【東京】ゴスペルスクエア(渋谷)のブログ★GQファミリーの日々~NGOゴスペル広場~

東京・渋谷でゴスペルスタジオ「GOSPEL SQUARE」を運営をしています。支部Sunnyside Gospel Clubも新宿・池袋・四ツ谷・北千住・横浜・立川・町田・船橋・大宮・所沢・宇都宮・長野・名古屋・三重(4ヶ所)で活動中!ゴスペルを通じてみんなで明るい世界を作ろう!


テーマ:

米国ノースカロライナ州より、Jennaです


現在こちらのツアーの真っただ中


ツアー前日、アメリカより特大ニュース
アメリカでは数週間前から一部の場所で発売となっていた私たちのCD、
なんとなんと、ビルボードGOSPELアルバム初登場7位
ジェットさんも驚きの、米国JMCプロモーションチームの快挙です



前後には、有名なゴスペルアーティストがずらり・・・・
夢を見ているような・・・・・・。
JMCの目標であった「チャートイン」が、本当に叶いました(涙)

日本のオリコンとは仕組みが違うビルボードでは、
一般流通に乗る前にチャートインというのも、しばしば起こりうるんだそうです。
業界の多くの方々が注目してくださっているビルボードで
トップ10入りというのは、誰に言っても「驚くべき快挙」
(現在は少し順位が下がっていますが。まだまだ頑張ってプッシュ予定です!)

この「初登場7位」のおかげで、
アメリカの大手のディストリビューター(流通業者)数社から
オファーが舞い込んで来ており、現在早急に話し合いが進められております


そしてツアーレポート

今回のツアー、参加者合計40名

前半チーム+フル参加チームで29名が10日に現地入りしました
乗継のミネアポリスで最終練習~コソコソと(笑)


着いた翌朝、活動第一日目。

大きなツアーバス



翌日の日曜日に歌いにいく教会が、礼拝堂をリハーサル場所として貸してくれました。



ツアースタッフのフロイド&映像撮影のコートニー、
とってもフレンドリーですぐに仲良くなった二人とパシャリ



この方々にお会いできるのを心待ちにしておりました・・・・
あの「キング・オブ・ゴスペル」と呼ばれるJames Clevelandの
作曲もされていたという、オルガンのUncle Bobさん
。(左)
そしてCDでも演奏してくださった、
Shirley CaesarやJohn P Kee等有名アーティストの
バックミュージシャンを務めていらっしゃるSam Obieさん
(右)



ベースにJettさんが入り、バンドのサウンドチェックが始まると・・・・


もう、それは観光ツアーではとても足を踏み入れられないようなレベルのコンサート
思わずかじりつくメンバー



いざ、ステージ上へ



隙間時間で、お囃子隊の練習中


たーくさん歌った後は、ピザでランチ ドリンクはひたすらコーラでした(笑)

 

ここの教会のサウンド・エンジニアのKevinさん。
なんとFred Hammondの良き友人で、彼の曲のエンジニアもたくさんしているそう

私が
「私のクワイヤで彼の曲をよくやっているよ!
 When The Spirit of the Lord、You Are The Living Word、
 We're Blessedとか・・・」

というと、「おお、これとあれは俺がエンジニアしたんだよ」と、うわああああ


そしてここから、最初のパフォーマンス会場への移動。

そこには・・・??


なんとー 写真入りで、
「Welcome to our city!  Japan Mass Choir」の幕きゃ~

Jettさんの出身地、Kings Mountainの市長さんがご挨拶してくださいました
私たちはダルマをプレゼント。



パフォーマンス中の写真が撮れませんでしたが・・・
約30分のステージをさせていただき、盆踊りもみんなでやって、
最後にPowerfulで会場中でハグし合って・・・
一発目から参加者メンバー号泣者続出~~~(; ;)

 

扇子を100持っていって、プレゼントしました

 

CDを売ってくださっています。
 


翌日、2日目です。3ステージのハシゴ
朝8:45.昨日リハをさせていただいた教会での礼拝。
プロジェクターもあって現代的な作りのところでした。熱い!
礼拝の様子、私たちのステージも、インターネットで放送されました


待ち時間、控室はバンドミュージシャンたちのサイン会に
アメリカ版CDをたくさんの参加メンバーが記念に購入してくれました。

2つ目。打って変わって、歴史のある教会へ。



建物、服装、礼拝スタイル、全てがトラディショナルな感じです。
でも、牧師のメモ&聖書がiPadだった!(笑)




壇上の「クワイヤ席」に座らせていただき、
礼拝中のいろいろな場面で歌うという光栄な機会をいただきました



牧師さん(中央)はJettさんの幼なじみです



終了後の交流。
 

 
 


3つ目。BBQから始まって、夜にコンサート。

 
 

「君たちの歌声、とても楽しみにしているよ。
 僕は違う町の牧師だけどソングライターでもあるんだ。」

と言っていきなり歌ってくれたこの方、めっちゃいい声~~~~



思わず感動して泣いちゃったメンバーも。
記念の集合写真


ここは、広いひとつの敷地内に、
黒人系、白人系、メキシコ人系という3つの教会が存在しており、
ご近所さんなのに今まで一度も一緒に何かをやったことがなかったそう。
それが今回、私たちJMCが来るということで初めてひとつになったんです
会場が「Powerful as one」のスピリットで満ち溢れ、これまた一同号泣~~~。


他にも、さまざまな教会から約10名の牧師さんが集まってくださいました

ここでもCD発売中



集合写真



3日目。
またまた打って変わって・・・・今度はゴスペルナイトクラブ



前日の教会とはまた全然違う雰囲気。
でもお客さんは皆敬虔なクリスチャンで、教会ステージと同じく、大盛り上がりでした


  

ここの施設は、もともと荒れた倉庫のようなところで、ホームレスの溜まり場だったそう。
そこへ、この施設の創設者が、ホームレス支援を始めました。
その後に彼がこの施設を買って内装を一新する際、
ホームレスの方々がその作業を皆で手伝ってくれたそうです。

中にはダンススタジオ、室内サッカーコート、
そしてこのバーのようなフロア。

教会の「夜版」のような場所。
クリスチャンじゃない人でも気軽に入って、
ゴスぺル音楽や、クリスチャンの人たちとの交流を楽しめる場所だそうです。

内装はめちゃくちゃ豪華!ここも、VIPルームのような感じです。

 

 

 


ここで怒涛の3日間5ステージが終了

毎回毎回全く違う雰囲気の場所で歌わせていただきました。

第一声からものすごく良いリアクション
皆のパワフルで心のこもったパフォーマンスに、お客さんも立ち上がって大興奮です
JMC、なんだかめちゃめちゃ盛り上がっております

この評判で、次々と「来年のオファー」が舞い込んでいるとか・・・

地元の人たちはみんなとーーーーーーっても良い人たちで、
大歓迎ぶりに参加メンバーも感激。
さまざまな交流・触れ合いを通して、たくさん泣いて笑って
貴重な経験が盛り沢山の3日間でした


最後にホテルで、お疲れ様の乾杯~~~!!!



まだまだレポートしたいことが盛り沢山・・・

また明日記事をUPできると思いますので、よかったら見てください
以上、ジェンナより第一弾レポートでした

⇒②へ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

運営スタッフさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。