メロメロパーク
1 | 2 次ページ >> ▼ /
2008年10月30日(木)

物語~娘の書いた本

テーマ:ブログ

コピー用紙にかかれたその本を手にとって、俺は少なからず驚いた。


ちゃんと表紙があって、数頁が書き込まれ、ホチキスで止められている。


そこにかかれていたものは、紛れもないない物語だった。



侍が幽霊に遭遇する話だった。


侍と幽霊の挿絵も、かわいらしく描かれていた。


最後の方の頁には、感想を書き込めるようになっている。


そこに感想を書き込むのが、なんだかもったいないような気がしたので、娘に直接、おもしろかったことを告げた。




そして。



俺も娘に物語を贈った。


すべてひらがなで書いた。


猫が主人公で、そこに娘も登場する。そんな物語だ。





娘は喜んでくれた。





初めてかもしれない。





俺の物語を楽しんでくれた。その様子を間近で見ることを。


次はどんな物語を書こうか。






俺はかけがえのない読者を獲得したのだった。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2008年10月30日(木)

正気の沙汰~夢の中のおっさん。

テーマ:ブログ

バイト先のおっさんが、昨晩の夢に出てきた。


夢の中のおっさんが普段とは正反対に、やけに明るく何かを言いながら、俺の頭をつかんで、ガシガシやった。

いい加減にしなよ。


俺は笑いながら言う。


俺は、おっさんが嫌いではなかった。


おっさんはいつも仲間内から蔑まれ、揶揄されていた。


それでも、おっさんはいつもマイペースで仕事をこなす。


一度仕事帰りに、おっさんが一人寂しくファーストフードで食事をしているのを見たことがあった。



おれも、いっしょだわな。




そのとき俺は思ったのだった。


俺たち、三人でどこかに行く。


三人。



いつの間にか一人増えていた。



もう一人も、おっさんだった。


誰だったか、忘れた。知ってるおっさんだということはわかった。しかし、名前はわからない。

何処へ行くのか?俺たち三人は、ふらふらと歩き続けた。



居酒屋らしき軒先からは灯りが漏れていた。

俺はおっさん二人に挟まれ、得体の知れない町並みを歩いている。

薄暗い、物音一つ無い古びた町並み。

ジメジメとしていて、腐臭が漂ってきそうな猥雑な裏路地。



おっさん、飲んでるな。



おっさんの常軌を逸した明るさに、おれはそう結論づけた。



もう一人のおっさんは、静かだった。




今日はバイトなのか?




おっさんたちと一緒にいる理由が、わからなかった。バイト以外では会うことはない。だからバイトなのだろう、か?



疑問がわき上がり、虚構なのだと悟った瞬間に、目が覚めた。









おれは、不吉なものを感じだ。


おっさんは、死んだかもしれない。


俺に、最後の別れを告げにきたのだ。



俺は何故かそう思った。



おっさんは、体調が良くなかった。ぼろぼろの体で、最近はよく休んでいた。








おっさん………。




大丈夫かな?


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年10月28日(火)

くそったれ!!

テーマ:ブログ
本屋のトイレ。後ろで何度もノブをまわす音がする。


無視した。しかしその音は止まなかった。いつまでもノブをガチャガチャ。


ん? 馬鹿じゃねえのか?カギがかかってるだろうが!入ってるんだよ!


さらに、ノブを執拗にガチャガチャ。



クソッタレの馬鹿ヤロウが!



俺は振り返らずに、おもいっきり後ろのドアをけり飛ばした。


ドン!


それで静かになった。


すぐにトイレを出て、ばか者の姿を探した。


それらしき、男の姿はどこにも無かった。



今日は妻に話さなければならないことがある。



ここ一週間、話すに話せなかった。


妻の利害とも一致する、もともと、妻が言い出したことだった。



あんた、このままでいいの?


無理だと決め付けずに、やってみるという気概は無いの。




そんなことを、言われた気がする。


しかし、気になることもあった。


事を始めるには、まず金が必要なのだった。


そして、その金はどこにも無い。


そのまま、ハンバーガーショップへ直行した。


妻と対峙する事を、少しでも遅らせたいのかもしれなかった。


自然と足は、家から遠のく。


本を読もうという気も起きなかった。


二つ。バーガーを腹に詰め込んだ。


包み紙を丸め、ナプキンで口を拭うと、何もすることが無くなった。


主婦らしき4人組が、それぞれ携帯を弄びながら会話をしている。


気分を取り戻さなくては。


こんな気分では、手強い相手を説き伏せることはできないだろう。


いや、そもそも、説き伏せるほどのことなのだろうか。


案外、あっさりと承諾するかもしれない。


問題は、その後だった。


ふと思いたって、ノートを取り出す。




そして俺は書き始めた。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。