僕は何者❓1

テーマ:

時々自分で自分を検証してみようかと考えました。
通常通りブログは更新させて頂きますが,

 
僕は何者❓
と題して時々綴ってみようかと,皆さんのご意見を参考にこれから先の人生に反映させて頂ければと考えておりますウインク
 
野口五郎って何ぃ❓
歌手である事は確か❗️
タレント❓
ギタリスト❓
ベーシスト❓
ドラマー❓
ミキサー❓
役者❓
ミュージカル俳優❓
プロデューサー❓
起業家❓(笑)
発明家❓(笑)
Take out Live❓
 
9月28日には27〜45年前の録音がタワーレコード限定でCDリリースされます。
まずはライブ録音盤。


★GORO ON STAGE 野口五郎 "日本縦断コンサート”より
(オリジナル:1972年発売)

★GORO ON STAGE II 野口五郎 故郷に帰る
(1973年発売)

★77全国六大都市コンサート GORO IN SUNPLAZA
(1978年発売)

★GORO IN SUNPLAZA 野口五郎 五大都市コンサート
(1977年発売)

★'78野口五郎 五大都市コンサート summer fever concert
(1978年発売)

★A♭に愛をのせて GORO LIVE 1984 AT NAKANO SUNPLAZA HALL
(1984年発売)

★熱い夏を撃て! HOT SUMMER LIVE ‘79
(1979年発売) 


 

以下通常アルバム


★ALL OF ME(Jazz)
(1989年発売)

★GORO & HIROSHI 通りすぎたものたち
(1976年発売)

★GORO! LOVE STREET IN LONDON 雨のガラス窓 +2
(1975年発売)

 


◎発売日 2016年7月27日


★'74 GORO IN KOKUSAI -こころの叫び-
(1974年発売)

★'74 GORO in SUNPLAZA ~甘い生活~
(1975年発売)

★GORO ON STAGE ひとりぼっちの栄光
(1975年発売)

★GORO IN NISSEI THEATRE -野口五郎 日生劇場特別リサイタル- +5
(1977年発売)

★'78 野口五郎 日生劇場 特別リサイタル +4
(1978年発売)

★風に舞う花びら 野口五郎演歌の世界
(1974年発売)
 


以下2012〜2015年 CDとしてリリース


★ときにはラリー・カールトンのようにGORO&HIROSHI II
(1976年発売)

★樹海 BALLADE
(1980年発売)

★飛翔 移りゆく季節の中で GORO & HIROSHI III
(1978年発売)

★琥珀 +3
(1984年発売)

★PARADE
(1982年発売)

★GORO IN ROCK/野口五郎ロックの世界
(1976年発売)

★GORO! LOVE IN LONDON/愛ふたたび +2
(1974年発売)

★FIRST TAKE  (guitar)
(1982年発売)

★南十字星+2
(1979年発売)

★SMILE
(1980年発売)

★ON THE CORNER
(1981年発売)

★U.S.A. STUDIO CONNECTION
(1980年発売)

★GORO IN LOS ANGELES, U.S.A. 北回帰線
(1976年発売)

★GORO IN NEWYORK -異邦人-
(1977年発売)

★ラスト・ジョーク GORO IN LOS ANGELES’79
(1979年発売)

L.A. EXPRESS ロサンゼルス通信 
(1978年発売)



これって嬉しいけど   不思議〜だと思いませんか?
昔を懐かしんで聴くのなら,例えば2〜3枚でいぃかな〜ッ❗

もしタイムスリップして僕が45年程前に戻った!
そこから27〜45年前の音楽を沢山聴くかな〜?(クラッシックなら兎も角)

誰か仕掛け人がいる筈!僕や僕のスタッフ回りではない!
いつかその人と食事した後,少しだけ飲んでみたい!会った事ないけど,きっと僕の理解者であり僕の音源を古いものではなく今も生き続ける音楽だと…

もっと簡単に言うとこの仕掛け人いい人 だ。

何故こんなに海外録音が多いのか!
僕自身が海外のミュージシャンの影響をかなり受けていたのと,音楽はグローバルでなければという考え。

そしてライブ録音の多い事(;^_^A
昔からライブこそが本当!
ライブこそが音楽の始まりであり最終系!だと考えていたのでしょう。

たから40年過ぎて今Take Out Live なのでしょうね
おねがい

この話はまたずーっと後でいつかしますネウインク
僕がデビューした1971年当時はまだ2ch(同録)でした。
でも,1972年にはライブレコーディングを始めてます。

海外から輸入したばかりの高価なマルチレコーダーをレコード会社が外の会場に出すと思いますか?
当時レンタルはありません。

海外レコーディング,ライブレコーディング!彼(五郎)には年に1〜2回は好きな事をやらせなきゃネ~_~;
それがたまたまデビューした翌年,16歳から始まったんですよ!
ワガママではありません,この頃から音楽の将来を案じていたのです(笑)
 
カセットでのリリースが多いのは音楽は家でレコードで聴くのもだけど,何処でも持ち運べる手軽なものであって欲しいと思いました。
レコードを売らなければチャートに反映されないし,本当に当時のレコード会社の皆さんゴメンナサイでした。

一枚一枚一曲一曲の内容やらミュージシャンの事等々説明していると人生終わってしまうので,その辺りは軽くthroughして行きたいと思います。


第1回目はこの辺にしておきましょうか。

目 疲れませんか?

次回はまたいつか楽器の触れ合いからMIXについて!
にしようかな(*^_^*)
 
19日立川でDSだ!
いぃ歌歌うゾ〜〜ッ❗️
 
 

リブログ(16)

  • ”僕は何者❓1”

    GOROちゃんは何者?って.. あなたに癒されてますCD化で嬉しい悲鳴..

    kiy-g

    2016-09-21 15:38:15

リブログ一覧を見る

コメント(148)