いよいよ4月ですね!

今期の五郎辺衛窯はめまぐるしく
環境が変わります

その様子は随時下記のフェイスブックページにてご案内します!
五郎辺衛窯のページです
https://www.facebook.com/BeiQianShaoWuLangBianWeiYao/


さて4月からの催事予告です!


[ 4月 ]
20日頃までせっせと素地作成の時期です。
弊社の職人それぞれ作業は順調に進んでいるようです・・
あとは私の素地作成ですね・・
頑張りますよ~

そして事務所と展示場の仮店舗への移動が始まります。GWまでに荷物を
運び出さなければなりません・・


[ 5月 ]
GW明けから登り窯の窯詰めを開始します!
今回も【ウド】から【1番】まで。期間は約2週間かかります。
その間・・
○5月21日(土)~22日(日)の2日間
岡山電気軌道終点にある≪東山公園≫にて
備前焼市
おそらく24日頃 登り窯の火入れ。(約11日間)

[ 6月 ]
4日頃には窯焚きも終わると思います。
窯出しは13日(月)頃かと・・

早速イベントが入ってます!
6月18日(土)~19日(日)の2日間
岡山県井原市の得意先
≪器コレクション三嶋≫さま10周年記念へ出店
(岡山県井原市)

[ 7月 ]
○6月29日(水)~7月5日(火)7日間
阪急百貨店 7階和食器売り場
イベントスペースにて
(大阪市 梅田)

○7月14日(木)~18日(月)までの5日間
1000キロ離れた場所・・宮城県仙台市にて
【全国やきものフェア㏌みやぎ】
夢メッセにて

などなどですが・・追加催事が入るかもしれません。
また追って追記しますね
五郎辺衛窯のページです
https://www.facebook.com/BeiQianShaoWuLangBianWeiYao/

今年のテーマは《 心にうるおいを 》です

皆様の生活にゆとりと潤いを与えられるよう
五郎辺衛窯は全力で頑張ります

AD

皆様ご無沙汰しております

最近face bookを利用する機会が多く
コチラが留守になってましたね・・
五郎辺衛窯のページです
https://www.facebook.com/BeiQianShaoWuLangBianWeiYao/

そこでこのページは催事予告ページにしようと思います


遠鉄百貨店DM
[ 1月 ]
1月20日(水)~26日(火)7日間
遠鉄百貨店本館 7階和洋食器売り場にて
(静岡県浜松市)

[ 2月 ]
2月3日(水)~9日(火)7日間
大阪タカシマヤ 6階和食器売り場にて
(大阪市中央区難波)

[ 3月 ]
3月1日(火)~8日(火)8日間
近鉄百貨店和歌山店
リニューアル1周年記念
土ひねり体験と産直販売催事
(和歌山県和歌山市)

3月23日(水)~29日(火)7日間
阪神百貨店梅田本店 7階和食器売り場
イベントスペースにて
(大阪市 梅田)

などなど
4月以降も次々と全国の皆様のお声を伺いに参ります


なかなか備前に触れる機会のない方

備前のこと・・知ってるようで知らないこと・・

退職・送別の御祝いをお考えの皆様


今年のテーマは
《 心にうるおいを

です

皆様の生活にゆとりと潤いを与えられるよう

五郎辺衛窯は全力で頑張ります


AD


今年で3回目を迎える
全国やきものフェアin みやぎ
(7/4㈮~8㈫までの5日間)
もちろん今年も参加します

事務局の皆様の熱意が伝わる素晴らしいイベントです

その気持ちに賛同した全国の焼き物の産地からの
作家・窯元・陶商さんが集まり、毎年新作とともに集まります

今年は【近藤正臣さん】をゲストにトークショーもあり
今から楽しみにされてる方も多いと思います


我々【備前焼】も車で1000キロの道のりを駆け抜けて
東北の皆様に《備前焼の良さ》を知っていただけるよう
頑張ってきます


この週末はぜひ仙台に出向き
《 夢メッセ 》を目指して牛たんを食べに来てください



AD
諸事情により窯詰め作業が遅れましたが・・
5/27(火)無事に火入れ致しました
1401235717755.jpg
その前にコチラをアップしなければなりません敬礼
土ひねり体験のお客様の品そして各地より送られてきた[焼成依頼品]の品々です

1401235733161.jpg

このように組み合わせを考え、ワラを仕込み、[童仙傍土]と呼ばれる道具土でくっつかぬよう組んでいきます

1401235777214.jpg
そして、[硅砂]を丁寧に棚板に撒き、[モセ切れ]防止に敷ワラを広げ、前後に背の高いもの・・中に背の低いもの・・をバランスよく配置します

1401235794954.jpg

棚板を乗せた後に画像を撮るのを思い出しましたが・・
向こうの外が見える場所から炭を入れ、[桟切]をとります。
きっと様子がわかりにくいので、窯の最終日 6月6日にご紹介しますね

1401235807591.jpg
場所は【一番 】。下から4段目の冷酒杯が並ぶ所に入れました
そのほかの皆様の皿類などは・・

1401235694374.jpg
壺の並ぶ【火前列】の後ろ側の5段目あたりに3段にわたり詰めました上げ上げ
今回は団体のお客様がこぞって皿類を造られましたので、初めて【ウド】の前列に並べてみました
シソ色の濃い、胡麻の綺麗な場所です!焼き上がりをお楽しみにキラキラ

1401235846212.jpg

その入口を耐火モルタルを用いて耐火レンガで塞ぎ(SK32番)壁土をつけて窯詰め作業が終了です敬礼
ちなみに窓があいてる空間が[炭穴]になります

さあ!それぞれが良い焼けになりますよう
がんばります

第234回目の窯詰めを今週の5月13日(火)から始めました上げ上げ
今日が16日(金)ですので4日目ですね


五郎辺衛窯の【ウド】は4列あります。
45センチ角の棚板が横に5枚
備前でも大きな幅の窯なんです
[ベタ]には箸置きを並べ・・上に上に・・と積んでいきます

そして今日の4日目朝の様子。
大体2日で一列のペースですが、今回は2人での窯詰め
なかなかはかどらないんです(理由は下記へ・・汗

見ての通りビールコップばかりです
夏前の窯詰めだなぁとつくづく感じます加藤茶


そのビールコップに挟まれ、色々な小物類を並べてます。
中にはワラを仕込みその景色を味わえる工夫もしています


実は・・私・・この数日・・
発送作業・資料作成・地元市会議員選挙のお手伝い等で窯に行けて無いんです・・
来週からは行きますので、作業の様子等お届けしますね敬礼

予定では24日(土)火入れ
6月3日(土)終了
そして6月13日(金)窯出しです

ではこの後の窯詰めの様子・・窯焚きの様子をお楽しみくださいおじぎ


この数年、《五郎辺衛窯》をアピールする為に
各地を飛び回ってたおかげか・・

今度は三越リビングカタログ2014初夏号に
【 丸急須 】を取り上げていただきました


Japanese MODERN
~現代感覚をプラスした[和]と暮らす~
というページです

[ 備前焼 ]の肌に映りこむ《 炎の足跡 》を眺めながら
ゆったりとした時間を過ごしていただければ幸いです

商品カタログのお申し込みは
フリーダイヤル☎ 0120-130-140

携帯からは
☎0343335555

もちろんインターネットから

→三越伊勢丹通販
http://t.mitsukoshi.co.jp


♪夏も近づく八十八夜♪
まもなく新茶が出まわる時期ですね
ぺこ

今年の八十八夜は5月2日(金)

香り高い摘みたての新茶
抹茶と、時候のお菓子道明寺桜餅とで・・

初夏の季節をどうぞお楽しみくださいおじぎ






昨年のマグカップに引き続き今回は
[コーヒー碗皿(スプーン付) ]を取り上げて頂きました

備前焼のカップはコーヒーが冷めにくいので
ゆったりとした時間を楽しんでいただくのに最適です

炎の流れを感じながらどうぞリラックスタイムを

この夏まで販売されますのでもしご興味のある方は

0120-222-555
高島屋リビング2014春号[カタログNo.10044 ]
もしくは・・

→《 高島屋通販 》
コチラからインターネットでもご覧いただけます


ご無沙汰です!!
大人の事情によりやっと公開致しますf(^_^;

まずは窯出しの様子から!
45㎝角の棚板が横に5枚の幅広い窯ですから、赤松の灰が飛ぶ量も左右でずいぶん違いますね!
10年前と比べ、火前に並ぶ花入の割合が激減しました…
その分お酒好きな方にはたまらない焼けが火前に並びます♪
焚いた赤松のおき火に埋もれる【窯変】の小壺。
これを阪神百貨店に持っていきます!
もちろん【金彩火襷茶碗】も、とり置いております(^-^ゞ
このモーニングカップ♪上下をばらすことなく持っていきます♪ヽ(´▽`)/
もちろんペアでのみの販売です!
模様が一つにつながるホントこの世にワンペアしかないペアカップです♪
こんな感じで販売します(^_^)v
ほかにも…木箱は無くていい方にも紙箱で対応します(^_^)

春休みになる来週は大阪梅田の《阪神百貨店7階和食器売場》へ♪ヽ(´▽`)/
贈り物(お餞別-御礼など…)に最適です♪

3月26日(水)から4月1日(火)までの7日間は店頭にて…
皆様のお越しをお待ちいたしておりますm(__)m

 1/18(土)予定通り火入れをいたしました
 
 2日間のモセ(湿気)取り後、1時間に約20℃づつの上昇
600℃からは上焚きの開始です
 
  
そこからは窯の温度が自然に上がるだけ温度を上げていきます
翌日には1150℃まで上がりますが、そこから温度をキープ
↑の画像のように奥が暗いのがわかると思います。
これをなくさなければなりません

 
そして9日目には約50℃程度の差に縮まります。
そこから先は両サイドから割り木をくべる
[横焚き]をしながらその差を無くしていきます
 
  
 火入れから10日目。
炎の色。作品の色。壁の色・・全てが一色になってくれば窯が焼けます。
窯が焼ければ作品も焼き上がります 
 
  
 そして[ 炭入れ ]をし、その燃え盛る様子を確認してから
次の部屋【 一番 】へ 
 
(詳しくはフェイスブックのページを御覧くださいね!)
  
↑この画像は作陶されたお客様の作品の[炭入れ]直後の画像です
炭にうもれているように見えるでしょうが、
余白も計算されて詰めてますから大丈夫です
ご安心ください
 
  
  そして12日目。最後の部屋【 ケド 】の焼成
前回の失敗を全てなくすべく、多くの工夫がなされた窯詰め・窯焚きでした

その結果は・・
2月6日㈭窯出し にて全てがわかります

お楽しみに
 
  
  
  
  
  
  

9日から始めた窯詰めもいよいよ終盤ですニコニコ
人数が少ないからなかなか作業が進みません…

さておとといから同時進行で詰め始めていた【一番】も今日に詰め終わりました(^^)v


こちらは土ひねり体験のお客さまの作品音譜
ちなみに黒い素地のは先日作られた皆様の作品ですが、詰めている間に乾きます♪ご安心下さい


ワラを用いて高さを揃うよう複雑に重ねていきますビックリマーク
どうですか?皆さんの作られた作品は見えますか?(*^▽^*)


この部屋は安定した綺麗な焼けの出る部屋です♪
火入れから11日目に焼き上がる予定です(^-^)ゝ゛お楽しみに♪


【ウド】はいよいよ前列に到着合格
こうやってみるとビールコップばかり見えますね!
実はその向こうには五郎辺衛窯独自の複雑な窯詰めがあるんですよ音譜

さぁ!いよいよ18日が火入れです!!