釣りって!こぉ~じゃなきゃ楽しくない

日本いやいや、世界一のマルチなアングラーを目指す
グーフィン@一瀬丸の『釣りブログ』

紙面には書けない? あんな事ことや、こんな事もぉ・・・


テーマ:

いつも読んで頂きまして!

ありがとぉ御座いますぅ♪



さてっ!今回はアジスプの使い方でも

【肝】となる部分を書きたいと思います。






まずは基本的な動作ですが


1.キャスト~サミング(フェザーリング)して

ラインを張った状態で着水させる。


2.着水直後に素早くリールハンドルを1~2回転ほど巻き

更にラインに「張り」を作る。


3.テンションフォールさせながらのカウントダウン開始


4.フォール中に当りが出たら【巻き合わせ】




まず1番についてですが

アジスプは、スプーン後方のハリス~ワームまでを

トレーラーとして引いております。


そのリグの特性から、キャストから着水までの間に

スプーンが、ワーム部分より先行して着水し

メインラインにハリスが絡むなどのトラブルが起こりやすくなります。




このトラブルを回避するためには

着水直前にサミング」して、ワーム部分をスプーンより【先方】に着水させます。


追い風の場合、サミング無しでもOK!な時も多いですが

普段からサミングをするようにしてください。


また、バシッ!!っと弾道の低いキャストよりも

やや天ぷら気味にキャストするほうがアジスプには向いています。


*サミング(フェザーリング)はアジスプには欠かせない最重要操作です!






続きまして2番の解説です!



「リグの着水と同時に、リールを1~2回転ほど巻き」・・・


*アジスプはテンションフォールでアタリを獲る!ことが基本!!



メインラインにテンションを付ける事で

リグに使用している、スプーンが【およぐ】ようになります。


ノーテンション(フリー)で、フォールさせてしまうと

スプーンは・・・「ただのオモリ」になり、グルグルと回りながら沈んでいきます。

そうなると~ハリスも絡みつきますし、釣り自体が成立しません!



キャスト~サミングして着水させた時点で、メインラインには

ある程度の【張り】がありますが!


あえて!着水直後に、素早く!リールを1~2回転巻き上げて

強めのテンションを作ることで、スプーンが受ける水抵抗が安定し

その時から、スプーンは一定のリズムで泳ぎだし

その動きを後方のワームにまで伝え始めます。


*アジスプにはノーテンションは厳禁!!

常にテンションをかけた状態を保つ事が鉄則となります!






続きまして3番の解説です!


「テンションフォールさせながらのカウントダウン」


リールを1~2回転させ、強制的にラインに張りを作った時点で

カウントダウンを開始します。


常日頃から「いま!アジが泳いでいるレンジ」を意識して

釣りをされている方なら、カウントダウンは常識だと思います!


アジスプの場合も同じく!【レンジの再現】が爆釣の秘訣。


アジはタナを釣れ!!」との言葉もあるように

タナボケしたら、どんなリグや仕掛けでも魚は獲れません。


特にフォール中のアタリが多い「アジ」には、このカウントダウンは必須!!


たとえば!リグ着水後、カウント「8」でアタリがあったら魚は居る訳で、

次のキャスト後・・・カウント8への集中力が違ってきます。


ただし!アジの群れは常に移動してますので

ずっと、カウント8で釣れる訳ではなく、探りながらとなりますが

構えて前アタリを「察知」するのと、しないのでは釣果に差が出る事はご理解頂けると思います。



*アジスプはJIGヘッドよりも「レンジの再現」が容易なので

初心者の方でも釣れるのです!






続きまして4番の解説です!


「フォール中にアタリがでたら巻き合わせ!」


アジンガーの皆さんならご承知の通り!

強烈な電撃!フッキングは「クチ切れ」の要因。


アジスプの場合、アタリがあったら

即座に!素早く!リールを2~3回巻く!」…巻きアワセが基本です


巻きアワセは、アジの「くち切れ」を少なくするとともに

フッキングが決まらなかった場合、「大きくレンジを外す」事も無く

ワームには・・・ただアクションが付くだけです。


そのため「追い食い」を誘発しやすくなり

これがアジが爆る要因でもあります。



またフィール中にバイトが無く、リグがボトムに着底した場合。

スローリトリーブで「巻きの釣り・リトリーブの釣り」を展開しても良いですし!


リグの着底後、直ちに回収して

立ち位置から「扇状にキャストの距離を変えながら

フォールのみで探って行くのも良し!


ただし、僕のいままでの経験上から

アジの群れが大きい場合にはフォールの釣り!


群れが小さいほど、アタリの出たカウントから

スローリトリーブで「横の釣り」を展開するほうが良いように感じています。



またリトリーブスピードですが

基本は「スプーンがグルグルと回転しない速度」になります。


巻き速度が速すぎると・・・スプーンは水抵抗を受け過ぎてグルグルと回転します。


イナダやサバには、有効になるケースも多々ありますがアジには不向き!


使用しているリールや、アングラー側の感覚にもより変わってきますが

一応の目安は・・・1秒間に一回転程度のスローリトリーブですが


デイ釣行の際などに、どの程度の巻きスピードだったら!

スプーンが回転しないか?良く泳ぐか?など

ご自身の感覚でリトリーブ速度を確認しておくのも良いですよ。



もう~3年ほど以前の動画になりますが

良かったら見てみてください(笑!


アジスプ動画 】・・・By:アングリングソルト



★次回は・・・アジスプ特有のワームのセット法などなど

マニアックな部分を書きたいと思います!


また、疑問・質問や要望などありましたら

コメント欄に記入頂くか、メッセにてお願いします!

(恐れ入りますがお電話での問い合わせには対応できません…汗!!)



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

グーフィン一瀬丸さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。