思考と体系の館

伊藤塾行政書士試験科で講師をしている平林勉のブログ。合格後資格を通してどのような生き方があるのかを日々模索中!
「思考」と「体系」を武器に法律の世界をひも解いていく。今までに類をみない最強の講義をご提供いたします!!


テーマ:

すみません。

タイトルの件だけ、この時期に書いておかないといけないなと思いましたので、更新しておきます。

 

答練・模試の復習方法は、基本的に次のように行ってください。

復習方法がズレると効用が半減してしまうため、必ず確認です。

 

復習方法と言いながら、まずは受験するまでの心構えを。

 

目標は、常に満点狙いです。

そのために必死に予習をする。これが何よりも重要です。

答練の前日や当日には、出来るだけ力技の暗記事項を詰め込んでください。

これが良い復習をするための前提です。

自分の可処分時間で最高の予習を。これなしに良い復習などあり得ないのです。

 

さて、話を本題に戻します。

復習の仕方です。

 

解説冊子が配られたら、すぐに自分の解答を以下の3つに分類してください。

① 理解不足

 → 問題文の言っている意味が分からなければ、これです

 → 問題文の柱書(テーマ)を見た瞬間に、嫌な気持ちになったらこれの可能性が高い

② 暗記不足

 → やった覚えがあるのに、どっちだったか思い出せない

 → 5つのうち、3つしか思い出せない

 → 演習中に、「あーーどっちだったかなぁ」という悩みをもった設問が、これです

③ 整理不足

 → 似た知識と混同している

   (国会単独立法と中心立法とか、法律案の議決・予算の議決の手続とか)

 → 比較整理図表のようなものがテキストには載っていると思うので、これを活用

   (というか、この辺りは解説講義でも指摘があるかもです)

 

この分類は、なるべく設問ごと(問題ごとではなく、1~5の選択肢)に行うといいです。

まぁ、全体を通して①の理解不足ということもあるので、ここはあまりこだわらずインスピレーションです。

 

この分類を終えたら、次のように復習をしてください。

① 全体的に理解不足である

 → 個別の論点の理解不足ということもありますが、通常はそのテーマ全体の理解が乏しいことから問題が読めない。こういうケースの方が多いです。そのため、まずは問題のテーマのテキスト部分を読み込みます(seciton単位になると思います)。それから、過去問と復習ドリルも併せて読んでしまってください。この延長線上に答練の問題を置いてみます。

つまり、「テキスト読み→復習ドリル読み→過去問読み→答練の問題読み」です。これで問題文の言っている意味が分かり、読むことが出来るようになっていれば、復習完了です。記憶まではいけないかもしれませんが、理解が伴ったということで十分です。

 

② 暗記不足である

 → 思い出し方を考えてください。というか、講義内で、力技の暗記部分と理解から思い出すべき部分を明確に分けているはずです。ゆえに、講義で扱った思い出し方が使えるのであれば、それを使って何回か思いだす練習をしましょう。もしなかったとしても、何か自分なりの思い出し方を考えてみるのも重要です。ゴロ合わせなんかもこれに該当します。制度趣旨から導き出すのもそうです。何かしら絶対に思い出せる方法を考えてみましょう。2~3分考えて思いつかなければ、力技の暗記分野になります。したがって、現時点では暗記をする必要はなく諦めてしまってください。力技の暗記なんて、1日後には半分以上がふっとびますから。

 

③ 整理不足である

 → 似て非なる概念が混乱している状態です。勉強が中期に入ってくると、結構苦しむところですから、テキストの比較図表をしっかりと参照し、確実に整理しなおしていってください。このとき、「Aという概念は、○○って方向で、Bという概念は、△△って方向だぞ」というように、似た制度の違いはどういう視点から出てくるのかを考えておくと、覚えなくても、その場で考えて出すことが出来るようになったりします。また、講義で指摘しますので参考にしてみてくださいね。

 

答練の復習の仕方でお悩みの方。

コメントの回答くらいなら出来ると思いますので、何かご相談あればどうぞ。

 

今は、とにかく淡々と勉強すること。

頑張りましょうね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。