お久しぶりもお久しぶりです。


ってことでテレビをつけたら、久々にごっちんが出ていたので、生配信したいと思います。


途中からですが、今日はまず野菜炒めを作っているようです。

出るか? ダジャレ!!


カンタンなようで、本格的な中華料理やさんで食べると、ぐっと差が出る野菜炒め。

最初から見ればよかったわあ。


お次はチャーハン。

私もすぐベタベタになっちゃうから、これは見ておかないと。


材料はご飯、焼き豚、長ネギのみじん切りと卵。

シンプルです。


まず卵三個をよーく溶きます。そしてよく熱したフライパンに卵を投入!

半熟の状態で、温かいご飯を入れます。

卵とご飯をからませるんだって。

パラパラになってきたら塩を加え、こしょうも少々。

最初から塩を入れると、ご飯がねばってきちゃうんだってさ。ほお。。。

その後焼き豚。ネギは最後に入れる。なぜなら水が出ちゃうから。

香りづけに醤油。

明日のお昼くらいにやってみようかしらん。

カロリーは680もあるから、ちょっとオーバー気味。

ダジャレは出ず。


続いてはニラ玉。

私ごとですが、昨日名古屋が誇る「味仙」にてニラ玉食べました。うまし。

ちなみにこの店、注文してから3分くらいで料理が出る。スゲー。


ニラ玉を作るときには、卵は溶かさず、軽くかきまぜるそうです。

「ためしてガッテン」でも、だし巻きのときにはかき混ぜちゃだめっていってたけど、

そんな感じなのかしらん??


まずニラは茎から炒め、次に葉。

そのニラを卵の中に返す。ほー。そうだったのか。

すぐにかき混ぜずに、ふわっとしたとき軽くかきまぜるだけ。

ってことでできあがり。昨日の早さもこれで納得か??


そんなとき、ダジャレじゃないけど、ロマンチックゴッチンの発言!!


「卵のふんわりとしたおふとんに、ニラがくるまれて…。

私を食べて、って感じでしょうかねえ?」

先生にも褒められておりました。


久々にごっちんに出会い、なんだか初心に戻れました。

せっかく昨日より「きょうの料理プラス」を録画したのに、

Gコード違いで録れませんでした。トホホ。



AD

新春レミ祭・その1

テーマ:

あけましておめでとうございます。


今年もマイペースに更新します。



新春第一回目はレミレミ。

素材はブリです。


まず一本のブリを見て後藤アナ

「まあ、ブリリアント!!」


本日は3品を作ります。


まずは「ステーキなぶり」

ブリに塩をして、余分な水分を取ったあとのごっちん

「私、このブリ、、、お久しブリ!」

レミ

「あははっっはっはっは。吉本出身ですか?」

そんなあなたの方が、私は面白いと思う。


ブリに小麦粉を振る段。

ごっちん

「まるで雪の街にいるような…」

レミさん

「♪~ゆきーがふるーーーあなたはこない♪~」

今日は何曲歌うのかしらん?


焼いたブリを返そうと、促すごっちん。いきなり

「ちょっとすみません。ゴホゴホ!」と咳き込み一言、

「風邪がブリかえしました!!」

レミさん

「あははは!!!」

ごっちん

「ブリを、返さないといけないですよ。コゲちゃう」

「今年も絶好調ですね!!」


二品目は「丼ぶりでフルコース」

もちろんどんぶりとブリがかけてあります。


ご飯をあげる段。

「なぜ、ご飯に粉をつけるんでしょうか!!」

と質問するレミ先生。

ごっちん

「えーっとえーっと…コナゴナになるからです!」

ダジャレは流し、「逆です。つけないとこなごなになるんですよ」

その後ブリには片栗粉をつけるため、

「なぜ、片栗粉じゃないとだめなんでしょうか!」

「えーっとえーっと…かたこりが治るから」

突然の質問にもかならずダジャレをおりまぜるごっちん。さすが。

答えはうまみを閉じこめることなどだそうです。


試食の段。

おこげを食べるごっちん。

「パリパリっと! 東京なのにパリ!!」

これは定番ですね。


最後は「ぶりかけ」

つまりはぶりのふりかけのことですね。


酒、みりん、しょうゆ、砂糖でブリのほぐしたのを煮る。

「最後に砂糖を入れて、溶けるまで待ちます」

と、ごっちん

「砂糖がサッと溶けるまで…。」

「みなさん面白いですか!!! あまり面白くないですね」

と手厳しいレミさん。


この「ぶりかけ」を白いご飯に混ぜたもの。

うまそー!!!


今日もレミさんみたいです。

がんばれたら更新します。

AD

更新遅れてすみません。

忙しいだけなんです。全然見られてないです…。

気付くと10時過ぎてるんです。昼の2時過ぎてるんです。

って言いわけごめんなさい。


こちらのブログ愛読者の方ならご存知かと思いますが、

なんと、われらが登紀子ばぁばが、さんまさんの番組にレギュラーで出演するらしい。


HPはココ


なんだかショックというか、とっくにごっちんとは全国デビューしてるんですが、

あのさんまさんと共演ねえ。。。。

ごっちんとのコンビももちろん面白いし、私は大好きなのですが、

さんまさんのいじりは、やっぱり日本でも1,2を争うわけで。

なんだか、寂しい気分です。


ああ、この日記にレスがつくだろうなあ。

私は、同じアメーバでお笑いのブログも作っておりまして、

芸人さんと呼ばれる方は本当に尊敬しているんです。

でも、私が好きなのは、いわゆるネタをしっかりする芸人さんであって、

さんまさんは、私の中では芸人でもないし、個人的に好きではない。

だから複雑…。


みなさんはどう思いますか?

ごっちんもどう思っているのだろう???

AD

読者のみなさま、お待たせいたしました!

6日は夏のレミレミ祭でしたねー。


ということで、久々の更新をお許しください。


今日のごっちんは、こげ茶のエプロンで登場。

レミさんは、いつものように「きょうの料理のテーマ」の替え歌で登場。


まず一品目は「ギョ! さんまギョウザ」。

サンマを餃子にするんだよね(当たり前)。においは大丈夫なのかしらん?

と、大量の高菜とネギでちゃらになるのんで。


サンマ餃子を焼いた段。

レミさん「焼くときには必ずふたをしてくださいね」

ごっちん「ふたんにならないように。あたふたしないで」

レミさん「うまい!! 冴えてるわねえ!!」


試食の段。

レミさん「ほおら、秋らしいでしょ!!

秋来た?? 秋来た? 秋来た?????」と連呼。

ごっちん「しゃべれないでしょう!!」

こんなかけあいも、お二人ならではですね。

とはいえ、今日のレミさん、いつもよりテンションが低い。

体調でも悪いのかしらん。


お次は「秋刀魚高菜飯」

これまたサンマを焼いてほぐし、炊き込みご飯と一緒に食べるというもの。


炊き込みご飯には、大量のしょうがを投入。

ごっちん「しょうがないな、では困りますネ」

まあ、この手のダジャレこそ、これしかしょうがないですな。

ごっちん「ゴマも入れるんですね」

レミさん「ゴマもコマるほど入れましょう!!」

さ・す・が♪


お次は「サバビアーン丼」


ダジャレは特に出ず、レミさんのシャンソンワールド全開。


「♪にんにくー にんにくー

おいしいのよー すてきなのよー

おかげで栄養満点♪」


「トマト トマト トーマト

赤くてすっぱい

トマト トマト トーマト

太陽がいっぱい!!」

って、ごっちんも歌ってるけど、この歌メジャーなわけ???

ま、私も一発で覚えたけどさ。


さらに続く

「トマト トマト トーマト

太陽のしずく!!

あ、、ポエムかな???」

ごっちん「ちゃんと覚えてないんですねー。

これはご主人さんの作詞なんですよね?」

レミさん「そうなのよーーー」

へえーーーー。59へえ。古い。


そしてサバを煮る段は「男と女」のメロにのせて

「ラララ サバダバダ サバダバダ ラララ サバダバダ~♪」

ははは!!! コレなら歌える。


サバビアーン丼は、サバを焼いたものとフレッシュトマトをからめたもの。

ご飯はもちろん、パンやパスタにも合うんだって。

レミさん「だからねえーなんでも合うんですよ!!」

ごっちん「ぼたもちなんかは…合いませんねえ」

レミさん「それは合わないわねえ!!」

うーん。キュートなごっちん。


最後は鮭の麗味ソース。

いやはや、私も個人的に作りましたよ。

ケーパー探しに、近所のスーパーをウロチョロ四件。

高級食材が揃う「フラン○」にて購入。190円なり。


ごっちん「いろんな魚がありますが、鮭もサケないで!!」

レミさん「そうそう。サケびましょう!! おいしい!!って叫びましょう」

ごっちんは、ココでも「負担にならないようにフタをして」と言っていた。


ごっちんはテンションが上がりすぎたのか、

レミさんが鮭の仕事をしているのにおしゃべりに夢中で、

「あらあら、私見てなかったです」などとうっかりしたり、

最後はレミさんがお話しているのに勝手に試食。

こういうところも、レミ×ごっちんのときは面白く感じるんだよね。


ケーパーはレミさんのお話では、

花になる前、つぼみの段階で摘み、塩漬けや酢漬けにするそう。

「だからねー、かわいそうなのよー。陽の目をあびないからね」

ごっちん「そうですか。私も陽の目をあびたいですよね」としんみり。

その後「でも、それだけに情熱を秘めた食材ですね!」

レミさん「そうなのよ。その情熱を食べてね」

ってな具合だったような気がする。


これにてレミ祭は終わり。

今度は再来月くらいなのかな?


長々と読んでくださり、ありがとうございました!!











後藤アナ情報

テーマ:

今日は↓に7月11日分の更新があります!


ということで後藤アナ情報です。


7月23日(日)12:15~14:00
NHK-FM「日曜喫茶室」に、後藤アナがゲスト出演するそうです。
テーマは

「うなぎに山椒 カレーにスパイス トークに駄洒落」。

局のアナウンサーがゲストで出演するのは珍しいそうです。


後藤アナは「スパイスの専門家」として出演。

ほかにもはかま満緒さんと、作家の荻野アンナさんと、

トークで盛り上がる予定だそうです。


「地球ラジオ」の前に、後藤アナに会っちゃおう!!

7月11日の後藤アナ。

テーマ:

更新遅れてすみません!!


しかも一週間も前のものの更新ですみません!!


ということで、11日の「きょうの料理」は、電子レンジで作るシリーズ。

ごっちんは爽やかな黄色いシャツに、白いギャルエプで登場。


まず最初は「うなぎのレンジおこわ」

電子レンジでカンタンにできちゃうのね。おこわ。

まず餅米と調味料を合わせて7分加熱、まぜて、また7分かける。そして5分蒸らす。

結構かた目だねえ。そしてうなぎを戻して蒸らすだけ。

名古屋人としては、もうちょっとうなぎを細く切りたいところ。

できあがり。この時点でダジャレは出ず。


お次は「ソーセージとピーマンのチリライス」

またまたご飯にいろいろなものを混ぜていく!

そして出た!

調味料の中にあるチリパウダーを混ぜる段。

先生「ピリピリっと辛いチリパウダーを入れます」

ごっちん「チリパウダーをチリばめました!」

先生「うふふ」


最後は「夏野菜とつくねのレンジ煮」

なすって焼くか煮るしかないと思ってた。これは別件にて使ってみよう。

まずはサラダ油を手にとって野菜を塗る段。

ごっちん「あら、お化粧が始まりますか?」

出た! ロマンチックバージョンのごっちん。


ということで今日は終了。

今日は生配信できそうだな。


みなさまへ。

テーマ:

みなさんこんにちは。


いつもブログを見に来てくださって、ありがとうございます。


かなりマイナーなブログなのに、みなさんのおかげで

ジャンルランキングは

1398中

76位です。

ジャンルが「お笑い」というのも何だかなあと思うのですが、

みなさん、ごっちんダジャレで笑ってるんだから、よしとします。



それから、たくさんのコメントをありがとうございました。


あまりにも期間が空いてしまったので、こちらでコメントします。


★黒ベエさま。

なんという偶然!

しかも検索でヒットしたこともびっくりで、訪れてくれたことにまたびっくりで。

「ごっちん」というのは、本の中にもちょくちょく出ている、私の妹とつけたあだ名です。

後藤アナも、友人にこのブログの話を聞いたことから、ちょいちょいのぞいてくださっているらしく、

でもその事実(地球ラジオにて)を知ったときには、あふたーふぇすてぃばる!

親子ほど違う大先輩を、ごっちんなんて…。

本にも載っちゃってるよ。。。。。


もとい。これも何かのご縁です。

これからもよろしくおねがいいたします。


★ユッキーさま。


お久しぶりです。

「打ち切り」って、私素人ですよーーー!(笑)

趣味をやめる人間はいませんよお。

ただ、私が見ると違うアシスタントだったり、

たまたま家事やら仕事が忙しく、妹から「今日のごっちんのダジャレは先生に無視されとった」

などとメールが来てあわてて見ると終わっていたり。

後藤さんにもお聞きしたのですが、こないだのクールみたく

「月曜火曜は絶対」という感じでもないみたいです。

ゴトゥ萌えさんのように、きちんと「きょうの料理」を購入し、

先生ごとに出演予測を立てるのが本来のファンとしての正しい姿なんでしょうが、

性根がめんどくさがりなんです。すみません。


今までそうでもなかったんですが、やはり年月というのはすばらしいもので、

フリーで仕事をして4年目。やっといろいろな方に「オマカセ」されるようになりました。

ということで、仕事がつまっているんです。

3ヶ月先まで、予定がいっぱいというのは初めてで、不安反面、がんばってきてよかったなと思っています。

というわけで、今までより趣味にかける時間が少なくなり、

ブログのためでなく、癒しのためだけにぼけっと後藤アナの回を見たり。。。

そんな毎日です。


そのうち必ず、前みたいにサクサクやりますんで、

どうか気長にお待ちください!!



★アッ子ちゃんさま


これまた、おひさしぶりでございます。

コメントがないと思っていたら、あららパソコンが壊れていたんですね。

なくなったときに大切なことに気づく。

まさに、後藤ダジャレと同じですね(強引・笑)。

アッ子ちゃんさんは、私がいずれ後藤さんと会う機会が訪れると思っていらしたんですね。

いやはや。すごい予見です。

私が東京に住んでいましたら、もっとフットワークも軽かったんでしょうし、実現も早々だったと思いますが、

なにしろ名古屋大好き人間。

特に東京にはコンプレックス抱いてるんです。名古屋人。

ま、それは関係ないのかもしれないんですが、東京にいくと異様に疲れてしばらく立ち直れないんですよ。

たくさんの人がいるんで、いろんな気を吸っちゃうというか。

中途ハンパな田舎に慣れてるもんで、余計です。


ということで、先日後藤さんと会う機会ができたわけですが、

サイン会の模様も、お話してくださいましたよ。

アッ子ちゃんさんのことは、着物をお召しだったということもあり、印象に残っていらっしゃるようでした。

私は後藤さんとはお会いできましたが、

後藤ファンとはお会いできてないんで、それが残念です。

後藤さんと直接お会いして、本当に優しく、気配りができる、真摯な方だなあと思ったので、

やはりそういう方にしぜんと引き寄せられる方々って、やっぱり同じ感じの人だと思うんですよね。

オフ会なんか、できるといいですよね!

ただし名古屋ですけど(笑)。


来週も忙しく、再来週あたりは…なんて思ってはいます。

何度も申し訳ないですが、必ずまた定期的に更新しますんで、

どうか、どうか、長い目で見てくださいませ。