Google SEO対策

Google検索エンジン向けのSEO対策情報。Google検索エンジン最適化のプロフェッショナルのアドバイス。Google検索エンジン経由で新規訪問者を沢山獲得したい方々には役立つ情報を多く投稿しております。顧客サイトの安定上位・安定1位表示「実績大量」の玄人のGoogle対策助言。

Google検索エンジンにサイトを最適化させるとGoogle検索エンジン経由で検索ユーザーがサイトに沢山訪問して来るようになります。
「Google検索エンジン」は自動化された「検索アルゴリズム」(検索ロボット・検索人工知能)と、手動目視の「Googleスタッフ」(人間)で構成されております。
「Google検索エンジン最適化」というと、自動化された「検索アルゴリズム」に対してサイトを最適化させるイメージをお持ちの方も多いと思いますが、正確には「自動された部分」「手動部分」の「両方」に対してサイトを最適化させて行くのが「Google SEO対策」であると申し上げられます。

なお、「Google SEO対策」における優先度では
1位,自動化された検索アルゴリズム(Googleアルゴリズム=Google自動)
2位,手動目視の「Googleスタッフ」(Google人間=Google手動)

となります。
手動のGoogleスタッフにも配慮しつつ、自動化された「Googleアルゴリズム」中心にGoogle SEO対策を進めて行くと、中長期と長く続く「安定上位表示」や「安定1位表示」を達成できます。

Googleとしては最終的には完全に「検索」を「全自動化したい」のですが、現時点ではGoogle人工知能(Google AI)の能力が十分で無く、Googleスタッフ(Google人間)の人手に頼って能力を補完しております。
しかし、最終的には「検索」は「全自動化」されます。
ですので「検索アルゴリズム」や「検索人工知能」(検索AI)に重点を置きつつ、Google SEO対策を進めて行く事をおすすめ致します。

テーマ:

メインサイトの順位を上げる為に存在する衛星サイトであればコンテンツの情報が300字以下でも結構であり問題ありませんが、メインサイトのコンテンツで300字以下は「問題」となります。
情報量の少ないURLに「検索ユーザーは満足しない」からです。

「満足度の低いURLの順位を落とす」方向で今後もGoogleの検索アルゴリズムの開発・改良が進みますので、オリジナル部分(コンテンツ)の情報量の少ないURLは「今」上位表示できていたとしても「未来」において「問題」が顕在化し順位を落とす事になります。
「被リンクの力」だけで順位が上がられる時代が終り、現在は「URL内部,サイト内部,ドメイン内部の出来」と「被リンクの力」の両方が必要になってきております。

まだまだ「被リンクの力」が順位に大きく影響を与え幅をきかせてはおりますが、今後の検索アルゴリズム改良に伴いURL内部やサイト内部等の出来が、対策URL群のSEOスコアに更に大きな影響を与えるようになって行くのは明らかであります。
ですので、各URLのコンテンツの「情報量」に関しては何かしら貴殿の方で「基準」を設けて頂いた方が良いと思います。

Googleは情報充実URLを大変「優遇」しますが、同時に情報不足URLを大変「冷遇」します。
貴URL群が「冷遇」される事のないよう貴サイト群で「情報量に関する方針」を明確に定められる事をおすすめ致します。

「700字以下は冷遇、700字~2000字くらいは普通の待遇、2000字超えは優遇」、現時点では大体このような形になっております。
ウィキペディアURLの多くは軽く2000字を超えます。

ゆえに「優遇」されるというわけです。
「情報充実URLは優遇、情報不足URLは冷遇」、これがGoogleの検索アルゴリズムです。

この考えに基づき実際にGoogle検索は、情報量の少ないURLやサイトに低評価を食らわせる「パンダアルゴリズム」を出して来ました。
情報量の少ないURLやサイトは実際にパンダアルゴリズムの影響でSEOスコアを落としており集客数を大きく減らしております。

by SEO職人 トンちゃん

SEM
被リンク サービス


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

「オリジナル部分(コンテンツ)の情報が大変充実しており、他のページを見ずとも其のページだけで解決する、もしくは大半が解決し後は購買ページに遷移し目的物を購買するだけ」といったURL群がGoogleの検索アルゴリズムでは高く評価されます。
こういったURL群は「多くの検索ユーザーに役立つ」ため検索エンジンが「上位表示させている」と捉えて頂ければと思います。

検索ユーザー目線で考えれば分かりますが、情報量の少ないコンテンツが上位に出てきても役に立ちませんし、迷惑なだけです。
情報量が少ないURLばかりが上位に来てしまうと、其の後、似たようなページを何ページもクリックし読まねならなくなり、検索して求める情報や商品を得るまでの「検索時間」や「検索コスト」がかさみます。

それにより、検索ユーザーの検索エンジンへの満足度は下がって行き、それが長く続けば他の検索エンジンに検索ユーザーは乗り換えるという行動に出てしまいます。
そうなると検索エンジン市場シェアが下がりGoogleは窮地に立たされます。

Google検索エンジンの検索品質は「上位表示URLの情報量で決まる」といっても過言ではないくらい「情報量」というのは検索品質に大きな影響を与えます。
情報不足URLばかりが検索上位に並べば検索品質は「確実に低下」し、検索ユーザーのGoogle検索離れを促進させます。

それをGoogle検索は十分に理解しておりますので、「情報量」というのを他の検索エンジンとは比べものにならないくらい重視し、情報充実URLに高い内部SEOスコアを与え優遇するのです。
「検索クエリ(検索キーワード,ターゲットキーワード)に沿って情報が非常に充実しているURLを検索結果上位に表示させたい」、それがGoogleの考えている事です。
そして「情報の少ないURLはなるべく検索上位に表示されないようにしたい」、それもGoogleが考えている事であります。

by SEO職人 トンちゃん

SEO対策とは
内部SEO 外部SEO

光沢紙の通販サイト
光沢紙
トレーシングペーパー
耐水紙
エプソン ロール紙
A1 ロール紙

占い未来予測サイト、池袋
占い 池袋
ヒーリング 料金
占い 未来
ヒーリング 講座

ゴルフのグリップの通販サイト
ゴルフ グリップ
パター グリップ
ゴルフ シャフト
キャディバッグ
ゴルフ ドライバー
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

オリジナル部分(コンテンツ)の文字数が300字以下という事で、その点は内部SEOスコアにマイナスに作用します。
繰り返しますがGoogleはコンテンツの情報量を重視します。

URL内部のSEO対策だけで勝負しなくとも良いのですが、やはりURL内部のオリジナル部分(コンテンツ)の情報量は内部SEOスコアに非常に大きな影響を与えますので、「情報量」はできるだけ意識して頂いた方が良いです。
コンテンツを作る側からすれば情報量を増やすのは「面倒」「大変」というのは分かりますが、検索ユーザー目線で考えた場合はオリジナル部分のコンテンツの情報が充実しているURLが上位に来てくれた方が「ありがたい」のは確かです。

できれば、そのページだけで知りたい事が全て把握できるようになっていれば「ありがたい」というのが検索ユーザーの本音かと思います。
それを実現しているURLがWikipediaだったりします。

ウィキペディアはURLのコンテンツをターゲットキーワードに沿って「要約・概要」と「詳細」の2段組みで構成しております。
コンテンツ上部にターゲットキーワードに関する説明を文章の短い「要約・概要」として配置し、その下に「ターゲットキーワードに沿った詳しい詳細」を配置しております。

「ターゲットキーワードに関する概要のみ知りたい検索ユーザーを満足させつつ、更に詳しい詳細情報を求める検索ユーザーも同じURLで満足させてしまう」というのがウィキペディアページの特徴です。
検索ユーザーの多くにとってウィキペディアURLは「ありがたいURL」であり、「上位表示させて欲しいURL」といえるでしょう。

Googleはその期待に応えて、検索ユーザーが上位表示させて欲しいと考えている情報充実URL群を実際に上位表示させる仕組みを検索アルゴリズムを通じて作り上げました。

そのGoogleの検索アルゴリズム下では、2000字を超えるレベルで情報を充実させて行くと明らかにURLの内部SEOスコアが上昇する事に気付きます。
また、上位表示後も上位で安定する傾向があります。

by SEO職人 トンちゃん

低価格 SEO対策
検索上位表示

遺品整理サービスHP,大阪府
遺品整理 大阪
格安 遺品整理 大阪
不用品回収 大阪
遺品整理 堺市
不用品回収 堺市
粗大ゴミ 大阪
粗大ゴミ 堺市

菌床販売サイト(椎茸)
菌床 椎茸
菌床 エリンギ

コート紙のネットショップ通販
コート紙
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。