Googleブック検索、日本でも開始される。

2007-07-07 09:26:39 Theme: トリップウェブサービス
まえまえから気になっていた、Googleのサービスに、
Googleブックというのがありました。

海外ではリリースされていたのですが、
日本でもついにリリース。

本といえば、中身を見たければ実物を確認しなければなりません。
また、欲しい情報を探すにも泥臭く調べないと、
クリティカルな情報には行き当たりません。

実際、特定の分野で深掘りしようとするときは、
本屋さんをはしごして本を立ち読みし
一番よさそうな本を購入します。

それを、ネット上でやってしまえるのが、
Googleブック。サーチエンジンから重要そうなキーワードより
本の中身を検索し、サンプルページを読み、
もっとも合いそうな本を特定できてしまう。。。

そんなサービスが、いよいよ日本公開。

URL http://books.google.co.jp/

以下WEBからです。

>>>>

書籍検索サービス「Googleブック検索」、日本語版開始

“ユーザーと書籍の新たな出会い”を目指す

Googleの日本法人は5日、書籍検索サービス「Googleブック検索」の日本語ベータ版を発表した。出版社から提供された書籍をキーワードで検索でき、検索結果から書籍の全文や一部を閲覧できる。利用は無料。

 Googleブック検索は、英語圏では2003年に「Google Print」としてベータテストが開始され、現在は「GoogleBookSearch」として提供されている。通常のWeb検索と同じように書籍を検索し、結果には書籍名、表紙のサムネイル、著者名、発行年、ページ数、キーワードにヒットした本文の数行を表示する。

 書籍の内容は、出版社や著者が指定した閲覧範囲の許諾に応じて「全文」「部分プレビュー」「スニペット」「プレビューなし」といった4つの表示方法を用意する。

 全文表示は、著作権切れの書籍や出版社が全文掲載を許可した場合で、印刷やPDF形式でのダウンロードなどが可能。部分プレビュー表示は、出版社が許可した書籍の一部を閲覧でき、印刷やダウンロードはできない。

 スニペットは、出版社から提供されていない著作権保護期間内の書籍。閲覧できるのはISBNコードや目次などの書誌データ、検索語の周囲数単語、書籍内のキーワードのみ。プレビューなし表示は、Googleがデジタル化していない書籍で、Web上の情報が閲覧できる。

 このほか、全文、部分プレビュー、スニペットでは、Amazon.co.jpや楽天ブックスなど、オンラインショップで書籍を購入するためのリンクや出版社へのリンクを表示する。さらに、地域名を入力することで、周辺の書店をGoogleマップに表示することも可能。英文のみだが、検索した書籍が置いてある海外の図書館を検索する機能も用意している。

>>>>

Google誕生 —ガレージで生まれたサーチ・モンスター/デビッド ヴァイス
¥2,400
Amazon.co.jp



 ↓Please Click !! 
にほんブログ村 IT技術ブログへ人気blogランキングへ
いいね!した人  |  Comments(0)  |  リブログ(0)

goodtripさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Comments

[Publish Your Comment]

Add your comment

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。