メロメロパーク
2009年10月04日(日)

今更ながら、新世紀エヴァンゲリオン

テーマ:B級コラム

アニメオタクが熱狂しそうな美少女戦闘員が二人。


彼らが感情移入しやすいような、等身大の少年。(この子も戦闘員)


ピッチピチの戦闘服。


主人公が搭乗する、かっこ悪いロボット。


岡本太郎が彫刻したような、へんてこな敵。



まあ、観る必要もあるまい。



以上が、エヴァンゲリオンを最初に知ったときの印象だった。



ところが、ここのところ、気になってしょうがない。


映画も上映されているし、パチンコなどにもなっているようだ。


(コンビニで、エヴァンゲリオンのパチンコ本をよく見かける)


大分昔のアニメにもかかわらず、その人気は蔭りをみせない。



人気の秘密が、俺にはわからなかった。



このアニメのよさを知るには、実際に観る以外に、ないのだ。




それに、俺はアニメが嫌いじゃなかった。




いろいろと、漏れ伝わってくる情報によると、キャラクターが魅力的だった。




特に、綾波 零がいい。



無口で陰気な雰囲気と、壊れてしまいそうな繊細さ。


俺はそんな人間が大好きなのだ。


(体中に包帯を巻かれたあの姿は、ある意味フェチズムを感じる。そう。ピチピチ戦闘服もボンデージファッションと言えなくもない?)



主人公の少年と、父親との関係性も、屈折している。



それだけでも、見る価値はありそうだった。



この期に及んで、俺はエヴァンゲリオンを観て見ようと思っている。



俺は、以前勤めていた職場の同僚を思い出していた。


奴は典型的な、アニメオタクだった。


エヴァンゲリオンの話も、していたような気もする。



やつから、DVDを借りよう。



俺は奴に電話するだろう。



「やあ、元気かいゲーマー君」



アニメ好きは、ゲームも好きだ。


事実、俺もゲームが好きだった。




ちなみに、私のペンネームは山南 零ですが、これはエヴァンゲリオンの綾波 零からとったのではありません。ある小説に登場する主人公(××零)から名前を拝借しています。

苗字は適当に、山南 敬介からとりました。

新撰組が好きなもので。



エヴァンゲリオンのTVシリーズ、すべて観終わったらまた記事を書きます。

少しはまともなこと書けるように。



ところで、


読者の皆様は、エヴァはお好き??



日々を生きる。~妻よ。おまえはいったい何を望んでいるのか。


↑いつもクリックありがとうございます。




ペタしてね

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2009年04月13日(月)

恐怖~異次元へ行く方法

テーマ:B級コラム

ギズモード・ジャパン に、エレベータで異次元に行く方法 なる記事がありました。


http://www.gizmodo.jp/2009/04/post_5354.html


元ネタは、2ちゃんねるのオカルト板のようです。


また、この方法を実際に試した猛者がいて、実況動画も動画サイトにアップされていました。

そのときに撮影された怪しげな画像(人のようなものが写っている)もこの話題を盛り上げているようです。


ギズモードジャパンの本文より、エレベーターを駆使して異次元へ行く方法を抜粋します。


異世界へ行く方法


必要なもの:10階以上あるエレベーター


1.まずエレベーターに乗ります。
(乗るときは絶対ひとりだけ)


2.次にエレベーターに乗ったまま、4階、2階、6階、2階、10階と移動する。
(この際、誰かが乗ってきたら成功できません)


3.10階についたら、降りずに5階を押す。


4.5階に着いたら若い女の人が乗ってくる。
(その人には話しかけないように)


5.乗ってきたら、1階を押す。


6.押したらエレベーターは1階に降りず、10階に上がっていきます。
(上がっている途中に、違う階をおすと失敗します。ただしやめるなら最後のチャンスです)


7.9階を通り過ぎたら、ほぼ成功したといってもいいそうです。


ちなみに、

成功を確かめる方法は、1つだけあるそうです。その世界には、貴方しか人はいないそうです。そこからどうなるかは、わかりません。でも一つ言えることは、5階で乗ってきた人は、人ではないということだけ……。

当方、書店で時々そっち系の本なども気が向いたときに立ち読みしたりするので、こういった記事に思わず反応してしまいます。




最近書店で見かけて気になった本を上げてみます。


この本(下記)思わず手にとって、ざっと読んでみたのですが、下手なSFよりおもしろいアイデアがてんこ盛りで。

いつものように、宇宙人にさらわれた人のお話なのですが、宇宙人から教示されたという死後の世界(天国について明言している)や宇宙創生の謎、生命の誕生までぶっ飛んだ内容に、思わず読みふけってしまいました。


超次元の扉―クラリオン星人にさらわれた私 (超知ライブラリー)/マオリッツオ カヴァーロ
¥1,785
Amazon.co.jp

私のブログの読者のみなさまに、このような内容に興味をそそられる方がいるのでしょうか?

ここで話題にするのは間違ってる?




日々を生きる。~妻よ。おまえはいったい何を望んでいるのか。
↑クリックお願いいたします。



ペタしてね



AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2005年08月30日(火)

検索エンジン MARS FLAG レビュー

テーマ:B級コラム

アメブロトップ画面にて、


トラックバックであなたのブログがアクセス倍増!?


という文字に、思わずクリックしてしまいました。


検索エンジン MARS FLAG


私は、はじめて知った。

(普段使っているものは、googleがほとんど)


MARS FLAGは、検索するサイトが画像で表示されるというもの。


トップページが視覚的に一目瞭然で確認できるため、変なサイトかどうかひと目でわかるのが利点。


水中画像で、涼を得たいと画策。


うだるような暑さの中、ダイビング関連のサイトを検索。

ダイビングと入力後、検索開始。

多くのサイトのトップページが表示されてゆく。

ヘボいトップ画面のサイトは、やる気なしと判断。


よくデザインされたもののみを、観ていきました。


おかげで、良質な情報(画像)をすばやく得ることができました。


画像で検索するという特性上、一度に表示できる件数が少ないというのが唯一の欠点か。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。