富山県在住の絵描き士

道小島大五郎(ミチコジマダイゴロウ)
と申しますm(_ _ )m
芸名じゃなく、本名でございます。


自己紹介


『道小島』にまつわるエトセトラ



「こんなの描いて欲しい」「こんなことできる?」
などなど

お気軽にご相談下さい。
 ↓ ↓ ↓

お仕事用メルアド→ d56.daigorou@gmail.com


【主なブログメニュー】

絵描き士の絵仕事メニュー価格表

爆笑ネタ集

大五郎の絵空事・絵本

【無料】イラストをブログで使って下さい!

オチつき大五郎え日記リンク集

絵描き士・大五郎 お問い合わせ

* このブログは、爆笑ネタがオススメ音譜です(b^-゜) *


  • 30 Mar
    • 認めよう、親は性格が悪いのだと!

      どーも。 人と話している途中や、話した後で、 「あぁ・・・俺、めっちゃ偉そうに語ってたなぁ」と思い返して ちょっと恥ずかしくなる、大五郎です(/ω\)       先日、あるイラストレーターさんと久々に再会し、 お互いの近況報告や、情報を教え合って、 作品への想いや、作品に打ち込んでいるときの 葛藤や悩みなどなど、いろいろ話し合っていたのですが・・・ その途中で・・・相手を泣かせてしまいました( ̄ー ̄; ・・・というのも、 相手が、『本当は親から言われたい言葉』を 俺が言ったからなんですよね(^▽^;) 俺が泣かせたというよりは、俺が言い放った『言葉』が 相手の中に、すでに『有った』のです。 相手が気づいていなかっただけで。 そこに、俺がたまたま放った『言葉』がヒットしたんですね。 相手の中にあった『言葉(答え)』は、 心の中で『氷塊』に覆われていて・・・ ヒットした瞬間に、砕けて、溶けていったわけです。 それが涙となった。 相手の心に『氷塊』を創らせたのが『愛ある言葉』なら、 それを溶かすのも、また『愛ある言葉』なんですよね。   ・・・うん、相手の事情を隠しながら書いているので 説明が難しいわけですが(汗) とにかく、それを語っているときの俺は 思い返すと「やった、氷塊を溶かしたぞ!」と まるで自分が溶かしたかのように気分よく語っているわけです(笑) すぐに、冷静になって 「いや、すでに相手の心の中に答えがあったんだ。 その答えが、たまたま俺の言葉に反応しただけのことで」・・・と。   しかし、そのあとに・・・ 「でも、その氷塊を溶かす作業を、いっしょにさせてもらえてよかった。 心の氷塊が溶ける場面に立ち会えてよかった。 嬉しいなぁ。幸せやなぁ。」 と感じて、うっかりいっしょに泣きそうになってしまうのでした(^▽^;)       詳しくは書けませんが、 その人の心の『氷塊』は、 その人の親の『愛ある言葉』がキッカケで創られたのでした。   ということで、この話を踏まえて、 今度は、俺の親の話を書きます(^▽^;)        ↓ ↓ ↓           俺が、「絵を描くのが好きだ」と思うようになったキッカケは、 幼いころに描いた絵が、大賞に選ばれて、 みんなに褒められたことが嬉しくて・・・。   親が褒めてくれたのも、それが最初でした。 だから、また褒めてほしくて、 「絵を描けば褒めてもらえる」と、『勘違い』したのが始まりです(笑)   そう、ただの『勘違い』(笑) 本当は、「描けば褒めてもらえる」のではなく、 「賞に選ばれたから褒めてもらえた」わけです(^▽^;) 賞に選ばれなかったら・・・親は褒めてくれなかったんです。   そして、それは、現在も。 ただ絵を描いただけでは褒めてもらえず、 なにか『目に見える結果』が出た時だけ 「よかったね」と褒めてもらえます(^▽^;)   そう・・・『良い結果』だけを褒めてくれる。 作品そのものを褒めてくれたことはないのです。   よくよく思い起こせば、 いつの間にか、そういう『現在の親』になったのではなく、 昔から、そうだったのです。   親は、昔から俺の絵を褒めてくれたことがない。 そもそも絵に関心がない(汗) だからこそ、いつも言われます。 「絵は趣味にして、安定した職に就け」と。 それも、子供の将来を心配する親心なのでしょうが・・・ もう好きなことを仕事にして働いている子供の 背中を押す言葉や、応援する言葉が ひとつも出てこないものかねぇ(汗)・・・と俺は感じています( ̄ー ̄;       そして、『子育て』に関しても。   俺の母親の母親・・・ばば様は、 とにかく、よく働き、世話好きで、子供好きでした。 母親は仕事一筋で、俺を育てるために働きまくり、 俺と遊んだことは、ほぼありませんでした。 その母親代わりになってくれていたのが、ばば様でした。   俺にとって、ばば様は、『理想の母親像』でした。 もちろん俺を育てるために働き尽くしだった母親の姿も 俺が尊敬する『理想の母親像』でした。 でも、ここでも、 俺は『勘違い』というか『早合点(思い込み)』をしていたのです。 ばば様が子供好きの世話好きだったので、 てっきり、ばば様の娘である母親も、 子供好きの世話好きだと思い込んでいたのです(汗)   ばば様が亡くなった後、 俺は、ばば様に接していたように母親に接してみました。 ばば様の遺言通り、仲良くするために。 しかし、残念ながら・・・ 当たり前のことですが、ばば様と母親は別人でした。 俺が食べ物をハンブンコしても食べてくれない、喜んでくれない。 プレゼントしても大切にしてくれない。 そして、去年、同居する前に衝突してみて、 初めて、母親のことが分かりました。 ➡親と同居する前に再確認したこと 母親が子供嫌いだったことが分かったんですよねぇ( ̄ー ̄; どおりで・・・働き尽くしだったわけだ(笑)       そして、最近では・・・   嫁ちゃんがいないところで、 「嫁さん、大変だねぇ」と他人事のように言うので 「そう思うなら、ちょっと手伝ってくれてもいいんだよ? 毎日散歩がてら孫の幼稚園の送迎してもいいんだよ? ちょっとぐらい料理してもらってもいいんだよ?」 と嫌味を込めて言ってみたら・・・ 「私なんて、子育てしながら働きながら、 じいちゃんとばあちゃんの面倒も見て、 家事もこなしてたんだから。 アンタの嫁さんは甘いわ。まだまだだわ。」 とか 「なに言ってんの!私を頼らないで! 私なんて、アンタを家に置いて、素早く買い物に出かけたり、 大変な思いしてきたんだから! 周りに頼ることも出来なかったんだから! これぐらいで手伝ってとか甘ったれるんじゃない!」 とか。   正論のように反論してくるけれど、 よくよく聞けば、必ず幼い俺を ばば様か、親族のおばさんが見ていたわけで(汗) いや、子育てに関しては、ずっとばば様にやってもらっていたし(汗) 本人は「大五郎は手がかからなかった」とよく言うけど、 それは俺が大人しい性格だっただけだし、 幼少の頃は子供なりに甘えることを我慢してただけのことで、 俺がワガママ放題で、大人しくなくて、全然寝ない子だったら、 きっと子供嫌いの母親は育児ノイローゼになっていたか、 早々に、ばば様に泣きついていたと思うし(汗) つまり、子供が違えば、状況も違うわけで。   それに・・・『時代背景』として、 子育ても家事も母親に任せっきりで 母親が大変だった時代を乗り越えてきたのだとしても、 はっきり言って 「自分がヒドイ目に遭ったから、若い奴らにも同じ目に!」 って考えるのは、それはもう・・・   ただ単に、性格が悪いだけです( ̄ー ̄;   たとえば、俺は、 両親と大阪に住んでいたころに まだまだ幼かったので、おぼつかない手で ご飯のお茶碗を滑らせて、こぼしてしまったときに 俺の親父は・・・容赦なく、 そのお茶碗の底で、思い切り、俺の手の甲を叩きつけたそうです(汗) 『しつけ』のつもりなんでしょうね。 親父も、そうやって育てられたのか、分かりかねますが。 手の骨が砕けなくてよかった(汗)   そんな経験を経て、現在、俺が父親になったわけだけど、 長女や次女が、同じように食事中にお茶碗をひっくり返したとしても、 俺は、親父にされたからって、 長女や次女の手に茶碗を叩きつけたいとは思いません(汗) いつも親父に遊んでもらえず、独りきりだったけど、 長女や次女と遊べる機会があれば遊んであげたいし。 俺はいつも一人で寝かされてたけど、 娘たちとは、いっしょに寝てます。   「時代がそうだったから」 「親がそうだったから」 「周りがそうだったから」 「仕方なくやった、仕方なくやらなかった」   そういう『大義名分』っぽい理由で 実際に泣く泣く、仕方なかった状況だったのかも しれないけれど。   俺の母親と同じ年代の人が 「私は子育てや家事で一歩も外に出させてもらえなくて、 親に子供を預けるなんて、怖くて出来なかったけど、 今は、そういう時代じゃないし・・・ 私が出来なかったことを、あなたにやらせてあげたい。 だから、孫は、いつでも私が面倒みるから、 遊びに行きたい時は、いつでも言ってね」 という人もいる。   「時代が・・・」「親が・・・」「ママ友が・・・」 そんな『大義名分』は要らない。 「自分が」「どうしたいか?」 「自分は」「なにをしたいか?したくないか?」 それが一番大事な理由なんじゃないかって俺は思う。   「自分がヒドイ目、ツライ目に遭ったから、 ほかの誰かにも同じ目に遭わせたい」? 「自分の時代が、そうだったから、 次世代にもそれを伝えたい」? さっきも書いたが、 本当にそう思って、そういう行動が出来るなら、 それはただ単に、性格が悪いだけだ( ̄ー ̄;       ・・・そして、先日の『今月のイラスト』に繋がるわけです(^▽^;)   先日の記事『欠点を愛そう』の説明の中で、 『夫婦』にしか適用されないような書き方で終わりましたが、 あれは、夫婦の関係だけじゃなく、 学校や職場、そして『親』、 すべての人間関係に適用できますよね。   そう・・・絶大な信頼をよせて生きてきた『親』に、 とんでもないことをされたり、言われたりするたびに 「なんでそんなことするの!?」 「なんでそんなこと言うの!?」 と、深く傷ついた人たちも多いでしょう。 「え、なんで、それをしないの?」 「え、なんで、それを言ってくれなかったの?」 と、親なら出来て当たり前だと思ってたことを、 してくれなかったり、言ってくれなかったりして 深く落胆して、深く落ち込んだ人たちも多いでしょう。   自分が『親』になった人たちなら、 もうすでに、気づかれてるはずです。 『完璧な親』なんてこの世にいないってことが。 『親』って、こんなに大変だったってことが。 そして、 「こんな欠点だらけの自分が親になってる」 「こんなマヌケでドジっ子で全然偉くない自分が親になってる」 「毎日、慌ただしく過ごしている親としての自分」 に気づかれていることでしょう。 そして・・・ 「こんな自分でも親として生きていけてる」ってことに もう気づかれているはずです(^▽^;)   さぁ、では、認めちゃいましょう、自分を。 欠点だらけの自分を許しちゃいましょう(^▽^;) 同時に・・・ 自分の親の欠点を認めちゃいましょう(笑) 欠点だらけの自分・・・そんな自分の親も、 やっぱり欠点だらけだったってことを(笑)   そうして、手放しちゃいましょう。 自分が抱いていた『理想の親像』を。 それを親に押し付けていたことを。   ありのままの親を受け容れちゃいましょう!     (書は左手で、絵は右手で描いてます。 画材:色紙、墨、copic)         いつもそばにいてくれたり、そばにいなかったり・・・   なんでも教えてくれたり、教えてくれなかったり・・・   優しいときもあれば、厳しいときもあり・・・   すごく頼れたり、頼りにならなかったり・・・   でも、『大人』は『正しい』んだって・・・間違いないんだって・・・   『大人』はスーパーマンのように強くて、なんでもこなせて・・・   親の言うことは『絶対』だと信じていた、あのころ・・・           そんな『大人』に   いざ、自分が成ってみて・・・   そんな『親』に   いざ、自分が成ってみて・・・   改めて、自分の親の背中を見ながら、   改めて、幼い頃に見ていた親を思い出してみたら・・・             あんなに大きかった背中が・・・とても小さくなってて・・・。   あんなに強そうに見えていた姿が、とても弱弱しく見えて・・・。   よくよく見たら、ぜんぜん『正しく』なくて(笑)   よくよく聞いたら、むしろ『間違い』だらけで(笑)   ・・・『欠点』も『弱点』も『苦手』も『嫌い』も、たくさんあって・・・。   それらは昔から変わってなくて。ぜんぜん克服できてなくて。   むしろ開き直って、悪いとこ直そうという意志が見られなくて(笑)   頑丈に見えたボディーは、シワシワで、ブヨブヨで・・・傷だらけで。       母親と同じ立場になってみて、初めて分かりました(^▽^;)   ・・・よく、そんな『欠点』だらけで、育ててくれてたね。   「大丈夫、大丈夫」って、俺に言い聞かせてたんじゃなくて、 弱い自分に、痛みを耐えてる自分に、言い聞かせてたんだね。   そんな『欠点』だらけ、『傷』だらけの母親を、 やっぱり俺は、尊敬します。   あなたは、スゴイ。 世界一、スゴイ。 そんな状態で、こんな俺を育て上げたのだから。   どんな偉人より、あなたを尊敬しております。   あなたが子供嫌いで、俺のことを嫌いだったとしても、 俺は、あなたが大好きです(*^▽^*)             ※大五郎のブログは、許可なく、 シェアしていただいても、リンクを貼っていただいても、OKです! 笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`) "応援クリック!" ↑ 「母の日に書けばよかったのに」と「ことりーず」。   そんなに待ってたらネタを忘れてしまうのです( ̄ー ̄;   ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----  

      NEW!

      14
      1
      テーマ:
  • 25 Mar
    • 欠点を愛そう!

      どーも。 先日、親戚からいただいた和菓子に 『金箔』が使われてて、それを食べたのですが・・・         フタのほうに『金箔』が付いちゃってまして・・・ 「こういう場合、キレイに食べるべきだろうか?」と しばらく悩んでしまった、大五郎です・・・( ̄ー ̄;   アイスのフタに、アイスが付いているのなら、 間違いなく、躊躇なく、意地汚く、舐めとるところですが(笑)   そもそも食べ物に『金』を使うのって・・・ 見た目を華やかにするためであって、 味もなければ、栄養もないわけですよねぇ(間違ってる?) なので、そのまま捨てました(^▽^;)   悩まなくていいことで悩む『欠点』を持つ、大五郎です(笑)         さて、毎月恒例の『今月のイラスト』です。    ↓ ↓ ↓       (書は左手で、絵は右手で描いてます。 画材:色紙、墨、copic)       「欠点を愛そう。」       今回の『絵と文』は、家族との生活で感じたことです。   俺たち夫婦は、お互いの『欠点』をそこそこ知っています。 たとえば、嫁ちゃんは、片づけられない性格で、 俺も片づけられないほうだけど嫁ちゃんのほうがヒドイ(笑) なので、俺は自分の『欠点』を棚に上げて、いつも注意してしまう(^▽^;) 結婚当初は、それこそ「正義は我にあり!」と、 躍起になって相手の『欠点』を突きまくりました(汗) ➡悪魔になった日 俺が責めることによって、 嫁ちゃんの気分が悪くなる場合もあったけど、 ただただ俺だけが気分が悪くなる一方でした(汗) んで、「この人は、これが平気な人なんだ。こういう人なんだ。」と 受け容れて・・・『手放した』んですね。 相手の欠点を直すことを諦めたんです。 そしたら・・・いつの間にか、気にならなくなりました(^▽^;) (慣れちゃったからかな?(汗))   俺にも山ほど『欠点』があり・・・ 嫁ちゃんが言うには、 『服のセンスが悪い』とか『すぐおなかを壊す』とか『頑固者』だとか 『とにかくミラクルを起こす』とか たくさんありすぎて(言われ過ぎて)書ききれないのですが(汗) 俺の一番の『欠点』は、 『お金を持っていない』ところだそうです(ノ_・。)アイタタタタタ・・・   それでも、お互い、 好きだし、そばにいたいし、必要としているし、尊敬しあってます(^-^) お互いに『欠点』だらけだけど、 お互いに、いっしょに生きていて心地よい関係でいます。       今月は嫁ちゃんの誕生日でした。   (3月某日。2人きり・・・ではないけどランチデート。)   俺は、付き合ってから、結婚してからも、ずっと クリスマスと誕生日にプレゼントを贈っています。 お金無いのにね(笑) なので高価なものは買えません(笑) いつだったか、クリスマスに大きな袋いっぱいに 『駄菓子』の詰め合わせを詰め込んだだけの プレゼントしかあげれなくて。 でも、『駄菓子』が大好きな嫁ちゃんは 「これは嬉しい!」って喜んでくれて。   今年は、悩んで、探し回った挙句、 嫁ちゃんが「欲しいけどお金を出してまでは買わない物」を 買って贈りました(^-^) それはそれで喜んでくれたけど、一番喜んでくれたのは、 その日のお昼に、俺とランチを食べに行ったことでした(^-^) 「久々のデートみたいで嬉しい」って喜んでくれる嫁ちゃん。 ・・・本当に、そう思ってくれているのかは、 相手の言葉を信じることしか出来ないわけだけど、 俺の伴侶が、この人でよかったなぁって感じてます(^-^)       ・・・うん、完全なノロケ話になっちゃいましたが(笑)       「欠点を愛そう」という言葉を使っていますが、 「相手のイヤな部分を好きになれ」という意味ではなくて。 ただしくは「欠点『も』愛そう」かな(^▽^;) 俺は今でも嫁ちゃんが使ったティッシュを 放置してるのは好きじゃないし、むしろ嫌いだし、 嫁ちゃんの方も、 俺が貧乏のままでいることを良しとは思っていません。 でも、相手に『欠点』があっても、 それが直っても直らなくても、好きでいられる。   なにかが出来るようになっても、 なにかをやめるようになっても、   なにかを手に入れても、 なにかにしがみついていても、 なにかを手放すようになっても、   なにかが変わってしまっても、 なにも変わらなかったとしても、   俺は俺で在り続け、嫁ちゃんは嫁ちゃんのままなのだから。 好きでいることに変わりはないのです。   たとえば・・・なにもできない赤ちゃんが なんらかの理由で成長できずに、 赤ちゃんのままで在り続けようとも、 愛してやまない存在であることに変わりはないように。   相手の、そのままを愛する。ありのままを愛する。         稀にいますよね・・・ 「王子様のような人と結婚したい!」とか 「高学歴・高身長・高収入の人じゃないと!」とか 「イケメンじゃないと受け容れれない!」とか 「長男はイヤ!」とか(笑) それも、人それぞれの好みですから、 そういう希望を抱いていても、全然いいんですけどね(^-^)   でも、もし、あなたの希望どおりの あなたにとっての『完璧な王子様』が現れたとして・・・ あなたはその人と一緒に暮らしていけますかね?(^▽^;)   あなたの都合の悪いことは何一つ言わない、おこなわない、 あなたが望むことを自然に、完璧にこなせる男・・・ 容姿も性格も、あなたにとっては完璧で・・・ 『欠点』がひとつも見当たらない王子様・・・。   料理も掃除も洗濯も、家事全般なんでもしてくれて、 仕事もできて、お金も稼げて、あなたには 「なにもしなくていいよ」もしくは「好きなことしてていいんだよ」と 言ってくれる、スーパーマン・・・(笑)   「愚痴とか弱音とか他人のは聞きたくないけど、 私の愚痴とか弱音とか悪口は聞いてほしい」という 理不尽な要望にも、即座に対応してくれる 神さまのような存在の彼・・・(笑)   その夢のような彼と、毎日、毎日、ずーっと暮らしていけますか?   俺が想像するに・・・たぶん、飽きる。もしくは窮屈になる( ̄ー ̄; 完璧でミスをしないということは、 たぶん、『笑い』も起きないと思われます(汗) 完璧な人は近寄りがたいという人もいるでしょう。 劣等感や罪悪感を 彼と一緒にいることで感じてしまう人もいるでしょう。 そうですよねぇ・・・ あなたも俺も『欠点』だらけなんだもの(笑) こんな彼と暮らしてたら、 イヤでも自分の『欠点』が浮き彫りになるでしょう。 自分の『欠点』と向き合わされてる気分になると思う。       『欠点』というのは、なにも『欠けている点』だけじゃない。 『足りていても欠点に成り得る』んだ。   『キレイ好き』という長所が、人によっては 『潔癖症』という『短所(欠点)』だと思われることもある。 『優しい性格』という長所が、 『優柔不断』という『短所(欠点)』だと受け取られることもある。 「背が高い人が好き」という人にとっては 高身長の人は、好印象だけど、 「背が高い人は怖い」という人にとっては悪い印象しか与えれない。 完璧すぎて不平不満がない彼を、退屈に感じ、 離婚や浮気・不倫へと動きだす人もいるだろう。   そして、その逆も然り。 『欠点』を『長所』として捉える人もいる。   「太った人は嫌い」という人もいれば、 「太った人が好き。あのプニプニ感がいい」という人もいる。 「ハゲ」は嫌いという人もいれば、好きだという人もいる。 男の体臭は吐き気がするほど大嫌いという人もいれば、 男の体臭が大好き過ぎる変態さんもいる(笑) 「タバコ吸ってる人とは付き合えない」という人もいれば、 「自分もタバコ吸ってるから、 いっしょに吸ってくれる人がいい」という人もいる。       完璧な人がいたとして、きっと 『欠点』だらけの俺やあなたの『至らない部分・欠けている部分』を 注意してきたり、直そうと促してくれたり、 「あなたのためを思って」とか、それくらいは言ってくると思うけど・・・ その『人を注意する性格』ですら、 俺たちにとっては『欠点』だと受け取れるわけだ(笑) 「あいつは、すぐに人の上げ足を取る」とか 「人の弱点ばかり責めてくる」とか。 『正義感がある、面倒見が良い人』は、ときには 『自分の正義を押し付けてくる迷惑な人』に成り得るんだ( ̄ー ̄;       『月』は、『満月』だけが『月』なのではなく、 『三日月』の『月』も、『新月』の『月』も、『月』なんだ。 満ちていようが、欠けていようが、『月』は『月』のままだし、 好きな人は、どんな状態の『月』も好きでいられるんだ。           相手の『欠点』を認める(受け容れる)と、それを正そうとしなくなる。 完全な『上から目線』になってしまうけど、 「あー、また、やらかしてる(笑)やれやれ(笑)」って感じ(^▽^;) なんていうかな・・・見てて『ほほえましく』感じれるようになる(笑) んで、俺がそうやって笑ってると、 相手も自分の『欠点』を素直に認めて、笑うんだ。   そしたら、今まで相手に指摘されてイヤだった 自分の『欠点』も、自分で認めれるようになって、笑えるんだ。   好きな人と笑い合えれば、もうそれ以上、なにも要らない。 優劣もない。良し悪しもない。正義も悪もない。勝ちも敗けもない。   ただそこに『笑いあえる』好きな人がいるだけで 幸せだなと、俺は感じるのです。       by絵描き士・大五郎       ※大五郎のブログは、許可なく、 シェアしていただいても、リンクを貼っていただいても、OKです! 笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`) "応援クリック!" ↑ 「今月のイラストは、もう一枚あるね」と「ことりーず」。   うーん・・・来月に回してもいいんだけど、 この話の流れで、語ってしまいたい言葉があるのです( ̄ー ̄;   ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----  

      30
      テーマ:
  • 21 Mar
    • 富山アートマーケット2017でお宝ゲッツ!

      どーも。 1人で墓参りに行ってきた大五郎です(^-^)       『春分の日』を春彼岸として墓参りするのって 仏教は仏教でも、宗派とか地域によって違うそうですね。 「え、お盆以外に墓参り?信仰深いんだねぇ」と 言われたことがありました(^▽^;) ぜんぜんそういう気持ちじゃないんですが(汗) 「自分の常識って他人によっては非常識の場合もあるのだなぁ」と 改めて感じた次第です。           *†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:       昨日は、毎年恒例の富山県のアートイベント 『富山アートマーケット2017』へ遊びに行きました~(^-^)   富山県内外の作家さんたちが 出店する大きなアートイベントです。 今年は、3月19日~20日の開催だったようです。     (※毎年違うデザインのアートマーケットのタイトルイラスト。 今年はキノコなんですね~。てっきり酉年だから、 いつものハンドのデザインに羽根が生えているのでは?と 予想してたんですけどね(^▽^;))     仕事に没頭してたら、うっかり夕方になっちまって イベント終了間際に慌てて行きました(汗) なので、 すべての出店者のところへ回れなかったと思われます(汗)           パンフレットの表にも裏にも出店者の名前が ビッシリ!ズラリ!と掲載されてます。 ゆっくり回っていたら、あっという間に1日が終わります(汗)   でも、終了間際の方が、人が少なくて、 出店者の方々と、話し込む時間があったりして。 2日間の開催の間に、毎年1万~2万人の来場者が 訪れるので、昼間に行くと、ものすごい人波に巻き込まれて、 流れに押されて、立ち止まることも困難だったりしますからねぇ(汗)   すべてを回れなかったけれど、 出店者の方々に挨拶したり、話し込めたりしたので 俺としてはラッキーでした(^▽^;)       ではでは、今年もゲットしてきたアート作品(お宝)を ここで勝手に紹介しちゃいます(^▽^)   ➡去年はこんな感じで。       今回は、俺の作業部屋で、 俺が唯一持っている香水を守ってくれてる ルパンに紹介してもらいますね(^▽^;)           まずは・・・   林檎飴 ゆりぼ さん     インスタ➡https://www.instagram.com/yuribo.draw/ twitter➡https://twitter.com/ringoame_shop   作家さんが数人いたのかな? 作家さんのお顔は作品の棚に隠れてて ちょっとはっきり見えなかったけど、 かわいいアクセサリーや雑貨などが売られてて、 俺はポストカードを購入してきました。 1階の目立つ場所に出店されていたので お客さんがたくさん立ち止まっていて じっくり見れませんでしたが、数点出されていた イラストのポストカードの中で、この羊?のような女性が とても気になり、購入に至りました。 名刺までいただいて・・・本当はちょっとでもお話ししたかったんですが、 タイミング悪くお客さんが来たので・・・残念でした~(^▽^;)       うるしめ米子 さん     ホームページ➡https://urusime-maiko.tumblr.com/     かわいいポストカードセットを購入させていただきましたが、 本当に俺が欲しかったのは、作家さんのホームページにも 掲載されてますが・・・       作家さんの名刺にも描かれてます、『コウモリ』のイラスト! ブースの一番目立つ場所に、原画が飾ってあって、 「え、コウモリ!?なかなかマジマジと観察したことないけれど、 こんなにコウモリの表情が可愛く描かれてるの、初めて見た!」 と感じて、そのコウモリのポストカードがあれば買いたかったのですが あいにく、コウモリのイラストはポストカードに無かったようで(汗)   ここでは、ちょうどお客さんが去ったあとだったので、 作家さんとお話しできました(*^▽^*) 聞けば、実際に、コウモリを飼っているんだとか!!!( ̄□ ̄;)スゴイ! スマホで写真を撮ってあるとかで、ちゃっかり見せていただきました。 いや、コウモリの今までの認識が変わりました(^▽^;) こんなにカワイイ顔してるんだぁ~と、初めて知りました。 作家さんが愛情を持っているからこそ、 描ける可愛さなんだなと感じました(^-^)       Mogi Mogi さん     ホームページ➡http://mogimogi123.com/ インスタ➡http://instagramzone.com/user/mogi_mogi123/3400370227   (※名刺をいただいたけれど、名前や連絡先が載っていたし、 掲載許可を取り忘れていたので、たぶんアカンだろうと思う部分を モザイク処理しております・・・(^▽^;))   かわいい小物というか、アクセサリーたちの中に なぜか目がとまってしまった、キノコたちのポストカード(^-^) なんていうか、こういう細かいイラストを描くのって、 全体のバランスが命だと思うんですよねぇ。 それでいて、ひとつひとつの小さな部分もしっかり描きこまれていて、 見てたら、いつの間にか引き込まれてました(笑) 偶然か、必然か、今回の『アートマーケット』のタイトルイラストも キノコだったしね(^▽^;) 名刺の裏も可愛いキノコづくしでした~。       Cor Leonis さん     ホームページ➡http://hosikuzutoumi.web.fc2.com/ twitter➡https://twitter.com/corleonis_ad   (※これまた名刺をいただいたけれど、 作家用の名刺を切らしていたそうで、本名入りの名刺を いただきまして・・・掲載許可を取り忘れていたので、 アカンっぽい箇所をモザイク処理しております(汗))   この作家さんのイラストたちは、とてもとても彩が鮮やかで・・・。 「あぁ、俺もこんなふうに描けたらなぁ・・・」と思いつつ、 「あー、この蒼い色、俺が妄想してる個展作品で出したい色だぁ~。 どんな画材を使ってるのかなぁ~。気になるわ~。」 と思って、マジマジと見入っていたら・・・ 作家さんのほうから、声をかけていただきまして・・・ 「あの~もし間違ってたら失礼かもしれないんですけど・・・ もしかして・・・イラストレーターさんですか?」 ドキッ!!!( ̄□ ̄;) 「え・・・えっと・・・はい・・・(汗)な、なぜ分かったんですか?」 かなり地味な恰好で、影が薄い存在感なのに(汗) 「ブログを見たことがあって・・・ルパンの恰好してましたよね?」 わーーーわーーーわーーー!!!( ̄□ ̄;) 誰かに見られるためにブログ書いたり、 目立つために普段しないようなルパンの恰好してたけど、 いざ見られてたって知ると、けっこう恥ずかしい気持ちでした(笑)   でも、こうして気づいてもらえて・・・ ブログ書いててよかったなぁと感じた瞬間でもありました(^-^)   それから作家さんと少しお話ができました(*^▽^*) どんな画材を使っているか、を聞けました~(^-^) 本当は、もっとお話ししたかったというか、 根掘り葉掘り聞きたいことが色々あったんですが、 終了時間が迫っていたので、画材のお話しか聞けなかったっす(汗) またどこかのイベントで、お会い出来たらいいなぁ(^-^) ポストカードも、たくさん欲しいものがあったけど、 財布の中身がそれを許してくれなかった(笑)       Chiharu(chi&j) さん     ホームページ➡http://www.chiandj.com/     もう『富山アートマーケットの顔』と言っても過言ではない、 チハルさんと、ジョナサンさん(^-^) 今年も出店されてたので、新作ポストカードを購入してきました。 これまた、うちの長女・姫ちゃんとソックリな髪型の女の子が 描かれていて・・・ついつい何枚も買ってしまうんですよねぇ(^▽^;) お2人とも、俺のことを覚えててくれて、 顔を見るなり、挨拶してくれました~(*^▽^*) 去年、ブースの一角にジョナサンさんの作品も並んでいたのに、 今回は無かったので、「あれ?ジョナサンさんのは?」と 聞いてみたのですが・・・去年、あまりにも不評だったため、 今回は出さなかったそうです・・・それは残念( ̄ー ̄; チハルさんのかわいいアメリカンな雰囲気のイラストもいいけど、 ジョナサンさんの本場のアメリカンな作品も、楽しみだっただけに 「新作、見たかったです」と伝えておきました。 いつかまた新作が見れたらいいなぁ(^▽^;)       KACO さん     アメブロ➡http://ameblo.jp/kaco92/ インスタ➡http://www.imgrum.org/user/kaco92/3185239281 SHOP➡https://kacoigarashi.thebase.in/     筆文字アーティストさんのようで、思わず目を引く文字に、 多彩な色、そしてところどころにモンスターの姿・・・おもしろい! ちょうど接客中だったので、作品だけ見させてもらおうと 拝見していたら、接客中にもかかわらず、 俺に作品の説明をしてくれました(^▽^;) お邪魔しちゃって申し訳(汗) ドキドキしたハートがピョンっと跳ねてる作品が かわいかったので購入。 「ありがとう」の気持ちが最高潮!って感じがしますね~(^-^)       彩屋〜irodoriya〜 ごすけ さん     アメブロ➡http://ameblo.jp/gosukechan/     こちらも顔馴染みの、書家ごすけさん(^-^) 今回は、お師匠さんである大蔵さんが出店されなかったそうで、 そのお師匠さんが使っていた目立つ場所に出店されてました。 お子さん連れだったし、終了間際だったのでお忙しそうだったけど、 すこしお話できました(^▽^;) いろんな『いい言葉』の作品たちが並んでいたんですよ~。 ちょっと悩んだけれど、俺が選んだ作品は、コレです(笑)   「本日、ズル休みしてます。」(笑)   潔いぃ!!(笑) しかも、よくよく見ると・・・       ごすけさんの雅印(がいん)が!!!( ̄□ ̄;) 家に帰ってきてから気づきました(汗) 光の当たり具合によっては、見えなくなるんですよ(汗) なんて控え目なアピール(汗) なので、これが見えてる時は・・・   「本日、ズル休みしてます の」って、奥様口調になります(嘘)   こちらでも、墨はどんな種類のものを使っているかって 気になっていたので聞いちゃいました(^▽^;) 作品の言葉のセンス、遊び、ユルさ、楽しさ、優しさ、温かさ・・・ そして画材選びなど、お話したり作品を見ているだけで 勉強になりました~(*^▽^*)       森のココロ オードリー さん     ホームページ➡http://heart-angel.pinoko.jp/     これまた、もう顔見知りのオードリーさん(*^▽^*) 顔も覚えてもらっちゃってて、接客中だったけど 挨拶してもらえました(^-^) ほかのイベントでも見せてもらったことがあるんですが、 オードリーさんは毎回新しい作品を作ってます。 この作品も、たくさんのカタチ、色、仕組みが違うものがあって 悩みましたが、この赤い家に決めました。 すると、お客さんがどの子(作品)を選ぶかによって それぞれに決まったメッセージがあるんだそうで・・・ 今回の、この子は・・・ ここへ運び込むときに、壊れちゃったそうです!!!( ̄□ ̄;)なぬー! んで、ここでバラバラになった部品を組み立てなおして 『再生』したそうで・・・この子が伝えてくれるメッセージは『再生』。 過去に起こったことは、どうでもいい(手放そうという意味)。 『今、このとき』が大事。それが『未来への発展』へ繋がっていく・・・ みたいなことを説明してくれました(^▽^;) 説明聞くと、なんとなく腑に落ちるというか・・・ 俺がいつまでも過去に犯した大罪に執着して手放していないことが 思い出されました(汗) 築き上げてきたものを、一度、バラバラにして、 また築き上げると、それは以前よりも、もっと素晴らしいものになる、と。 なんか、大きな変化?チャレンジ?みたいなことですかねぇ(^▽^;) オードリーさんに会うと、何かしら気づきやヒントをもらえるので、 新作を見る楽しみとともに、それも楽しみにしちゃってます(^▽^;)   今回もありがとです!           ・・・今年ゲットしてきたアート作品(お宝)は以上です!   たくさんの作品と作家さんとの出会い、繋がり、気づき、喜び・・・ また今年もそれが味わえて嬉しかったです(*^▽^*)   今回は似顔絵師の方々もチラホラおられたし (知り合いは居なかったけど)、 けっこう『イラスト』の初出店の方々もおられたし、 去年よりは多く『イラスト』関係の作家さんを採用してくれたんだなぁと 感じました(^-^)   また来年も楽しみですねぇ♪           ※大五郎のブログは、許可なく、 シェアしていただいても、リンクを貼っていただいても、OKです! 笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`) "応援クリック!" ↑ 「作家さんたちと、もっと繋がりたいよねぇ」と「ことりーず」。   もともと作家って職業は、独りで作品と向き合う時間が多いからね。 情報交換したり、励まし合ったり・・・ そういう仲間というか、「宿敵と書いて友と言う」みたいな そういう繋がりが欲しいねぇ(^-^)   ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----

      36
      2
      テーマ:
  • 20 Mar
    • うぃんうぃん

      どーも。 週末ごとにボッチになる大五郎です(^▽^;)       嫁ちゃんが子供たちを連れて 週末ごとに実家へ帰ってくれている・・・ すごくありがたいことだなぁと感謝しています。 俺は作業に集中できるし、息抜きも出来るし。 嫁ちゃんは嫁ちゃんで、子供たちを ご両親にある程度任せられてラクできるし。 あちらのご両親も、孫がかわいくて 週末ごとに楽しみにしてくれてるし。 俺の母親は子供嫌いだから、 週末ごとに息抜きができてラクだし。 長女・姫ちゃんは週末が近づくたびに 「あと2回幼稚園へ行ったらおばあちゃん家に行ける!」と 楽しみにしている様子。   まさに、ビジネス用語として見られる 『WinWin(うぃんうぃん)』(お互いに得がある関係)ですね(^-^)       ・・・まぁ、今回の記事のタイトルの『うぃんうぃん』とは まーーーったく関係ないんですけどね(笑)       今回は、久々に子育てネタです(^▽^;)       次女・小姫ちゃんは、生後5ヵ月が経ちました。 順調に、すくすく、かわいく育っております(^-^)   名前を呼ぶと、機嫌がいいときは ニコっと笑ってくれます(*^▽^*)   (※3月のひな祭り。嫁ちゃんのご実家にて。 嫁ちゃんが幼いころに着ていた着物を着てる長女と次女。)     (※小姫ちゃん・・・イヤがってますなぁ(笑))   そして、よく寝てくれます。 長女のときと同じく、ウワサの『背中スイッチ』はあるものの、 ダッコしても揺らしても、なかなか寝てくれなかった 長女よりは寝つきがいいです(^▽^;) この子の性格なんでしょうねぇ。 長女のときは、なかなか笑ってくれなかったなぁ・・・。   今年に入ってからか、「あーあぅあーぅーあぁー」って 言葉にならない声を喋り続けることがあります(笑) これまた、かわいい声で(*^▽^*) 言葉の意味は伝わらなくても、家族みんなで話しかけてます。   先週あたりから、嫁ちゃんが離乳食を開始しました。 と言っても、最初ですから、ご飯粒をお湯で溶かして濾したものを 小さじで2~3滴?ぐらい口に含ませた程度でしたが。 やはりおいしくない表情で、すぐに母乳を欲してました(^▽^;) これから徐々に慣らしていく感じですね。   無事に成長している小姫ちゃんですが、 俺の心配点は、皮膚の弱さ(汗) 長女もそうなのですが、とにかく、かゆがる(汗) ちょっとでも爪が伸びてると、すぐにアチコチひっかいてしまう(汗) 部屋を加湿したり、毎日お風呂に入って清潔にしたり、 薬剤師の嫁ちゃんが薬を塗ってあげたりしてますが、 治って、また掻いて・・・の繰り返しです(汗) 長女ともども、肌が弱いという体の個性をもってしまってますねぇ。 今は自身を傷つけないように、手袋をさせてますが、 これまた・・・     かわいいったら、ありゃしない~(*^▽^*) 『ドラえもん』の手みたいで、かわいいっすねぇ(笑)   そして、生まれた時から背中に出来ている『腫物』・・・。 検診のときや予防接種のときなどに 医者に診てもらったところ、 「今は大丈夫そうだけど、成長していく過程で コレが骨や神経に触れてないとは言い切れないから、 一度、大きな病院で検査したほうがいいかも」 という話になり、近々、検査を受けさせる予定でいます( ̄ー ̄; なんでもない、ただの脂肪の塊だといいんだけどなぁ(汗)       長女・姫ちゃんも、相変わらず、元気いっぱいカワイイです(笑) 英語幼稚園に毎日通い続け、毎日宿題もこなしています。   (※去年のハロウィンのとき、姫ちゃんが描いた金色に輝く我が家(笑) 家族がしっかり描かれてます。)   去年の春ごろには、イヤイヤ幼稚園へ通っていて、 毎朝、無言で下を向いてトボトボと歩いていた長女でしたが・・・ 今では、もう元気いっぱい走って通っています(^▽^;) 去年の秋ごろに、「姫ちゃんね、みんなに嫌われてるの」と 悲しい表情で言っていたけれど、今では、 たくさんのお友達と遊んでいるようで、誰と遊んだか、 どんなことをしてきたか、毎日嬉しそうに伝えてくれます(^-^) やはり・・・英語幼稚園ですからねぇ(汗) 英語がある程度喋れて理解できてないと あの中では仲間外れにされやすいんでしょうね(汗)   『願い事ひとつ』で書いた時のように、 今でも、たま~に、 母親に甘えたくて赤ちゃんのマネをすることもあります(汗) 我が家では、 嫁ちゃんが次女に『添い乳(そいちち)』をしながら寝てるので、 姫ちゃんには、なるべく寂しくないように『添い父(そいちち)』で 寝るようにしておりますが(笑) 「お母さんと寝たい!小姫ちゃんはお父さんと寝て!」 と泣き叫ばれる時もあり・・・(´Д`;) そんなときは、俺が泣き叫ぶ小姫ちゃんを別室であやし続け、 嫁ちゃんと姫ちゃんが先に寝ます(汗) これまたものの数分で姫ちゃんが安心して眠ってくれて・・・ その後、そっと嫁ちゃんが抜け出して、 小姫ちゃんに『添い乳』しながら寝る、という流れになってます。   姫ちゃんの我慢を100%理解することは出来ないし、 その我慢を100%させないことも出来ないのは分かってますし、 ときには我慢することも必要なのは分かってます。 それでも・・・俺たち夫婦は、 なるべく姫ちゃんの負担を減らしてあげたいです。 「お姉ちゃんでしょ(だから我慢しなさい)」は絶対禁句にしてます。 今のところは守られてますが、これも時には必要な言葉なのかもですね。 なぜなら、俺たち夫婦もまた、体が大きな子供なのだから。 1人の人間だから。完璧な存在ではないから。 1人の我慢を家族みんなで分け合っていこうと思ってます。 そうして、家族みんなで嬉しさも楽しさも分け合っていこうと思います。   そうそう、『添い乳』といえば・・・     小姫ちゃんも、姫ちゃんのときと同じく、 寝ながらにして、おっぱいを吸う『エア授乳』の技を体得しました(笑) 動画では音が聞こえないけど、チュッチュッチュって 寝ながら吸ってる姿は、この時期にしか見れない姿なので とても貴重な光景だなぁと感じています(*^▽^*)かわえぇのぅ           さて、我が家の子育て状況を説明したところで、 今回のネタ、長女・姫ちゃんのことを描きます(^▽^;)           娘たちの入浴には、俺たち夫婦がいっしょに入っているのですが、 次女に関しては、今も2人がかりで入れてます。 1人でも出来ることなのですが、 嫁ちゃんは、手を滑らせてしまったこともあり(汗) 事故が怖いので、俺も2人がかりのほうが安心できるので(^▽^;) そのためには、長女・姫ちゃんまでいっしょに入ると 2人がかりで安心して次女の体を洗えないため、 先にどちらかが姫ちゃんと入浴することになっているのですが、 姫ちゃんは、 「お母さんと、お父さんと、いっしょに入りたい!」 と言うので、先に、嫁ちゃんといっしょに入ってもらい、 あとから俺が入って、交代で先に嫁ちゃんにあがってもらいます。 んで、嫁ちゃんが次女を持ってきたら、 姫ちゃんにあがってもらいます。   まぁ、しかし、姫ちゃんにしたら、 もっとたくさん俺たちとお風呂で遊びたいんでしょうねぇ(汗) 「小姫ちゃんが泣いてるから、さっさとあがってよ!」と 伝えても、なかなかグダグダしてあがってくれません( ̄▽ ̄;) 娘たちを21時に寝かせるつもりで動いている俺たちとしては、 さっさと済ませていかないと、21時に寝かせれないので(汗) (21時就寝にこだわってるのは、嫁ちゃんですが・・・) ついつい、ガミガミと姫ちゃんを急かしております( ̄▽ ̄;)   それでも、姫ちゃんは、かなりマイペース( ̄□ ̄;) 俺の母親から見たら 「あの子は親をナメている」らしいです(汗) まぁ、最終的に困るのは自分だということが 今の姫ちゃんには分かっていないので、 何度も同じ注意を繰り返してますが・・・ いつか分かってくれるでしょう(^▽^;) 自分が親にならないと分からないこともあるしねぇ(汗)       そんな姫ちゃんが、 最近、俺のアレを指さして、こう言い放ちました。       「うぃんうぃん! お父さんのうぃんうぃん!(笑)」と!!!( ̄□ ̄;)   そして、触ってこようとするので、 「姫ちゃん、やめて!やめなさい!」と 俺がイヤがるのですが、そのイヤがる姿が 余計におもしろいらしくて(汗) どんどん攻めてきます・・・(+__+)   そして、最近、いっしょにお風呂に入っていると・・・           俺の『うぃんうぃん』を目掛けて 座ろうとしてくるのです!!!( ̄□ ̄;)いやぁぁぁぁ!   イラストにすると分かると思うのですが、 ものすごく『イケナイ状態』になります!(´Д`;)   嫁ちゃんも目の前にいて、 「いや、それはアカンやろ(笑) なんか・・・そういうつもりじゃなくてもアカンやろ(笑) やめて、姫ちゃん!(笑)」 と、笑いながらも止めに入ってくれるのですが(;´Д`)   嫁ちゃんと入浴してるときは、何も言わずに 乳首をつねってくるそうです(笑) これまたイヤがっても怒っても止めてくれないそうで(汗)   うん、姫ちゃんは間違いなく、変態さんだな(笑) 誰に似たんだか(笑)   俺も、 「お父さんのうぃんうぃんは、 触られたり、座られたりしたら、 ものすごく痛いから、やめて!」 と、怒ってみせているのですが・・・   うん、ナメられてるんでしょうね( ̄▽ ̄;) 俺が怒ったりイヤがったりしてるのに、 悪ふざけするときの悪い顔になって、 俺の『うぃんうぃん』を攻めてきます(+__+)   まぁ、たぶん、俺が本気でキレて、 大きな怒鳴り声をあげれば、姫ちゃんは泣くんですけどね(汗) そのときだけ止めてくれるだろうし。   たまに、アカンことをしてるときに、 怒鳴ったら、すぐに泣くんですけどね・・・ 泣き止んだあとで、 「どうしてお父さんが怒ったか分かってるの?」 って聞いたら、 「分からない」と答えるんですよ(汗) そりゃそうですよねぇ・・・ 本人は悪いことしてる自覚がないのに、 突然、親が大声を出して怒鳴るわけですから・・・ 姫ちゃんにしたら、ただただ 「怖い!ビックリした!」という理由だけで泣いちゃうわけです(汗)   なので、俺としては、『怒鳴る』のは 『強制的に止めさせる最終手段』もしくは 『緊急性の危機を回避させる最終手段』だと思ってます。 まぁ、たまに 『俺自身がムカついたことを伝える手段』としても使いますが(汗) 『なにかを伝える・教える手段』としては 『怒鳴る』行為は、あんまり意味がないと判断してます(^▽^;) (※この子には意味がない、という意味であり、 これが全ての子に通じるものではないです。)       ・・・と、話を『うぃんうぃん』に戻しますが(笑)   嫁ちゃんに聞いたけど、お義父さんのアレを見て 「あんなの私には無い」と意識しだしたのは、 小学校低学年ぐらいだったとか(^▽^;) それまで、目の前にあっても意識したことがなかったそうで。 なので、姫ちゃんは、ちょっと 俺の『うぃんうぃん』を意識するのが早いようですね(汗)   なので・・・   姫ちゃんといっしょにお風呂に入れる期間は、 俺が思っている以上に、短いかもなぁと感じています(^▽^;) まぁ、そうなっていくのが自然だし、 そうなってくれないとお互いに困るわけですが。 姫ちゃんとの楽しい入浴時間の終わりが すぐそこまで来てるように感じて・・・ すこし寂しい気持ちを感じております( ̄ー ̄;           ※大五郎のブログは、許可なく、 シェアしていただいても、リンクを貼っていただいても、OKです! 笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`) "応援クリック!" ↑ 「うぃんうぃんって誰に教わったのやら」と「ことりーず」。     幼稚園のお友達が言っていたのか・・・ それとも、英語では、そう言うのか!?(笑)   ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----    

      16
      4
      テーマ:
  • 18 Mar
    • SNSには何を書いてもいいし、何を書いてもダメです。

      どーも。 2週間前から、我が家では 居候が一人増えて生活をしております、大五郎です(^▽^;)       まぁ、家族のことなので、詳しく書けませんが・・・   2週間前ぐらいに、嫁ちゃんの弟さんの車が壊れてしまい、 車を買うことになったわけですが、そんなすぐに買えないわけで。 弟さんは現在、毎日通う場所があり、車がないと不便なわけです。 しかも、その通う場所というのが、ご実家から1時間以上かかる場所。 でも、じつは俺の家からは1時間以内でたどり着ける場所だったりします。 で・・・新しく車を買うまで、俺の家から、嫁ちゃんの車に乗って 通ってもらうということになりまして(^▽^;) 現在に至ります。 中古車にするのか、新古車にするのか、新車にするのか、 どのメーカーの、どの車種にするのか、 そして予算に合うのか・・・車って大きな買い物だし、 一度買えば、長年使うことになるので、選ぶのも慎重になりますよねぇ。   ということで、うちは俺の車と嫁ちゃんの車があるんですが、 日中、1台は使用中なので、俺と嫁ちゃんとで、 お互いに外出する予定が合ってしまわないようにして もう1台の車を使い合ってます(^▽^;)       ・・・あぁ、結局、そこそこ詳しく書いてしまった(笑)   だって、これが『俺の現状』だもの(^▽^;) 一見、関係ない人のことを書いているように見えるかもだけど、 最終的には 「車1台を嫁ちゃんと使い合っているので、 仕事とはいえ自由に動けない日があります。」ってことを 伝えたいんです(汗) それを伝えるのに、諸事情を隠していると 「なにか隠してる」ということが伝わるんですよね(^▽^;) 「なにもそこまで書かなくても、 『現在、車が1台しかないので自由に動けません』でいいじゃん?」 という人もいますけどね。 うん、たしかにそうだね、それも『正解のひとつ』だね。 まぁ、しかし、世の中には、いろんな人がいて、 とんでもない『深読み』をする人もいまして(汗) 「こいつ、事故って廃車にしたんじゃないのか?」とか 「身内に不幸があったのでは?」とか ここに書いてない部分を、勝手に妄想して、 それを真実のように思い込む人たちもいるわけです(^▽^;)   先日も書いたように、 俺の名前が目立つとか、 たまたまアクセス数が多かった日があるというだけで、 「こいつ、俺より人気者になりやがって許せない」みたいな 妄想をして、それを真実と勘違いして生霊を飛ばしてくるとかね(汗) いやいやいや、俺、まだ『無名』ですよ(+__+) ぜーんぜん、『有名』じゃないですよ(汗) なので、有名になる前に潰そうとしてくるの、 やめてくれると助かります(汗) そうじゃなくても、有名になるのって難しいのに( ̄ー ̄;   どうやったら作品が売れるのか? どうやったら依頼がたくさんくるのか? 最終的には、『絵描き』としての俺の名前をたくさんの人が 知っているかどうか、ということだと思うんです。 みんなに 「絵描きと言えば誰を思い浮かべるか?」 「イラストレーターと言えば誰を思い浮かべるか?」 「アート作品と言えば、誰の作品を思い浮かべるか?」 この答えの中に、俺の名前が出てくるかどうか、です(^▽^;) 俺の名前を答える人が多ければ多いほど、 『有名』ってことになるわけです。   勘違いしてはいけないのは、 知ってる人たちが、みんな、俺のファンってわけじゃないということ。 「ただ知っている」「名前を聞いたことがある」ということ。 だから、知ってるだけでは俺から作品を買ってもらえないわけです。 でも、知っている人が多いと、 「絵を描いてもらいたいけど、誰に頼めばいいかな?」という 話題が出たときに、 「あぁ、大五郎ってヤツがいるよ」 って紹介してもらえる確率が高くなるわけですね。   でも、紹介してもらえるか、どうかって部分は、 「大五郎を絵描きとして認めているかどうか」もあるけれど、 「大五郎の人間性を信頼してるかどうか」も大きいと思うんです。   なので、俺は自分のことをSNSになんでも書いてます(^▽^;) それでも、口酸っぱく言ってるけど、 SNSに載ってる情報は、『一部』であり『全部』ではないんです(汗) 俺がいつも事細かくSNSに情報を載せてると思ったら大間違いです。 そして、タイムリーな情報ばかりを載せてるわけでもないし。 昔のことを思い出して、言葉を綴ってることもあります。       つい先日、facebookで、俺が、 「こういうメッセージはアカンやろ」ということを、 事細かく書かずに、書きました。   ━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─ 「久しぶりです」ってメッセージがあったけど、 そのあとに自分のイベントの詳細だけが書いてあった。 ただそれだけのメッセージ。 「最近どう?」の一言すらない。 誰も行かないだろ、そんなメッセージで。( ̄▽ ̄;) ━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─  ↑こんな感じで。   しかし、じつは、事細かく言えば、 それは『メッセージ』ではなく『コメント』だったんです(汗) しかも、facebookでのコメントではなく、 LINEのプロフィールに寄せられたコメントでした。 「久しぶりです。◎月◎日に◎◎で出店します」とだけ書かれた、 完全に、自己アピールだけのコメントでした(汗)   すると、タイミング悪く、俺に 友達申請する前にメッセージを送っていた人がいたのです。 その後、友達申請してくれて、俺は承認しましたが、 友達承認前のメッセージは通知が来ないため、気づかないんです。 その内容は、細かく書けませんが、 今まで連絡を取り合ったこともない同級生からでした。 「ご無沙汰してます。今度、友人の結婚パーティーに参加してほしいです。 ウェルカムボードもお願いしたいです。」 という感じの内容だったのです。   それが朝の出来事で・・・ その日の夜に、その同級生から 「気持ちは分かりました。残念です。」というメッセージがきて・・・ そこで、初めて、結婚パーティーの件のメッセージにも気づけたわけです(汗) 俺からしたら、 「え、たった一日返事できなかっただけで、気持ちが分かった みたいなこと書かれて、友達も解除されてるし。えー!?(゚Д゚;)」 って思いました(汗) 自己完結されてたけど、とりあえず、友達承認前のメッセージには 今、気づいたってことと、ウェルカムボードの値段を聞かれていたので、 その回答を返信しておきましたが・・・いまだに返事はありません(+__+)   「一日返事なかっただけで見限るって、相当短気やなぁ(汗) だいたい、facebookのメッセージは既読したかどうか チェックが入るから、見てないってことが分かるはずなのに・・・。」 と、考えていて・・・あることに気づきました(汗) あくまでも予想だけど・・・ LINEコメントのダメ出し投稿を、 自分へのダメ出しだと勘違いしたのでは?と(汗) 今のところ、これが大いに有り得るので、 facebookへ 「こういう経緯があって、こういうふうに勘違いされたっぽい。 それ、勘違いだよーーー!」と 長々と経緯を投稿しておきました( ̄▽ ̄;) その同級生は、友達解除されてるし、 見てないかもだけど、結婚パーティーに招待されてるであろう その他の同級生に伝わって、伝えてくれたらいいかなと(汗)   ・・・んで、この件に関しては、 俺の同じ歳のイトコの友人でもあるし、 イトコもパーティーへ誘われてるって話だったので、 「勘違いだってことを伝えてほしい」と、 本日、イトコに会って説明して、お願いしておきました( ̄▽ ̄;) (※イトコが出席するかどうかは分からないようだが)       俺って、滅多に他人の批判をしないほうで、 とくにSNSで他人を批判することは滅多にないほうで、 たまたま批判したら、言葉足らずになって たまたま自分へのメッセージだと勘違いした人が出ちゃった(汗)   で、このことを家族に話してみたら、 SNSをしないという嫁ちゃんと母親が 「これだからネットって、コワイ!」 「他人の悪口は言うものじゃない!」 「そんなことになるなら、SNSをやめればいい」 という異見しか返ってきません(笑)   まぁ、それも『正解のひとつ』です。   車に乗ったら事故るから 車に乗らないというのも正解のひとつ。 飛行機に乗ったら墜落するから 飛行機に乗らないというのも正解のひとつ。 ネットに個人情報を載せたら悪用されるか悪口を言われるから インターネットを利用しないのも正解のひとつ。   極論を言えば、 「酸素だけを吸いたいのに 二酸化炭素やその他の気体や見えないゴミも 吸ってしまうから息をしない」というのも正解のひとつ。 「悪いことばかり起きるから生きない」というのも正解のひとつです。   極論すぎましたが(汗) 「やらない」という選択肢も正解のひとつですよってことで(^▽^;)       俺が、それら(デメリット)を踏まえても、 ネットを利用しているのは、さきほども書いたように 絵描きとして有名になりたいからです(^▽^;)   ここ富山県で、たまに開催している リカさんとの『ネットカフェ~ネットのお悩み相談会』で たまに聞かれるのが 「なにを書いていいか分からない」という質問。 その多くが、こういうネットのトラブルを避けたいとか、 身近な人たちの反応や批判を避けたいとか、ですね(^▽^;)   一応、『ネチケット(ネットのエチケット・マナー)』という 暗黙の了解なるものがあって、やはり 『キ”ャノレ言吾』のように半角文字を二つ使って 一文字を書くような、読みづらい文字を使わないとか、 やっぱり他人の悪口や、悪い言葉使い、 ほかの人たちが見る公の場を『荒らす』ような行為 (最近では誹謗中傷の荒らしを炎上って言いますね)を避けるとか ありますけどね。 あとは、『政治』と『宗教』のネタは書かない、とかね(^▽^;) だいたい、どちらかを「正しい」と言ってしまうと、 そう書いてなくても、どちらかが「悪い」と言っているのと 同じような内容になってしまうのが、この2つのネタなので(汗)       まぁ、でも・・・基本、自由です!(^▽^;)   はっきり言って、なにを書いてもいいです。 アメブロでブログを書く際に『利用規約』とかありますから、 それに触れない程度なら、何を書いてもいいです。 というか、そんな『規約』ですら、 いつでも運営側の都合で変更できるものですから(汗)   他人の悪口ばかり書くブログもある(汗) それも正解のひとつです。 そういうブログ、俺は見たくもないけれど、 書いている人と同じように、そういうのが好きな人は 必ずいるので、そういう人たちが寄ってきます(汗) ちゃんと賑わうようになってます。 ちゃんと人が集まるようになってます。   似たような例えで言えば、気持ち悪い絵ばかり描く人もいる。 それでも熱烈なファンもいるし、買う人もいるし、 すごい大賞を獲らせる審査員もいる。 それも正解のひとつなんです。       なので、SNSには、なにを書いてもOKで、 なにを書いても、ダメなときはダメなんです(笑)       いつだったか、お笑い芸人の誰かが無事に出産したって ニュースだったか、ブログだったか、テレビだったか、 おめでたいニュースが流れた時に、 「そういうのは放送するな」とか 「不妊治療で悩んでいる女性に対しての配慮がない」とか 子供といっしょに番組に出演したら 「子供を見世物にしてまで人気が欲しいのか」とか 散々、ネットで誹謗中傷の発言が多かったです(汗) でも・・・モデルだったり、美人タレントの 出産のニュースがあっても、そこまで炎上しなかったはず(汗) 誹謗中傷する人たちには、その人たちなりの『理由(前提や価値観)』が あるんだろうけど・・・若干、『お笑い芸人』ってだけで 見下してる人たちが多いんじゃないかなと感じました( ̄ー ̄; 「不妊治療で悩んでいる女性に対しての配慮がない」って 意見の人たちには 「じゃぁ、皇族の誰かが出産したってニュースでも同じように批判するのか?」 と言いたくなる( ̄ー ̄;   ちょっと脱線というか、回りくどい説明でしたが、 とくにSNSでは、みんなが『嬉しかったこと』や『スゴイ場所』などを 写真や動画、文章でアップすることが多いので、 自然と、「楽しいこと」や「おもしろいこと」や「すごいこと」ばかりが アップされている状態になってしまいがちです(汗) そうするとね・・・見てる人たちは、勝手に妄想するんですよ(汗) 「この人、いつも外食ばかりで、金持ちアピールしてる」とか 「子供の画像ばかりで、幸せアピールしてる」とかね(汗) たまたま・・・嬉しいこと、おもしろいこと、すごいことがあったから、 みんなに共有しようとしてアップしただけの画像や文章が、 受け取り側の都合のいいように、受け取られるわけです(^▽^;)   「おめでとう」とか「すごいね」と 素直に受け取ってくれる人たちもいれば、 だれの悪口も書いていないのに、 誹謗中傷の言葉を投げつけてくる人もいる(汗)   これが、インターネットの世界です。 いや、インターネットに限らず・・・ これが、俺たちが住んでいる世界なんだと思います(^▽^;) ちょっと言葉が足りなかっただけで、勘違いされたり、 要らぬ恨みを買ったり、うまくいかなかったり。 ちゃんと言葉を選んで事情を話しても、 受け取り側は、勝手に脳内で妄想して補完して変換して・・・ すべて相手の都合のいいように受け取られてしまうものです(汗)       だから、好き勝手、書いてみましょう。 自由に書いてみよう。 書きたいものがないときは休んでみよう。 いろんな人たちが住む、この世界を楽しもう。                 ※大五郎のブログは、許可なく、 シェアしていただいても、リンクを貼っていただいても、OKです! 笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`) "応援クリック!" ↑ 「楽しいことばかりでなくても楽しむ方法はたくさんあるね」と「ことりーず」。     インターネットも、この楽しい世界のひとつだね。   ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----

      26
      1
      テーマ:
  • 14 Mar
    • ご自由にお書きください。

      どーも。 目に見えない世界で攻撃を受けつつ、 目に見えない世界で守られている大五郎です(^▽^;)           facebookに投稿してみたのですが、 ある知人が言うには、 俺のブログとか投稿とかに 『他人に見せないバリアー』を、邪念によって 成功させている人たちがいるようです・・・(^▽^;) それも一人だけじゃないようで・・・ 俺の幸せを妬んでいる人たち、 俺の活動を妬んでいる人たち、 中には、過去に俺が心屋さんにブログで紹介してもらったことを いまだに妬んでいる人たちもいるようです(汗)   まぁ、正直、俺には そういう『目に見えない世界』のことは 目に見えていないので、ピンときてなかったのですが・・・ たしかに、ブログ更新しても、いろんな人たちに リブログされても、ブログのアクセスが ぜんぜん上がってないどころか下がっていく一方だし(汗) 読者登録数がもう数年ぐらい同じ人数のままです(笑) いや、二日か三日のペースで新しい読者さんが増えているはずですが その一方で、読者登録をはずされてる人たちが 同じくらいいるってことですよね( ̄ー ̄;   その『見えない世界』が視えてる知人のお話は、 たまに聞いていたので、「もしかしたら・・・」とは思ってましたが(汗) 「アクセス数も読者数も上がらないのは単純に俺に人気がないからだ」 と思っておりました(^▽^;)   いやはや、邪念というか生霊?というか、 すごいエネルギーですよねぇ(^▽^;) まったく関係のない赤の他人のブログを 見えなくするなんて(笑) (※このブログが見えてた人たちは、 邪念より高いエネルギーを持っている人たちか、 そういうエネルギーをスルーできる人たちだそうです。)   そういうのを感じない俺ですが、 でも、うすうすは気づいてたから、     by絵描き士・大五郎   「自分は我慢してるのに、アイツばっかり好き勝手やりたがって」 みたいな嫉妬の方には、 我慢ばかりして不平に思うなら好き勝手しなさいよとオススメしたり・・・     by絵描き士・大五郎   「アイツが活躍するから俺が目立たないんだ」とか 「アイツを邪魔しなきゃ俺が上へ上がれない」いう 嫉妬の方には、足をひっぱりあってたら、 お互いにマイナスな効果しか生まれないですよってことを オススメしたり・・・     by絵描き士・大五郎     「お金は欲しいけど、あんな金持ちにはなりたくない」とか 「目立ちたいけど、あんなに目立ちたくない」みたいな、 矛盾した嫉妬を抱いている人たちや とにかく他人の行為を羨ましいと感じている人たちには、 それを受け容れなきゃ、自分がそっちの立場になれないよって ことをオススメしたり・・・     by絵描き士・大五郎       「俺なんて、どうせアナタみたいなスターじゃないし」と スネている人たちには、 みんな誰もがスターなんだよってことをお伝えして・・・   つい先日も、   ➡嫉妬のベクトルと幸せのベクトルは逆方向     ハッキリと、『邪念』を送ってくる人たちへ向けて ブログでメッセージを発信したのですがね・・・(^▽^;)       ごく最近、俺の背中にベッタリと 『生霊』が張り付いていることを視つけてくれた 友人が、それをはがしてくれたみたいです(汗)   俺にしたら 「いるかもしれないとは思っていたけど、 マジで背中にいたのかよ!!!( ̄□ ̄;)」って 衝撃的な出来事でしたが(汗)   (※本当は、こうして助けてくれる友人知人を ここで紹介したいけれど、今度はそっちのほうへ 邪念やら生霊やら飛んでっちゃうと迷惑だと思うので)       んで、邪念やら生霊やらって、 この世にいない人たちの話じゃなくて、 今も、この世に生きている人たちのエネルギーなので、 こうして、たびたび払ってもらったり、守ってもらっても、 その人たちが生きている限り・・・ その人たちが「こんなこと意味ねぇな」と気づかない限り・・・ ずっと続くというか、何度も繰り返すんですね(汗)   なので、俺としては、 そういうことに気づいてほしくて、何度かブログで 伝えていってるわけですが、 憎たらしい本人に悟されるようなことを言われても 『上から目線の批判・否定』にしか聞こえないでしょうし、 火に油を注いでいるようなもので・・・ まさしく、イタチゴッコなんだろうなと感じます(^▽^;)   俺が、そういうエネルギーに対して防御策というか、 跳ねのけたり、スルーできるチカラを体得するか、 邪魔する者を徹底的に反撃して亡き者にするか(笑) そういうことに自分のエネルギーを少しは使うように なれればいいのかもですが、 俺って、事なかれ主義と言いますか(;´Д`) 技術を競い合うのも苦手だし、 そうやって、お互いに憎しみ合う?つぶし合う?という 行為も苦手というか、やりたくないほうでして(汗)       そもそも、 俺としては、会ったこともない人たちだろうから、 相手の方々は、俺の『一部』のことをネットで知って 俺の『全部』を知った気でいるだろうけど、 俺には、その方たちの情報を 『一部』たりとも知らないわけで(-_-;)   俺から一方的に 「嫉妬しないでねー」 「邪念送らないでねー」 「生霊飛んできてるよー引っ込めてー」って お伝えしたところで、 相手には相手の事情があるんですよね(^▽^;) そのエネルギーを自分のために使わず、 俺の邪魔をするために使わざるを得ない事情が・・・。 無自覚って人もいるだろうし(汗)       なので、   この記事のコメントに限って、ですが、 ご自由にお書きください。   俺が知らない、あなたの事情をお伝えください。 なるべく細かくお伝えください。 できれば、どうして『俺』をターゲットにしたのかという 理由を書いてください。   匿名で、かまいません。 自分の情報をさらけだすと、 自分の本音が言えないと思うので、けっこうです。   コメントの返信は、100%します。 反論はしません。否定もしません。 ただ、ネットで公開していないこちらの『真実』と違う場合、 それをやんわりとお伝えします。 こちらにも事情があって、 すべてをネットに公開できない部分もあるので。   汚い言葉でもいいですよ。 「しね」も使われていいです。 ただ、その一言だけでは、 こちらは返信できませんので(^▽^;) 「今日も生きてます」としか答えようがない(汗)       ここに吐き出して、いいんです。 日ごろの恨みつらみ、妬み嫉み、弱音、暴言、泣き言、 なんでもけっこうです。 思いのたけを、ここにぶつけてもらってけっこうです。   「言える=癒える」と俺は思っているので、 これでスッキリしてもらえたらいいと思ってます。       このブログ記事の有効期限はありません。 今すぐじゃなくても、けっこうです。 数日後、数週間後、数ヵ月後、数年後でもけっこうです。                     ・・・昔、コメント欄が炎上したときがあったけど、 たった一人が攻撃を始めたら、 あとからあとから、我も我もと一気に炎上していきました(汗) たぶん、ここのコメント欄も、 ひとつコメントが入れば、あのときと同じように たくさん入ってくるのかなぁ・・・(^▽^;)              

      29
      2
      テーマ:
  • 12 Mar
    • 個展への道【エーテル・プロジェクト】その3

      どーも。 「個展やるやる」詐欺でお馴染みの大五郎です(笑)       あー・・・(^▽^;) 「それ、もう聞き飽きた」って声が聞こえてきそうだな(笑)       俺が個展をもう一度開催したいと思ったのは3年前(汗) 個展のテーマや構想は、もうその時から すでに頭の中で完成し・・・あとは、描くだけなのに・・・ まだ描いておりません(>_<)   んで、こんなケツの重い俺は、黙ってたら、 いつまでも動こうとしないので(汗) こうして発表しちゃったほうが、「やらなきゃ」という 気持ちになるので・・・もう誰彼かまわず 「個展したいです」と言いまくっておりまして(;´Д`)ノ   このブログでも、何度か 個展への想いやテーマ、場所探しなどを公開しました。     2014年・個展開催宣言→ガウディ×井上雄彦×大五郎 2015年・個展の計画→個展への道【エーテル・プロジェクト】その1   2016年・個展の計画→個展への道【エーテル・プロジェクト】その2       ・・・言い訳が多いっすね、過去記事(笑) 自分では自分の現状を一生懸命に伝えようと書きまくってたけど、 こうして時間をおいて客観的に自分の記事を見ると・・・ 懸命に、自己弁明してるように見えてしまう(汗) 今の俺がそう感じるのであれば、 当時の記事を見た読者のみなさんは、もうとっくに そう感じておられるんだろうなぁと思います( ̄ー ̄;   「個展、見たいです」ってコメントくれた人、一人しかいないもんね(泣)   ・・・それでも・・・ チョー鈍足の歩みですが、『個展開催』は 今の俺が、一番やりたいことです。           去年の記事から、また1年経ちましたが、 あの記事を書いたあと、すぐに 個展会場の第一候補が決まりました。   富山県射水市『太閤山ランド』内の 『赤い屋根ギャラリー』という場所です。   いつもお世話になっているNPO法人の理事長さんが 太閤山ランドの管理課に問い合わせしてくれて、 いっしょに場所を見てきました。じゅうぶんな広さです。 順路を作って、順番に作品を見てもらえそうです。 入り口に受付があるので、 そこで来てくれる人たちを出迎えれそうです。   ここを『始まりの場所』にしてもいいかなと思ってます。 まだ作品が出来てないので、申し込みはしてませんが(;´Д`)ノ   ・・・『始まりの場所』というのは・・・ 俺は、この『個展』を一回の開催で終わらす気がありません。 ようは、『巡回展』をしたいと思ってます。 この『エーテル』という個展の作品を、 あちこちの会場へ行って、展示したいと考えています。 作品とともに、富山県全域を巡っていこうと・・・ もし、資金があれば、全国へ巡っていこうかと だいそれたことを考えています(^▽^;)   その『巡回展』のための資金作りは、 自分で稼いだお金を使うことは当たり前ですが、 それでは足りないので、 芸人であり、絵本作家である西野亮廣さんが使った 【CAMPFIRE(キャンプファイヤー)】という クラウドファンディングのサイトを利用します。もう登録は済んでます。 あとは、作品を描いて、 その完成した作品の半分くらいを動画を使って公開し、 その動画の中で、この作品に対する想いとか いっちょ前に語って、資金を投資してくれる人たちを募る予定です。       去年から作品作りを開始したかったけれど、 みなさん、ご存知の通り? 去年は、作業部屋である実家を取り壊すために引っ越し、 新しく建てた家へ、また引っ越しと・・・ ちゃんと作品を描ける状態ではなかったので・・・ これも言い訳ですが(汗)   んで、今は、ちゃんと作業できる部屋が与えられているので 今年から作品を描いていきます(^▽^;)       最近、購入したソフト『クリップスタジオ』では、 『ページ管理機能』というものがあって、 漫画などのページを管理できる機能があったので・・・ 今回、その機能を使って、 『エーテル』の物語をとりあえず文章に書きだしてみました。 そうして、この物語には何ページ必要なのか?を計ってみようと。 書き出して、見て、必要に応じて ページを増やしたり減らしたり編集できるし。   このソフトで、『絵コンテ』を作成してみようと思ってます。 そうすることで、必要な絵や不要な絵が見えてくると思うので。 完成したら、ここで、また公開してみたいと思ってます(^▽^;)       応援してくれる人たちがいると、 作品作りのモチベーションアップに繋がるので・・・ 今回は、物語の半分を、 文章だけで公開してみようと思います(^▽^;)                                                                 ・・・はい、ここまで!(笑)   『使命』を果たさないこの子は、 いったいどうなってしまうのか?   お父さん、お母さんに会えるのか?   神さまに怒られないのか?   ラストは・・・ 全人類、誰もが神様に言われたい言葉を用意してあります(^-^)       こうして書きだしてみたところ、 絵と文のページと、絵だけのページを合わせて、 全16ページ必要なようです。 16枚、描かなきゃいけないってことですなぁ(^▽^;)   誰のためでもない、自分のために、描きます。                 ※大五郎のブログは、許可なく、 シェアしていただいても、リンクを貼っていただいても、OKです! 笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`) "応援クリック!" ↑ 「手に負えないことに手を出し始めてるね」と「ことりーず」。     もがいて、あがいて、醜いね。 でも、こうしないと自分が行きたい方向へ進めないと感じてるよ(^▽^;)   ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----  

      23
      6
      テーマ:
  • 09 Mar
    • 俺がヘッドホンに変えない理由

      どーも。 新しいソフトに悪戦苦闘している大五郎です(-_-;)       新しいソフトに慣れるために、 今回のお話をすべてイラストにしてみました。 まぁ、文章も入れてますが。   では、どーぞ(^▽^;) 見てやってください。                                                                           ・・・これが、 俺が『ヘッドホン』に変えない理由です(笑)   こういう聴き方は『イヤホン』でしかできないから。   姫ちゃんが泣き止むまで、 パソコンの『youtube』で、アニメを見せたり、 音楽を聴かせて、泣き止ませてます。   しかし、うっかりすると・・・         作業の息抜きに、『アベマTV』で 懐かしのアニメ『忍者ハットリくん』を見ている時に 姫ちゃんに見つかってしまい・・・ 独占されてしまうことも・・・( ̄ー ̄;   やはり息抜きにアニメはマズかったか(笑)             ※大五郎のブログは、許可なく、 シェアしていただいても、リンクを貼っていただいても、OKです! 笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`) "応援クリック!" ↑ 「今のうち・・・なんだよねぇ・・・」と「ことりーず」。   親父を嫌うようになったら、そのときは、 俺が晴れてヘッドホンに変える時だね(^▽^;)   ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----  

      42
      10
      テーマ:
  • 05 Mar
    • ついに手を出してしまった・・・

      どーも。 作業をする時間を割いて、 ちまちま勉強をしている大五郎です(-_-;)       勉強、嫌いなんですけどね(汗)       じつは、数年前から、 パソコンで『マンガ』を描いてみたいと思っていて・・・ 富山県でイラストレーター兼漫画家の➡この人と いっしょに作業をする打ち合わせをした時に、 直接会って、お互いの情報交換をしていたのですが、 (ほとんど俺が教えてもらう側だった(汗))   その際に、パソコンで漫画を描くときに 最適なソフトを教えてもらっていたんです。   それが・・・         コレです! 『セルシス』という会社の『CLIP STUDIO EX』!!   いや、お話聞いてる時には、 どんなソフトなのかな~ってボンヤリしてたのですが、 このソフト・・・前々から俺が気になってたソフトでした(^▽^;) (ソフト名、知らなかったんだよね(汗))   検索して、パッケージの内容を確認してみたけれど、 たしかに、スゴそうというか、スゴイんです!(^▽^;) これだけで、漫画だけじゃなく、イラストもアニメもできちゃうらしい(汗)   いや、しかし・・・ 俺に使いこなせるんだろうか? つーか、今は新しいツールを増やしても、 すぐには取り掛かれないくらい時間がないし・・・(汗)   ・・・と、数ヵ月スルーし続けて、 ごく最近、やっと購入する『氣』が起きまして(汗) 毎月500円の分割払いで、手に入れました(笑)       そうして、現在に至ります(;´Д`)ノ       ある程度、予想はしていたものの、 実際、購入してみると・・・ 今まで使っていたソフトより、扱いづらい(汗)   「漫画もイラストもアニメも出来る」ってことは、 それだけ機能がたっぷりあるってことで・・・ 使いこなすには、それらを分かってないと出来ないわけで(-_-;)   今までイラストだけ描けていたソフトを使っていたために、 このソフトの使い勝手が分からず、 今は、まず機能の説明や使い方を ホームページで読み漁っているところです(;´Д`)ノ (今までは『Photoshop』を使用してた。 こんなに機能が違うとは思ってなかったなぁ・・・(汗))   「扱いづらい」ってのは、 ようは、俺が機能を熟知してなくて 使い慣れてないせいです。   ようは、『慣れ』なんですよねぇ(^▽^;)       今は、基本の機能を読んでるとこです(汗) これを使いこなせてきたら、 このブログに載せる爆笑ネタのイラストなどを このソフトで描いていこうと思ってます(^▽^;)   そして、それに慣れてきたら・・・ 自分の頭の中にシナリオが出来上がっている漫画を カタチにしてみたいと思ってます。   かなり時間がかかりそうですけどね(汗) 期限も決めてないし、 どこかの出版社へ売り込むつもりもなくて。 ただ、完成したら、多くの人に読んでほしいから、 どこで公開したらいいのかを、今のうちに リサーチしておこうかな、とも思ってます(^▽^;)       ・・・本当は、『ameba』が運営してる 『読書のお時間です。マンガにしてみた。』という 電子書籍サービスのサイトへ、公開しようと思ってたんですよ。 登録も投稿も無料だし、読者側も無料で読めて、いいなって。   でも、最近・・・ 同じく『ameba』が運営してる 『spotlight』というサイトでライターさせてもらっていたのに、 突然のクビ切りに遭い・・・ 今まで書いた記事も、勝手に非公開化されて・・・ 2月末には、すべてチェックして、また公開されるみたいな メッセージが届いていたから、そうなるものだと信じていたのに、 その約束も果たされず・・・。 90万アクセスあった記事とか、そのほかの記事も すべて無かったことにされたので・・・(泣)   俺としては、もう『ameba』が関わっているサイトには 大事な作品を任せられないというか、 公開しても、また、いつ、いきなり非公開化されるか 分かったものじゃない・・・という不信感しかないので(汗)   ほかの公開場所を探している状態です(^▽^;) みなさんの中に、 「こういうサイトがあるよ~」みたいな情報があれば、 教えてやってください(^▽^;) カメより鈍足な歩みで作業をしてるので、 漫画が完成するのは、いつになるやら・・・って感じですが(汗)             ・・・うん、もう集中力が切れた(汗) 勉強、続かねー(汗) 機能が覚えきれねぇー( ̄▽ ̄;) やっぱり俺には使いこなせない代物だったかな(汗)           ※大五郎のブログは、許可なく、 シェアしていただいても、リンクを貼っていただいても、OKです! 笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`) "応援クリック!" ↑ 「このブログもいつ書けなくなることやら・・・」と「ことりーず」。   ・・・だよねぇ(汗) でも、そこは結局『信じる』しかないというか、 それしか出来ないけどね( ̄▽ ̄;)   ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----  

      37
      6
      1
      テーマ:
    • 今月のくらし塾は『荷物の詰め方』

      どーも。 たくさん食べると、すぐに腹が下ってしまう大五郎です(-_-;)       普段は、なるべく食べ過ぎないように 気を付けているのですが、 大好きなチャーハンとかカレーライスになると、 ついつい食べ過ぎてしまって・・・ あとで後悔するパターンが多いです(+__+) 太るためにも食べなきゃいけないんですが、 こういう体質なので、食べ続けれないんですよねぇ(汗)   こんなガリガリボディーですから、 「富山のルパン」だとか言われちゃうわけです(笑)       *†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:       さて、今月の3月3日(金)の地元新聞・北日本新聞に、 俺が担当した記事が掲載されてました。             毎月第一金曜日のワンコーナー『くらし塾』。 今回のテーマは、『荷物の詰め方』でした。   今回は、ちょっと時間の都合が合わなくて・・・ というか、インフルエンザにやられていた時だったので、 記者さんといっしょに取材へ行けなかったのですが、 記者さんが、スーツケース、旅行カバンに 荷物を詰め込むときのコツを、その道のプロに教わってきて 記事の構成を作成してくれました(^▽^;)   先月は、『ストール・マフラーの巻き方』だったので、 人物のイラストが多かったのですが、 今回は、ほとんど荷物とか旅行グッズのイラストでした。   なんと、今回のイラストは、 ほとんど修正がなくて、すぐにOKがもらえました! 毎回、「また修正の連絡がたくさんくるんだろうなぁ」と覚悟して 提出しているので、すんなりOKがもらえると 嬉しいものですねぇ(*^▽^*)         前回、人物のイラストのときに、 ちょっとリアル感を出したくて、 やたらと影を描きこんでいたのですが パソコン画面で見ているときは、鮮やかに見えても、 実際に新聞に刷り上がってきたイラストを見ると ものすごく暗く見えてました(汗)   そりゃそうですよね・・・ 鮮やかなクッキリした色を使ったとしても、 印刷物の新聞紙自体が、灰色なので、 その灰色が上乗せされてしまうわけで・・・ うっすらとした影をつけても、実際の印刷物には くっきりと色濃い影として印刷されてしまうんですね(汗)   なので、今回は、なるべく影をつけませんでした(^▽^;) 付けたとしても、うっすらとした影を心がけました。 パソコン画面上では、ぼんやりとしてて薄いイラストに見えても 新聞になると、しっかりとした色に見えたので、 この試みは成功したようだなと・・・自己満足してます(^▽^;) (誰もそこまで気づいてないっすよねぇ(汗))   『イラストが見やすい=新聞記事が読みやすい』。 そこに俺のイラストが、関われたことが嬉しいなと 自己満足してます(^-^)         今回のイラストでは、女性を描くときに 「イヤらしく見えない女性」を目指しました(笑)   リラックスしてる女性とか、入浴してる女性とかね。 女性が隙を見せている瞬間って、 けっこう肌が露出してしまうもので・・・ 俺の数少ない女性経験ですが(笑) 露出を控えつつ、リラックスしてる姿を描きました。     俺が見てほしいのは、この家族が旅行してるイラスト。  ↓       みんなオシャレな恰好してますが、 ひときわオシャレな恰好をしているのが女の子(笑) 小さな旅行カバンに、小脇にウサギのヌイグルミを抱えて、 サングラスまでしちゃってるところが、かわいいかなと(^-^)     ・・・んで、じつは、記者さんにナイショで、 俺のオリジナルキャラクター『ことりーず』が この紙面に隠れて登場しております(笑)         よぉ~く見ると・・・         『しあわせのあおいことり』が、ワインに!!!(笑)     ・・・それと、もう1匹・・・ よぉ~く見ないと分かりづらいところですが・・・ 『まごころのきいろいことり』が、 旅行カバンの上部、『お土産スペース』の お土産の包装に使われてます(笑)   黄色い包装紙に、隠れているので、 まず気づかれないだろうと思いますけどね(^▽^;) おうちに北日本新聞がある人は、 目をこらして探してみてください(笑)           うん、今回も自分の名前が掲載されて、ありがたいことです(^-^)         ・・・さてさて、本来、このコーナーは ちゃんとした担当のイラストレーターさんがいて、 その方が産休のため、俺がピンチヒッターとして こうして描かせてもらえているわけですが、 その方が、12月?1月?あたりに出産してるはずで・・・ 記者さんは、とりあえずメールで連絡をしておられるようですが 返事がないそうで・・・(汗) 初産なら、メールを見るヒマも返事をするヒマもないのかもだし、 産後の体調によっては、お仕事どころじゃないのかもだし(汗) そんなこんなで、毎月、記者さんが 申し訳なさそうに「来月も、描いてもらっていいですか?」と 聞いてこられます(^▽^;) 俺としては、ありがたいお話なので、快く受けてますが、 内心では、「いつクビになってもおかしくない状態」だと 覚悟しているつもりです・・・。 とりあえず、「来月も」というお話になってますので 来月も新聞に載ったら、お知らせいたします(汗)   イラストレーターさん、大丈夫かなぁ(汗) お仕事復帰されたら、バトンタッチするときに ぜひとも会って見たいんだけどなぁ(^▽^;) ぁ~、同業者の方々と、 絵について、いろいろ語り合いたい~!(>_<)             ※大五郎のブログは、許可なく、 シェアしていただいても、リンクを貼っていただいても、OKです! 笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`) "応援クリック!" ↑ 「やった~!新聞デビューだぁ♪」と「ことりーず」。   こっそりデビューなんだから、騒ぐなよ・・・( ̄▽ ̄;)   ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----

      11
      2
      1
      テーマ:
  • 01 Mar
    • 【レポート】リカと大五郎のネットカフェ!~ネットのお悩み相談会~

      どーも。 ルパン三世と体型が同じの大五郎です(笑)       顔も細長で、若干、サル顔なので似てなくもないか(汗)             最近では、俺がこの格好をするときは 【リカと大五郎のネットカフェ】の時だけですね(^▽^;)       というわけで、先日の2月27日(月)午前中に リカさんの自宅サロンにて、 【リカと大五郎のネットカフェ!~ネットのお悩み相談会~】を 開催しました。       ※【リカと大五郎のネットカフェ】とは? インターネット初心者~中級者の方々の 「今さら聞けないネットに関するアレコレ」を プロではないけど、そこそこ知識があり長年ネットを利用している 大五郎に聞いてみよう!というワンコーナーです(^-^) なので、お代もお手頃価格になってます(^▽^;)       いつも少人数制で、予約いれてもらってて、 最初は満席だったようですが、 前日や当日にキャンセルが相次ぎ、 今回は、お2人だけの受講になりました(^▽^;) まぁ、人数が少なければ少ないほど、 一人にかける時間が長くなるので、参加者の方は ラッキーでしたね~(^-^)       今回の参加者は・・・   ◆南部繭子さん ◆村尾優子さん   お2人とも「初めまして」でした(^-^)           この日、質問された項目は・・・   ・ブログのサイドの広告をはずすには? ・facebookやブログの予約投稿について。 ・ブログのフォント(書体)を変更したい。 ・ブログにアップした画像の向きが逆さまになる件。 ・ブログのテーマ追加・編集の仕方。 ・『お問い合わせ』という項目の作り方。 ・ブログに書いて良いこと、悪いこと。 ・文章構成で、どれぐらいの長さで改行すると見やすいか。 ・個々の質問などなど。       この日は、人数的に余裕があったので、 お菓子や飲み物をいただきながら、 アハハウフフな時間を過ごせました(*^▽^*) 本当にネットカフェっぽいユルい感じで、好きな時間です(^-^)       今回の質問の中で、 今まで質問されたことがなかったものが出てきました。 それが、『フォント(書体)』の変更です。 これは・・・かなりマニアックな質問です(笑) アメブロは、というか、ほかのブログやSNSで使用されてる 『フォント』は、だいたい『標準ゴシック体』と呼ばれている書体です。 ちょっと、文字が角ばってる書体です。 ほとんどの人たちは、見慣れているせいか、 その角ばった書体に対して、まーったく気にならないのですが・・・ 「もっとブログを見やすくしたい」という 想いが強い村尾さんは 「このガタガタの書体が気に食わんのじゃい!」ってことで(笑) もっと見やすい書体を選び、変更することに成功しました(^-^) 今回の『ネットカフェ』の様子をおもしろくて読みやすい記事に されてるので、ぜひ、書体にも注目して見てみてください。   ➡衝撃の内容でシメwダイゴロウさんと加藤リカさんのネットカフェに参加♪   文章の構成もさることながら、文字のカタチにも 『見やすい美しさ』を追求する思考は、 俺も共感するところがあります(^-^) しかしながら、『フォント(書体)』の種類って、 公式的なものから非公式的なものも合わせたら、 何千種類、何万種類もあるので、こだわりだしたら、 キリがないというか・・・(^▽^;) あと、スマホからは書体の変化が見られないのと、 個々のパソコンの設定や、ブラウザによっても まったく変化がなかったり、うまく表示されないかもしれないという デメリットのほうが多いんですね( ̄ー ̄;   でも・・・ 自分のブログ、まずは自分が見やすいと感じるかどうか!  ↑ これ、とても大事です! 自分が見やすいと思っていても、他人が見にくいと思うことも あるのですが、自分が見にくいと感じていれば、 やはり他人も見にくいと感じているものです(汗) ・・・まぁ、書体に関しては、 個人の好みって感じかもしれませんが・・・(^▽^;)   村尾さんが選んだのは、『メイリオ』という書体でした。 CSSに、全体の書体を決めるプログラムがあるので、 そこに書体を変更するプログラムを追加しました。 そうすると・・・   従来のゴシック体➡『衝撃の事実が』   変更後のメイリオ➡『衝撃の事実が』   (※スマホでは全く同じ書体になってると思われます(^▽^;))   文字を大きくして見ると分かりやすいのですが、 『メイリオ』の文体のほうが、 丸みを帯びていて、なめらかな曲線で表示されてますね。 なめらかな曲線だけで選ぶなら、『メイリオ』よりも 『明朝体』や『教科書体』のほうが、美しい文体だったりしますが・・・   明朝体➡『衝撃の事実が』   教科書体➡『衝撃の事実が』   (※うまく表示されてない場合、大五郎のミスではありません。 個々のパソコンの設定による互換性の問題です。)   なめらかな文体は、ほかにも探せばたくさんあるのですが、 『明朝体』などの文体は、少々、線が細い表示になってしまいます。 これだと、どんなに大きな文字で、目立たせても、 強調できないというか、『言葉の強み』が伝わりにくくなります。 その点、村尾さんが選んだ『メイリオ』は、 文字に丸みがあるけれど、線の太さがゴシック体と同じくらいで 言葉の強みも表現できて、線がガタガタしてなくて美しいですね(^-^)       もう一人の南部さんは、ブログを始めたばかりと言う感じだったので、 「コピペ(コピー&ペースト)」というところから 「???」が頭の上を飛び回っておられましたが(^▽^;) ごめんなさい(汗) パソコン関連に慣れてしまうと、 ついつい専門用語を常識のように喋ってしまうので(汗) こちらの配慮が足りなかったです( ̄ー ̄; 重度のネットユーザーなんかは、 ネットでの文章も『www』←『(笑)の意味』という ネットでしか使えないような専門的な言葉を、 平気で、対人の日常会話に使うこともあるそうなので(汗) (最近では、『www』←これが「草が生えてるように見える」から、 文章の最後に『草』って入力する傾向にあるそうですね(汗)) 俺は、そうならないように気を付けているんですけどね(^▽^;)       いつもの【ネットカフェ】では、 「(誰が見てるか分からないから)ブログに何を書いていいか分からない」 という、お悩みをよく聞くのですが、 今回のお2人は、すでにその『初心者あるある』を 通過しちゃってる感じでしたね(^▽^;)   この話は、過去に 何度もネタとして書いてますが・・・(笑) ➡ブログ集客セミナー・シェア会 ➡【レポート】リカと大五郎のネットカフェ!~お悩み相談会~   ブログは、自己の情報を発信できる便利なツール(道具)です。 どうか、自由に自己表現してください。アピールしてください。 みんなに見てもらうことが前提なので、 「見られたらどうしよう」じゃなくて 「見られなかったらどうしよう」と思ってください(^▽^;)   でも、まぁ、かくいう俺も 本名と素顔を全体公開するのには、けっこう抵抗がありました(汗) なんといっても、富山県で1件しかない苗字で・・・ いや、フルネームなら、おそらく全国に一人しかいないでしょうね(汗) いつでも誰でも、俺を特定できちゃうわけです( ̄ー ̄; そうでなくても、俺は過去に ストーカーされた被害者だったりするので・・・(汗) そのへんも、モヤモヤと悩んでおりました(;´Д`)ノ   んで、「見られたらどうしよう」と思っている人たちって、 「赤の他人に見られてもいいけど、知人に見られたらどうしよう」って 意識があるんですよね・・・。 その気持ち、俺にもあったので、よく分かります(^▽^;) これまた知人ってのは、過去の自分を知る人たちが多いので 検索とかで、けっこう見つけられやすいんです(笑) そして、「あんなに目立ってなかった人が?」とか 「こんなこと公開する人じゃなかったのに?」とか 自分の過去と現在を比較できちゃうから、 その人の中で強くギャップを感じてしまうんです。   そうすると、どうなるか? たまたま再会した際に、 「あんた、あんなこと公開しないほうがいいよ」とか 「あんた、目立ちすぎてるから後ろ指さされるよ」とか 「またどっか行ってたんだね。ヒマだと思われるよ」とか とっても、どうでもいいご指摘をいただけます(^▽^;) タチが悪いと、ブログ更新するたびに 「あんな記事書かないほうがいいよ!」と すぐさま直接連絡してきたり、ね(汗)   はっきり言って、『村八分』とかいう 負の歴史を、ひたすら信じている知人が多いです(汗) とくに、富山県は(汗) 時代が違うんですよねぇ・・・もう平成なのに(^▽^;) 今では、そこらの学生たちが、変顔の画像や動画を SNSなどにアップしたり、それらがすぐに拡散されたり(笑) ちょっとおもしろい歌と踊りをネタとして動画をアップしただけで、 ジャスティン・ビーバーさんに拡散されて 世界中に知れ渡ることもあるんです(笑) インターネットの知識をしっかり分かっていれば、 自分の可能性を広げることもできるんです。   でも、知人の心配してくれる気持ちは本物かもしれません。 なので、そこは気持ちだけ受け取っておきましょう(^▽^;) 「大丈夫だよ、アレもコレも全部、仕事の内だから。」 と言って、安心してもらいましょう。       ・・・という、インターネットに関連する 『お悩み』を相談できる 【リカと大五郎のネットカフェ】でございました~(^-^)   お2人とも、ありがとうございました!   次回の開催は、またまた未定です。 どうしても受講したい!と言う人は 加藤リカさんにおねだりしてみてください(^▽^;)           ※大五郎のブログは、許可なく、リブログしていただいても、 シェアしていただいても、リンクを貼っていただいても、OKです! 笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`) "応援クリック!" ↑ 「アクセスあがっても、近所の人は知らないもんね」と「ことりーず」。   町内で、俺が何をしてるかなんて だれも知らないと思うよ(汗) ・・・そう思うと、まだまだだなぁと感じるね(^▽^;)   ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----  

      23
      2
      テーマ:
  • 26 Feb
    • 嫉妬のベクトルと幸せのベクトルは逆方向

      どーも。 ひとつの仕事が終わり、ご褒美のビールで飲みつつ、 この記事を書いている大五郎です。       なので、ちょいと言葉が荒々しいけど、 申し訳・・・(^▽^;)       毎月恒例の『今月のイラスト』を描いていなかったので、 慌てて描いておりました(^▽^;)       ・・・本当は、今月は、違う『絵と文』が思い浮かんでました。 しかし、これを先に書いておく必要があるなと感じて、 これを描きました。         (書は左手で、絵は右手で描いてます。 画材:色紙、墨、copic)       「ねたみも しっとも みんな いだいて あたりまえだけど うらんだところで じぶんが ほんとうに のぞんでいる しあわせには とうてい いたることはできない。」           ・・・これを描こうと思ったのは、 つい最近、『目に見えない世界』が視えている友人に 「大五郎が東京へ行けなかったのは、 行かせたくない人たちの念だよ」と聞かされたから(汗) その人たちにとっては、俺のこのブログが 幸せいっぱいのブログに見えているらしい(笑) ブログなんて、単なる『一部』であって『全部』ではないのに。 過去の大罪やら、タイミングの悪さや失態や挫折などなど、 他人から見たら、不幸に見えることもさらけ出しているのに、 そういう人たちには、キラキラまぶしい部分しか見えていないんだ。 暗い部分は、まさしく真っ暗で、ぜんぜん視界に入らないのだろう。   正直、俺には『目に見えない世界』のことは分からない(汗) なんとなく、気づくこともある(汗) でも、だいたいは『氣のせい』でスルーしてる。 そういう世界もあるんだろう・・・とは思うが、 分かりたいとは思っていないので(汗)   真実は、ひとつではない。人の数だけある。 ひとつの事象を、人それぞれの 受け取り方、前提、解釈、価値観などなどで それぞれが『真実』にするからだ。   だからこそ、視えてるという人の『真実』も、 俺には視えていない『真実』なので 真摯に受け止めている。   だからこそ、ガッカリした・・・。 そういう人たちにとっては、必死なことなんだろうけど、 俺は、くだらねぇなぁと、心底思った・・・。       人間は、みんな単純だ。 人間には、『喜怒哀楽』という基本の感情がある。 そのどれが欠けても、人間らしくない。   ➡喜・怒・哀・楽   そして、人間はみんな複雑だ(汗) この『喜怒哀楽』の基本感情を、 『別のモノ』に変えてしまったり、『別のモノ』に隠したりするから。 たとえば、『怒り』の根源にあるのは『哀』だったり。 「どうして自分を大切に扱ってくれないんだ!悲しい!腹立つ!」 という怒りが、ほとんどだ。   最近、心屋の麗巴さんのブログにも   ➡妬み・嫉み・悔しい・哀しい・寂しい・・・   「これらのマイナス(負)の感情は 生きていれば、誰でも味わうわけで」って書いてある。 だいたいの負の感情は 『哀(悲しみ)』から来てるんだ。 『ねたみ、そねみ』は、 「自分もそうなりたいのに」、「自分はもっとすごいのに」 「自分はアイツよりもっとすごいのに」、 「自分はこんなに苦労してるのにアイツばっかり」・・・ などの、『悲しみ』から来てるっぽい。   かくいう俺も、他人に対して『嫉妬』は感じることがある(+__+)   俺の場合は、『絵』に関係してることが多いかな。 俺には、「これぞ大五郎の作風(タッチ)」というものがないし、 すべて独学だから技術もない、人を惹きつける画力もない、 お金もないから揃えれる材料にも限りがあるし、 コンテストで最優秀賞に輝いたこともなければ、 自分の作品がバカ売れしたり、ネットですごくシェアされたりなんて なったことがない。   他人の独自のタッチ、画力、技術、材料、賞賛・・・ そのどれもが、「すっげー!うらやましい!」と感じる。 「俺もそうなりたい!」と思う。 しかしながら、それらは、一瞬だ。 数秒、引きずったとしても数分だな(汗) はっきり言って、赤の他人の成功を ずーーーっと嫉妬し続けるヒマはない(^▽^;) そこに使うエネルギー(念じ続ける力やら時間やら監視する労力やら)が はっきり言って、もったい無さ過ぎるから( ̄▽ ̄;)   すぐに自分の注目を、相手ではなく自分の心(感情)や魂(内面)に向ける。 そうすると、すぐに分かる。 「うらやましい」と感じたものは、すべて「無い物ねだり」だと。 他人は他人。俺は俺。 俺には俺にしか分からない努力や苦労があるように、 他人には他人にしか分からない努力や苦労があるわけだ。 俺が、他人と同じ道を歩めたとしても、俺は他人にはなれない。 俺は、俺にしか成れない。 俺が欲している他人のモノが、すべて手に入ったとして・・・ それらは、俺が本当に望んでいることなのだろうか? では、それらが手に入ってない『今』の状態で 自分は『幸せ』を感じれないのだろうか?   自分が本当に望んでいる『幸せ』は、なんだろうか?   自問自答すれば、すぐに分かる。 すぐに『望んでいる幸せ』の答えが出なかったとしても、 「赤の他人をずーーーっと羨む(もしくは逆恨みする)姿」は、 冷静に考えれば、自分が本当に望んでいるモノではないということが すぐに分かるはずだから。       とにかく・・・   『喜怒哀楽』は、基本となる感情だから、 怒りや悲しみが心に沸き上がって当然で・・・ 『妬み・嫉み』も、誰にでもあるわけだから、 それらを自分の中に感じるのも当然なんです。   だから、無かったことにしなくていいんです。 怒ってもいい。腹を立ててもいい。泣いてもいい。   俺を恨みたいなら、それでもいい。 罵倒してもいい。バカにしてもいい。 まーーーったく関係ない人たちだけどね(汗) きっと会ったこともない人たちだろうからね(汗) だから、あなたたちの人生がうまくいかないのは ぜーーーったい俺のせいじゃないんだろうけどね(汗)   でも、一瞬で終わらせてください。 相手を呪えば、ずーーーっと相手を想っているのと同じなんだから。 その姿を、自分で想像してみてください。 遠くの陰から、ずーーーっと好きでもない相手を想い続ける姿・・・ それは、あなたたちが『本当に望んでいる姿』じゃないでしょう?       俺を『邪魔者扱い』してる人たちがいて、 自分の人生がうまくいかないのは、 すべて大五郎のせいだと想い続けてるとして・・・ 俺を、うまく自分の人生から排除できたとして・・・ きっと、そのあと、あなたたちの人生に 『第二の大五郎』が現れるでしょうね(^▽^;)       スタジオジブリのプロデューサー・鈴木敏夫さんは、   「みなさん(仕事をするにあたって)それぞれの目的がある。 思惑もある。そうすると、それが前面に出てきたら、 ひとつのテーマ(目的)を みんなでやっていくことが不可能になるわけです。 そうすると、自分の立場を忘れないと ひとつのことを議論するにしても、同じ土俵に立てない。 だから、仕事を忘れることが大事。 仕事を、『お祭り化』させる。『イベント化』するってことですよね。」   と答えたあと、 「祭りに乗れない人もいるのでは?」という質問に   「僕の信念ですけど、全員に参加してもらいたいんです。 一人でも脱落者がいるとダメになると思うんです。 よくあるんですよ。 たとえば、いろんな部署があって、一人の問題児がいる、と。 部署の長が、あいつがいるといろいろ大変だと。問題だと。 辞めさせたいと。 僕はね、そいつを辞めさせて、どうするの?って聞くんですよ。 『集団』ていうのは、必ずそうなんですけど、 Aくんという問題児を辞めさせたら、 また次の誰かを問題児にするよ?って。 その繰り返しをやるの?って。 そんなことしてたら誰もいなくなるよ?って。 だから、彼がいるという『存在』、 みんなが問題だって言ってるわけでしょ。 その状態がいいんですよ。 誰かにレッテル貼って、その人がいなくなったら、 また次の人がレッテル貼られるわけなんだから、 そのレッテル貼られてる人が『いる状態』が みんなが幸せでいられるってことなんですよ。 だから、その人も必要なんです。」   と答えておられました。       だから、俺は、 あなたたちの『問題児』であり続けてもいいと思っています。 ただし、排除はしないでくださいね(汗) できれば、『邪念』を送るのも止めていただきたい(汗)   何度でも書きますが、 一時の『悲しみ・怒り』の感情によって生まれた『嫉妬』の感情・・・ 無かったことにしなくてもいいんです。 「あー!ちくしょー!こいつ、腹立つーーー!」でいいんです。 ただ・・・それを持続させないでください。 そんなことにエネルギーを使えば使うほど、苦しくなるのは自分自身です。 「こんなに苦しい思いをさせられてるのは、全部こいつのせいだ!」 と思ってもいいけれど、大きな間違いです。 俺は、ただ存在してるだけなのですから。 俺のせいであなたが苦しいなら、 俺の周りにいる人たちが全員苦しむはずでしょう。 あなただけ苦しむってことは、 あなたの中の問題であって、俺の問題じゃないわけです。 問題は、つねに『問題視』する人の目の前にしか現れないのだから。       ・・・って、恨んでる相手から、 こんなこと言われても、『上から目線』にしか感じないから まーーーったく俺の言葉なんて、 ひとーーーつも頭の中に入って行かないでしょうね(汗)   でも、いいですか? もう、スネたり、イジけたりするの、やめてください。   俺は、マジで頭が悪いです(汗) こんな俺より頭が悪い人はこの世にいません。 ということは、俺に腹を立てている人たちは頭がいいんですよ。 そんな頭がいい人たちが、 一時の感情に流されて、ずーーーっと他人を妬み、嫉み、 自分が本当に望んでいる『幸せ』とは、 程遠い行為を、ずーーーっと続けてるなんて、有り得ないです。 俺なんかに言われずとも、気づいているはずです。   だって、あなたは素晴らしい存在なのだから。   あ・・・、また、そうやって 「自分なんて・・・」とか「素晴らしくないです」とか、 褒め言葉を受け取り拒否したり、スネてイジけて、 ネジまげて「バカにしてるのか!」って、つっぱねましたね? じゃぁ、お望み通り、バカにしてあげましょうか? そうですね、頭の悪い俺でも分かることを、 いつまでも分からないなんて、 俺より頭が悪いバカなんですね~!って言いましょうか? そしたら、きっと「バカにするな!」って怒りますよね?   怒ったってことは、あなたの本心は、もうとっくに 「自分はバカじゃない。バカにされる存在じゃない。素晴らしい存在だ。」 って、気づいてるわけです。 そんな素晴らしいあなたの手は、ただ他人の足を引っ張って 邪魔するためにあるのですか? 邪魔者を排除するために、この世に生を受けたのですか? それがあなたの幸せなのですか?   違いますよね? つーか、違うって言え! そんな、くっだらないことにエネルギーを使って、 素晴らしい存在の自分をバカにしてるのは、自分だろ! 自分の素晴らしさを否定してるのは自分だろ!   だいたい、俺に会ったことあるのか? 会ったこともない、赤の他人の人生の『一部』しか見てないのに、 よく嫉妬できるな! どんだけ素晴らしいんだよ、あんたは!   俺に会いに来い! あんたの周りにいるヤツらが見つけてくれないような、 あんたの『素晴らしい点』を、すべて見つけて言ってやるよ! そのためには、まず、あんたのことを俺が知らなきゃならねぇ。 ブログとかSNSの『一部』じゃダメだ。直接知らなきゃダメだ。 だから、俺と付き合え!友達になれ! つーか、友達になってください! あんたの素晴らしさ、一番近くで見させてください!   あんたは俺のこと大嫌いだろうけど、 俺は、あんたのことを大好きになる自信がある! そういう魅力を、あんたは絶対隠し持ってる! だから、それを俺が見つけてやる!   つーか、俺、そんなにスゲーヤツじゃないんだよ。 嫉妬するに値しないよ? それを、近くまできて確かめてくれよ。 確かめてから判断してくれよ。 ブログやSNSは『一部』なんだよ。『全部』じゃないんだよ。   こんなスゴくないと思っている俺を、 「スゲー、うらやましい!」って思ってくれる、あんたのほうが よっぽどスゲーよ! どんだけ、いいヤツなんだよ!   こんな俺なんかをずーーーっと見てくれてる あなたたちが、大好きで、たまらないんだよ! だから会いに来てくれ!俺が会いたい! 会って、ハグして、頭なでなでしたい!(笑)       ・・・あーーー・・・   ちょっと酔っ払い過ぎたかな(;´Д`)ノ 後半、自分でも何を書いてるのか分からなくなってきた(汗)   たくさん、まとめたい言葉があるけど、 これ以上は、難しいかな(汗)   えーっと、まぁ、その、アレだ・・・   俺は、みんなの幸せを応援してるので、 みなさんも応援よろしくお願いいたします!(^▽^;)           大五郎のブログは、許可なく、リブログしていただいても、 シェアしていただいても、リンクを貼っていただいても、OKです! 笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`) "応援クリック!" ↑ 「まとめかた、ヘタすぎでしょ」と「ことりーず」。   まぁ、俺も、足引っ張られたり邪魔されたって気づいたらさ、 イラっとするから、ここに吐き出してみたんだけど・・・ バカだから、すぐに怒りが消え失せるんだよねぇ(汗) あーメンドーだから、みんな許す!って気持ちになるのです(汗)   ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----  

      21
      2
      テーマ:
  • 24 Feb
    • 審査する側になって改めて気づいたこと

      どーも。 徹夜をすると、すぐに肌が荒れて 健康が損なわれる大五郎です(-_-;)       以前は、2日間寝なくても、そんなに眠気もなく ここまで健康が損なわれることがなかった気がしますが・・・ 歳なんだなぁと感じるのと、 以前は、それはそれで体が正常な状態じゃなかったんだなと。 とくに精神的に眠れなかったのが大きかったですね( ̄ー ̄; 現在のほうが、心身ともに健康的だと感じます。 家族のおかげだなぁ(^-^)       ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚        じつは、いつもお世話になっている 『NPO法人健康麻将(けんこうまーじゃん)越中ひばり会』が 去年末から 『認知症予防啓発ポスター募集』を 広告やレディオで呼び掛けてて、 集まった作品を、富山県の医療関係者の教授や 介護施設の所長さんたちで、審査して、 表彰するという企画があって、そこの理事長さんから 「作品の絵の技術のほうをプロの目で審査してほしい」 というご依頼を受け、 先月のうちに、審査員として、参加してきました(^▽^;)   そのときの様子は俺が担当してるブログ 『ひばり会のブログ』で見ていただければ(^▽^;)   ➡認知症予防啓発ポスターの審査会       ・・・で、あっちのブログには書いてませんが、 じつは応募作品が、あんまり集まってなかった期間があって、 そのときに、理事長に頼まれて、 簡単に描いた作品を提出していました(^▽^;)   その俺の手抜きの作品が、最終審査まで残ってしまい(汗) (最終審査が終わるまで誰が描いたとか伏せてある。)   その最終審査では、俺も審査員として参加してるわけで・・・ 俺は、一応、自分の作品に対しては、 平均の評価点を書いておきました(汗) (一人10点満点なので、俺は5点にしときました。)   ちなみ、コレね。↓         ところが、審査が終わって 評価点数を計算したら、この作品が『優秀賞』になっちゃって(^▽^;)   すぐにその場で自分の作品であったことをバラして、 賞を辞退させていただきました(^▽^;)       んで、今回、初めて『審査員』というものをさせていただいて、 改めて気づいたというか、分かったことがありました。       今まで、俺はコンテストに出す側で、 審査される側だったので、 審査する側の『想い』や『気持ち』なんて 考えたこともなく・・・ 落とされまくったために、 「どこ見とんのじゃい!俺の作品も素晴らしいじゃろがぃ!」 という悔しい感情しか味わったことがなかったし、 「結局は、審査員の趣味に合わなかっただけ。 コンテストの裏事情に詳しい人もそう言ってたし。 この作品を違うコンテストに出したら選ばれることもあるって言われたし。」 という見苦しい負け惜しみを、このブログでも散々書いてきました(汗)   負け犬の遠吠えは、たしかにみっともないし、情けないし、男らしくないです。 でも、負け犬の遠吠えをしないと、続けれないから。 潔く『負け』を認めてしまったら、もうそこで終了だから。 見苦しく『言い訳』するってことは、諦めてない証拠だから。   ・・・まぁ、俺の『言い訳に関する言い訳』はこれぐらいにして(汗)   『審査員』として、審査会場へ行くとき、 俺は、自分が味わった『挫折感』を、 ほかの人に味わってほしくないと思っていたし、 作品のひとつひとつをサラリと見て判断するのではなく、 ひとつひとつを大切に拝見させていただくという姿勢で 望みました。   ところが、審査にかける時間は、2時間ほどで。 ほかの審査員の方々にも予定があるし、 審査員の方々は、絵に関してはプロではなくて、 やはり「パッ」と見て、どう感じたかが評価点に反映されてました。 俺は・・・ほかの審査員よりは、じっくり時間をかけて、 ひとつひとつを見て味わって評価点をつけましたが、 それでも、2時間は、あっという間で・・・。 評価が高かった作品を、またみんなでアレコレと意見を述べて 最終的に『賞』を決めていったけれど、 そこでも時間は限られてしまっていて・・・ やはり、どこか「さっさと決めなきゃ」という空気がありました。   そうやって、みんなで決めた『最優秀賞』や『優秀賞』などは、 結果的に、「これでよかった。間違いない。」と みんなが納得のいく審査結果になったと感じます。       『賞』はあげられなかったけど、 評価の点数も低くさせてもらったけど、 印象に残る作品もありました。 小学生が描いた絵でした。 「あぁ、絵が好きなんだな」と伝わってくる絵。 それが、ぜんぜんテーマと合ってなくて(笑) 本当に、自分が好きな絵を描いたんだなと伝わってくる絵で。   きっと・・・選ばれなかったことにショックを受けるかもしれない。 もしかしたら、初めての挫折感を味わうかもしれない。 もしかしたら、たったそれだけで 「自分の絵はダメなんだ」と、自信を失うかもしれない。   その子に伝えたい。   キミの絵は素晴らしかった。 ただ、賞は、ほかの素晴らしい人に当たった。 それだけだ。それだけのことなんだ。 たったそれだけのことで、 キミの絵がダメだということにはならない。 このコンテストは、集まった作品の中で誰が賞に相応しいかを 決めるだけであって、誰がダメかを決めるものではないからだ。 自分の絵を嫌いにならないでほしい。 これからも諦めないでほしい。       ・・・そう、自分にも言える気がした。   『市展』や『県展』などのコンテストには、 数百点、数千点という作品が集まる。 それらをたった数人の審査員たちだけで、 たった二日か三日で『賞』を決めなければならない。   その大変さが、今回、よく分かった(^▽^;)   そして、やっぱり、俺は諦めない。 諦めたくないと思った。 いつか、また、コンテストにチャレンジする。 そう思わされた。           ※大五郎のブログは、許可なく、リブログしていただいても、 シェアしていただいても、リンクを貼っていただいても、OKです! 笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`) "応援クリック!" ↑ 「あんまり絵の評価について誰も議論がなかったよね」と「ことりーず」。   まぁ、絵だけのコンテストじゃないからねぇ(^▽^;)   ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----

      30
      1
      テーマ:
  • 21 Feb
    • ナカタ!ナカタ!

      どーも。 まだ風邪から復帰してない大五郎です(-_-;) 長い・・・(汗) とっくに、インフルエンザの猛威は去って行ったけど、 咳と鼻水は、なかなか完治せず。 とくに咳。気管支の炎症になってるんだと思います。 薬剤師の嫁ちゃんに勧められて飲んでる クソマズイ粉薬で症状をおさえて仕事してます(-_-;) ・・・いまだに「今日は学校は?」とか言われるほど、 童顔?らしい俺ですが、体の方は正直で。 風邪などがなかなか治らない体になってきました(汗) 今日は、長女・姫ちゃんの最近のネタです。       最近、姫ちゃんの幼稚園では、 あのお笑いコンビ・オリエンタルラジオの音楽ギャグ 『アイムパーフェクトヒューマン』が流行っているらしく・・・(^▽^;)   たぶん、幼稚園の男の子たちが このギャグで遊んでいるのかもしれません。 一応、英語幼稚園ですから・・・ ギャグである「アイムパーフェクトヒューマン」って言葉が 音楽とともに覚えやすく、言いやすいのかもしれません。   ・・・ですが、うちの姫ちゃんは、 「アイムパーフェクトヒューマン」を、 どう聞き間違えたのか・・・             誰やねん!!!( ̄□ ̄;)   もはや『人』じゃねぇし!(笑) お前が「バーベキュー」なわけないやろ!(笑)       幼稚園の男子たちが 思いっきり間違って遊んでいるのか? それを姫ちゃんが忠実に覚えてきてしまったのか? それとも、ただ単に姫ちゃんが聞き間違えて覚えてしまったのか?   もう、別のギャグに変えてしまってます(^▽^;)   でも・・・         姫ちゃんは、そのギャグが気に入っているらしく、 ギャグはともかく、その楽しんでいる様子が なんとも可愛らしいのです(*^▽^*)   ・・・しかし、子供って、気に入ったら、 際限なく、ずっと言い続けるんですよね・・・(^▽^;)   しかも親の俺たちが一度でも笑ってしまうと、 それが嬉しいようで、何度も繰り返します(汗)   そうすると、さすがに俺も笑えなくなってくるんですが・・・           『笑い声』を要求してきます(+__+)   3回~5回は繰り返されますね(汗) というか、俺が付き合えるのが、その回数までかな(汗)   いつまでも見る者の『笑い』という反応を 何度も、おかわりしてくる 我が家のかわいい『パーフェクトヒューマン』でした(汗)             ※大五郎のブログは、許可なく、リブログしていただいても、 シェアしていただいても、リンクを貼っていただいても、OKです! 笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`) "応援クリック!" ↑ 「本物のギャグを知らないんだろうねぇ」と「ことりーず」。   知らないと思ったから、一応、 youtubeで本物のほうを見せてあげたんだけどね(汗) 相変わらず「バーベキュー」だった(^▽^;)   ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----  

      32
      2
      テーマ:
  • 20 Feb
    • 【無視していい話】確定申告の世迷言

      どーも。 国◎庁の確定申告の画面て、 つまらないなぁと感じている大五郎です(-_-;) 咳止めの薬が強烈な眠気を引き起こすので、 つまらない画面を見ていると眠くなります(-_-;) いや、「つまる・つまらない」は個人の勝手な感じ方だし、 ましてや確定申告のサイトは、 そもそも、そういう『娯楽』目的のサイトじゃないし(汗) そんなことは百も承知なのですが、 たくさんの数字を入力していると、目がうつろになってきます(;´Д`) お金の計算、好きじゃないし(汗) エ◎いサイトなら、数時間見てても 目がギンギンになってて、飽きないんですけどね(笑) いっそのこと、サイト画面の初めに 「カッコイイ男子orかわいい女子」のイラストを選ばせて、 サイトの脇に、そのキャラを表示させといて、 理解が難しい箇所の説明をしてくれたり、 入力にとまどってたら、応援してくれたり(笑) そして、必要な項目の入力が進むたびに、 服を脱いでってくれたら・・・(笑) きっと、どんなメンドクサガリな個人事業主でも 短時間で集中して入力を済ませられるに違いない(笑) ・・・はい、世迷言にござります(´・ω・`) 自分の絵仕事の収支の計算に加えて、 今回は、土地や新築の家の分の 確定申告をしなきゃならなくて・・・めっちゃ滞ってます(汗) 家族分の医療費の計算とか・・・あー、もうダルイー(汗) 早く終わらせて、 たまってきてるお仕事に取り掛からねば( ̄▽ ̄;)   ※大五郎のブログは、許可なく、 シェアしていただいても、リンクを貼っていただいても、OKです! 笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`) "応援クリック!" ↑ 「現実逃避という妄想ですね」と「ことりーず」。  マジで夢の中へ逃避してしまいそうになる( ̄▽ ̄;)   ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----

      20
      2
      テーマ:
  • 15 Feb
    • あ、北日本新聞に載ってました。

      どーも。 鼻からナメック星人と同じ色の鼻水が出ている大五郎です(-_-;) あと少しってところで、 治りきらない風邪・・・ストレスやなぁ( ̄ー ̄; じつは俺が発熱した日、2月3日(金)の 地元の新聞『北日本新聞』に、俺が担当させてもらった 記事が載っておりました(^▽^;) 熱でフラフラしながらも、こういうのってタイミングが命なので、 すぐにfacebookのほうには写真を載せて、 みんなに知らせておりました・・・が、 ブログに書く元気まではなくて、そのまま闘病生活に突入し(汗) 現在に至っておりました( ̄ー ̄; 遅ればせながら、ちょっと公開してみます。 今回は、『ストール(マフラー)』がテーマで、 前回は、ただただ記者にもらった資料を元に 描かせてもらいましたが、今回は 洋服店への取材にも同行させてもらいまして、 じかに見たり聞いたりした情報を元に 描いてみました。 前回は、本来の担当イラストレーターさんのタッチをマネて なるべくその人の世界観を壊さないようにと 努めてみたのですが、今回は、 ちょっとばかり、自分のタッチで描いてみました(^▽^;) ・・・とは言っても、俺って『自分のタッチ(作風)』ってものが 決まってないので、この場合は、 「テーマに合ったイラストのタッチにこだわってみた・・・」 と言ったほうが合ってる気がします(^▽^;) オシャレなファッション雑誌に出てきても、おかしくないような、 そんな人物を描いてみました。 本来のイラストレーターさんのタッチは、 もっとかわいい感じなんですが、 ちょっとモデルさんのかっこよさを出してみたかったので、 こういうタッチで描きました(^▽^;) ちょっと配色や文字の配置が 記者さんの思い通りに俺が表現できず、 何度も何度も修正の電話がきちゃってましたが(汗) なんとか間に合ってよかったです。 俺なんて『マフラー』と『ストール』の区別が イマイチ分かってなかったというか、 いっしょのような、ちょっと違うような・・・ 取材しても、まだよくわかってなかったりしてますが(汗) じつは、前々から、こういうアイテム、欲しいとは思ってて。 基本、寒がりなもので( ̄ー ̄; 最近じゃ、ちょっとオシャレしてる男性でも よく使うアイテムらしいので、これを機に、 気に入った『ストール』に出会ったら、買ってみようかなと思いました。   ※大五郎のブログは、許可なく、 シェアしていただいても、リンクを貼っていただいても、OKです! 笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`) "応援クリック!" ↑ 「もう来月の打ち合わせですよ~」と「ことりーず」。  そうそう、2月って短いから、 もう来月の記事の打ち合わせがあるんだよね(汗) 今月は間違いなく締め切りギリギリになりそう( ̄▽ ̄;)   ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----

      25
      4
      テーマ:
  • 12 Feb
    • 風邪ドラマ

      どーも。 風邪は、あと咳だけとなりました、大五郎です(^▽^;) しつこい風邪ですねぇ(汗) 今回は、俺たちが風邪をひいている間に起こった、 長女・姫ちゃんの、まっすぐな愛情のエピソードを描きます。 俺が3日(金)から高熱の風邪に寝込むよりも前に、 嫁ちゃんは、なんとなく風邪ぎみでした。 熱があったのか無かったのか、 あったとしても授乳中は、不用意に薬も飲めない。 コンコン、コンコンと、ずっとイヤな咳が続いていました。 嫁ちゃんは子供たちを連れて、4日(土)、5日(日)は、 自分の実家へ、俺の風邪から逃げていたわけですが、 6日(月)はどうしても帰ってくるのだと、聞きませんでした。 俺としては、嫁ちゃんはもちろん、 子供たちに風邪がうつるのを心配して 「せめて俺の熱が完全に冷めるまでは、長女の幼稚園も休ませて、 しばらくそちらにいたほうが・・・」 と、提案していたのですが 「せっかく長女が幼稚園に慣れ始めてきたから、 なるべく通わせたい」 という想いのほうが、嫁ちゃんの中で強かったようで。 6日に帰ってきた嫁ちゃんも子供たちも、 2階で寝ている俺の部屋には、近寄らないようにしてました。 しかし、7日(火)の朝、嫁ちゃんは、一度、俺の部屋へ入ってきた・・・(汗) どうしても取りたい物が部屋にあったのか・・・ そこから嫁ちゃんの体調がみるみる悪化(汗) 7日の夜には高熱。 8日(水)には、病院へ行って、 『インフルエンザ』と診断されたわけだ。 「言わんこっちゃない」と思ったけど、 とにかく、こうなった以上、2人の願いはただひとつ・・・ 「子供たちには、ぜったいうつしたくない」。 ただ、俺たちの願いは、しっかり叶えられ、 長女も次女も、風邪をひきませんでした。 生後4か月の次女は、まだまだ元気だろうと風邪だろうと 動き回れるはずもなく、いつもどおりなのですが・・・ 困ったのは、長女・・・(;´Д`)ノ 俺たちの願い通り、彼女はいつも通り元気で、 とにかく元気で、動き回ります(汗) 俺の方は、7日あたりから熱が下がり始めたのですが、 インフルエンザは、解熱後2、3日は感染力があると言われていたので、 とにかく長女・姫ちゃんを遠ざけていました。 嫁ちゃんもインフルエンザと診断されてからは、 とにかく長女・姫ちゃんを遠ざけました。 結果、姫ちゃんは、俺たち夫婦から 急に冷たくされ、遠ざけられるカタチに・・・。 そして、8日(水)の夜は、 姫ちゃんだけ、おばあちゃん(俺の母親)といっしょに 寝てもらうという話になりました。 次女もなるべく離れた部屋で寝かせて、授乳するときだけ 嫁ちゃんと接触する感じにしました。 そのときは、「うん、いいよ~おばあちゃん好きだし!」って 答えてくれていた、姫ちゃん。 しかし、夜の寝る直前になって、 「おばあちゃん、キライー!お母さんと寝たい!(泣)」 と、ゴネ始めました!(´Д`;) 嫁ちゃんは、かたくなに拒否。 すると、 「お父さんと寝たいー!(泣)」 と大声で泣く姫ちゃん・・・。 ゴネてるのは、眠い証拠。 俺は、その日のうちに、 心屋さんへのプレゼントのイラストを完成させて メッセージで送信したかったので、 「お父さん、まだ寝ないよ!やることあるから!忙しいから! どうしてもお父さんと寝たいなら、静かに、そこで待ってて! 大声だしたら小姫ちゃん(次女)が起きちゃうから! 静かに待てないなら、さっさとおばあちゃんと寝て!」 と、叱りつけました・・・。 頭の中では、理不尽な親の怒りだなと思いながら。 眠たくてゴネている姫ちゃんなら、 きっと睡魔に負けて、さっさとラクなほうを選ぶと思ってました。 さっさと、おばあちゃんに泣きついて寝てくれるだろうと。 5分経過・・・10分経過・・・ その間、姫ちゃんは、 「眠たいー!(泣)おっ父、さ、んと、うぅー(泣) ねむり、たいーーー!(泣)」 と、泣き叫びながら・・・。 俺は、そんな姫ちゃんに背を向けながら、 作業を進めて・・・ 「うるさい!小姫ちゃんが起きるって言うてるやろ!」 「眠いなら、ばあちゃんとこ行け!」 「お父さん、まだまだ寝ないからな!いっしょに寝たいなら黙って待て!」 と、理不尽なことを言いました。 それでも、姫ちゃんは、諦めませんでした。 ただ、お父さんと寝たい、一心で。 俺は、俺で、ただただ・・・ 「姫ちゃんに風邪をうつしたくない」・・・その一心で。 理不尽な言葉を浴びせて・・・ ずっと眠いのを我慢させて、待たせるカタチに。 ダメでした!(´Д`;) 無理だーーー!!(´Д`;) 風邪うつしたくないのが親の一番の願いだけど、 姫ちゃんに風邪よりもツライ想いをさせてんじゃねーか! そう思ったら、もうダメでした。 ダメ親です(汗) 心を鬼に出来ません(汗) すぐに姫ちゃんの冷たくなった手を握ってあげて、 寝室へ連れて行き、いっしょに布団へ・・・ その前に、姫ちゃんが 「つらかったよぉー!(泣)」と泣きながら、 俺に抱きついてきました(泣) 「だって、姫ちゃん、 お父さんもお母さんも大好きだもん(泣)」て(泣) そうだよなぁ。 風邪だろうと、両親から遠ざけられるツラさったら、 ハンパ無いよねぇ(泣) たくさん謝りました。 たくさんハグしました。 いっしょの布団で寝て、姫ちゃんの冷たい足を 俺の太モモで温めながら・・・ 姫ちゃんは、すぐに眠りにつきました。 よほど眠たかったんでしょう。 泣きじゃくったから、余計に。 翌朝、9日(木)。 俺と嫁ちゃんとで話し合った結果、 姫ちゃんだけ、嫁ちゃんの実家へ泊らせることに。 幼稚園を休ませて、ウィルスが蔓延してる 我が家から強制的に遠ざけることにしました(汗) うちのばあちゃん(俺の母親)よりも、 懐いている嫁ちゃんのご両親に迎えにきてもらい、 嫁ちゃんは、解熱2日後の11日に 実家へ帰るということになりました。 いつもどおり、嫁ちゃんの実家へ遊びに行く気持ちの姫ちゃん。 喜んで出発してったけど、 その後ろ姿は、見ていて、なんだか申し訳なかったです( ̄ー ̄; そんなこんなで、我が家のインフルエンザは、無事に収まりました。 今のところ、母親も高熱を出すことなく、 娘たちも、つねに熱を計っているらしいけど、平熱らしいです。 改めて、俺は健康でいなくちゃいけないんだなと、 自分のためじゃなく、子供のために、そう思わされました(^▽^;)   ※大五郎のブログは、許可なく、 シェアしていただいても、リンクを貼っていただいても、OKです! 笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`) "応援クリック!" ↑ 「去年の11月に予防接種したのにね。」と「ことりーず」。  俺も嫁ちゃんも母親も姫ちゃんも、受けたんだけどなぁ。 何型のナニって、いろいろ種類があるらしいからねぇ(汗)   ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----

      19
      2
      1
      テーマ:
  • 09 Feb
    • 叶わなかった武道館、叶った少年の夢

      どーも。 前回に続き・・・ 俺なりに、今回の 『あんなに楽しみにしていた武道館ライブを インフルエンザの疑いがあるために断念した』件を ツラツラ書いていく記事です(汗) 「心屋さんのライブに行かない」と決めた俺は、 すぐさま、自分のチケットを 東京で再会する約束をしていた友人へ速達で発送しました。 そうすれば、チケットがムダにならないと思ったから。 案の定、ライブの前日に届いたそうです。 その友人は、2階席を買っていたそうですが、 俺のチケットは、1階席・・・ チケットがひとつムダになるかもだけど、 2階席より1階席の方がすこし近く見えると思って。 その友人は、友達を誘って、 無事にチケットは2枚ともムダにならなかったようです。 ライブ後、すぐに「ライブ、すごくよかったです!」という メッセージが届き、よかったなぁと思いました(^▽^;) でも、俺は、すでに、 「ものすごいライブだった」ということを facebookで、みなさんが写真をアップするたびに反応して見ていたので、 知っていました・・・(笑) 無精ヒゲのまま、パジャマのまま、おでこに冷えピタ貼って、 片手でスマホ、片手には『甘酒(水分と塩分補給)』を持って チビリチビリと飲みながら・・・(笑) もうね・・・ 「悔しい」の一言です!(笑) 俺自身が、どんなに楽しみにしていたことか、 みんなの賑やかな画像を見ていて、噛みしめて・・・。 ちなみに、書いておきますが、 「行かない」と決めてから、即、チケットを手放したのは、 半分は友人のためですが、もう半分は・・・俺自身に早く諦めさせるため(汗) そうしないと、モヤモヤして風邪を治すことに専念できないから。 諦めが悪い男なので、チケットを手放したあとも、何度も 「先にチケットが東京へ行っただけのことで、 明日のバスに乗っちゃえば間に合う」とか、 バスの予約を解約したあとも 「新幹線に飛び乗っちゃえば、3時間で着くし・・・間に合う」とか、 やっぱり、頭の片隅で考えちゃってましたからね(汗) 本当に、諦めが悪いです(汗) なんで、行けなかったんだろう? ・・・また俺の悪い癖が始まりました(汗) 考えても仕方ないことでも、すぐに難しくややこしく考えてしまう癖(汗) なんで、あそこ(武道館)へ俺は行けなかったんだろう? 以前の俺は、お祭り騒ぎとか、人波に酔っちゃうので人波が嫌いで、 引っ込み思案で、目立たないように、大人しくしてるほうだったので、 そういう『人の輪』に入って行かないようにしてました。 そうやって、遠くから眺めては 「・・・いいなぁ、うらやましい」と羨望の眼差しで見て、人から誘われても 「いえいえ、俺なんて!」「いや、俺なんか行っても浮くし」「俺、踊れないし」 と、かたくなに断る(笑) うらやましがってるわりには、自分から飛び込んでいかない・・・ そういう、『ムッツリ変態』さんでした(笑) でも、今回は・・・ 一度は、お祭り会場へ行くって決めてて、 身も心も完全に行く気マンマンだったのに・・・ どうして、行けなかったんだろう? ・・・これは、もう誰のせいでもないんですよね。 いうなれば、病気『インフルエンザ』のせいなんですよね。 思いっきり遊びに行くために、 仕事を調整して、プライベートも調整して・・・ 去年から、あんなにがんばったのに・・・ それとも、がんばりすぎていたか? イヤイヤ・・・俺、『がんばる教』じゃないから テキトーにチカラも抜いてたし(笑) うん、どう考えても、俺のせいじゃない・・・。 『自業自得』って思おうと思ったけど、 自分にはなんの落ち度もなかった。 24時間、無理なく『道小島大五郎』してたから(笑) 今回の件、自分のせいにしたり、ほかの誰のせいにしたり、 そういう『責める材料』とか『犯人』を探すのは、もうやめておきます(汗) ふと、自責しそうになったけど・・・ ・・・いや、前回の記事で、「自分嫌い!」ってぐらいに自責しちゃったけど(汗) 「だれのせいでもない」ということにしておきます(^▽^;) だれのせいでもない、人生自己責任。誰も責めず、誰にも責められず。 いらぬ『罪悪感』は、自分で探さない。抱え込まない。 まぁ、一度、思いっきり、自責して、 これでもかってぐらいに自己嫌悪して、 あんな記事書いたから、すこしはスッキリできたのかも(^▽^;) 結局、自分がインフルエンザだったかどうか分からなかったわけで、 そこがモヤモヤのポイントでもあったのですが、 俺が、前回の記事を書いた月曜の夜に、嫁ちゃんが発熱し、 火曜日には、嫁ちゃんがインフルエンザと診断されまして!ヽ(゚◇゚ )ノ 風邪の症状もまったく俺と同じで、 高熱が続き、熱が下がったら寒気がして、また熱が上がる・・・。 なので、やっぱり俺もインフルエンザだったということです(汗) 嫁ちゃんの場合は、インフルエンザ用の薬を処方してもらえたので、 現在は、もう熱が下がってます(^▽^;) 俺も、早くその薬を飲んでいたら・・・と思いますが、 インフルエンザは、解熱後2~3日は感染力があるようなので・・・ やはり、東京へは行かなくて正解だったようです( ̄ー ̄; さて、今回、初めての武道館へ行くことは、叶わなかったわけですが、 俺が高熱で寝込んでいた週末のうちに、 少年・大五郎の『夢』が叶っていました・・・。 高熱にうなされて、一人で部屋で苦しんでいると、 ふと『孤独感』が襲ってきませんか?( ̄ー ̄; あまりにも苦しくて、このまま一人で死んじゃうのかなって、 心細く思うことって、ありますよね?(汗) 先週末のそんなときに、ふと、思い出したんですよ。 俺が、小学生だったときのことを。 風邪ひいて、熱でうなされて、学校休んで、部屋に一人。 母親は、朝のうちにいろいろ看病してくれたけど、 さっさと支度して、慌てるように仕事へ向かった・・・。 「行ってくるね。しっかり寝てるのよ。」と言い残して。 俺は、ゼェゼェ言いながらも、コクンとうなづいてた。 でも、本当は・・・ずっとそばにいてほしかったんですよねぇ( ̄ー ̄; 母親の姿が見えなくなった途端に、 一気に『孤独感』が押し寄せてきて、めっちゃ泣いた記憶があります(汗) 狭い部屋なのに、広い世界に ただ一人だけ取り残されたって気持ちになって・・・。 我慢してたよねぇ、大五郎少年・・・。 キミは、がんばったねぇ・・・。 んで、今回、週末には嫁ちゃんが子供たちを実家へ連れてって、 俺の風邪から避難したけれど、 その間、ずーーーっと、俺の母親が、俺の看病をしてくれてました。 去年、定年退職した母親が、ずっと家にいてくれました。 べつに、同じ部屋に、ずっといるわけじゃなくて、 飲み物や食べ物を持ってきてくれたり、薬を持ってきてくれたり。 「なにか欲しいものある?買ってくるよ」と言ってくれたり。 ずっと部屋にいなくても、同じ家の中にいてくれるという『安心感』。 自分も風邪がうつるかもしれないというのに、 とてもよく看病してくださいました(^▽^;) んで、少年だったころに抱えた 「心細い!お母さん、そばにいて!」という想いを 思い出して・・・「あぁ、今、やっと叶ったなぁ。」って(笑) 今は、武道館ライブの盛り上がってる画像を見るたびに、 落ち込みそうになってますが・・・(汗) 俺は、たぶん、行かなくて良かったんでしょうね(^▽^;) 10代の少年の『夢』が、41歳にして、やっと叶ったのです(笑) 行こうとして、行けたのに、行けなかった『悔しさ』もあるけれど(汗) あのときの少年の『願望』は、今以上に深刻で、切実だったはずで・・・。 少年だった自分の『願望』を叶えるタイミングが、 たまたま『今』だったんでしょうねぇ・・・。 そうか、そうか。 じゃぁ、仕方ない。 武道館へ行くのは、俺じゃなくてもいいけれど、 少年の夢を叶えられるのは、俺じゃないとダメで、 そこには、『心屋さん』という配役ではなく、『母親』じゃなきゃダメで。 ・・・俺の中の少年が、 喜んでいるのが感じられるから・・・ これで、いいのだ。と思うことにしました。 ○●○●○●○●○●○●○●○●○●○● ちなみに・・・ 武道館へは行けなかったけど、 せめて、心屋さんには、 「10周年おめでとう」というお祝いの言葉と 「いつも楽しませてくれてありがとう」という感謝の言葉を 伝えたいと思い・・・ 当日、印刷してもっていく予定だったイラストを 完成させて、心屋さんへメッセージしておきました。 とてつもなく大きなお願いをしておきました(笑) それは・・・ 今回の記念すべき大きなイベントに 風邪で行けなかったので・・・ 次回のなにかの記念イベントでは、 イラストのように、福山雅治さんと組んでイベントしちゃうぐらいの ドでかいイベントをしてほしいと!(笑)   ※大五郎のブログは、許可なく、 シェアしていただいても、リンクを貼っていただいても、OKです! 笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`) "応援クリック!" ↑ 「よく怒られなかったね・・・」と「ことりーず」。  それほど行けなかったのが悔しかったんですよぉ・・・( ̄ー ̄;   ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----

      35
      6
      テーマ:
  • 06 Feb
    • 心屋さん…会えません(泣)

          先日の記事をアップした 翌朝から38度の高熱にうなされ、 半日経ってから病院へ。   あまり早いタイミングで インフルエンザの検査をしても 正確な診断が出ないとか。 48時間以上経ってから検査をするのが 理想だったけど、早くラクになりたくて。   病院では39度の高熱。 検査を受けた。 結果は、「インフルエンザではない」とのこと。   ちょうど週末。 娘たちを連れて嫁ちゃんが実家へ帰るので この週末のうちに治っている…予定だった。   ところが、処方された薬を飲んでも、 熱は38度〜39度を行ったり来たり。 鼻水が出て、タンがからみ、 咳をしないと呼吸が出来ないほど苦しい。 眠れない。 寒気が止まらず、止まったら高熱で汗だく。 熱が下がれば、また寒気…この繰り返し。   とうとう週末中には治らなかった。 本日、再検査を希望して病院へ行ってきたが、 熱は、37度5分・・・微熱ぐらいになってきてる。 医者は 「もうピーク過ぎてるから・・・ レントゲンで肺炎や気管支炎の影がないか調べましょう」 ということになり、 「もしかしたら、インフルエンザだった可能性もあったけど、 もうピーク過ぎてて落ち着いてきてるし、 とりあえず肺炎や気管支炎の影はありませんでした。 お薬出してもらいますね、お大事に」 とのこと。 朦朧とした意識の中で、医者の言う通りに従っていたら、 結局、インフルエンザだったかどうか分からなかったことに(汗) 解熱後も2~3日は感染力があるとされているインフルエンザ・・・。 とにかく熱が下がっても鼻水と咳が止まらない状態だし・・・。 今は下がってきたけど、結局、夜になると高熱になってるし。 ということで、苦渋の決断をしました。 とてもじゃないけれど、 明日の夜中にバスには乗れないと判断しました。 去年、心屋さんが名古屋の講演を延期したのを思い出して。 →■中止の時点ではまだ元気でしたが。中止の経緯をご報告します。 東京行きを諦めます。 心屋さんのライブを諦めます。   カウンセラーが武道館に立つという奇跡を 目の当たりにするのを諦めます。   ・・・先日、「自分のことが好きか?」という問いに、 あんなにカッコイイ感じで書いておいて、 申し訳ないけれど、今から自分自身へ毒を吐きます・・・。 ふざけんなよ!(怒) なんで、「今」なんだよ! なんでこのタイミングなんだよ!! 東京から帰ってきてから風邪ひけよ! なんで行く直前で風邪ひくんだよ! しかも、あの記事を書いた直後って、バカなのか! せっかく去年の引っ越しを一人でがんばってたからって 嫁ちゃんがご褒美として行って来いって言ってくれたのに! 去年からめっちゃ楽しみにしてたのに!! もう、イヤなんだよ! このタイミングの悪さ!! もうウンザリなんだよ! タイミングの悪い俺なんて大嫌いだ!!! いつもいつも!ここぞってときに! あきれたよ・・・。 なんなんだよ・・・俺の人生って(泣) はーーーーー・・・ ・・・ ・・・(泣) マジで泣けます。 しばらく、スネます。 しばらく、そっとしておいてください。  

      34
      12
      テーマ:
  • 02 Feb
    • 心屋さんからの宿題の答え

      どーも。 今日は、俺と心屋さんのことについて書きます。 何度も書いてる気がしますが、申し訳ない。 俺の悪いクセです(汗) つい先日、東京行きの夜行バスの予約が完了しました。 来週の2月7日の夜中に富山を出発し、 2月8日の早朝には、東京へ着く予定です。 2月8日(水)・・・ 心屋仁之助さんが『武道館ライブ』を開催する日ですね(^-^) →来年の2月8日は、初『武道館』! 去年、購入したチケットを使う日が、 とうとう近づいてきました。 東京で会える人には会っておきたいと思いつつ、 まだ連絡してなかったりして(汗) このあと、連絡してみます。 昼間は、俺の作品が売られている『レンタルボックス月箱』さんへ 寄ろうとは思っていますが、それ以外は未定でして。 (会ってくれる人を募集中(笑)) ライブ前後3日間に『心屋cafe』なるものが開いているそうですが、 チケットがないと入れないらしいし、 今からではチケットもないだろうし・・・当日券とかあるのかな? 入れなくても、入り口までは行って見ようか?(笑) 予定は未定です。 心屋さんを知ったのは、テレビ『ナイナイアンサー』でした。 今年で番組が終了するそうですが。 2013年にテレビで心屋さんを見た俺が、こんな記事を書き・・・ →心屋ゴッコ それを、心屋さんご本人になぜか見つかってしまい、 ブログで紹介されて・・・ →■すっげー面白いブログ見つけた/心屋ごっこ それが、2013年の大きな出来事でした。 このブログの読者登録もしてくれて、facebookでも友達になってくれて。 俺が描いた『絵と文』を受け取ってくれたり。 (※届けてくれた人&撮影者:怜巴さん) 俺は、それから心屋さんの本を買ったり、福井県の講演会に行ったり。 心屋さんのブログにも、何度かご紹介いただいたりして。 →■武道館の写真が届きました →■家族を連れて、一途にうまい、福井( ̄▽ ̄)と、体育会系心理学? 東京で行われた『心屋感謝祭』にも行きました。 それが、2014年のことで・・・ それ以来、『ナマ』の心屋さんには会っていません(^▽^;) (いや、直接会って話したことすらないけれど。) 来週の8日、ナマの心屋さんに久々に会うわけです。 (直接会うわけじゃないけれど。) ・・・んで、じつは、2014年の福井県での講演会に行ったとき、 心屋さんのブログでも書かれていたけれど、 『一途(いちず)』というバンドの方々が話していたエピソード 「僕らはよくライブで「自分のことが好きな人~?」と聞いているのですが、 幼稚園児、小学校低学年の子たちは 全員、「はーい!」って、元気よく手を挙げてくれます。 「なんでそんな当たり前のこと聞くの?」ってぐらいに。 それが、小学校3年生あたりから、手を挙げてくれる子が減り、 中学校、高校ともなれば無視されます(笑)」 そのエピソードを聞かされた後に、『一途』さんが 会場にいるみんなに、同じ質問をして・・・ そしたら、会場にいる全員が手を挙げて・・・ 俺は・・・つられて手を挙げたのでした( ̄ー ̄; そのことを心屋さんがブログで取り上げてくださり・・・↓   心屋さんのブログから抜粋 「きっと、僕の講演会に来てくれる人は、   色んなことで悩んで 色んなことで苦しんで 自分のことが嫌いになっちゃった ずっと嫌いだった  好きになれない・・・ そんなひとが多く来てくれていると思うのです。  それでも、 この短時間に  全部はないにしても 「自分のことが好きな人!!」と訊かれて つい手をあげてしまう、 あげたくなってしまう、  そんな気持ちに、一瞬でもなれたら、  そして、 そんな気持ちに一瞬でもなったんだ、 ということを忘れないで欲しいと思うのです。  たとえ、 周りの人につられて つい手をあげてしまったとしても、ね(笑)  福井の中心で「チョロイぜ」を叫ぶ   ↑あとで体育教官室まで来なさい( ̄▽ ̄)(笑)    心の声をばらすんじゃねー(笑)  こんな 「体育会系心理学」の 体験をしてみて欲しいのです。」     ・・・このことが、ずっと俺の中で『宿題』となっていました。 次に、心屋さんに会った時には、 この『宿題』の『答え』を出せるようになっていたい・・・。 次に、同じ質問をされたときには、 周りにつられるのではなく、自分の意志で、 なんの躊躇もなく堂々と、手を挙げられる自分になっていたい・・・ そう思っていたんです。 2014年の福井県講演会のあとの『心屋感謝祭』のときには、 まだまだ俺の中で『答え』は見つかっておらず・・・ もし、あのときに同じ質問をされても、 やはり周りにつられて手を挙げていただろうなと感じます(汗) あれから・・・ずっと考えて、考えて・・・ 「頭で分かったって、心が、魂が理解しなきゃ 分かったことにならんだろう」 とも思っていたけど、ムダに考えてしまう性格は直らず(汗) 考え続けてました。 最近、『答え』が見つかりました。 心屋さんが書いた、 福井県講演会の記事にも『ヒント』がありました。 「自我が芽生え 他人と比べ 誰かに何かを言われ  このあたり(小学3年生)で 「ダメ」「自分はダメ」という 「勘違いの塊」を握りしめ始めてしまうのでしょうか。」 俺が、「自分はダメ」という『勘違いの塊』を握りしめたのは、 幼少期のころです。 → 離婚の決断は俺でした 毎晩のように両親がケンカするのは、自分のせいだと思い込んでしまった。 親父も母親も自分と遊んでくれないのは、 自分が悪い子だからだと思い込んでしまった。 両親が離婚したのは、自分のせいだと思い込んでしまった。 両親のケンカをやめさせれなかった自分は 役立たずだと思い込んでしまった。 それらの『思い込み(勘違いの塊)』は、 ごく最近、母親とケンカして、 ようやく勘違いだったことに気づけました(笑) →親と同居する前に再確認したこと ・・・そう、親父も母親も『もともと子供嫌い』なだけで、 俺がダメなわけじゃなかった(^▽^;) でも俺の中の『自分がダメな理由』は、それだけじゃない。 幼い頃の勘違いとは、まったく違う、別の『自分がダメな理由』・・・。 それが・・・このブログで散々、激白してきた→『過去の大罪』(汗)   こればっかりは、勘違いじゃなく、 この世界の『法』に触れているから、 完全にアウトなんだ。   ただ・・・もう『法』的な償いは全て16年前に終わっている。 今もまだ抱えている『罪悪感』は、もう・・・ 自分で自分を『許す』以外に、手放す手段はない。   ずっと握りしめていて・・・手放せない。 心のすぐそばに地獄の業火と化した『罪悪感』が設置してあって、 いつでも、自分でその業火に焼かれることが出来てしまうんだ。         「自分のことが好き」と胸を張って言うには、 その『罪悪感』を手放さない限り、無理だと思っていた。   でも、手放せなかった。頭で分かっていても、だ。 たぶん、今年も終戦記念日には海へゴミを拾いに行ってしまうだろう。 『罪悪感』から逃れたいがために。 すこしでも世の役に立っていれば生きてていいだろうと、自分を許せるから。       んで、去年あたりから、手放すことを諦めた(笑)   もう16年以上、右往左往して、あがいて、もがいて、葛藤し続けても、 心の中で、自分で自分を業火に焼いてしまう『愚か者』なのだ!(´Д`;) いろんな人に「自分を許してあげて」と言われても、 頑固な性格らしく、かたくなに『罪悪感』を握りしめている(汗) いや、自分でしがみついているんだ(笑) 勝手に自責して、業火に抱きついて、自分自身を痛めつける・・・ まさに『ドM』の極みだ(笑)   それでいて、いつでも『幸せ』を感じれるんだ(笑) こんな変態、どうにでもなってしまえ!(笑) このまま、変態のままでも 『幸せ』を感じれるなら、それでいいや(笑)       しかし、それでは、いつまでも 「自分のことが好き」にはなれない(汗)   どうしたものか?   そこで、別の観点から考えることにしました。   「自分のことが好き」というのは、 「もし、生まれ変わっても、また自分になりたいか?」 ということにも繋がるかなと。   生まれ変わって・・・ また自分の人生を初めからやり直すということ。 「やり直す」けど、まったく同じ人生を歩みたいか?ということ。 すこしでも違う人生ならば、今の『自分』ではないから。   ・・・ということは、結局は、自分に生まれ変わるには、 また、業火みたいな『罪悪感』を握りしめることになるということ。   なんだ、観点を変えてみたけど、いっしょじゃないか(-_-;) 堂々巡りになってるなと感じていた・・・。       そこまで考えて、突き抜けれなかったけど、 最近、めっちゃ笑える人に出会った(笑)   困ったときに頼んだ業者さんだったから、 これからずっと付き合いがあるわけじゃない。 でも、「それでも◎◎屋かよ!(笑)」とツッコミ入れたくなるほど、 その職業として、ダメな感じだったのだ(笑) 普通の人なら、怒るとこだろうけど、 俺の場合、変態なので、こういうアカン人に出会うと、 もう、おもしろくて仕方ない(笑) 分かりやすい例えを言うなれば、タレントの高田純次さんみたいな感じ(笑) マジメなのに抜けまくってて、おもしろい人だった(笑)   そこで、気づいた。   俺は今まで、いろんな人に出会ってきた。 ムナクソ悪い人もいれば、 神様か!ってぐらい良い人にも出会ってきた。 でも、どの人たちも・・・憎めない人たちばかりだった(^-^) こうして、「◎◎屋としてアカンやろ!」「大人としてアカンやろ!」と思える おもしろい人たちにたくさん出会ってきた(笑)   そう、今まで出会った人たちも、本当におもしろい人たちばかりだった。   その人たちに出会わなければ、『今の俺』は居ないわけだ。 不真面目な人を「おもしろい」と感じれるのは、『今の俺』だからだ。 そういう人たちに出会ってなければ『今の俺』という人生は無かったわけだ。 むしろ、俺が『道小島大五郎(みちこじまだいごろう)』じゃなかったら、 みんなに出会えていなかったわけだ。   みんなに出会えたのは、俺が『道小島大五郎(本名)』だからだ。       だったら・・・       もしも、また生まれ変わって・・・         また、この   ドジで、マヌケで、アホゥで、バカで、スットコドッコイで、 ブサイクで、大人としてダメな感じで、欠点と弱点だらけで、 クソまずいプロテインを1ヵ月飲み続けても 筋肉がつかず、ルパン三世と同じ体型のままの虚弱体質で、 名乗っただけで笑われることが多い 『道小島大五郎』になったとしても・・・       また、『罪悪感』という地獄の業火に この身を焼かれたとしても・・・             それでも、俺は・・・                   大好きなみんなに、また会いたい!!!             また・・・   イヤだけど、自分の都合のいい正論ばかり投げつけてくる 「子供嫌い」な親父と、 ずんぐりむっくりで、天然で、「子供嫌い」な母親の 子供として生まれて、   大好きな、じじ様とばば様の孫になって、   大好きな嫁ちゃんの旦那になって、   大好きな姫ちゃんと、小姫ちゃんの、親父になりたい!!! 自分のことが、まだまだ「100%好き」になれないけれど、 この優しい世界に生まれるための条件が、 『道小島大五郎』として生を受けねばならないのなら・・・ 大好きな人たちに出会うための条件が、 『道小島大五郎』じゃないとダメなのなら・・・ 俺は、自ら望んで、もう一度『道小島大五郎』として生まれたい! つぎに、 「自分のことが好きか?」 と、質問されたら、 俺は、自分の脳内で 「(大好きなみんなと出会える)自分のことが好きか?」 と変換してから、 元気よく、「はい!」と答えて、 手を高々と挙げたいと思います(笑) これが、『今の俺』が辿り着いた『答え』です。 まだまだ純粋に「自分のことが好き」には成れず、 「大好きなみんなに出会える自分」という条件付きですが(汗) ・・・長くなりましたが、そういうことで・・・ 2月8日(水)は、大好きな人に会いに行きます。 大好きな歌を聴きに行きます(*^▽^*) 楽しみです!   ※大五郎のブログは、許可なく、 シェアしていただいても、リンクを貼っていただいても、OKです! 笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`) "応援クリック!" ↑ 「迷子にならなければいいが・・・。」と「ことりーず」。  迷子になる自分も好きになれないんだよなぁ(汗)   ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----  

      54
      6
      テーマ:

プロフィール

絵描き士・道小島大五郎

性別:
男性
誕生日:
1975年10月14日
血液型:
B型
お住まいの地域:
富山県
自己紹介:
はじめまして。 富山県を中心に『絵と文』を描いてます、 絵描き士の 道小島大五郎 (ミチコジ...

続きを見る >

読者になる

AD
---------------------------------


▲ 無料イラスト集・大五郎の『絵と文』 ▲



▲ 大五郎のホームページ ▲


オチつき大五郎え日記
▲ 大五郎所属のティンタラ ▲


大五郎ブログの主な登場人物


<名前:大五郎>
オチつき大五郎え日記
本名:道小島大五郎
(ミチコジマダイゴロウ)
血液型:B型
ガリガリ体型で寂しがり屋な
当ブログ管理人。
甘党な上に甘い思想を持つ。
幼い頃に大阪で育ったため、
たまに関西弁が出る。
悲恋の確率高し。
ベストタイミングで笑いの神に愛される(汗)

--- --- --- --- --- ---

<名前:大五郎の母親>
オチつき大五郎え日記
血液型:O型
俺を産むために苦労し、離婚後は、
俺を育てるために苦労した、苦労人。
基本、マイペース。
天然ボケで、いつも明るい。
キライな食べ物が多いが、
それを認めない。
宝塚好き、氷川きよし好き、
美輪様好き、きみまろ好き、
韓流ドラマ好き、
マヨネーズ超大好き。
メタボ街道まっしぐら。

--- --- --- --- --- ---

<名前:嫁ちゃん>
オチつき大五郎え日記
血液型:O型
変人・大五郎を慕う変わった嫁。
薬剤師。天然ボケ。
教習できるほどのスキーヤーで、
スキーサークルに入っている。
食べ物の好き嫌いが激しいが、
お菓子が大好き。



大五郎ブログアクセスランキング

このブログで『爆笑ネタ』以外で、
アクセスが多かった記事を勝手にランキング!
(アクセス数は当日のみの集計)


NO1【実話絵空事】すべてのばあちゃん子に捧ぐ
総アクセス数2000pv超え!
2004年7月4日に亡くなったばば様との
最期の思い出です。

2位裸足で未来へ!
総アクセス数1000pv超え!
イラストレーターさんを支援するブログの企画に
参加してリンクしてもらった記事です。

2位イラストレーターに大切なこと。
総アクセス数1000pv超え!
自分の『覚悟』について熱く描きました。
今でも同じ思いの方々から感想いただきます。

自信がない方へ。(大量記事!)
総アクセス数1000pv超え!
これも経歴がない自分を
奮い立たせるために熱く描きました。

大きな壷と大きな石の話
総アクセス数800pv超え!
ネットで有名な深いぃ話を
紹介させてもらいました。

悩んでる人、必見!【AとBの法則】
総アクセス数800pv超え!
たぶん「悩み」というキーワードで
アクセスが集中したようです。

被災地で聴覚障害者に出会ったら!
総アクセス数800pv超え!
3.11の震災後に描きましたお役立ち情報です。
いろんな方々がtwitterなどで拡散してくれました。
お役に立てれば幸いです。



絵描き士・大五郎の活動劇

↓【大五郎の活動記録】↓


↑2011年に個展宣伝のためレディオ出演



■絵仕事の価格表は→☆こちら☆
■お問い合わせは→☆こちら☆
■大五郎の無料イラスト集→☆こちら☆
AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。