メロメロパーク
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2005年10月31日(月)

憤激

テーマ:ブログ

何の前触れもなく、怒りが爆発した。

執拗に俺を罵る妻。

俺の心の中の何かが、切れた。




ふざけるな。

いい加減にしろ。

何様のつもりだ。


そして俺は、最後にこう付け加えた。


「お前ってやつは、ホント最低だな」


ついに言ってしまったと思った瞬間、目が覚めた。



俺は夢を見ていたのだった。



布団の中で、思わず笑ってしまった。

妻を目の前にして言えない事を、夢の中で言っている。

そのこと自体、笑いたくなるような事だったが、夢の中にまで押し入ってきて、俺を罵る妻の執拗さに、笑ってしまったのだった。


洗濯物が溜まっていた。


曇りのとき、妻は洗濯をしない。


そのときを見計らって、俺は自分のものを洗った。

折り畳んだ服が重ねられている。

妻の服だ。

洗濯せずに、また着るものが重ねられている。

一度その棚に、俺が脱いだ服を置いた事がある。

気付くと俺の服は、廊下に放り出されていた。


俺の汚れた服は、いつも一番下の籠の中である。

娘と妻のものは別の籠に入れられ、無造作に俺の籠の上に重ねられている。

俺のものと、妻子のものはきちんと分けられている。

そんなに俺が嫌なのか。

急に怒りがこみ上げてくる。

籠を持ち上げて、思い切り叩き付けた。

娘の服だけが、こぼれ落ちた。


すべてが、ばかばかしく思えた。



俺はため息を付きながら、娘の服を拾い上げ籠に入れた。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2005年10月30日(日)

いい加減にしてくれ

テーマ:ブログ

これだけ罵られながらも、俺は妻のために車を運転する。

妻と、話などしたくはなかった。

外出し、一通り用事を済ませ、帰路につく。

妻が、どこかで食事をしようと、娘に言っていた。


途中、ガソリンスタンドへ寄った。

セルフスタンドなので、自分で入れる。

妻から、金を渡された。

何故か千円札一枚と、数枚の硬貨だった。

キャッシャーのメニューには、千円単位のメニューしかなかった。

硬貨まで入れたが、結局千円分しか給油することが出来なかった。


妻にレシートと硬貨を渡した。

妻はそのまま憮然として車を降り、キャッシャーへ向かった。

硬貨を入れ、給油を始める。

どうやら、満タンメニューでそんな半端な給油が出来るようだった。

そんな裏技を、俺は知らなかった。

いつも、千円単位で入れているのだ。

満タンとは文字通り満タンで、多めに金を入れて、残り分のお釣りを受け取ると思い込んでいたのだった。

ひょっとして、妻はこうなることをわかっていたのではないか。

俺を罵る材料を探していたのではないか。



案の定、妻は不機嫌になった。

「疲れた。もう帰って寝よう」

娘に言っている。

俺のせいで、外食は無しだと娘に言っているのだった。


のどが渇いたと訴える娘に対して、何度も、何度も。


そして、誰に対するわけでもなく、疲れたと呟き続ける。


俺は偏頭痛に耐え続けた。

風邪なのか。


それとも、何か別の理由なのか。




家に着いても、それは続いた。

食事が出される。

また罵しられる。


さすがに、頭に来た。


俺は食器を持ち、妻と娘から離れテーブルに移り一人、食った。




いい加減にしてくれ。




心の中でそう呟きながら、妻の狙いはいったい何なのだろうと、また別のことを考えていた。

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2005年10月29日(土)

笑うとき 2

テーマ:ブログ

「ちゃんと片付けてよね」


妻の怒号が、耳に届く。


布団を引き、娘を風呂にいれ、寝室へ向かうときだった。



居間には、風呂の前に娘が遊んだおもちゃが散乱している。


黙っておもちゃを片付けた。


妻の怒鳴り声が、今日俺に対して初めて吐き出された言葉だと気付き、俺は声を出さないで笑った。




笑うしかなかった。


どうにもならない。

そう呟き、また笑った。

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。