表示失敗
2007年07月11日(水) 22時29分59秒

水素+酸素=水??

テーマ:会長日記
還元水素水
先日、ローソンで、先行発売された、

「還元水素水」なるものを発見ビックリマーク


酸素水は最近珍しくなくなってきましたが、

「水素」???

と思い、思わず購入。


なぜならその日にはちょうど、

酸素プラスという、酸素水を持っていたからです。


酸素プラス(酸素水)



ラボに戻って、思わずやってみたことは・・・

そう。混ぜてみました。

水素+酸素=水のはず・・・

(ここで、科学に詳しい方、「突っ込み」は早すぎます。汗


水素はH2

酸素はO2

水はH2O

ですから、

2H2 + O2 --> 2H2O

ですね。

つまり、水素と酸素が「反応すると」、水が生成します。

実際、ロケットを飛ばす燃料は、

冷却した固体の水素と酸素を燃やし、大爆発をさせて、

その推進力で宇宙へ飛んでいきます。ロケット

このとき、水が生成します(蒸発しちゃいますが)。

そうです、水素と酸素を「反応させると」、劇的な反応ドンッが起こって

ちょびっと、水が生成するはずです。

その結果・・・





水の発生??


かすかに「シュワワ・・・」という音が聞こえた「ような気がしました」が、

何の変化もありません。

(科学に詳しい方、まだ突っ込みは早いです。あせる


そこで・・・



飲んでみました。


すると・・・


これは・・・


水です!!


水になっています!!


しかも、あんがい、「おいしい」とも「まずい」ともいえない、

まったくの水です。

そうです。水素+酸素=水なのです。

!?



実は違うんですね・・・。

(科学に詳しい方、お待ちどうさまでした砂時計



まず、水素と酸素は、互いに触れ合っただけでは、

常温、常圧では(ふつう)反応しません。

たとえば細いニクロム線かなんかに電流を流して、

水素と酸素がある期待の中で火花を散らすと、

それがきっかけになって爆発反応がおき、

ちょぼっとの水ができます。

(実験室レベルでは、かたい入れ物の中などで行うと、

壁面が水滴で塗れるか曇る程度です)



ロケットの推進力ロケットも、火がつくことと、

冷却されて固体になった水素と酸素が熱を受けて昇華し(一気に気体になり)、

体積がものすごく膨張します。

その勢いもあって爆発的なエネルギーがでるんですね。

(もちろん熱的にも大きなエネルギーがでます)



そして、そもそもの間違いは、

水素水だからといって、水素がたくさん入っているわけではないということ。

水の中に若干の水素が入っているというだけです。

酸素水も同様。



第一、酸素も水素も、水には溶けにくいのです。

気体が水に溶けるというのは、

水の分子がたくさんある中に、酸素や水素の分子が入り込むということ。

ですから、水素水だからといって、

水素の実験ができるわけでもないということですね。


(一応、わかってやってます。)

ちなみに、二酸化炭素は比較的水に溶けやすい気体です。

(だから、炭酸飲料というものがあるわけです。)

酸素や水素であれだけ発砲するくらい溶け込ませるとなると、

相当な圧力をかけなくてはいけないので、

販売できません。(割れたら大変!)



ところで、水素水に興味をもったので、

商品表示のラベルを見てみました。


還元水素水2
ちょっと見にくいですが、
成分は水と水素になっています。

すごい・・・。

電極電位を表示しているところが
最もらしいですが、
これってどうなんだろう・・・。
物理化学的に・・・。





ま、ともあれ、何事にも興味をもって試してみるというのは大切なことです。

皆さんも、興味がありましたら混ぜてみてください。

もしかしたら、おいしい水が・・・・。

な~んて。


あ、でも塩素系の洗剤と酸素系の洗剤は混ぜてはいけませんよ。

毒ガスの塩素ガスが発生しますので。禁止NG



少なくとも、この「還元水素水」と「酸素プラス」は、

混ぜでもOKです。OK



それにしても酸素水は体によいのだろうか・・・。

酸素は基底状態で、一重項状態より、三重項状態が安定だから・・・

活性酸素になる危険性が・・・。ガーン



いや、そもそも酸素の量が少ないって。グッド!



いつも応援、ありがとうございます!
Ranking Click!→ ビジネスブログ100選
にほんブログ村 IT技術ブログへ ランキング付き 検索エンジン トラマト・サーチ
ビジネスブログ100選

テクノラティタグ▼
           

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。