PHPMatsuriにいってみた

テーマ:
今年もPHP Matsuriにいってきました。
昨年も参加してみて、Cake、Symfony、Lithiumの開発者の方の話をきくことが
できて感動したのですが、今年も刺激を受けるために参加しました。

| 今年の印象


このBGMなくして、今年のPHP Matsuriは語れません。
何の前触れも無く、ながれるこのBGMを何度きいたことでしょう・・・・

今年も夜のゲーム大会が・・・。
何故か夜中の3時くらいに、巨大スクリーンでAngryBirdsをやる自分。
いや、ねむかったんで、息抜きに・・・

と、前置きは置いておいて。

昨年、Lithiumの開発者Nateの話をきいて、猛烈にLithiumに興味をもったのですが、
今年は、Lithiumのワークショップに参加することができました。

なんと、Lithium開発者の@gwoo(ギャレットさん)の隣という席配置。
詰まっていたら、話しかけてくれる心遣い!やさしかったです。

他の方のBlogを読めばわかりますが、
今年のPHP Matsuriはギャレットさんのノリに巻き込まれた感じです。
いや、とっても楽しかったって意味ですが。

Lithiumのセッションの話をきいて、ふと、今年つくるもの決めてなかったけど
そうだ
JenkinsとLithiumのプラグインをなんかつくれないだろうか。
と、夜中に思い立つという、去年の反省が活かしきれていない
スロースタートでした。

PHP Matsuriなのに、Javaと格闘している自分・・・・

2日間で結局JenkinsのPluginのチュートリアル通りまでしか
動かなかった・・・orz

| 今年できたこと

でも、今年は去年自分ができなかったこととして、
発表に参加するということができました。
(最終のLTでなく闇phpmatsuriの方ですが。)



いや、夜中なんで、皆さんの発表面白すぎでした。
闇PHP Matsuriを企画してくださったvoyagegroupさんに感謝です。
voyagegroupさんを持ち上げたわけではないですが、
「Tuningathonにいってみた」といったLTをさせてもらいました。
まぁ、時間がたらず、最後の結論を言う前にNinjaにきられたわけですが・・・

あと、テストワークショップも参加したのですが、
そこで教わったことを社内に持ち帰って、
自分が講師で、TDD勉強会ができたのも
良かった点です。

テストワークショップに参加してみて、
やっぱりプログラムは座学ではなく、体験してみないと
その本質はわからないと思ったからです。


| 振り返って

やっぱり、最後の皆さんのLTをきくと、
自分もなにがしかのものを発表できるくらいまで、
プログラムして、LTするべきだったな、
と思います。

発表してなんぼ何だと思います。

今年は大阪ってことで、最後の最後までいくかどうか
悩みましたが、行ってよかったです。

非日常がやっぱりPHP Matsuriにはあって、
その時間をみんなと過ごすだけでも刺激になりました。

とはいえ、2回参加してるのに、まだ最後の発表ができていないのは
悔しいので、来年こそは発表するぞ、と
1年後のために、ここに書いておきます。

来年こそは!
AD