Kenjideathです。

最近、Apple musicに手を出しまして。

Sumi-changが「あれ、世界観変わるよ」って言ってたもんで試してみたのですが…。

ほんと革命的なサービスです。

月額1,000円で洋楽邦楽問わず膨大な楽曲が聴けて、なおかつダウンロードしてローカル環境でも聞ける。

つまり、1,000円を払い続ければ永遠に自分のものっていう、少し前ならメジャーレーベルから総スカンを食らうこと請け合いのサービス。

アーティストには一部歯抜けがあるものの、かなりマイナーなインディーズバンドなんかもカバーしていて驚く。

その証拠に「轟音ファクトリー」っていう知名度0の豚の餌みたいなバンドもそこに入ってる。

それだけでラインアップの幅広さを感じていただけるかと思う。

きゃりーぱみゅぱみゅから豚の餌まで何でも来い状態だ。

※ちなみに配信の件、今日まで全然知らなかったし。
多分うちのボスが知らないとことでやってたんだろう。おい、本人には言えよ(怒)

そんなこんなで、毎日新しい音楽聴いて楽しんでいます。


しかしながら一つ感じたのは、人間って目の前に音楽が大量に並ぶと「あんまり聴き込まなくなる」っていうこと。

僕らが山ほど食べてる米のありがたみを忘れてしまうように、

音楽も同じく、いくらでも聴けるようになると、1曲1曲のありがたみが分かんなくなってしまう。

イントロで再生を止めて次にいくとかもザラ。

その先にある素晴らしい曲展開であるとか、詳しく聞いて初めて分かる奥深いアレンジとか、そういう出会いは確実になくなる。


ふと子どもの頃を思い出すと、

僕が中学生の頃は当然iphoneやipodはおろかMDすらない。

新品のCDなんて高くて買えやしねえ。

レンタルCDもなかったし、唯一の出会いの場がブックオフ。

毎日通って、めぼしいバンドの中古CDを漁ってジャケ買い。

博打的なとこはあったけど、やっぱりお金を払ってるから執拗に聴くんですよね。

ハズレをハズレと認めたくない。どこかにいい部分があるはずだって。

時々「マジ金返せほんとに返してくださいお願いします」っていうCDもあったけど、

みんな何かしら僕の血となり肉となりクズの精神を養い、僕がバンドマン崩れの豚になるきっかけになってくれた。人生返してくれよおいまじで。


音楽を取り巻く環境はこの10年で変わり過ぎたし、「昔の方が良かった」なんて言えない。

たくさんの音楽を手軽に聴ける環境はほんと幸せだと思う。

でも、もうあの頃みたいに、アタリのCDを探し当てた時に生まれた感動は、これから先絶対にないだろうなと思うと、何だか寂しくなるのです。

AD

8年も前の話

テーマ:
久々のライブ決まりました。7月3日(日)京都MOJO 、みなさん是非起こし下さい。

さて、今回のライブは主催の六合のDr.内田さんからお声かけいただいて参加が決まったのですが…対バンさせてもらったのは遥か昔なのに、覚えてもらっていただけでもありがたく思っています。

記録漁ってて分かったけど、六合先輩と対バンしたのはもう8年も前の話。
なんか懐かしかったからあげとくね。


2008年9月14日(日)京都MOJO
『METAL PASSION Vol.5』
出演:快進のICHIGEKI(東京) / 六合 / キバオブアキバ / End of Society / 怒愚魔 / 轟音ファクトリー / COUNT2.9 / Awful /ヒステリック マ・マーズ /


この時は全部のバンドが印象的で、8年経ってもよく覚えてる。


>快進のICHIGEKI(東京)
プロ。ただのプロ。

>六合
いわずもがな。

>キバオブアキバ
多分みんな「このバンド売れる」って思ってた。

>End of Society
女性ボーカルメタルコア。美しき下水道(ガテラル)。

>怒愚魔
顔面白塗り(絵の具)

>COUNT2.9
ガチの挌闘家。

>Awful
兄妹メタル。

>ヒステリック マ・マーズ
高校生バンド。


ところで、

さっき快進のICHIGEKIさんのブログ見たら去年から活動休止なんだって。

そうすると、今もバリバリやってるのは、六合とキバオブアキバぐらいかな。

バンドって、継続していくのは本当に難しいけれど、両者の現在の姿を見ていると、

続いてきた理由がなんとなく見えてくる気がします。

僕らもそうありたいものです。

AD
轟音ファクトリー4年ぶりのライブ決定!

今回は京都のダークロックバンド、六合のツアーファイナルに参加します。

チケットの取り置きはこちらからお申込ください。

2016年7月3日(日)京都MOJO "六合 黒蛇紅蛇ツアーファイナル「凛音 第八幕」"

■出演 六合 / 轟音ファクトリー / eleanor / 赤信号 / Day of Reckoning /
■チケット料金 / 前売り2,500円 当日3,000円(+1drink)
■OPEN 16:30 / START 17:00
■会場:京都モジョ (住所: 京都市下京区四条新町月鉾町39-1 四条烏丸大西ビルB1F)
■問合せ TEL 075-254-7707



AD