あらたな問題

テーマ:

ADHD≪注意欠陥多動性障害≫グレーのお兄ちゃん。


入学時より支援クラスに在籍して学校生活を送っています。


しかし、2年生の時に始めたスポーツ少年団野球や保育園の時から通っているスイミングスクール船、妹が生まれた事女の子で、一番大変だった時に比べたら見違えるように落ち着いてきました音譜


やはり早い段階から専門のお医者様にアドバイスを頂いてそれに基づいて学校の方でも対応してきた事や、おにいちゃんに関わるほとんど方に彼の持つ特性についてカミングアウトして、みんなで見守ってきていただいた成果だなあと心から思います。


おかげで昨年後期より普通級で過ごす時間を少しづつ増やし


今年度からは登校時から下校時まで普通級で過ごすことをスタートさせました。


しかしながら1歩進むとまた新たなが見えてきます。



まず1つ。


普通級の担任の先生。


簡単にいえばまた最初からですかね(笑)


昨日今日始まった事じゃないのに

「身の回りの生理整頓が出来ない」

「話をしてもなかなか耳に入らないみたい」案の定座席は廊下側一番後ろ。。。


どうしたらよいですかね?

なんて言われたので、今の支援の担任も変わった時大変でしたが

同じように1つづつ説明していきました。


その中で

「忘れてしまう事も多いので反復して伝えていくしかないものもあります」


と伝えると、何と


「イヌにお手をさせるように」


と笑いながら言われました。。。むっ


お兄ちゃんが支援クラスから普通級へと在籍を移動させるための第1歩となる大切な1年なのに。。。

絶対失敗させてはならない1年なのに。。。


あたまから不安いっぱいの先生です。しかもベテラン域の方でパワフルなので覚悟してかかろうと思います(笑)



2つ目。うちの子もまわりの子も成長している上に、ある事柄については成長のスピードにずれがあるから、誤解とかわだかまりとかが生じてくる。。。




特におにいちゃんは「忘れっぽい」っていうのが強く出る事がある。

実際は忘れるっていう事はもとより、1つの事に気が行ってると別の事は耳耳に入ってこなかったりするので、返事はしていても実は聞いてない・聞こえてないってことも多々。。。


だけど、学習能力や運動能力、コミュニケーション能力に至っては普通かそれ以上にできてしまう事もあるので、はたから見ると基本的な生活習慣が出来ていない事やそういう忘れる事に関しては「怠け」や「わがまま」、「言う事を聞かない子」って思われてしまう事もあって、学年が上がれば上がるほどこういった理由でトラブルは増えてくるだろうなぁって予測はしてましたしょぼん



で、この間。

所属してるスポ少に参加していて、お昼休みにお弁当を届けに行くと様子がおかしい。

べそかいてるしょぼんから理由を聞いてみると、どうもこれといった理由が見えてこないが

その日は調子が悪かったのか、コーチやチームの先輩たちに注意されたりした事をすべて受け止めてしまって胸がいっぱいになってしまったようでした。

その中で、1件だけ理不尽な形で悪口というか暴言を吐かれていたものがあって。。。

幸いその子のお母さんとは話が出来るので思い切って相談してみました。


お兄ちゃんは「なにもしてないのに。。。歩いてるだけなのに。。。」と言っていたけど、該当する子はそんなに悪い子には思えないので、思い込みも激しいお兄ちゃんが自分が気づいていないだけで、相手のお子さんに不快な思いをさせていたのかもしれない事も相手のお母さんに伝えました。


お母さん、すぐにお子さんを連れ出し対応してくれて話を聞く事が出来ました。


どうも、練習中集中力か切れやすいお兄ちゃんに注意をするも

何度言ってもやってくれないので頭に来てしまったプンプンDASH!との事。。。


心配していた事が現実に。。。


だけど相手のお母さんがうちのお兄ちゃんの特性について良くお話してくれて、相手の子も納得した上でわざわざ謝りに来てくれました。


翌日もお兄ちゃん本人に相手の子から「ごめんね」と言いに来てくれました。

もちろんうちのお兄ちゃんも「いろいろ気づかなくてごめんね」と謝りました。


そして相手のお母さんから提案が。

その日お兄ちゃんに伝えたかった事を紙に書いて渡しても良いか?とのこと。

これはお兄ちゃんが目で見た情報の方が理解しやすいという事から、また同じことを繰り返さないように親子で一生懸命考えてきてくれた事です。

本当は悪かった事というよりはやらなくてはいけない事を書いてもらった方が良いのですが、その点はあとで伝えるとして、お兄ちゃんがみんなとスムーズに関わっていけるよう一生懸命考えてくれるなんて本当にありがたいなぁって思います。


小さいころは、あからさまに避けられたり、大丈夫だよーって言うから連れて行ったのに結局嫌な顔されるとか、「ものすごい動き方だよね~」って言われたり。。。ダウン


寂しさ、悔しさ、悲しみ。。。


挙句の果ては、お兄ちゃんを受け入れられる位大きい人たちとしか関わらせないようになっていました。


そういう事から考えると、投げ出さず仲間として受け入れてくれる人たちがいる事に


感謝でいっぱいですラブラブ



こうして一つ一つクリアにしていくしかないけれど


おにいちゃんもまた少しづつ成長して自分という人間と上手に付き合っていく術を学んでいって欲しいなって思います。

AD

無事出産 つづき

テーマ:

手術室に行くと、婦人科の部長さんが待機してくれていました。


アメリカ帰りの優秀なのにとても優しい先生です。なんてったってグレードAの緊急性あせる

スタッフも相当慌てていたのか、私の点滴がはいらない。


もともと血管が見えにくいのに、手術用のやつって普通より太いみたいだよね。


おかげで4か所ほど打ち損じたあと、ここでと落ち着いた手首のライン。


ここも実はきちんと入っていなかったらしく、あとでものすごーく腫れて真っ青になってしましました。


そんな事をしてる間、私、ものすごくいきみたい。。。


ぎゅいぎゅい赤ちゃんが下がってきてるのがわかる。


いきみたい~あせる


って言ったら、看護師さんに


「手術するならいきんじゃだめ!」って怒られた(笑)


そりゃそうだ。と痛いながらも反面冷静な自分。不思議ですね~。


思えば家から出る時も

「入院グッズに化粧道具入れてなかった!」とか「髪型ボブにしたからヘアバンドもっていかなきゃ」とか


なにかと気づく私でしたにひひ


で、さぁ!麻酔をかけますよ、とマスクを顔にのせた途端!!


もうげんか――――い!!


1回いきんだら出てきてしまいましたDASH!



みんなに「きらなくてよかったねー!」と言われましたニコニコ


所要時間2時間という超安産でした。



本当はこの妊娠・出産がきっと人生最後だしすごく楽しみにしていた部分もあったので


あまりに早く突然にあっさり終えてしまった事に寂しさを覚えたり


じっさい産むはずだった日が来ると、早くこの世に出してしまった事になんとなく罪悪感を感じたりしていま


したが、今胸に抱かれ日に日にかわいくなっていくこの子を見ていると


これで良かったんだ、この子はもう外の世界で生きていける!と判断して自分の意思で出てくる日を決め


たんだ、と思えるようになりました。


出産はあっという間でしたが、今この3回目の子育て。


一番時間がゆっくり進んでいる気がします。おかげでかわいい時期をたっぷり楽しませてもらっています。


長男は初めてだったし余裕もなく


次男は生死の境をさまよった後は入退院の繰り返し。。。


3番目のこの子は一番早く、一番小さく生まれてきましたが


一番元気ですし、一番手がかかりません。


あまり泣いたり、ぐずる事もないので


たまにグズグズしているときは、1日抱っこしていてもいいや~


なんてやさしい気持ちになれてます。


これも、年の功ですかね(笑)


ヨガの教えも私の中に生きています。



急がずに。

深呼吸して。

物事は多方向から見てみる。

自分が環境をつくる。


こんな事を思いながら子育て中です。




AD

無事出産しました♪

テーマ:

10月8日。

かわいい女の子を自然分娩で出産しましたクラッカー


晴れ10月4日晴れ


3人目、本当の予定日より2週間も早い予定帝王切開という出産のため


母に「早く入院の準備しなさい!」と再三言われるもなかなかやる気になれなかったのですが


いい加減にやらないと。。。ってことでやっと重い腰を上げたこの日。


私が留守の間、ちょうど季節の変わり目にあたるので夏物から秋・冬物、さてはちょっと真冬に着るような


厚手の洋服を出しておくという作業もしたのでなんだか疲れてしまいました。


夜はパパにわがままを言って外で食事をする事に。


帰宅途中、新しくできたドンキホーテに4人で立ち寄りたのしい時間を過ごしました。


これが4人家族最後の外食、外出になろうとはこの時は知る由もなし。



晴れ10月5日晴れ

この日は、市の乳がん検診に行きました。


ちょうど1年前もこの検診に行き、遅刻ギリギリでまんまとよその人の車におかまをほったんだったなぁ。


なんて思いながら、今年はきちんと時間に余裕をもって行ってきました。


前回のブログもこの日に投稿し、このマタニティライフを振り返ってみました。



晴れ10月6日晴れ

この日はたしか台風。


TVを観ていたら急に映らなくなりなんだ?と思っていたら


強風でアンテナがボッキリ行ってしまっていました。



晴れ10月7日晴れ

この日は9カ月ぶりの待ちに待った美容院へ。


思いのほかつわりがひどかった今回の妊娠。


すっかり行くタイミングを失い、この日ようやくいけたのでした。


そして夜は、この頃すっかり癖になっていた夜更かしを楽しみ寝室へ。


寝室へ行くとなんだか外が明るい。


気になってベランダへ出てみると、きれいな満月でした。


「元気な赤ちゃんが無事に生まれますように」と手を合わせ床につきました。



ドキドキ10月8日ドキドキ

午前4時半。


腹痛で目が覚める。


「寝る前に便秘のお薬飲んだからだ~」とトイレへ。


そうなんです。今回の妊娠。


最初のころは下痢に悩まされたものの、中期ころから便秘に悩まされ。。。


便秘のお薬を時々服用していました。


この時も就寝前に服用していましたから、この腹痛は便意に違いないと思っていました。


トイレを済ませ、ベットに戻るも腹痛は治まらず。。。


おさまらないどころか、なんだか「キュ~」ってなるよ。。。


ちょっと時間計ってみようかな?と思い15分ほど収縮の間隔を計ってみる。


どうも5分おきっぽい。。。


だけど「キュ~」の感覚が5秒~10秒くらいって短すぎないか?


陣痛ってこんなだったっけ?もう10年も前の事覚えてないぞ。。。


と悩む事そこから30分。


やっぱりヘン!痛いかも!やばいかも!


という事でやっと旦那さんを起こす。


そして病院に電話すると、張り止めを飲んで診察に来るようにとの事。


車で20分の産院に到着し、すぐ診察。


先生

「○○さん(←私)!もう赤ちゃんの袋見えてますよ!子宮口も全開です!今から手術の準備しても準備している間に生まれちゃいますよ!リスクを考えても自然分娩で行った方が良いと思いますがどうしますか?今すぐ決めてください!」


「え~~!」

↑もうパニックが止まらない状態です。


先生の説明からすると、絶対どうしても帝王切開するほどリスクは高くないし逆に産道に赤ちゃんが入っ


てきた場合取り出せなくなり、この状態で手術するという事は超緊急のグレードAの帝王切開になるうえ


麻酔も全身麻酔になるので極めてリスクが高いとの事。



説明はよーくわかってはいるが。。。


思考能力が完全に低下している上に、まったく自然分娩で産むなんて考えもしていないし覚悟もできてい


なかったから決心付かず。


旦那が呼ばれ説得されるも、私自身が「帝王切開で~」と我がままを言ったため


大急ぎで手術の準備が始まりました!


続く



AD