2016-03-01 20:20:43

チャーリー・ブラウン なぜなんだい?

テーマ:ブログ
先日の、レアディジーズデイのイベントで
絵本「チャーリー・ブラウン なぜなんだい?
ーともだちがおもい病気になったときー」
の読み聞かせをさせていただきました(*゚ー゚*)

病気になった女の子を見守る友人を中心に、
彼女を取り巻く子供達の様子が描かれた物語です。
この友人、中でもライナスがとても優しいのです。
入院中も退院してからも、病気の子本人は大変。
先生たち大人は理解してくれているけど
ほとんどの時間は同年代の子供達と過ごす。
誰もそれほど悪い子ではない。
でも、理解が足りないせいで時々とてもいじわる。
そんな中、こうしてライナスのように
接してくれる友人がいたら…と。

…詳しくは言うまい♪
しかし私の朗読があまりに
拙いものになってしまったので。゚(T^T)゚。
みんなにぜひ知ってもらいたいこの本を
僭越ながら載せておきますね。


この絵本は現在、
ほとんどの小児病棟に置いてあるそうです。
私がいた頃にはまだありませんでした。
日本語版が出たのは退院した後のようです。
公称年齢とズレが生じている事をスルーします。

私は、
退院して中学に戻れたのは嬉しかったです。
でも副作用がひどく目立つ自分の姿を
同級生に見られるのは本当はとても嫌だった。
笑い飛ばすしかなかったから笑っていた。
思い返すとその頃もいてくれたなぁ。
乱暴な物言いだったけれど、
一緒に笑い飛ばしてくれた友人達が。
私は随分助けられていたんだなぁ…って。
今でも思います。

その点、大人は良いんです(`・ω・´)ゞ
副作用なんかに屈するものかと
根性でおのれを鼓舞できるから。
それに周りも同じく大人だから
面と向かって攻撃なんてして来ないから。
そして経験上、友達は絶対に
自分を笑わないって知っているから。

でも子供にはこれが無い。
良くも悪くも正直で無遠慮。
ここに限っては、誰かが教えてくれたら
いいのになぁって思うのです。
教えるって言うと大げさだけど。
授業のように、どう対応すべきか?
なんて習うんじゃなく、この本を読んで
各々何を思うか、それだけで十分な気がする。
うん、そう。
子供達はアホなんじゃない。
実際病気に触れる機会が少ないから
理解、想像力が及ばないだけで。
だから、小児病棟だけじゃなく
普通に学校の推薦図書にもぜひ
この絵本を入れておいてほしいな♪
と思うのです。偉い人お願いします。

さて、読み聞かせの後のフリートークで
数年前の入院治療の話題になり、
会いたいって言ってくれた友人達に
なかなか会えなかった話をしました。
もう少し元気になって、
少なくともこの最悪のピンチを脱して、
見られても恥ずかしくない状態になって、
それから会いたいと私は思っていたから。
そんな調子で1年が経って、
主治医が「ピンチです!」と言った頃には
物理的に誰にも会えない状態になっていて
めちゃめちゃ後悔した。
友達は誰も私を笑わないだろうに、
そんな事とっくに分かっていたのに、
恥ずかしくない状態になってからって何だ。
そのちっちゃいプライドの為に
自分を思ってくれる人達に会うのを
先延ばしにした自分を本当に後悔した。
痛いほど学んだ事。
それからは活かしてる。
そんな話を始めたら涙が止まらなくなって、
司会の女の子も泣き始めちゃって、
ふと見れば客席でも誰かが泣いていて、
もはや現場は収拾つかない状態に°・(ノД`)・°・
でも、それはたまらなく優しい空間でした。
こんな気持ちを沢山の人が持っていて
沢山の人が受け取っている。
その様子を目の当たりにした感動。
何にも替え難かったです。
励ましたいと意気込んで参加したイベントで
自分の方が励まされました(*>_<*)

お花やお手紙もいただいて♪
同じ病気の女の子と話す事もできて、
しかも薬剤師の試験に受かったと聞いて、
なんだかすごく嬉しかった(≧▽≦)
身に余るイベント、素敵な体験でした。
ありがとうございました!!

出番直前。ヘアメイクしてもらったとこ。

この前髪、ポンパドゥールってやつでしょ?
パリジェンヌ風♪キャッキャ♪ヽ(゜▽、゜)ノ
と浮かれていたらマネージャーが

「あ、リーゼントにしてもらったんですね♪」

って言った。
…リーゼント…だと…?( ̄□ ̄;)
ゴットゥーザ様さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

リブログ(1)

リブログ一覧を見る

コメント

[コメントをする]

31 ■リーゼント

後藤さん、こんにちわ!

後藤さんの優しさは伝わったみたいですね。

リーゼントが1番似合うヤマトナデシコ。ゴットゥーザ様

30 ■無題

毎回、ブログは読んで近況を確かめてましたが、コメントは初めて書きます。
今、小学校の図書館司書してますが、この絵本、うちの小学校には入ってます。私が勤め始めた時には既に入っていたのですが、普通に他の本と一緒に棚に埋もれていたのを、何故か気になって手に取って読み、とても深い本だなと思い、紹介コーナーに表紙が見えるように置きました。すると、数人が手に取ったり借りたりしてくれました。まだ、普通の生活をしてるだけでは、小学生にはピンとこないのかもしれませんが、いつかわかる時が来ると思い、今でもたまに見える場所に置いたりしてます。
今回、ここで紹介されていたので、思わずコメントしてしまいました。
いつか、いいタイミングがあれば、私も読み聞かせに使ってみようかな。

29 ■無題

こんばんは

インターネットでの配信で読み聞かせを聞きました。
「チャーリー・ブラウンなぜなんだい?」という本は、名前は聞いたことはありましたが読んだことはなく、今回後藤さんの読み聞かせで初めて内容を知りました。
私は、なかなかライナスの様に素直に行動できず、相手の迷惑になるんじゃないか…とお見舞いに行かないかもしれないなぁと思いました。でも、自分が行くことが相手の力になるのかもしれないのなら、やりたいことはやれるように、会いたい時には会いたいと伝えられる人になりたいと思いました。
いろんなことを考えるきっかけをくれたこの本に出会えて良かったですし、その本を後藤さんの素敵な声で聞けたことがすごく嬉しかったです。
また、配信では途中までしか聞けませんでしたが朗読後のフリートークのお話を今回のブログで知ることができたのも、嬉しかったです。
いろんなお話を聞かせていただき、ありがとうございました。
髪型とってもお似合いでしたよ!!マネージャーさん、リーゼントとは‥(笑)

28 ■生意気ですが

大人が遠慮して言えない言葉を無遠慮な子供が言ってくれる
その子は、分別がつくようになってその言葉が刃だったことを後悔し、人に優しくなれる人間に成長するのかも知れませんね
子供は、それでいいのかも知れません

27 ■ありがとうございます

ゆうこさんから、いつも
強さと優しさをもらっています。
絵本、姪っ子に買おうと思います。
本人の生い立ちにも悲しい出来事があり、悲しい話やつらい話が苦手な子なのですが、 乗り越える力を持ってほしいと思っています。時機をみて読んであげたいです。

26 ■そのとき・・・


お優しい後藤さんはきっと、弱っている自分を見せる事で相手が悲しむより
元気な姿になってから会いたいと、思われたのではないのかな~?っと‘w‘)妄想だけどw

つまりは相手への思いやりと気遣いの結果ではないかと、ただ・・・その気遣いで時期を逸して、
相手が後悔と言う深い傷跡を背負い一生涯後悔して生きていく事は・・・お互いにとって不幸かと

人は生きていく理由が欲しいものですから。

ありのまま。それは恥ずかしい事ではないかとっ
人づてに伝え聞いたとしても、その人の生きたさまを聞くことは、残された者にとって前に進む力になりますし
乗り越えよう、乗り越えた人の言葉はすさまじく強い言霊になってますし(>w<)

そして、その言の葉を聞いて勇気づけられてきたファンにとって、聴き続けられることは幸いです

そう!すっぴんでも、お洒落してる写真でも、全てをありがたく思える状態なのですっ!@w@)
あっ!あと数センチ団子デカかったらサザエさんじゃね?と思ったとしても、
レイア姫みたいに高貴なお方だ!と最初にそう見える!いや、むらこ姫だ!と脳内で拍手喝采できる!


でも・・・脳内の悪魔と天使が話し合いをした結果、
間を取って(なんの?)ムラコさんだ!!と結論できるわけです。いえ冗談です。とてもとてもお綺麗ですぜぃぃぃd(>w<)b

25 ■無題

最後のオチで笑っちゃいました!
仕事休んででも会場まで見に行きたかったー!
素敵なお話をありがとうございます!

24 ■うう…

23 ■無題

病は気からと言いますが
個人に必要なのは病に対する気の持ち方なのでしょうな
支える側も支えられる側も相応の覚悟が必要になる
それが自覚できずとも
楽を求める傾向にある中でこの覚悟をどのように具えるか
病気に限らず求められる意識だと思います

それはそれとして、ナイスリーゼント(--)b

22 ■ジーンときました

人は一人ではないんですね
涙が出ます・・・



でも、やっぱオチはつけるんやねw
そういうとこも好きですwww

21 ■素敵なイベントでした☆

レアディジーズデイでの絵本読み聞かせ、お疲れ様でした!
僕も見に行きましたよ!
邑子さんが出演されるまで、会場に様々な難病に関する本が置かれていたのでそれを読んだり、他の方の講演を聴いたりしておりました。(寄付で貰えるロゴバッジもゲット!)
絵本の内容は、実際にこれから読まれる方のためにも
言えませんが、ひとつだけ言いたい。
ライナスが凄くカッコいい!!
ライナスのような人間でありたいと思えるほどに。
多くの、全国の子供たちに読んでほしいと思うと同時に、僕は大人にも是非読んでほしいと思いました。
邑子さんの朗読が拙いだなんてとんでもない!僕は邑子さんの朗読を聴き逃さないように涙を堪えて聴いていましたが、とても心温まる素晴らしいものでした。
絵本の読み聞かせでは何とか堪えていたのですが、その後の邑子さんのお話で涙腺の限界が来て泣いてしまいました。(隣の席の方に泣いているのがバレないように必死に目を擦っていたのは内緒です!)
あの会場にいた方々がとても親切な方ばかりで外は寒かったのですが、心はとても温まりました!
素晴らしいイベントでした!(*^▽^*)
邑子さんが会場に出た際に一目見て
「美しい……」と心奪われておりましたが、
同時に「あの髪型なんだっけ……えーっと、オールバック?じゃなくてリーゼント?」とマネージャーさんと同レベルの知識しかなかったのが恥ずかしいです(;^_^A
ポンパドゥール、覚えました(・ω・)/

20 ■meaning of no life

子供には色々な意味で「心の準備」をするチャンスが必要ですね。
私は後藤さんが書く文章が本当に好きです。
当たり前で当たり前何ですが、伝えたい意志の力が素晴らしくて。
※勿論声優としても大好きです(^-^;
願わくばエッセイとかで本を出して欲しいです。

19 ■感動しました

後藤さんこんにちは!
生で朗読を聴かせていただきました。
僕の母も病気で苦しんでいた事があり、当時小~中学生だった僕は母の苦しみや頑張りをちゃんと受け入れられず、時には酷いことを言ってしまった事もありました。
なので朗読でもブログの内容でも色々な事を考えました。
改めて人をいたわる大切さに気付くキッカケを作ってくれた後藤さん!
ありがとうございます!
人の痛みを背負う事は難しいですが、苦しんでいる人がいたなら少しでもその人のためになれるような。
今日からそんな生き方に挑戦してみようと思います(`・ω・´)
本当に素晴らしい朗読をありがとうございました!!

18 ■無題

おはようございます☆

前髪を上げているのはポンパドール(ワセイ英語)☆
リーゼント というのは
横の髪の毛を後に流している部分です…
(`ω´)ウィキより…
両側頭部から髪を撫で付け後頭部でIの字型にぴったりと合わせる髪型の一種…

絵本 私も読もうと思います…
教えてくださってありがとうございますー*

17 ■無題

優しいですねー。

16 ■いやいや

素晴らしい朗読だったと思いますよ。
私もモニターの前で泣いてました(T_T)

この絵本、本当に学校の推薦図書になるといいですね。

しかし後藤さん、リーゼントがよくお似合…イエナンデモナイデス。

それではまた。

15 ■なんだか

邑子さんの発言には学ばされることが多いです。
そう!それが言いたかった!ってことと、
なるほど、そういう考え方もあるのか、
といつも、勉強になります。
そして必ず最後に笑わせてくれるあたり、やっぱり邑子さんだなあと。(^-^)

朗読、お疲れ様でした!感動しました!
そしていつにも増して可愛らしいお姿で!
髪型もキュートでしたね!
ホントに年々若くなりますね!
映像の画質の影響なのでしょうかね!
そういえばUstream画質荒かったな。

14 ■ユーストリームで拝聴しました!

全然、つたなくなかったですよ!!!
絵本読み聞かせに興味がわいたなら、
NPO「声と未来」で活動している
同業のかかずゆみさんが、
絵本の読み聞かせをボランティアで
やってらっしゃるので、連絡を取ってみては?
(かかずさんは、アトミックモンキー所属です。)

RDDを知ったついでに、
ますみんこと浅野真澄さんがやってる
投資を学ぶ「マネーランド」という
文化放送の地上波ラジオで、
架空の1000万円を運用する仮想トレードコンテストで
私が何と3位に入りちょうど1万円の賞金を頂いたので、
半分、RDDイベント主催者に寄付しました。
半分は、なんだかんだと使っちゃいますけどね~。
むふふ

季節柄、インフルと花粉にお気を付けくださいね♪

13 ■こんばんは。

私もこの絵本を持っています。
邑子さんの朗読お聴きしたかったです。
病気の子どもと、それを取り巻く環境…
私も幼少期病気が重かったので、よく分かります。
今は小児病棟にもこの絵本が置かれてるんですね。
ライナスのように強く優しい心を一人でも多くのお子さんが持ってくれたら嬉しいです。

12 ■チャーリーブラウン

この本、私も持ってます。小学生の頃くらいに、母が購入した。

懐かしい‼

クスッとしてしまう場面もありますが、考えさせられる絵本ですよね?

11 ■よいお話です

レアディジーズ、日本語にしたら一般的には「難病」でしょうか。邑子さんもレアディジーズを経験されて大変だったと思います。読んでいて、苦しんでいる患者さんを思いやる気持ちの大切さがより切実に伝わってきました。
ご本、読んでみようと思います。

10 ■お疲れ様でした。

子供たちにはこれを読んでもらって自分たちで考えてもらいたいですね。

アメブロてジャニスさんって方がいて(この話が名前の由来だそうです)、その方のブログによると映像化されてDVDに収録されているみたいです。

僕もちょっと探してみようと思います。
∠(`・ω・´)

9 ■フムフム

経験しないと理解出来ない事でしょうね

痛みって…



リーゼント(笑)

笑えるって幸せやね

8 ■安心毛布

後藤さんこんばんは!!

ピーナッツのライナスくん、いつもは大人びていて、冷静な対応をする男の子、と言う印象ですが、思いやりのある優しい男の子でもありますね。

子どもが自分意外の全ての人・動物・植物・物に優しく接する事が出来るようになるのか、

それは、全ての親の願いでもあるはずなのに、日々の生活の上で、それを忘れたり、余裕が無くなったりしてしまうのでしょうね。

この絵本は、それを手助けしてくれる大きな存在ですね。
この本を読んで聞かせ、子どもと一緒に考える。

とても大切な事ですね。

それと同様に、ワンコやにゃんこを飼って、それを育てる事とはどういうことか、どう接するのかを教える事も良いかもしれないですね。

いずれにしても、与えるのではなく、一緒に考える存在、親の存在が大きいと言う事でしょうね。

後藤さんが今回のお仕事をすることで、多くの親や子どもたちが、家に帰りながらや、帰ってから、お話してくれていると良いなって思います。

また、後藤さんを通じて、難病と闘う子どもたちが、より元気になると良いなって思います。

とても素敵なお仕事をされて、有意義でしたね。


そして素敵なお仕事の話の後の

オチ

これも良かったですね(^-^;

7 ■無題

良いイベントになったようで何よりです(^^)
一般的にリーゼントと呼ばれる髪型の前髪部分はポンパドゥールですから、マネージャーさんの言ったことはあながち間違いとは言い切れません(^^;
本当はピッタリ押さえ付けたサイドをリーゼントと言うんですけどね(^^)
フロントがポンパドゥール、サイドがリーゼント、バックがダックテールな髪型が日本ではなぜかリーゼントと呼ばれています。

6 ■読んでみたいなぁ

Bonjour ! パリジェンヌの後藤邑子さん こんばんわ。

レアディジーズデイの話を今日(3月1日)に知りました。
知らないことばっかりで困ります...( ;´Д`)

その本を読んで、甥っ子たちに教えてあげたいです。
会社内で回覧でまわしたいです。

もっと知ってほしい。

5 ■無題

こんばんわ。昨日、会場で朗読を聞かせて頂きました。物語の後半、ライナスが怒るところで私も涙を我慢できなくなってしまいました。
そしてその後の後藤さんのお話も大変、響くものでした。
本当にありがとうございました。

4 ■無題

うん…リーゼントだな…

3 ■無題

後藤さんの気持ちが伝わります。

私も前向きに進んでいきますよ。

2 ■無題

イベお疲れ様です!!子供の頃は本当にわからないものですからね…図書館いって探してきますの♪リーゼント…よく似合ってますよ(笑)

1 ■リーゼントというより

リーゼントというより、サザエさんヘアーにみえます。
しばらく本業で名前を見掛けませんが、早くお声を聞きたいです。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み