メロメロパーク
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2006年06月29日(木)

休息

テーマ:ブログ
それは、ほんの少しの休憩を知らせるメールだった。


今実家にいる。

何か作って食べてくれ。そのうち帰る。


妻からのメールである。

俺はホッとしていた。

一人になれる。

それは、俺にとっては貴重な時間だった。


手早く飯を済ませた。

それだけで、何もする気がなくなった。

ただ茫然としていたが、次第に酒が飲みたくなった。

妻のいないときに、隠れるようにして呑む。


もう、習慣になっていた。

スーパーで、発泡酒を買う。

ディスカウントまで行けばもっと安かったが、遠いのでやめた。

家に戻り、飲み始めると、さらに体が重くなる様な気がした。


そんな時、また携帯が鳴った。

布団をひいておいて。


妻だった。


結局、妻が帰宅したのは夜中だった。

俺がソファーに寝ていた所を叩き起こされた。

「テレビ観たいから、どいてくれる」

俺は二階へ行き、フローリングの上に、座布団を枕にして、そのまま横になった。

寝られるはずもなかった。

二時間後、妻の溜息が聞こえた。

そして、戸を激しく閉める音。


結局、朝まで眠ることができなかった。
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2006年06月27日(火)

曇り空

テーマ:ブログ
鳥の鳴き声が聞こえた。

やけに遠く感じる。

それは小さく澄んでいて、車の騒音に掻き消されそうだった。


窓の外。

眺めていても、鳥など見つからなかった。


気付くと、溜息を付いていた。

心の有り様が、俺を蝕んでいるのはわかっていた。

形だけでも明るく振る舞う。

そうすることによって、気持ちそのものも変わってくる。

何かに書いてあったことで、一度試してみたが、たしかに効果はあるのだった。

しかし、妻の様子を思い浮かべると、そんな気持ちも、掻き消えた。


犬の餌の準備のため、階下に降りた。

その時、ちらりと妻の方へ視線を向ける。

後ろ姿で、表情まではわからなかった。


外に出た。

犬の散歩である。

空を見上げると、雲の隙間から少しだけ、日の光りが差し込んでいた。

それでも、灰色の空だった。


立ち止まり、耳をすましても、鳥の鳴き声など聞こえなかった。


遠くに、車の唸る様な音が、微かに聞こえただけだった。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年06月23日(金)

気力

テーマ:ブログ
気力を、取り戻せ。

自分に、言い聞かせていた。


仕事をしている時は、まだよかった。

忙しさの中で、余計な事を考えずに済むからだ。


帰宅する。

すでに妻子が床についていて、俺は何もすることがなく、しばらくソファーにじっとしていた。


その時、絶望感に包まれる。

嫌な考えばかりが頭の中を過ぎるのだった。

ここから逃れる、もっともよい方法は。

いつも、考えが行き着く所は、同じだった。

そして、その考えを振り払い、そのままソファーで、寝た。



どんな方法でもいい。

とにかく、気力を取り戻すことが先決だ、と思う。


以前のような、気持ちはもう、今は無くなってしまったのか。

いや、まだ捨てきれてはいない、と思いたい。


気力を取り戻す方法は。


考えても、よい考えには、思いいたらなかった。
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。