認知症 予防 ツボクサ(ゴツコラ)研究会

認知症を予防したい! ツボクサ(ゴツコラ)を研究し、ツボクサ(ゴツコラ)のすばらしさををお伝えします!


テーマ:
 
認知症 原因物質 アミロイドベータの蓄積を防ぐツボクサ!
2017年8月 最近のツボクサ畑の映像です。
あなたもぜひ栽培して活用してください。
 
 
★ツボクサの追加情報です!
 
ツボクサの新たな論文を紹介します!!
2015年、日本の論文です。

比較的、新しい論文です。
いままで掲載してきた論文はインドやアメリカなどの論文でしたが、
下記は日本の論文です。
 
結論から、
ツボクサは、(ネズミの実験結果)
・認知機能障害を抑制することが明らかとなった。
・空間認知機能が向上す ることも明らかとなった。
 
お知らせ
・Madecassoside(MD)は、マディッカソ酸と言われるツボクサの成分。
・Centella Asiaticaは、センテラ アジアチカとはツボクサのこと。別名です。
・Aβは、アミロイドベータのこと。
・ADは、アルツハイマー病のこと。
下記のリンク先です。↓

'Madecassoside によるラット海馬神経新生促進作用
[1]組織
代表者:橋本 道男
(島根大学医学部環境生理学)
対応者:荒井 啓行
(東北大学加齢医学研究所)
分担者:
片倉 賢紀(島根大学医学部環境生理学)
Abdullah Al Mamun(島根大学医学部環境生理学)
紫藤 治(島根大学医学部環境生理学)
研究費:30 万円
 
[2]研究経過
Madecassoside(MD)はセリ科のツボクサ
(Centella Asiatica)の葉に含まれる主要なトリテルペノイド化合物であり、主なる機能性として抗酸化作用・抗炎症作用を有する。
応募者らはこれまでMD のアルツハイマー病(AD)治療薬としての可能性を検証してきた。
その結果、MDは、
1)チオフラビンT蛍光法・電子顕微鏡での観察により、Aβの凝集を抑制することを確認し、
2)Aβ誘発ヒト神経芽細胞腫由来SHSY-5Y 細胞毒性に対するMD の抑制効果を明らかにし、
3)Aβ脳室内注入により作成したAD デルラットを用いて、MD のAD に対する効果を実証し、その作用機序として、
4)海馬の脳由来栄養因子(BDNF)とpostsynapticdensity protein 95 タンパク質量の増加作用と、Aβ量、酸化ストレスならびに炎症マーカーの減少作用を明らかにした。
これらの結果から、MDはAβ凝集の抑制作用、抗アポトーシス作用、抗炎症作用や抗酸化作用を介してAβにより誘発されるに''認知機能障害を抑制することが明らかとなった。''
また正常ラットにMDを投与すると、''空間認知機能が向上することも明らかとなった。''
しかし、詳細な機序は明らかではない。
近年、空間認知機能の向上に海馬の神経新生の促進が関与していることが明らかになりつつある。
そこで本研究では、MDは脳内の神経新生を促進し、空間認知機能が促進されるのではないかとの仮説を検証する。
 
[3]成果
(3-1)研究成果
本年度は,以下に示す研究成果を得た。
まず第1に,神経幹細胞に対するMDの効果を検証した。
増殖条件下で神経幹細胞に異なる濃度のMDを添加したところ、5 μM添加で生存率が増加する傾向にあった。
しかし、30 μM添加時には生存率は減少した。
分化条件下でMDを添加し、3日間培養後に行った免疫染色の結果から、Tuj-1 陽性細胞数の全細胞数に対する割合が増加していた(図1)。
&show(auto-JIOwWE.jpg,,ツボクサ効果 論文 );

この結果から
MD は神経幹細胞からニューロンへの分化を促進させる効果があったことが示された。

(3-2)波及効果と発展性など
''高齢化社会の中にある日本にとって認知症は早急に克服しなければならない疾患の一つである。''
 
''現在認知症の発症を遅延させたり、症状を緩和させたりする試みがなされているが、依然として患者数は増え続けている。''
 
''我々はこれまでに様々な天然物による認知症予防・改善効果の可能性を検討してきた。''
その中で、効率的に候補物質をスクリーニングするための試験管レベル、神経幹細胞に対する検討方法を確立した。
 
本研究のようなスクリーニング系を確立できたことにより、&color(,yellow){''本研究は日本のみならず世界各地に眠る未知の新規AD治療・予防薬の開発にも役立つと考えられる。''};
 
[4]成果資料
論文
1)Abdullah Al Mamun, Michio Hashimoto,Masanori Katakura, Shahdat Hossain, OsamuShido.
Neuroprotective effect of thymoquinoneagainst glutamate-induced toxicity in SH-SY5Ycells.
Current Topics in Nutraceutical Research 13, ''2015''

以上が新しく見つけた日本の論文です。
 
ツボクサは、神経幹細胞からニューロンへの分化を促進させる効果があったことが示された。(ネズミですが。)と書いてあります。
 
ツボクサは、認知症予防・改善効果の可能性があることを再確認しました。
 
父の主治医も認知症になったので、自分で対策するしか方法はありません。
現在のところお医者さんもあてにはならないということです。
DIY(Do It Youerself)自分でさがす、試すしかありません。
 
追伸
上記の、Aβとは、アミロイドβのこと。
アミロイドβは、脳が活動したときに生まれる老廃物。
NHK ためしてガッテンでも放送していました。
http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20170517/index.html
 

最新研究!予防のカギはアミロイドβの排出!
脳が活動したときに生まれる老廃物・アミロイドβ、通称“脳のゴミ”。この物質の蓄積がアルツハイマー病発症の引き金と考えられています。
 
もう一度簡単にわかりやすく書くと、
その結果、MDは、(ツボクサの成分)
1)Aβ(アミロイドベータ)の凝集を抑制することを確認し、
2)Aβ由来 細胞毒性に対するMD の抑制効果を明らかにし、
3)Aβ脳室内注入により作成したAD デルラットを用いて、MD のAD(アルツハイマー病) に対する効果を実証し、
4)海馬の タンパク質量の増加作用と、Aβ量、酸化ストレスならびに炎症マーカーの減少作用を明らかにした。
 
結局
ツボクサの成分は、アルツハイマー病の原因と言われている、Aβ(アミロイドベータ)の凝集を抑制、毒性を抑えると期待される!

 ツボクサの苗(ゴツコラ)販売中です!
 
 

 

認知症 対策

認知症 食べ物で予防しよう!

脳の神経細胞の突起が 7倍も多くなる!ツボクサを試し

 

(ツボクサを下から見たところ)

 

認知症薬の概論 2016年現在、日本国内では認知症の薬としては4種類が認可されています。 ...

  • アリセプト(ドネペジル) アリセプトとはアルツハイマー型認知症の進行を遅らせるために最も多く利用される薬です。 ...
  • メマリー(メマンチン) ...
  • レミニール(ガランタミン) ...
  • リバスタッチ・イクセロンパッチ

 

しかし、なかなか難しいかんじですね!

 

父の主治医も認知症になっていまいました!!

 

自分で何かを探すしかありません。

脳の神経細胞の突起が 7倍も多くなる!ツボクサを試して!!

 

 

 

認知症にならない為にはどういう対策が必要でしょうか?

うちの親がならないか心配でたまりません。
認知症だけはなって欲しくないです。

 

この前テレビに出てた方は103歳でしたが、まったくボケてませんでした。
そして今でも芸術作品の制作をしていらっしゃるそうです。

 

 

認知症 増加 なぜ?

高齢者の人口が増えているということが一つの理由、

ツボクサを試して!

 

認知症 不眠に良い野菜として、ツボクサがおすすめです!

寝ない、寝れないは本人にも周りも大変ですね!

 

 

記憶力を高める方法として、ツボクサがおすすめです!

 

★販売中!(ただ今、販売再開中です!)

 

 

自分で試してみると、

頭がすっきりします!

頭が良くなる感じがします!
ツボクサをつまんで食べます。
毎朝の日課にします。

 

ツボクサ 効能 日本では雑草ですが、すごい可能性が期待できます!

アンチエイジング野菜
それは、
ツボクサ、ゴツコラです!
自分で増やしてどんどん食べてください。
インドでは野菜としてツボクサ、ゴツコラを食べるそうです。
特に、受験生の記憶力アップに食べるそうです!
若返り、アンチエイジング、美肌にも評価されています!

ツボクサ、別名(雪積草)はチベットの僧侶が食べているそうです。
瞑想をする時、意識の集中、脳神経の活性化に役立つからだそうです!


 

認知症に良い食べ物 ツボクサの追加情報です!

 

■清の時代の公文書(中国)に仰天の記載!
 256歳まで生きた男性、その名は李青曇(り・せいどん)さんです。
画像の説明
彼の存在が一躍注目されるキッカケとなったのは、1930年の米紙「ニューヨーク・タイムズ」の記事だった。
当時、中国に派遣されていた特派員の報告によると、成都大学の教員が発見した清朝時代の公文書に「1827年、李青曇が150歳の誕生日を祝った。
1877年には200歳の誕生日を祝った」と記述されていたというのだ。

 これが正しければ、李青曇は1677年に生まれたことになる。
しかし、取材を進めた特派員は、さらに驚くべき事実にたどり着く。
なんと1930年当時、1677年生まれの李青曇が存命しているとの情報を得たのだ。
そして“超”長寿人間・李青曇さんの素顔が、次第に明らかになってきたのだった。

 

■23回結婚し、200人以上の子どもまで!
 1677年、四川省に生まれた李青曇さんは、10歳で漢方医となった。
日々山中を歩きまわり薬草集めにはげむうち、彼は自らが採取する薬草に長寿の効能があることを確信するようになる。
そして、霊芝(キノコの一種)やクコの実、朝鮮人参、ツルドクダミ、ツボクサ、米酒だけを口にする生活を40年以上にわたり継続。
その間には、薬草を求めて現在の甘粛省、山西省、チベット、ベトナム、タイ、満州にまで足を運んだこともあったという。
1749年、71歳の時には武道の師範として軍隊に招かれており、格闘家としても優秀な男だったようだ。
長寿のために、ハーブの中でも特にツボクサを推奨した。それはコレ↓

 

認知症に良い食べ物にツボクサをおすすめします!

 

認知症の予防にツボクサ(ゴツコラ)が効果があると評価されています!

 

ツボクサの苗(ゴツコラ)販売中です!←クリック

最近のニュースで報道していましたが、 認知症により徘徊老人が約1万人も行方不明になっているそうです!!

 これは大きな社会問題です。

 認知症 対策 認知症 予防 などで検索しても、優れた情報は見つかりません。 

当サイトでは、その対策を研究し紹介します。 

日本ではあまり知られていない情報を紹介します!

  日本の情報が最先端だと思ったら大間違いです。 

ゴツコーラ、ツボクサ、ゴトコラ、雪積草で検索して下さい。 

 

びっくりするほどの情報が、多くのサイトに記載されています。

 

 

2006年に、インドの脳科学者が、生後5週間目のモルモットに実験をした。

 毎日つぼ草を食べさせたモルモットと、食べさせなかったのと比べた。 

4週間、毎日6ccのゴツコーラ抽出液を飲ませた結果。 

 

ゴツコーラの抽出液を飲ませたモルモットは、 脳の神経細胞の突起が7倍も多くなった!!

(右側の図は、白い線(神経細胞の突起)が多い。ゴトコラはゴツコーラ、ツボクサの別名。) tubokusashinkei 

 

下記はアメリカの論文からの抜粋です。 

shinkei1 

ラットの成長スパート期間中に、 ツボクサ (リン)の新鮮な葉汁による扁桃神経樹状樹枝状分岐の充実 

 Representative photomicrographs (A1,B1,C1,D1) 

and camera lucida tracings(A2,B2,C2,D2) 

of amygdaloid neurons from control (A1, A2) 

and treated with 2 ml/kg CeA (B1, B2); 

コントロールから扁桃ニューロン(A1、A2)の代表的な顕微鏡写真

(A1、B1、C1、D1)とカメラルシダトレーシング

(A2、B2、C2、D2)および2ミリリットル/ kgのCEA(B1、B2)で処理し; 

4 ml/kg CeA (C1, C2) and 6 ml/kg CeA (D1, D2)

 for 6 weeks. 6週間、4ミリリットル/ kgのCEA(C1、C2)

および6ミリリットル/ kgのCEA(D1、D2)。

 Note the significant increase ... 大幅な増加に注意してください ...  

 

【上記は機械の直訳ですが、(A1→A2、B1→B2、C1→C2、D1→D2)

すべてのニューロンが伸びているのがわかります。】

 

 認知症 予防 としてゴツコーラ!!

 世界保健機関(WHO)がゴツコーラを保存すべき重要な薬用植物として推奨しています!

 (ゴツコーラは、ツボクサ、ゴトコラ、雪積草などいろいろな別名がついています。)

 ゴツコーラを食べると、脳の神経細胞の突起が 7倍も多くなる!

 ゴツコーラは、子供から大人まで、すべての世代 に欠かせないハーブです。 

老化防止、アンチエイジング、認知症予防に、受験生に、「食べるIQ」 驚異のハーブ、ゴツコーラ!

 

  「食べるIQ」 いい表現ですね!

 ゴツコーラの葉の形は、脳の形に似ており、脳の左右のバランスをとると言われています。 テーブルにゴツコーラの植木鉢を置き、つまんでサラダとして。

 ゴツコーラは、まるごと生葉で食べることができます。

 何事も自分で試してみないとわからないです。 

ずっと、私は続けてみます!!!

 どうなるでしょうか? 将来が、楽しみです。

 老化防止、認知症 予防は、今からスタートすることが大切です。

 物忘れが初期症状かもしれない? 

若年性認知症の予防は早くから対策を立てなければ間に合いません。 

 

ゴツコーラは脳の神経細胞が7倍も増加するそうです。

 自分自身が率先して始めるしかないですね。

 こんなに楽しみなチャレンジはありがたいです。 

日本中で、まだ誰もやっていないでしょう? 

老化防止、美肌効果も期待できます! 

あなたもチャレンジしてみませんか?

 

 ゴツコーラを、上記の写真のように、ご自分で育てて増やしてください。

 そうすれば、いつまでも使えます。

 

 検索の結果、他のサイトに掲載されている評価は下記です。

 

 【適応症】 老化防止、アンチエイジング、 認知症、アルツハイマー、アスペルガー、 うつ病、、神経痛、リューマチ、ダイエット効果、皮膚病、顔の色つや、 身体を温める、血行を改善、ケロイド、らい病、てんかん、毛髪の成長、 血液浄化、記憶を促進、白内障、知恵遅れ、気管支炎、便秘、胃弱、疲労、 発熱、精神神経疾患、  など多数の効果が期待されています。 

 

【使い方】 ・生葉をサラダで食べる。 ・料理に加える ・ハーブティー ・ハーブ美肌水 ・髪・頭皮用トニック ・全身用シャンプー ・リフレッシュウォーター ・ハーブ酒 などに活用しています。

 

ツボクサをお分けします。 

認知症 予防法として、 ツボクサを自然有機農法(無農薬・無化学肥料)で育てています。

 生で使うには無農薬でなければ意味がありません。 

少人数で作業をやっているので、大量生産はできません。

 しかし、 世界保健機関(WHO)が推奨するほどの、 優れモノだから、できるだけ多くの人にお届けしたいと考えています。

 

 繰り返しますが、ツボクサ を上記の写真のように、ご自分で育てて増やしてください。

 認知症 予防として活用することを提案いたします。 

会員限定モニター品ということでお分けします。

 ぜひ、ツボクサを活用した喜びの声、ご感想、などを送信ください。 

よろしくお願いします。 

インドでは、ゴツコーラ(ツボクサ)を「食べるIQ」と呼ぶ。

kaiba 

海馬は、脳の奥にあり、記憶をつかさどる場所。 

海馬は記憶の製造工場と言われている。 

 (自分にもあるはずなのに、ぜんぜんわかりませんね!) 

海馬の神経細胞が多いほど記憶力が高まるそうです。

 

他の脳細胞は150年の寿命があるのに、海馬の脳細胞は数カ月で入れ替わる。 

 

ツボクサは、海馬を強化する薬草。

 受験生にはかかせないハーブと言われています。 

アルツハイマー、アスペルガー、うつ病、アンチエイジングなどに、世界の脳科学者が注目しています。 

最近は、 また、最近ではダイエット効果の点からも利用されています。

 ゴツコーラ(ツボクサ)はインド原産で、 アーユルベーダ医学で過去3000年にわたり使用されてきた。 

 

このハーブは、瞑想を助けるものとして使用されている。 

また、漢方医学では抑うつの治療や長寿の薬、「若さのもと」と称されている。

 ゴツコーラは食用ハーブです。 

ゴツコーラは抗酸化活性が非常に高く、天然抗酸化剤の原料に適している。 

 

ゴツコーラは特に皮膚病の治療に有用で、女性の顔の色つやを若々しく保つ。 

出産を終えたばかりの女性や、身体を温めたいとき、血行を改善する場合に推奨されている。 

ケロイド、らい病、てんかんの治療にも利用されているそうです。

 インドでは神経の働きを強める活性化ハーブ、記憶を改善するための脳の強力な強壮剤として使われている。

 

ツボクサの苗(ゴツコラ)販売中です!←クリック

 

256歳!?  長寿にはゴツコーラを推奨した!! Edit

伝説的な中国のハーバリストのLee Chingyuenは、
1933年に256歳でこの世を去ったが、
長寿にはハーブの中でも特にツボクサを推奨した。
画像の説明
中国名:GotuKola ゴトコラ 日本名:ツボ草 です。

Li Ching-Yuen in 1927 Probably the most famous proponent and user of Gotu
Kola (known in China as fo-ti-tieng) is the celebrated Chinese herbalist
and Daoist master (Dao yin or internal health practices) Li Ching-Yuen,
born in 1677, who survived twenty-three (23) wives and died on March 5,
1933 (as reported by the New York Times and London Times) at the age of 256
years. This was officially recorded and confirmed by the Chinese
government, and aroused so much interest in France, that the government
there established an experimental laboratory in Algeria to study Gotu Kola.
The English government also provided a grant to a college research
foundation in Colombo, Ceylon to study this herb.

Born on 1677 in Chyi Jiang Hsie, Szechuan province and later moving to Kai
Hsien, he joined the Chinese army of provincial CinC Yueh Jong Chyi at the
age of 71, as a tactical advisor and teacher of the martial arts, though he
spent most of his life in the mountain ranges gathering herbs and knowledge
of longevity methods.

In 1927 Li Ching-Yuen was invited to Wann Hsien, Szechuan by General Yang
Sen who was fascinated by Li's remarkable youthfulness, strength and
prowess in spite of his advanced age. The enclosed photograph was obtained
there. After Li's death, the General investigated his background to
determine the truth to his claimed background and age, which led to a
report that was later published. Returning home, he died a year later, some
say of natural causes, while others claim that he told friends, "I have
done all I have to do in this world. I will now go home." With these words
he lay down upon his couch and allowed his spirit to depart through sheer
willpower.

People interviewed from his home province in 1933 remember seeing Li
Ching-Yuen when they were small children, and that the master had not aged
much during their lifetime. Others reported that he had been friends with
their grandfathers. The truth of his long life died with Li Ching-Yuen and
is one of those inscrutable Daoist mysteries that may never be solved.

An interesting sidelight was thrown upon the unique properties of
fo-ti-tieng (Gotu Kola) by a 107 year old Indian sage named Nanddo Narian,
who claimed that the herb provides the missing ingredient in a man's diet,
without which, he can never control disease and decay. He found it to be,
in practice, the finest of all herbal tonics and nutrients.

The results of the studies performed upon Gotu Kola by the French in
Algeria revealed what appears to be a new vitamin not known in any other
food or herb. It was described as the "youth vitamin X" that exerts a
rejuvenating influence upon the ductless glands, the healthy functioning of
which is, the means by which the brain and body are maintained for healthy
activity.

中国の情報だから全面的にウソだと思ってはいけません。

中国の伝説的なハーバリストのLee Chingyuenさんは、

言い伝えによると、

1933年に256歳でこの世を去ったそうですが、

長寿に一番必要なハーブは、

【ツボ草】と言ったそうです。中国名:ゴトコラGotuKola

繰り返します。

長寿の秘密は?【ツボ草】を推奨したそうです。

これが【ツボ草】です↓

ダウンエイジングです!!

究極のアンチエイジングです!!
 

仙人と言ってもいいかもしれません。

256歳でこの世を去ったということが、事実か?

疑わしいところではありますが、

例えば、

半分の年齢だとしても、127歳前後です。

127歳でもすごい年齢です。

ゴツコーラは、アーユルヴェーダの中で最も精神的 、若返りのハーブとしてみなされている。

瞑想を改善するために使用され 、頭の上部にあるエネルギーセンター、クラウンチャクラを開発するといわれている。

 

近年 、欧米ではリラクゼーションを促進するための神経強壮剤として人気となっている。

【作用】  脳強壮、神経強壮、心臓強壮
【適応症】  気管支炎、便秘、胃弱、疲労、発熱、精神神経疾患、子供のせき、神経痛、リューマチなど

野生のトラが、

けがををしたときに身体にすりこむという言い伝えから

「タイガーハーブ」とも言われているそうです。

ツボクサは髪の毛の成長、血液浄化や記憶を促進する特性がある。

目と頭脳の活性化に最高の薬草です。

白内障や知恵遅れ、アルツハイマーにも効果が認められています。

★★★これからの日本は、高齢者が増えるので、認知症、アルツハイマーの予防にツボクサが期待できるでしょう!!

・私は、ハーブ美肌水など、すべてにゴツコーラを活用しています。

ゴツコーラをお分けします!
 

Edit

書籍『アーユルヴェーダのハーブ医学』から引用 Edit

画像の説明
 

ゴツコーラ(別名:ブラフミーの知識と効果・効能)

サンスクリット名: Brahmi ブラフミー
英語名: Thyme leaved gratiola
学術名: Centella asiatica
日本名: 積雪草、ツボクサ
別名: ゴツコラ、ゴトコラ、ゴーツコーラ、タイガーハーブ、バイブアボックアジアチカ、センテラ、インディアンペニーワート、ペガガ 

インドでは魔法の植物(quasi magique)とまで言われ、ブラフミー(創造の神ブラフマンの知恵を助けるもの、崇高な実態についての認識をもたらすもの、の意味)と言う名前まで付けられ、瞑想を助けるハーブとしてヨーガの修行をする人に特に使われています。

 
ブラフミーは、もともとインドのハーブで、アーユルヴェーダの薬の中で最も重要な若返りのハーブです。

主に神経と脳細胞を活性化するハーブです。
知性を高め、長寿を促し、記憶力を増し、老化や老衰を遅らせます。

免疫機能を高め、体内を浄化し栄養を補給し、副腎を強めます。

血液を浄化し、湿疹や疥癬だけでなく、ハンセン氏病や梅毒などの慢性の皮膚病にも特効があります。
 
ブラフミーはピッタに対して強壮作用と若返り作用があります。
同時にヴァータを抑え、神経を静め、余分なカパを減らします。
すべてのハーブの中で霊性とサットヴァの性質が最も高いハーブです。
ヒマラヤ山中によく見られ、ヨーガ行者の瞑想のための食物です。
クラウン・チャクラ(第7のチャクラ)を目覚まし、右脳と左脳のバランスを整えます。

瞑想の前にブラフミー・ティーをカップ一杯飲むとよいでしょう。
牛乳を用いた煎出液は、よい神経強壮剤です。
粉末は外用のペーストとして慢性の皮膚病に用いられます。
バジルと黒コショウを一緒に調合すると発熱に効果があります。
若返り剤としては、ギーで調合するのが最良です。」(抜粋)

とあります。
また、WHO(世界保健機構)はブラフミーを「21世紀の驚異的薬草」
「保護すべき薬用植物の中でもっとも重要なものの一つ」
と位置付けて、同発行の文献に以下の症状に効果があると謳っています。

鎮静効果があり、中枢神経系を安定させる。  
疲労を軽減し、うつ症状や不眠症を緩和する。
脳機能を高め、集中力や記憶力を増進させる。 
血行を良くし、体中の血液の流れを高め、血管や毛細血管を強くする。 
免疫機能を補強する抗生物質の特性を有し、特に肌の各種トラブルの対策に効果がある。
風邪や呼吸器官の異常(鬱血、熱、のどの不快感等)に関連する症状を緩和する。
心臓の働きを助け、肝臓や腎臓の機能を増進させる。 
血管体系を強化し、結合組織を強め、血管の炎症を治すハンセン病の皮膚障害を修復する効果がある。
化学物質や薬剤に汚染されたからだを無毒化し、脳細胞や神経を活性化する作用がある。
コラーゲンの生成を促す。細胞分裂を促進させ、やけどやキズ、乾癬、湿疹の回復を促す。

 

Edit

神農本草経:中国最古の薬物学(本草学)書 Edit

画像の説明

 

画像の説明
 

神農本草経では、ツボクサのことを「雪積草」と読んでいます。

神農本草経では、ツボクサのことを「雪積草」と読んでいます。
神農本草経は、中国最古の薬物学(本草学)書といわれており、
個々の生薬の薬効について述べています。

中国古代の伝説の帝王で農耕・医薬・商業の神「神農」名をつけています。

一年の日数に合わせた365種の薬物を分類しています。

・上品(じょうほん、120種)
・中品(ちゅうほん、120種)
・下品(げほん、125種)
と薬効別に分類されていることが特徴的です。

(上薬、中薬、下薬ともいう)
上品は養命薬(生命を養う目的の薬)で、
無毒で長期服用可能。身体を軽くし、元気を益し、不老長寿の作用がある。

中品は養性薬(体力を養う目的の薬)で、使い方次第で毒にもなるので注意が必要。病気を予防し、虚弱な身体を強くする。

下品は治病薬(治療薬)で、毒が多いので長期にわたる服用はよくない。
病気を治すために用いる、とされている。

「神農本草経」は保健もしくは予防的な薬物が上ランクに、治療薬が下ランクに位置している。
『黄帝内経』、『傷寒雑病論』とともに中国医学における三大古典の1つに数えられる。

ゴツコーラは、上品、上薬、に分類されています!
ということは、
養命薬(生命を養う目的の薬)で、無毒で長期服用可能。
身体を軽くし、元気を益し、不老長寿の作用がある薬草です。

これは、楽しみです!!

 

ツボクサの苗(ゴツコラ)販売中です!←クリック

 



 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。