501

テーマ:

 

たまには、テレビの話題を離れて普段のことなど。

 

いま、着るもので一番熱中しているのはジーンズ。

 

というのは、昨年から生活環境が変わり、体型がすっきりしたことに気分良くして、久しぶりにジーンズを新調していくことになった。昨年秋、まずは流行りである細身の黒を求めたところ、イタリアのブランド物であるPT05のそれを購入。価格は4万円弱だったか、お高い買い物であったけれど、満足の行くものだった。そして今年の春先、細身の白を購入。こちらはエドウィンのだったから1万円ぐらい。

 

初夏に入るころになると、ブルージーンズので、軽薄なほど色落ちしてるライトカラーのを探すことに。それで今度もまたPT05のか、同じ価格帯のヤコブコーエンあたりのを買おうといろいろ試着してみたものの、どれもイマイチ。求めている「細すぎず、また太すぎず、すっきりしたストレート」というのが難しすぎた。PT05もヤコブコーエンもシルエットがどれも細身のものばかり。いわゆるスキニーなんで、求めているイメージとどうにも合わない。で、売り場を彷徨っているうちに見つけだしたのが、なんとリーバイスの、それもド定番の501(笑)。

 

いまから25、6年くらい前、1973年生まれの自分が高校生の頃は、それこそリーバイスにヘインズのTシャツばっかりだったのだが、それ以降は縁が無くて、リーバイスを買うのはまさに四半世紀ぶりの出来事。

 

案外知られていないことに、自分が生まれる前の遥か昔からあるリーバイス501といえどもモデルチェンジを幾度も繰り返していて、時代ごとにシルエットが違うのだ。現行型の501は2013年にモデルチェンジされたもので、流行りに添って結構なまでにタイトで、これが驚いた。自分が高校生時代のリーバイスは流行りというか、リーバイスにあらずんばジーンズにあらず!みたいな風潮だったんだけど、その象徴である501は…となると、当時のものはシルエットが流行からズレていて少々野暮ったくて人気はいまひとつだった。そういうイメージがあったから試着するまでは、さほど期待していなかったのに…

 

う~ん、これだよこれ!って、いっぺんで気に入ってしまった。

 

求めていたシルエットどおりで、あまりに好印象だったことから、この夏は勢いでその後二本もリーバイスを購入。いまの主流はリーバイスでもやはりスキニーのシルエットである511なんだけど、それよりは若干太いシルエットで四十過ぎのオジサンにも似合う513。さらに、リーバイスで過去に販売したモデルを復刻している、リーバイス・ヴィンテージ・クロッシングというプレミアム・ラインから出ている501XX 1955年モデル。513のほうはストレッチが入っていて、501XX 1955年モデルのほうは綿100パーセントながら太めのシルエットなこともあって、どちらも履きやすいのなんの。だから、最初に購入して好印象だった現行型の501よりも履く機会が多い。でも、高校生時代の同級生に会うときなんかは、そっちを履いて行って「これ、いまのリーバイス501なんだよ。どう?驚いたでしょ!」ってネタに出来るし、何よりも「オレ、まだまだ29インチ履けるんだぜ〜」と軽く自慢も出来るのだ。

 

AD

一番作ってほしくなかった映画『ブレードランナー』の続編、『ブレードランナー 2049』の予告編がとうとう公開されてしまった。

 


振り返れば、『ブレードランナー』の続編を作るタイミングは1980年代後半だけであったと思う。それまでアクション作品ばかり出ていたハリソン・フォードが『刑事ジョン・ブック 目撃者』(1985年公開)や『モスキート・コースト』(1986年公開)で演技派の評判が付き、「スターウォーズ」シリーズが停止していてSF作品の旗手が空席になっていたころだ。


しかし、『ブレードランナー』は、俳優間、スタッフ間、俳優-スタッフ間、製作現場のあらゆる人間関係が険悪だったことと1982年の劇場公開時における興行の失敗は尾を引いていて、まだまだ限られた人しか観られなかったビデオソフトでの人気で復権した評価だけでは、続編製作なんて到底叶わなかった。


1980年代後半、演技派の側面を手に入れてさらにビッグネームとなったハリソン・フォードの決定版は『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』(1989年公開)、SF映画の旗手は『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』(1989年公開)が手に入れた。もしも…の話として、『ブレードランナー』 の続編が一作目と同じようなスタッフの面子で作られたのなら、さすがに一作目を越せないまでも、納得の行くシリーズとしてファンに迎えられたことであろうし、興行的にも不安を抱かせないものであっただろう。『ブレードランナー』を監督したリドリー・スコットもそれに通じる世界観で作り上げた『ブラック・レイン』(1989年公開)を成功させていたことだし。


ただ、それ以降は無理だったはず。ハリソン・フォードの絶頂は続いていたけど、1992年に公開された再編集版、いわゆる「最終版」で新たに示されたテーマで問われるであろう、彼が演じるデッカードが実は人間ではなくてアンドロイドであるレプリカント説=年齢を取らない設定が、加齢による容姿の変化で叶わなくなっていった。そして決定打となったのは『ジュラシック・パーク』(1993年公開)だ。この作品が起こした革命的なCG映像製作と『ブレードランナー』の美術面における表現美は相反するものだった。自分も含めて、人々は『ブレードランナー』をいつしかクラシック映画として捉えるようになっていく。


『スターウォーズ  エピソード1/ファントム・メナス』(1999年公開)、『 インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』(2008年公開)、時が経ち過ぎた続編は哀しい出来なものばかり。『ブレードランナー』にも幾つもの続編製作話が出てきては、“幸いなことに”消えていった。その度に一喜一憂した。正直、後日譚は気になるものの、それを具現化してしまったら『ブレードランナー』の価値そのものを堕とすようなもの。再編集版は許せるけれど、〝『ブレードランナー』は『ブレードランナー』ただ一作だけで良い〟という考えに至っていた。


〝 リドリー・スコットが製作総指揮で、ハリソン・フォードもちゃんと出演する〟、時が経ち過ぎていた以外はぐうの音も出ないような内容で続編製作が発表された際は目眩がしたが、 今回出てきた予告編は想像していたものよりも出来は良い。でも、〝やっぱり観たくはない、作ってほしくなかった〟という想いもある。はてさて。

AD

テレ朝チャンネルでは来月12月から「EXまにあっくす」と題して、テレビ朝日が制作局となって放送した円谷プロダクション製作のドラマを放送。12月25日(日)放送の第1回は1978年夏に「土曜ワイド劇場」枠で放送した『怪奇!巨大蜘蛛の館』(他に1998年放送の『サイバー美少女テロメア』も)。

 

円谷プロダクションといえばウルトラシリーズをはじめとした子供向け特撮ヒーロー作品の印象が強いが、大人向けの長時間サスペンスドラマも幾つか作っている。この「土曜ワイド劇場」枠でその後も年一〜二本、そして日本テレビ「火曜サスペンス劇場」枠に移してやはりその製作ペースで。大林宣彦監督作品の『麗猫伝説』以外は未ソフト化でありCSでの放送もこれまで恵まれてこなかっただけに、知る人ぞ知る存在なのである。

 

なお、前回の記事、「勝手に選ぶスカパー!昔のドラマ・アワード2016」に於いて単発作ドラマ部門の最優秀作品は〝なし〟としていたが、改めてこの『怪奇!巨大蜘蛛の館』を最優秀作品として選出したい。

 

テレ朝チャンネル EXまにあっくす 番組紹介

http://www.tv-asahi.co.jp/ch/sphone/drama/0487/

AD