五助屋レザーのレザークラフトブログ

レザークラフトの作製状況や技法、道具のこと。
趣味のバイク、GPZ900Rのこと。


テーマ:
( =゚∀゚)ノ毎度!五助屋レザー です!


さぁ今日はお待ちかねのHS-500菱目プレスのレビューです。

ファーストロットはちょい時間がかかってしまいお届けが遅くなり申し訳ございませんでした!

もうお手元で活躍してるでしょう!




極々単純です。ハンマーの代わりにこれでプレス。
(写真撮るのに片手だが普通は工具を押さえてます)
叩かないでプレスです。
ストローク量があるので 



一般的に手に入る C社E社S社のものや職人さんが作ってくれる火造りのものも



台の高さの調節無しで使えます。火造りのほうが少し長いんだよね。
んでも火造りは二本目がちと短かったりするが



ポンチとなるともう長いのから短いのまで色々あるので対応できないのだ。統一規格にして欲しいわぁ~ 対応できないほど短い物の場合は



このプレスを購入したい人はほぼ持ってるよね
ゴム板



使ってみてくださいませ。
繰り返しますが普通は左手で工具を持って右手でハンマーで叩く。
この叩くという動作をプレスに変えるだけなのです。

んでね



ALL-2000のようなロータリーカムシステムは無いのでコレくらいの径までかな?鋭く先端を研げばもう少し太いのもいけるかもしれないですが、そういう設計では無いのでこのあたりまでという感じです。
菱目やポンチ、ちいさな刻印とカシメやホック以外使わないのであればこの機械のこストパフォーマンスは非常に良いと思います。



プレス機用の駒は使わず打ち棒と打ち台を利用して


エイヤってw垂直にセットしやすくそのまま押せるので失敗は劇的に減ると思います。
が、菱目専用機なのでちょい力は要るかな?でも普通に力の無い女子でも使えると思います。
ALL-2000のあの感覚を知ってしまっているので重たく感じますが冷静に考えると十分かな?という感覚です。

これね、何が難しいかというと本体のあちこちのアームの取り付け位置とか長さとか角度とかの寸法なのさ。まったくゼロから考えるのだし。後発は見て真似るんだろうケド。
これは、菱目専用に考えた専用機。
この寸法、色んなところにトレードオフの関係になるところがある。
闇雲にレバーを長くして力を出せば手のストロークは増える。本体が手前に倒れる。
レバー比を上げれば作業エリアが狭くなる。
生産コストもそうだ。
ベストバランスってなかなか難しい。
コレだろう!って言うところでロードプランニングさんと相談し意見し合い作ったのだ。

キンキンに研ぎ上げた菱目打ちだと、サクッと刺さるのだが、研いでない吊るしのだと、ザクッザクッっとこれがまた気持ちが良い。刺さる感触が手に伝わる感じw意味も無くザクザクやっちゃうw
これでマンションでもアパートでも夜間作業で誰にも迷惑を掛けることなく作業出来ます。

我ながらええもん作ったと思う(笑)

まーこれだけ毎日色々書いてるけど商品説明が下手だなぁと思うのだよ、僕ねw

そこに六助の助太刀が入った。





すばらしいww

んでだ、どうもこう説明するのにも正確にわかりやすくっていうとレバー比とかを使っちゃうんだが、んなものは、やはり分かり難くするわなぁ。。。。







ほらwwwこりゃぁいいwただ働きをさせる(笑)
すると。。。。



たしかにwwww
すまんwwww


っとまぁそんなやり取りの中で書いた今回のエントリーなのだ。
登場人物はロミタモ
レバー比の関係で。。。
いや、HS-500は力は要るが上下に大きく動くので下に敷く台の調節せずに使う工具の幅が広い。
ALL-2000は軽い力で作業できるが上下動の幅は狭いので(といっても14ミリあるので十分)下に敷く台を調節すると効率が良い。
ALL2000に搭載してあるロータリーカムシステムって奴はストロークエンド、下限近辺が最大の力を発揮するので、そのあたりのアレは使うとよく分かるんだけどね。

似たような用途であるが価格は大きく違う。掛かる力も大きく違う。
パワーのALL
手軽さのHS
どちらがお好み?





んでな

ザクザクとかキンキンって書いてたらなぜか最近サボって研いでないことに気が付くw


最近思うのは。。。。青紙じゃなく白紙がいいな。。。

うん なんていうんだろう柔らかいのよ そりゃ刃物は硬いほうがいいんだが、いい刃が付けやすいと感じるのよ。まー好みって変わるんだけれどね。

なんだかんだ、ラウンドナイフも使うから刃物えらい増えたので減るのは遅くなったね。


んで

さっそく出荷しております エルバマット。

通販で買うのは初めてとの事。僕を信用してくれているのが嬉しいが責任も重いね。




しっとりとイイ革だよね。


床磨きも要らない感じ



まー今まで扱ってきた物とは大きさが違う!なので梱包資材も準備しなきゃね。
って
紙もこうなると重いねぇw
一枚ずつ検品して状態を明記してBASEに並べようかななんて思ったりもするし
僕から!っていう方が居るのならば頑張りたいところです。



ちょいとご要望が多かった見本帳も用意しました。ちと高いんだけどね。

ネットショップ BASE 五助屋ページ

に上げましょうかね。

って。。。。。お気に入り登録してくれている方がかなり居るのね。。。。

もう無くなりました。

見本帳見ながら妄想するのも楽しいもんです。

次回入荷までおまちくださいませ!


←読んだら押してね~

五助屋レザーホームページ

こちらが本店

ネットショップ BASE 五助屋ページ

 簡単カートからお買い物
五助屋工具店

加工無しでそのまま使えるハイクオリティーツールをモットーに販売しております。

五助屋レザーの レザークラフト日記   
Twitter
 Facebook  五助屋レザーFacebookページ Instagram

  

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

五助屋レザーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。