何もしない穏やかな初夏の午後

テーマ:

湿度が低く雑木林を渡る初夏の風も心地よいある日の午後。

本日は何もしないと決めていたので、程々のデッキでうとうとするのが至福の時。

デッキの梁にはロープに結わえた純製品を思わせるハンモックフックが常設してあるので、対角線上にメキシカンハンモックをつり下げれば至福の時への準備は万端。



斧と薪と熾きの日々


斧と薪と熾きの日々

不思議とこの状況にピッタリくる野田知佑氏のカヌーエッセイと昔のバイク雑誌を持ち込み、手に届く位置に置いた正にこの様な状況にふさわしいプレモルとグラス。



斧と薪と熾きの日々


斧と薪と熾きの日々


メッシュ状に編まれた二人用のビッグサイズなメキシカンハンモックは風を遮る事無く、全てを優しく包み込み、大脳皮質は静かにそしてゆっくりとその活動を停止していくのであった。


斧と薪と熾きの日々



斧と薪と熾きの日々


何もしないある日の午後はキッカリ日没数分前、凶暴化し集団となって襲ってくるヒトスジシマカによって終焉を迎え、かわいた喉に気の抜けたプレモルを流し込む、穏やかな初夏の夕暮れ。

AD

梅雨が来る前に

テーマ:

程々の家はログでは無いので、比較的早いサイクルで外壁のメンテをしないとあかんと思っている訳です。しかしながら外壁の塗装というのはオモシロミに欠けてすぐ飽きてしまう。塗れば塗るだけスティンはどんどん染み込んでいき、いい加減にしろと思ってしまうのである。





昨年、2年目の南壁面が白く焼けて来たし、ひび割れも気になったので梅雨を前に塗装を開始した訳だが、前出の通りつまらないので3時間程かけて南面を塗っただけでやめてしまっていたのだ。

だからその時決めたのだ。塗装メンテは毎年一面ごと。4年サイクルで一周、年単位のルーチンワークにしてやっていこうと。





それで、今年は玄関側を塗った。風雨にさらされた壁面はかさかさに白くなり、スティンを含ませた刷毛が触れるや否や乾燥仕切ったスポンジの様にちゅーちゅーとスティンを吸い込んで行く杉板。




斧と薪と熾きの日々








斧と薪と熾きの日々






『よしよし喉が渇いておったのだな』と優しい気分になっているのも束の間。渇きが癒えない杉板は際限が無く、適当に切り上げて次の杉板に移動して行く。



思うに新築時に2度塗りをオプション設定しておくべきであった。1回塗っただけでは見た目は宜しいが、杉板の細胞壁は全然満足されておらず、1年足らずで白焼けひび割れ現象が起きたのだと推測するのだ。



だから昨年飽きながらも奮闘してしっかりと塗った南面は今でも黒々と風雨を弾き返しておる。




斧と薪と熾きの日々




『よしよし』と再び優しい気分になったのであった。





斧と薪と熾きの日々








AD

2008年4月発表の経済産業省による白熱電球製造販売中止計画から3年と7カ月。


後藤照明の愛好家が待ちに待ったクリアタイプ電球型LEDがようやく出てきた。

非常にうれしい。すごくうれしい。本当に待ってました。



斧と薪と熾きの日々


いかんせん今までの電球型LEDのデザイン、色調ではせっかくの後藤照明が台無し。


現物を確かめましたが、きらめき感がフィラメントそのもの。クリア白熱電球と色調もそっくり。見事としか言いようがありません。

さすがグッドデザイン賞受賞。



斧と薪と熾きの日々

でも、残念ながら100Wおろか60Wレベルの光量は今の技術では無理なのでしょうか。

わずか20W相当・・・・。これでは寝室でも暗過ぎ。とりあえず廊下、階段用にしか使えない。


でもこの努力と技術の進歩に拍手。


オープン価格の相場は3000円。


せめて60W相当が開発され、お値段も2000円位にこなれるまでもう少しの辛抱です。


東芝とパナのクリア電球の在庫が無くなる頃には実現する事を期待して。





本当は白熱電球の老舗『東京芝浦電気』に頑張ってほしかったんだけど、100W相当のパワーの方に力を入れていたようで、ちょっと残念。

AD

夏の天窓は熱いのだ

テーマ:

朝方、たまにカラスと目を合わす事もある寝室の天窓にはロール状の遮光幕がついているので、陽射しの強い夏には閉じて直射日光を防げます。

一方、リビングの天窓は遮光幕が無く、夏の日差しは串刺しの如く床に突き刺さり、室温をどんどん上げて行きます。


斧と薪と熾きの日々

何かカーテン状の簡単な物を取り付けようと思っていましたが、ずるずると夏も終り。

重い腰をあげて始めたのが、障子の桟作り。
ヒノキの15mm角材を組み合わせて格子にし、障子の枠を作成。


天窓のサイズを正確に測り、縦方向に5mm短く、横方向に10mm長く微調整して、はめ込み式にしたので、取り付けの造作は一切無し。


斧と薪と熾きの日々


桟に色着けをして、障子紙を慣れない手つきで貼り、霧吹きで湿らせピシッと張れば『九重』唯一の障子が完成。


斧と薪と熾きの日々

斜めに差し込むようにはめ込んで、



斧と薪と熾きの日々

そのまま置けば、しっかり固定。



斧と薪と熾きの日々

遮光で、光は弱くなっても障子紙がランタンのホヤの様に光を拡散させるので、以前より明るくなった錯覚すらします。



斧と薪と熾きの日々

さびしかったので少しだけお遊び。



斧と薪と熾きの日々

意外といい感じ。




「程々の家」の『鎖樋』

テーマ:

『鎖樋』、「程々の家」のアクセントでもあり、気に行っています。



斧と薪と熾きの日々


鎖をしずくが流れ落ち、瓶を満たす光景は「程々の家」特有の趣でしょう。


しかしこれからのシーズン、樋を流れ落ちるのはしずくでは無く、日帰り温泉の打たせ湯如く滝の様に流れ落ちる雨水。


『鎖樋』の弱点は、水量が許容量を超えると、最上部の鎖が水の流れに固定された障害になっている為、付け根の部分から下に行く流れより水平方向に広がる流れが出来、完全に樋の機能を為さず、拡散ノズル宜しく周囲に雨水をぶちまけてしまう。


多分ほとんどのオーナーが「うひゃー」と思いながら、「まあいいか」と為すすべもなく日々を送られている事でしょう。



でもあまりにもみっともないし、かっこ悪いので、ペットボトルで一工夫。



斧と薪と熾きの日々


肩の部分を切り取り、飲み口の首も切り落とします。


これだけ。


あとは、切れ目を入れて、鎖樋の最上部に巻きつけ、ビニールテープで固定すれば終了。



斧と薪と熾きの日々


滝の如くの雨水も、空気を含んで真っ白な流れとなり鎖を垂直に落下します。



斧と薪と熾きの日々


斧と薪と熾きの日々


いとおかし。