エロ写メ レーザー

テーマ:
無許可で美容クリニックを開設したなどとして、神奈川県警生活経済課は17日、医療法違反(診療所無許可開設)と保健師助産師看護師法違反の疑いで、美容クリニック「横浜フェリスクリニック」の運営会社「Clever」元経営者川村徹也容疑者(31)=横浜市西区北幸=を逮捕した。

 同課によると、川村容疑者は常勤医がいないのに美顔マッサージやレーザー脱毛なども行い、少なくとも74万円の利益を上げていたという。

 逮捕容疑では昨年7月から今年1月までの間、横浜市長の許可を得ず、同クリニックを同市西区に開設。医師の指示を受けずに、同市神奈川区の女性(35)ら3人に美容目的でビタミン剤の点滴などをした疑い。

 また同課は、医師の指示なしに注射などの医療行為を行ったとして、保健師助産師看護師法違反の容疑で、同クリニックの看護師関谷明子容疑者(30)=横浜市都筑区中川=も逮捕した。同課によると、2人は容疑を認めているという。 




エロ写メ エロ写メ エロ写メ
AD

エロ写メ 客が殺到

テーマ:
2010年1月23日、陝西省西安市の路上で“飴菓子を売る美少女”が昨年秋よりネット上で話題のアイドルとなっているが、その渦中の康(カン)さんがこのほど、地元で開催されたお正月食品の販売会に登場したため、来場客が殺到したという。チャイナフォトプレスの報道。

「タンフールー西施」とのあだ名をつけられている康さんは、5年前に河南省から出稼ぎにやってきた19歳の少女っぽい女性。市内の路上で「タンフールー(糖葫蘆)」と呼ばれる中国の伝統的な飴菓子を売っているが、その愛らしい容姿もさることながら、地方出身とは思えないオシャレな出で立ちも相まって、「なぜこんなかわいい子が屋台の売り子に?」と付近の男子学生らから注目を浴び、ネット上にも多数の写真が掲載され、話題が沸騰した。

  翌月14日の旧正月を控え、このほど西安市内の陝西国際展覧センターでは、大規模なお正月食品の販売会が開催された。その会場に康さんが登場したため、彼女のタンフールーを購入しようという客が殺到。彼女の周辺では携帯カメラで記念写真を撮るシャッター音が途切れることなく響いたという。

中国ではたびたび、こうした「草の根アイドル」がネット上で話題となる。「美少女車掌」に「スイーツ売りの美少女」、「揚げパン西施」「イケメンパン屋」など、いずれも容姿が優れていながら、至ってふつうの職業についているというギャップこそが「萌えどころ」となっている。エロ写メ
AD
21日、渋谷ユーロスペースで映画『ランディーズ』の舞台あいさつが行われ、出演者の川村陽介、聡太郎、久保田悠来、増田修一朗、伊崎央登、澤屋敷純一、藤原健一監督が登壇した。

 次世代を担う注目の若手イケメン俳優が多数登場するとあって、会場内は立ち見が出るほどの大盛況。壇上に俳優たちが登場すると、会場内には絶叫にも似た声援が飛び交っていた。リアルなガチンコファイトが魅力の本作だが、Kー1ファイター、澤屋敷純一の参加がそれに拍車をかけているとも言えるだろう。彼と闘った川村は「パンチが速くて重いんです。しかも飛んでくる拳が、今まで経験したことのないほどの大きさで、一回ゴンときたときに、脳みそが揺れるってこういうことだと思いました」とKー1ファイターと戦った恐怖体験を告白していた。そんな川村のアクションについて聞かれた澤屋敷は「かっこいいですよ」と絶賛。そのポイントを具体的に聞かれると「目がすてきでドキドキしました」となぜかアクションとは関係のない部分を褒める、おちゃめ発言で会場をわかせていた。

エロ写メ

 その発言に天を仰いでしまった川村が「そんなこと今日初めて言われました! 彼は現場ではほとんどしゃべらないんですよ。やっとみんなで酒を飲みに行ったと思ったら、ものすごくたくさんしゃべるんですよ。しゃべれるなら現場でもっと出してほしかったですよ!」と思わず不満(?)を漏らした。すると、「人見知りがすごく激しいので、慣れてこないとどう接していいのかわからない。そういう話です」とたにんごとのように話す澤屋敷のほのぼの口調に、会場内は笑いに包まれた。

 本作は累計260万部を突破したコミック「Hey!リキ」の漫画家、永田晃一の幻の連載デビュー作を映画化した青春アクションムービー。けんか無敵のアウトロー桜井蘭とケンジが営む便利屋助っ人稼業「ランディーズ」に、最凶チーム「ジャイアンズ」が抗争を挑む本格的ヤンキー映画だ。





AD