天風晴雄のよもやま話

思い出話や、お役立ち情報、震災情報、健康情報、社会情報など色々お届け


テーマ:
天風晴雄です。いよいよですね。明日は「春の嵐」が

来るそうなのでどうか皆様お気を付け下さい。Σ(゚д゚;)

一足先に国会は大荒れ模様。すったもんだの末、懸案の

消費税率引き上げ法案が閣議決定された事に抗議して、

与党小沢元代表に近い副大臣と政務官合わせて4人が、

何と野田総理大臣に辞表を提出したかと思えば、さらに

国民新党の亀井代表が野田総理大臣と会談して、連立を

離脱する意向を示したという事です。正に「春の嵐」です。

消費税率を上げる時は決まって混乱が生じるようですね。

さて今日は、我々首都圏に住む人間にとって、大変に

気になる発表がありました。それは首都直下地震の

地域の震度の分布についてです。皆様は今年1月に

地震予知の研究の権威である東京大学地震研究所が、

震度7級の首都直下地震が今後4年以内に約70%、
30年以内では98%の確率で発生する!
」 (((゜д゜;)))

とする震撼の試算を発表した事は御存じだと思います。

来るか首都直下大地震!最大震度7の恐れが!

東京の地震など地域危険度の検索は以下がおすすめ。

地域危険度ランキング!東京地震危険度に注目

これによると、従来考えられているよりも、10キロほど

浅い地盤の所で地震が起きるという事で、最悪の場合、

東京の湾岸地域や神奈川県の一部などで、震度7の

極めて激しい揺れとなる想定となっています!((>д<))

今回はその震度分布図が文科省などで公表されました。

※震度分布図は東大地震研究所のホームページ、
http://outreach.eri.u-tokyo.ac.jp/ にて公開。

$天風晴雄のよもやま話

私の住む23区内は震度7分布で真っ赤です!恐ろしい。

新宿の高層ビル群は今度は極めて危険かもしれません!

高層ビルの天敵長周期地震動の瞬時予測実用化

東京大学地震研究所の纐纈一起教授は

震源が少し移るだけで揺れの予想は大きく変わってくる。
強い揺れが予測された地域だけでなく
南関東のどこでも揺れに備えて欲しい!
」 (゙ `-´)/

と話して国民に注意と警戒を呼び掛けています。

また、この分布図を作成した纐纈一起教授は

今回はあくまでも試算で、
自治体が直接利用することを想定していない


とも述べています。さらに教授は

本来は、私自身は公表したくなかったが、
公表するよう強く指示された!
」 ヽ( )`ε´( )ノ

と、文科省の指示があった事をほのめかしました。(;^_^A

まあ、あくまでこれは予想図なので絶対確実という訳では

ありません。また政府がどういう意図で強制的に公表

させたのかも不明ですが、我々はこの分布図を参考に、

あくまで冷静沈着に対処するべきでしょうね。( ̄ー ̄;


首都直下地震の新被害想定M7で死者23000人!





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

天風晴雄さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。