1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005-07-30 23:40:30

ブルーの守護

テーマ:aura-soma

light

買ってしまいました。
結構な衝動買いです(笑)
シルクスクリーンかと思ったら版画ということでした。
作者高砂淳二さん。

タイトルは「Light 記憶の彼方へ」
お店で見た瞬間に目が離せなくなって、
見つめてたら涙でそうになったので、
まず他の買い物を済ませ、即購入しちゃいました。
水中から、空を見上げたような浮遊感。
となりにはイルカが波間を揺らいでいる、
これまた素敵な作品があったのですが、
これに釘付け。

大いなる守護のブルー。
光が全身を包んで、まるで浄化されていくよう。
だから涙が出そうになったのかな。
ブループリントを生きるため、
守られていることを思い出しなさいというメッセージ。
この絵のタイトルもLight・・・光。
記憶の彼方にある、美しい光景。
全部ブルーを通ってやってくる。
母なる存在、海。
水は命を育み、時に飲み込む。
命が還っていくところ。
ブルーのさざ波が忘れている優しい記憶を
甦らせてくれそうで、目を閉じてみる。

今日は、2本目に大天使ミカエルをセレクト。
ソウルボトルのガーディアンエンジェルの下層と、
大天使ミカエルの上層に、ペールブルー。
まさに、今日はこの絵を連れ帰るようになってたのかな。
エルモリヤの「御心がなされますように」
この絵からは、このメッセージも感じられた。
ミカエルのチャレンジにあるペールイエロー(小我)は
ブループリントから見たら小さいんだなぁ。

大いなる存在からの愛を信頼すること。
ブループリントの中のひとつ。


鏡 リュウジ
占星綺想

リュウジくん、すごい!
結構早く絶版になっちゃったのかな。
画像をたくさん取り上げて説明してくれるので
読んでいてとてもわかりやすいんです。
この前の講座関連ではフィチーノについても
書かれてます。
わたしの知りたい心に火をつける(笑)


太陽系に10番目の惑星が発見されたとか。
冥王星以来75年ぶりに発見。
占星術界も変化あり?
ボトルも生まれたりして(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-07-27 22:22:24

ゆめ

テーマ:aura-soma

スペインのレストランのような雰囲気の
細長いお店にわたしは居て、
B11の花の鎖/エッセネボトルⅠと
B12のピース・イン・ザ・ニューイーオンを持ってた。
置いてあったノートには
マリア様やキリストのデッサンがしてあった。

今朝の夢の走り書き。
夢に出たボトルは、昨日のデイリーセレクトでの
3本目と4本目。

なぜスペイン?
レストランみたいな入り口だったけど、
洞窟みたいだった。
上から日が差し込んでいて、
デッサンも蝋燭の灯りでしていた様子。

マリア様の服は、ブルーで彩色されていた。

エッセネ派って、死海のほとりのクムランに住んでいた人たち。
白い服を着て生活してたとか。
夢に出てきた登場人物、そういえば、髭を生やして
白い服を着ていたなぁ。
だからと言ってなんでも結びつけるわけではないんだけど、
不思議な夢だった。

ちなみに今日のセレクトにこの2つのボトルは出てきませんでした。
昨日の夜、いつもより長くお祈りをしたから?
どこの宗教に属しているわけでもないのに、
手を合わせて祈るという行為は、わたしの中では自然なこと。
過去にそういうところにいた気がするのは、

気のせいじゃないと思ってる。

妙にきっちりしてないと気がすまなかったりするのは
そんなところに縁があるんじゃないかなぁ(笑)


ダン ミルマン, Dan Millman, 東川 恭子
「魂の目的」ソウルナビゲーション―あなたは何をするために生まれてきたのか

人生の課題の健康面、あてはまりすぎ(笑)
「理想的な食事や運動習慣を暫く熱心に続けたかと思うと、
突然放棄してどか食いをしたり、不摂生な生活に後戻りします」だって。
今一番の課題です。。。
身体が資本ですから(苦笑)



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-25 21:57:15

自分をいたわる

テーマ:aura-soma

まだまだ修行中なんだなぁと思った今日一日。

昨日ブックオフでたくさん仕入れをし、
炎天下の中重い荷物を抱えて帰ったからでしょうか。
睡眠不足もあったかもしれません。
だって夜中のフジテレビが・・・(苦笑)
昨晩は12時前には布団に入ったのに
今朝は身体が重くて起きられない。
身体が熱くて、気分もどちらかというとマイナス。
なーんにもしたくない。

下腹部もどんよりし、起き上がったらふらふらする。
月曜で忙しいから行かなくちゃ・・・という気持ちと、
無理して行って何になるの?というキモチが戦って、
後者が勝ちました。

ボトルを選んでみたら、案の定レッドが圧倒的に優勢。
2本目のボトルが「Get up & Go」・・・まさに逆なの。
「起きれないし、行けない」(苦笑)
なんでだろう。
答えは3本目「レディナダ」
上下ペールピンクのボトルはね、
自分のことをいたわることを教えてくれました。

ここ数日、人をいたわること、助けること、世界のこと、自然のことを
たくさん考えていたけれど、自分の体のことは二の次だったようです。
自分を愛せなくて、人を愛するなんてできないって
いつも思ってることなのに、実行できてなかった。
だから身体の調子も崩れるのね。
大きな病気はしないけど、どっちかというと身体弱いみたい(笑)
原因は自分でわかってるのにね。
ピンクポマンダーとレディナダのクイントエッセンスを使った後、
何気なく読んでいた「セラピスト」のバックナンバーで
「自分を大事にしないで、人に迷惑をかけていた」という

フットセラピストの方の記事を読んで、改めて自分を愛することの
大切さに気付きました。

少し起きられるようになった昼過ぎ、
以前から検討していた野菜の宅配についての資料を取り寄せることに。
電話をしたら、なんと今日説明を兼ねてお試し野菜を持ってきていただいた。
泥つきの人参と、プチトマトと小松菜。
できるだけ農薬は使わず、産地もしっかり表示してある、
愛情をかけてもらってきた野菜たち。
買えば値段は高いけど、それだけの価値がある野菜。
どれも夕飯でさっそくいただいたのですが、
本当に美味しかった!
来週から届くのが楽しみだわ♪





B72クラウン、B79オーストリッチのボトルは
ネイティブアメリカンのヤキ族と関連があるようです。
ヤキ族のシャーマン、ドン・ファンの教え。

短い言葉の中に、大切な言葉がちりばめられていて

勇気をくれる。

カルロス カスタネダ, Carlos Castaneda, 北山 耕平
時の輪―古代メキシコのシャーマンたちの生と死と宇宙への思索
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-23 21:46:29

記念すべき日

テーマ:aura-soma

地震けっこう大きかったですが、みんな大丈夫だったかな?
わたしはコンサルテーション中に地震起きたので、
話をしながらボトルを押さえました(^^;

コンサルテーション中、ピシピシとボトルが音を立ててたので、
「もし割れたなら、4本選択終わってて良かった~」なんて
思ったりもしたのですが、地震の予兆だったのかな?

今まで友人や顔見知りの方のコンサルテーションはしてたのですが、
今日は、初めて友人の友人、初顔合わせの方への

コンサルテーションだったので、ちょっぴり緊張しましたが、
今までしてきた中でも良いコンサルテーションだったように思います。

いつも、コンサルテーションの前にはグリーンのポマンダーを使って
軽い瞑想とクツミのクイントエッセンスを使った祈りをするのですが、
今日はその時間に、なんだか涙が出てきたんですね。
わたしを守護する存在と、コンサルテーションに来てくださる方の
守護する存在に、いいコンサルテーションになるように、
色の言葉を通訳するサポートをお願いしたんです。
「喜んでサポートします」とお知らせくださったのかも。

クツミは聖霊界と自然界、人間界を繋いでくれるので、
コンサルテーションの時のインスピレーションが良くなるみたいで、
会話の中での映像が頭に浮かんだり、シチュエーションが浮かんだり
イメージが湧くんですよ。
自分でも思ってない言葉が出てくる時は、サポートしてくれてるんだと思います。
サポートしてくれた存在のおかげで、いいコンサルテーションできたと思います。
少しは気持ちが楽になってもらえたようで、嬉しいです。

そして、夜ご飯を食べようとした瞬間、チャイム。
ついに届きました!
「プラクティショナー開業資格証明書」
これで、お金を戴いてコンサルテーションすることができるわけです。
・・・でも、もう暫く、お金はいただきません。
まだまだ、自分の勉強の範囲内なので。
ボトルの名前は全部言えても、もう少しレベル2の内容を自分に
しっかり落としてから、お金を戴くことにしようかと思ってます。
先生も、イギリス本校も、日本のプラクティショナーの質の問題を
憂いています。
自分の言葉に責任が持てていないプラクティショナーや、
ASIACTの規定を守れていないプラクティショナーが多いようです。
わたしは、わたし自身が誇りを持てる、プラクティショナーに
なりたいと、心の底から思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-20 22:23:36

食生活

テーマ:ブログ

今朝、うちのリーダーからのメールに、
おこちゃまのエピソードが書かれていて、
次男が寝る前にその日に思ったことを唱えて?(笑)いるそうな。
昨日は「氷が溶けると水になる・・・」と繰り返してた様子。
何気ないこどもの可愛いエピソードなんだけど、
この言葉の中に彼なりに何かを感じてたのかなぁ。
氷のように頑なな心が水のように溶けて流れ出す・・・とか。
血管に詰まった油がサラサラ血液に変わるとか(笑)
いろんなことに例えられる、深いなぁ~と関心。

健康といえば、確かに生活を見直さなきゃならないと思ってた矢先。
ゆっくりご飯を作って食べるのは休みの日だけ。
お弁当は保冷剤を一緒に持って、会社に着いたら即冷蔵庫、
お昼にレンジ・・・とやってましたが、食中毒が怖くて
最近は全然作ってなかったし(苦笑)
仕事が終わって家に帰ってきたらご飯作るの面倒で、

あるもので済ませたり、お弁当買って帰ったり。
そんなんじゃやっぱりダメなのね。
美味しい魚が足りないのね。
せっかく美味しく鍋でご飯を炊けるのに、
暑いからって冷たいそばやうどんで済ませちゃだめなのね。
うわ~、食生活ダメダメちゃんでした。
気付いてるのに実行に移さないのはダメですね(苦笑)
今日も渋谷のデパ地下で買ってきたバゲットとサラダだけですませちゃったし。。。
明日から改善!


骨盤体操を始めたら、スカートがまわらなくなりました!
ほんの数日で効果が出たので、こんな簡単な体操で?と本当にびっくり!
でもね、仕事中に足組んでしまった時は少しスカートまわってしまったので、
姿勢って本当に大事なんだと痛感。
骨盤開くのより、閉じるのが難しいです(苦笑)
さて、続けなくては意味がないですね。。。

寺門 琢己
骨盤教室―KOTSUKYO
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-19 22:21:42

マジェンタ

テーマ:aura-soma

昨日のブログには書かなかったのですが、
昨日の朝、こんな夢をみました。

なにやらオーラソーマについての勉強をしていて、
教科書開いてノートを取っていました。
そうしたら、マジェンタについてのわたしのノートの
取り方が曖昧だったのか、1本目、2本目、3本目、4本目の
それぞれの意味合いがボケていて、意味がわからなくて、
「マジェンタについてはわからないことが多いから
もっと深く気付きなさい」のようなことを言われたんです。
誰の声だったか、そこまではわからないですが、
優しい声だったのは間違いない。

そして、昨日のデイリーセレクトでは、
このことが頭にあったからなのか、
2本目に№67ディヴァイン・ラヴ/ラヴ・イズ・ザ・リトルシングス来ちゃいました。
マジェンタ/マジェンタ。
そして今日の3本目でもありました。
チャレンジ&ギフトが、「今、ここ」に変化。
(1本目はもうずっと変わらず№44(笑))

ユングの言う「集合無意識」では、誰もがみんな繋がってる。
これを読んでくださる、会ったことのない方ともどこかで繋がってるわけです。
初めてこの事柄に触れた時は、
「あのムカつくじじいと同じ?」なんて思ったりもしましたが、
普遍的なものというのはいろんな文献からも見られるものなんですね。
普遍的なものといえばやはり「愛」
わたしにも愛している人たちがたくさんいますが、
愛情の示し方はそれぞれによって違うし、それでいいと思う。
○さんに対しては見守る愛、△さんには厳しくする愛などなど。
集合無意識で繋がるなら、いずれは愛は自分にも返ってくるわけで、
その人のために「祈る」だけでも、立派に愛情は届いているのだと思う。

マジェンタは第8チャクラの色。
ヴァイオレットよりも上の部分。
神の領域なわけですね。
第6チャクラのロイヤルブルーから上に行くにつれて
グラウンディングしにくくなると思いきや、
ロイヤルブルーにもヴァイオレットにも、
マジェンタにもしっかりレッドが入ってました。
循環してるんですね。
さすがhue-man!

まだなぜマジェンタについての夢を見たのかわかりませんが、
しっかりはっきり覚えているということは、
何か考えてみるべきことがあったんでしょう。
現に、いまブログを書きながら、思い返してみてるわけだし。

今日マジェンタ的なことをやってたことを思い出した。

帰宅途中、駅の階段を下りているときに前を歩く不特定多数の方の
後姿だけを見て、その人の良いところを勝手にひとつずつ挙げていった。
自分でも思わぬことを考えていたりするんですね。
「この人は真面目そう」「面白そう」「芯が強そう」などなど。
普段ならなんとも思わないただの通行人であっても、
少し親しくなれた感じがしました。
何かに応用できないかなぁ。
人の悪いところはすぐに挙げられても、良い点って難しかったりします。
できるだけ、愛情を持ってたくさんの人たちと接していきたい。
マジェンタの教え、少しは理解できたかな。



生活のさまざまな観点から色を見ることが出来て、
眺めるだけでも楽しい素敵な本です♪

野田 幸子
ザ・カラー―Color life creation
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-07-18 20:53:06

自分のための休み

テーマ:aura-soma

女子バレー終わってしまった。
自分への課題、チームでの課題、いろんな課題を乗り越えて、
見ているわたしたちに感動をくれて、どうもありがとう!
コートがコーラル(オレンジに近い?)ということで、
みんなとの繋がりが大事だという、
キャプテン竹下さんのスローガン「和」にリンクしてるように思えた。
あっという間の一ヶ月間でした。

4連休は、自分のための時間と決めてました。
髪型も、サロンも変えてイメチェン(笑)
近くにいいお店があったの知らなかったよ。
またお世話になりまーす(^-^)

買い物だけじゃなく、美術館めぐりもしました。
まず渋谷Bunkamuraで「レオノール・フィニ展」。

reo

パリのシュルレアリスム系の幻想絵画の作家かと思ってたけど、
実際は違ったんですね。
しっかり彼女の作品を間近でみたのは初めてで、
自己主張の強さ、圧倒的な存在感、強烈なキャラクターに
改めて驚かされた。
女性的主観のエロティシズムの世界もあれば、
本人出演のショートフィルム、
舞台衣装まで、本当に多彩な人だった。
フライヤーにも使われている「守護神スフィンクス」は
実際にはそんなに大きな絵ではないのだけど、
惹きつけて止まない魅力がある。
スフィンクスの秀作はいくつかあったけど、

ピンクの無償の愛の布をバックに
目を閉じて何を考えているのだろう。
割れた卵の殻?が足元と台座の端に落ちているのは
何を表してるのか・・・
想像は止むことなく続くのでした。

東京都写真美術館 では、10周年記念の特別企画
「写真はものの見方をどのように変えてきたか」の「2・創造」
を見てきました。
「創造」と「回帰」からのパートに分かれていて
特に好きな作家「マン・レイ」の作品が数点あったこともあり、
ほとんどがモノクロの作品の中に、不思議な懐かしさを
感じるものや郷愁感を漂わせるものもありました。
絵だけじゃなく、写真からも、たくさんの気付きをもらいました。
第1回目を見逃してしまったのは残念。。。

本当は、上野の科学博物館に行きたかったのですが、
時間の都合で断念。
また行けばいいや(笑)

結構読書の時間も作れたので、連休は充実。
一個残念だったのは、ゴディバのチョコリクサー(だっけ?)
が期待しすぎて甘すぎて飲むのがつらかったこと(苦笑)
580円でゴディバということで「絶対激うま!」と思い込んで
しまったわたしもわたし。。。
ただ、これはわたしの味覚なので、世の中には
めちゃくちゃ美味しい!と思う人もいるでしょう。
だってわたし、チョコ以外の甘いもの苦手なんですもん(笑)

4日間の中で、オーラの泉で奥菜恵にシンクロして泣いてたり
(ネイティブアメリカンと仲のよかったイギリス人・・・これはまたの機会に)
休み終了日の夕方になると仕事思い出すことに気付いたり
全部の出来事をありのままに受け入れる自分に気付いたり。
傾向的にはブルーの「受け入れる」ってことあったのかな。
たくさんの気付きを、さまざまな場面でもらいました。



出展は2ちゃんのようですが、
わたしもいまの仕事を辞めたら登録しようと思ってるので
とっても参考になりました。
普段ほとんど2ちゃんは見ないので、
こんなスレッドがあったことも知りませんでした。
登録して、2回も選ばれることもあるんですね。
まずは親を説得しないとです(苦笑)



石野 鉄
骨髄ドナーに選ばれちゃいました
ドナー
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-07-14 22:41:25

いまを大切に

テーマ:spiritual

仕事でまた展開が・・・
いろんな決断をしなくちゃな~というところ。
でも、前みたいに煮詰まったりはしなくなった。
出来るところを、いま、精一杯、やる。
いまこの瞬間を大事に生きること。
過去や未来は「いま」じゃない。
「いま」を大切に出来なければ
瞬間を噛みしめることはできない。

今回の展開は、会社を巻き込んでの改革になるかも(苦笑)
良いものを作るための、叩き台になれたらそれでいい。
いま、この瞬間に、わたしががんばってきた証がある。
そう思えるよう、「いま」を楽しんでいたい。

明日は夏休み1日目。
髪型変えて、ヘアエステ~♪

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-11 21:48:14

さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる

テーマ:aura-soma
エックハルト・トール, Eckhart Tolle, あさり みちこ, 飯田 史彦
さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる



まはこはん♪さんもブログに取り上げられてましたが、
オーラソーマを勉強されてる方には、とってもいい本だと思います。
(もちろん、していない方にもおすすめ!)
例えば、ブルーについて考えられるような内容が、
わかりやすい言葉で頭に入ってきます。
わたしは書店で飯田史彦先生の序文に魅かれて購入したのですが、
来るべき時に出会えたなぁという思いでいっぱいです。

今日はなぜ冒頭からこの本を取り上げたかというと、
この本でものすごく「思考」と「マインド」、
「ほんとうの自分」ということについて感じることが出来たからです。
『わたし』という存在は、思考が作り出したアイデンティティであって、
本当の自分ではない。
思考は確かに必要であるけれど、恐れや不安の正体もまた『思考』。

毎日毎日、思考によって動く自分と、感情によって動く自分がいて、
思考によって動く自分より、感情で動く自分の方が
より自然な自分なんだなぁと、漠然と思ってました。
感情によって振り回されることも確かにあるのですが(苦笑)

わたしのデイリーセレクトのボトルから見る傾向は、
圧倒的にブルーの受け入れる傾向であり、
欲しがる苦しみに当てはまっている。
なにを欲しいのかといえば、「心の充実感」。
それは知識であったり、ゆとりの時間や空間だったり。
受け入れるのは圧倒的に知識。
マイナスエネルギーは取り入れないようブロック(笑)

「大いなる存在」を受け入れることで、
以前に比べたら充実した毎日を送ることが出来るようになった。
お姉さまからメールで
「○○さん(前彼)と付き合ってる頃のmayuより今の方がほんわかしてる」
というお言葉をいただいたほど違うらしい(笑)
心の持ち方は、確かに変わったのを実感できる。
余裕があるもん。
本のタイトルの通り、
「さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる」です。
この本は何度も読み返す、バイブルのひとつになるでしょう。

コンサルテーションでも引用できそうな素敵な言葉もいっぱいです♪

*******************************************************************

自分に必要なものは、
一度手放したと思っても、
また戻ってくるものなんだなぁ。
何度かここで書いてるけど、
一度手放したスピリチュアルな世界に
再び戻ってくることになったのも、
軌道修正しようと一生懸命にガイドしてくれた存在がいるんでしょう。

この世に生まれてくる前に、
何を勉強してくると誓ったのだろう。
まだ出会っていない人たちとの出会いも設定してるだろうし、
これからするべき経験も設定してるだろうし。。。
これからどんな出会いが待ってるのかな。
ホロスコープから見る自分の好みの相手は
「少し支配的でカリスマ性のあるタイプ」らしい(笑)
優柔不断よりは、しっかりした考えを持ってる人のほうがいいけど。

なんだか、心理占星学はライフワークになるかもしれない。
一度占いから離れたのも、現実を見る目を養うためだろう。
占いだけの世界に埋没しないように、見聞を広めるため。
オーラソーマを勉強しようと思ったのも、
不思議な導きだったもんなぁ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-09 21:32:38

鏡リュウジさん

テーマ:aura-soma

今日は横浜まで、鏡リュウジさんの講座に行ってきました。
「ルネサンス占星術散歩」と題された講座は、
ダヴィンチ・コードについても少し触れるとのことで、
若い方から年配の方まで、たくさんの方が足を運んでました。
ルネサンス時代のフィレンツェで、メディチ家に庇護された医師、
マルシリオ・フィチーノに焦点をあててお話されてました。

トマス ムーア, Thomas Moore, 鏡 リュウジ, 青木 聡
内なる惑星―ルネサンスの心理占星学

この本からの引用が多かったみたいです。
鏡さんはとても物腰が柔らかくて、
ご本人もおっしゃってましたが、声が少し小さめなので
マイクがないと通らないというのに、
マイクの調子が悪かったみたい。。。
レーザーポインターの準備、最初からしてあげればいいのに~とか
主催側の不備も気にはなりましたが(苦笑)
終始興味深いお話でした。
オーラソーマに通じることも多かったと思います。
プラトンの著書やボッティチェリの絵画「プリマベーラ」の
鏡さんが好きな解釈をお話してくれました。

ルネサンス時代の栄華を極めたメディチ家については、
桐生操や澁澤龍彦の本で読みまくってたので
人物相関図を思い出しながら聴いてました。
もっと話を聞きたーい!と思っても、時間は来てしまうのです。
また違う講座があれば、行きたいと思ってます。

講座の後にサイン会があったので、サインをもらってきました!
鏡氏サイン

買った本にサイン・・・という形だったのですが、
この前やっと手に入れて、
ものすごく良かった本にサインしてもらいました。
鏡 リュウジ
タロット―こころの図像学

この本を見て「あれ~?幻の本だ。よく持ってたね~」
と、鏡さんが声をかけてくれました。
「この本大好きなんです。持ち歩けるように文庫で出してください」と話すと、
「この本ホントに無いみたいでね、言っておきますよ」
と言ってくれました(笑)
オーラソーマにもタロットは出てきますが
それとは別物としても、面白い本です。
amazonではマーケットプレイスならまだ買えるみたいですね。
伊泉さんのタロット大全もすごいですが、
この本はわたしに気付きをたくさん与えてくれたのです。

それにしても、引き出しの多さには脱帽です。
正しい時に正しい場所に居れた気がします。
鏡さん、素敵なお話を聞く時間をありがとうございました!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。