メロメロパーク
1 | 2 次ページ >> ▼ /
2010年03月17日(水)

変化

テーマ:
通常、入院などと言う事はしんどい事だ。
しかし、俺の場合、そこには普段の生活にはない安らぎがあった。

入院によって、張り詰めたものが緩んだためか。

一日中、ひとり病室にいる事が、俺を感傷的にさせたためか。


今日、俺はふと思った。


日々のなんでもない事も、楽しもう、と。


俺をうんざりさせる仕事も。
睡魔とともに働くバイトも。
食事の仕度も。

全てを楽しむ。

この世の誰ひとり、恨む事などなく。

今のその一瞬に感謝し、そして楽しむ心を持つ。

俺はそんな人間になりたいなんて、思ってしまった。

我ながら、失笑ものだ。


俺は腐る寸前だった。

入院による休息で、俺は腐乱することなく、この世から消滅せずに済んだのかもしれない。

この僥倖を、誰に感謝すればいい?
神か。
仏か。
それとも。

(病気になって感謝などと不謹慎かもしれないが)

宇宙の隅々まで拡散する、俺自身の意識、か。(自嘲)

今日はすこぶる気分が良かった。
こんな事は、滅多にあるもんじゃない。



ps 入院してから、人に、いままでにないほど優しくされている。
俺は癒されている。

看護士が点滴の交換や、検温。
「体調はいかかですか」などと、毎日声をかけてくれる、それだけで有り難かった。


できる事なら……。
photo:01

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2010年03月16日(火)

入院後、初めての食事

テーマ:
photo:01


入院して、一週間が経過した。

今夜、やっと夜食が出るのだ。

俺は心踊る思いで箸を準備し、膳が整えられるのを、待った。

膳が運ばれてくる。

重湯だった。

おかずは、味噌汁とパック入りの飲料食。

そしてジュース。

箸は必要なかった。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2010年03月14日(日)

見舞いと、用件を伝える事とは、別だ。

テーマ:
四日?五日ぶりか?
娘とその母親が見舞いにやって来た。
いや、見舞いではなかった。
町内会の総会に出ろ。
それを伝えに来ただけだった。
俺は総会の日も入院している。
娘の母親は、病室から一時的に外出できないか医者に訊けという。
あんたが俺の代わりに出席できないのか?

「私は出られないから」

疑わしいが、そういう事らしい。

汚れた衣類があったが、持ち帰ってはくれなかった。

自分で洗えるでしょう。
洗剤も売店で売っているでしょう。

娘とその母親は、ほんの数分で帰っていった。

「さあ、明日は早いからもう帰ろう」

娘と言葉を交わす暇もなかった。
帰り際、娘は俺の方へ振り返ると、微笑みながら手を振った。
俺も手を振って娘を見送った。
暫くして、俺はある事に気付く。
洗剤を買う金も、洗濯機を回す金も持ってはいなかった。



入院して、一週間が経った。
食事はなく、水すらも口にしていない。
そういう病だから仕方がない。
それでも、腹に付きかけた肉はあまり変わらない。
もうじき、飯が食える。
今は、それだけが楽しみだった。
photo:01

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。