天風晴雄のよもやま話

思い出話や、お役立ち情報、震災情報、健康情報、社会情報など色々お届け


テーマ:
今日は、近年、中高年の人たちに人気の筋トレ

メリットとデメリットについてお話ししようと思います。

筋トレ(筋力トレーニング)は高齢者転倒予防の他

日常生活動作の改善や、骨粗鬆症肥満解消

さらには体温を上げて免疫力を向上させるなど、

大変多くの有益性があることが知られています。

肺炎糖尿病に勝つ! 筋トレで免疫力UP技
 ためしてガッテン


しかし、何事もやり過ぎはデメリットがあるものです。

最近になって、過度の筋トレは逆に動脈を硬くしてしまう

(頸動脈のコンプライアンス⇒血管内皮の柔軟性) を失う!

という危険があるという事実が判明しました。動脈硬化は

狭心症や心筋梗塞の原因となる危険な疾患です。以下は

国立健康・栄養研究所の宮地先生の文献を一部抜粋。


最近は、介護予防、加圧トレーニング、スロトレ…などが出てきて、
いかに楽に筋トレをするかに関心が集まっています。
有酸素運動だけではいくら頑張っても筋肉は増えないけれど、
筋トレをすれば筋肉量が増え、筋肉や代謝が高まるので

それで「是非筋トレしましょう」という流れになってきていますが、
筋トレが動脈に及ぼす影響を解明した
研究が行われるようになってきました。

20代の日本人を対象に4ヶ月間、最大筋力の80%という強度の
非常にハードな全身の筋トレ6種目をやってもらったところ、
ほとんどの部位で30%ほど筋力がアップしましたが、
血管はどんどん硬くなりました。20代男性でありながら、
4ヶ月後には40代男性に相当する硬さになりました。

しかしこれは、運動しない人の血管が加齢によって硬くなるのと
違って、筋トレをやめて2ヶ月もたつと最初の柔らかさに
回復していきました。つまり、激しい筋トレによって可逆性の変化
だということです。血管が硬いうちは心臓にも脳血管にも負担が
かかっているので、可逆的とはいえ、リスクを増やしていることには
変わりありません。

有酸素運動は動脈が硬くなることを抑制してくれる、
あるいは柔らかさを取り戻す効果があるのに対して、
筋トレは逆に、動脈を硬くなるのを促進する
可能性もあるということです。

要するに、筋トレによる血管の変化は頻度と強度の問題で、
要は「過ぎたるは及ばざるがごとし」ということです。

しかし筋トレの後に軽いジョギングをした
コンバインドトレーニング郡では血管が硬くなりませんでした。

つまり、これでもやはり、筋トレと有酸素運動は両方行うことが
最もメリットが大きいということが検証されたわけです。


川崎医療福祉大学の宮地元彦氏らの研究グループ

による筋トレ被験者の頸動脈のコンプライアンスと

内膜中膜複合肥厚度の測定結果も参考になります。

【体力医学会速報】
 筋トレの継続は動脈硬化を悪化させる?


というわけで、筋トレは必ずウォーキングや早歩き、

ジョギングなどの有酸素運動セットで行いましょう。

良い方法は、筋トレなどの無酸素運動の後に、

有酸素運動をすることです。なぜなら、

一般に、有酸素運動を30分続ければ

脂肪が燃焼し出す、と言われているのですが、

無酸素運動後にした有酸素運動は、

わずか5分~10分で脂肪が燃焼し出すからです。

また、よく、
筋トレをすれば基礎代謝が上がって痩せる

と言われていますが、実際には筋肉の基礎代謝は

全体の20%程度なので、筋肉だけで痩せるというのは

よほど全身の筋肉量を増やさない限りは困難です。

具体的には、わずか80カロリーを筋肉だけの代謝で

消費するには何と2.8kgもの筋肉が必要なのです。(ノ゚ο゚)ノ
(※NHKためしてガッテンによる)

というわけで、健康に痩せるためにも、

日々の生活習慣を見直し、消費カロリーを増やし、

ウォーキングなどを一日おきでも良いですから

30~40分程度行うのが良いと思います。(^O^)/















































スウィングステッパー

スウィングステッパー


価格:8,295円(税込、送料込)












いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

天風晴雄さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。