけど
案の定のび太は未練たらたらでしたね、あのジャイアンを執念で追い詰めた後も、虚無感に浸る日々に変わりはありません。
そこで弱音を吐くわけですが、これまた未来の道具によってのび太は元の生活に戻ってしまうわけです。
これでまたジャイアンに仕返しができる!やったぜ!という、持ち前の学習能力ゼロっぷりを発揮

・・・僕の中で、のび太はダメ人間であり続ける運命を背負った人間という事で自己完結しています。
周辺の献身的な人々を失った時、のび太は一体どうなってしまうのか?そんなアナザーストーリーを見てみたいものですが、最終的にはジャイアンの妹か源しずかちゃんと結婚するのだから、世の中分からないものだ、僕的にはジャイアンの妹と結ばれたほうが肉体的、精神的にも鍛えられそうな感じはしますけどね。
しずかちゃんルートだとどうだろうな、貞操の低いのび太がしずかちゃんの意外なSっぷりに疲弊して
夫婦共々精神科通いみたいな・・・いや言い過ぎか、幸せになってほしいです(遠い目)

何がきっかけでアニメの習慣を閉ざしたのかよく分からないままなんですが、まあ
ドラえもんよりもリアル志向のアニメとかゲームが台頭して、それにシフトした感じじゃないですかね。
学生って狭い世界で生きているので自分が感情移入できるものが全てなんでしょう、小学生=コロコロ
中高生=ジャンプっていう草分けも何だか納得いく話ですね、どうでもいい話なんですがまんがタイムってどういう年齢層に支持されているのかよく分からないですね、行きつけのコンビニにいっっっつもあるんですよ、本当にいっっっっつもあるんで、自分が買ったのはまんがタイムオリジナルっていうやつなんですけど、これ再三言いますけど、どんな奴が好き好んで読んでいるのだろう!?!?

何だか話が長くなってごめんなさいね、本題ですが、ブログタイトル変えました。
その名も「精神異常の訪問者(仮面を纏った鬼畜のブログ)」です。
(;´・ω・)誰がアスペじゃコラッ!!!
いや、毎度の事ながら深い意味はなく単なる言葉遊びです((+_+))

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。