GOODMUSICTOM

Quiet Plan CREW BLOG


テーマ:
10日間に渡り、トロントの街をJAZZで染めた「Toronto Jazz Festival 2012」
市内40か所以上のホールやライブハウス、レストランなどを会場として1500組以上のアーティストが参加し、350以上のステージが開催されました。
メインステージの豪華出演者のLIVEは素晴らしいのはもちろんの事、期間中は街中の多くのJazz Live Houseなどで、毎晩夜遅くまでLIVEやセッションなどが行われていました。
メインステージのラインナップは、George Benson、Natalie Cole、Robert Glasper、Roy Hargrove's RH Factor、Hiromi Uehara 、Janelle Monae、TEDESCHI TRUCKS BAND、Ziggy Marley、Esperanza Spalding Radio Music Society、Tower of towerなどなど。

今回ステージを訪れたのは、
HIROMI: The Trio Project / THE BAD PLUS with Special Guest Joshua Redman
ROY HARGROVE'S RH FACTOR / Roberta Gambarini
ESPERANZA SPALDING Radio Music Society / Gretchen Parlato
TOWER of POWER / Sierra Leone's Refugee All Stars

スタートのウィークエンド、日曜日夜のメインステージに登場したのは日本人ジャズ・ピアニスト上原ひろみが率いる、「Hiromi Uehara Trio」
ベースのアンソニー・ジャクソンは Steely Danやチック・コリアのバンドに加わる実力派ベーシスト。ドラムのサイモン・フィリップスはToto、The Whoなどで活躍しており、Rockドラムで観客を魅了していました。
エキサイトしてくると立ち上がって演奏する「ひろみスタイル」も。
最後は満員のオーディエンスからスタンディングオベレショーンを浴びていました。

続いて、登場は「THE BAD PLUS with Special Guest Joshua Redman」
THE BAD PLUSはアメリカ出身のジャズピアノトリオ。
ニルヴァーナからアバまでカヴァーする、プログレッシブなJAZZの演奏をするグループ。
メンバー全員がフリージャズ好きな事から、LIVE全体としても、フリージャズ・アンビエント調な音楽で進行あ。
セロニアス・モンク・コンペティションで優勝、世界的なサックス奏者 Joshua Redmanとのコラボレーションも見事。
Pharoah Sandersのような、スピリチュアルな空間を演出。
会場を独創的に、深いJAZZの世界に取り込みました。


○ ROY HARGROVE'S RH FACTOR / Roberta Gambarini
五日目メインステージに登場は、Jazz trumpeter「ROY HARGROVE」
彼のHIP HOP PROJECT「RH FACTOR」として登場。
当日は同時刻に違う会場でも、 Jazz pianist「Robert Glasper」の講演が行われており、Black Music好きとしては、たまらない一日になったのでは無いでしょうか。

RH FACTORのOpenningとして登場したのは、「Roberta Gambarini」
Sarah Vaughanなどが築いた、正統派ジャズ・ヴォーカルと知られる、 Roberta Gambarini。
彼女はイタリア出身、現在はニューヨークにて拠点をおいて活動している。
今回は、「Roberta Gambarini Quartet」として参加。
彼女の美しい歌声は観客を魅了し、アメリカンジャズとはまた一味変わった、Slow Jazzの中にも、特別な明るさがありました。

いよいよ登場は、「ROY HARGROVE'S RH FACTOR」
彼のアルバムは長年聞かせてもらっていますが、これほどCoolな装いで、こんなにHotなLiveをするJazz Manはいないんでは無いでしょうか。
今回の編成は、八人編成のBig Band。
Hip Hop Jazz BandのProjectとして、編成された「RH FACTOR」
楽曲もアルバム収録曲を中心に、終始太いビートと共に観客を魅了していました。
印象的だったのが、 ROY HARGROVEが常に回りのプレイヤーを生かし、演奏していた所。表に出すぎず、その立ち振る舞いと熱いLIVEに心打たれました。


○ ESPERANZA SPALDING Radio Music Society / Gretchen Parlato
六日目メインステージに登場したのは、現代のJazzシーンにおいて最もHotなアーティストでもある「ESPERANZA SPALDING」
彼女は昨年の第53回グラミー賞で、最優秀新人賞を受賞。若干、27歳のベーシスト/シンガー。
今回は、なんと12人編成。管楽器6人・バックコーラス2人を中心に、壮大なセットで行われました。
去年の勢いそのままに会場は今回自分が訪れた中でも、最多の動員。
彼女のLIVEは、まるで一つのストーリーように展開していきました。
自分より背丈のあるウッドベースとエレクトロベースを自在に操り、超絶なスキャットを響かせる。
その姿は完全に会場を支配し、観衆は「ESPERANZA劇場」に酔いしれていました。

約2時間に渡った講演。
アンコールでは、Openingで登場した「Gretchen Parlato」とDuo。
これがまた素晴らしく、最高な演出で「ESPERANZA劇場」は幕を閉じました。

そしてこの日のOpeningを飾った、「Gretchen Parlato」
彼女は本当に素晴らしかった。
2004年のセロニアス・モンク・ジャズ・コンペティションで優勝。
Herbie HancockやWayne Shorterら大物ミュージシャンたちからも絶賛を受け、最近出されたアルバムでは、共同プロデューサーにRobert Glasperを迎えている。
今回のメインアクトの中でも、特に印象に残ったアーティストであるのは間違いありません。
感覚的には、「The Heavy-First Sessions」を最初に聞いた衝撃と同じ物を感じました。
Gretchen Parlatoの伸びやかな歌声と、シンプルの中に黒さを感じるトリオバンドの演奏。
Jazzという枠を超え、Soul Musicのような古き良きVocalistの質を感じました。


○ TOWER of POWER / Sierra Leone's Refugee All Stars
最終日、大トリを飾るのは史上最強のファンク・バンドとして世界に名を誇る「TOWER of POWER」
結成40年を超え未だに衰える事の無い、Soul&Funk Music。
彼らのリズム&グルーヴ、そして最高のホーン・アンサンブルは色褪せる事はありませんでした。

Openingを飾ったのは、「Sierra Leone's Refugee All Stars」
ギニア難民キャンプから生まれた至高のバンド。
西アフリカの音楽とルーツ・レゲエをMIXさせた彼等のステージからは、とにかく音楽に対する愛を感じました。
ステージでの振る舞いはとにかくHappy。
内戦状態の難民キャンプ生活の中から、とにかくポジティブな意志を持とうと始めたのが音楽活動。
そんなバックグラウンドから生まれた音楽にPowerを感じない訳がありません。
印象的だったのは、彼らの笑顔。
「音楽」の可能性をまた再確認したStageでもありました。

そんなHappyな雰囲気のまま、舞台は「 TOWER of POWER」へ。
彼らの登場と共に、会場のモチベーションは最高調に。
スタートからオーディエンスはスタンディングオベーションで迎え、そのままダンスタイムに突入。
往年の代表曲を中心に、Soul&Funk Musicを全面に展開。
時よりボーカルLarry Braggsのソウルフルな甘いバラードを混ぜながら、絶妙な温度差があるステージさばき。
リーダーEmilio Castilloが「Soul is Power」とオーディエンスを煽れば、会場は70年代「Soul Train」のTv Showを見ているかのような錯覚に陥りました。
終始オーディエンスと一体化した素晴らしいLIVEを展開した、「 TOWER of POWER」
今回の「Toronto Jazz Festival 2012」を締めるに相応しすぎるアーティストだった事に間違いありません。


全体を通しても、どのLIVEも本当に素晴らしかったです。
日本では考える事が出来ない、Bandの構成・ステージのパフォーマンス量。
特に値段設定は異常なほど安いです。
是非海外にいる間に、皆さんにはたくさんのLiveを見てもらいたいと心底思いました。
音楽を愛するものなら、LIVEは体感するものです。



以下写真は全て「Toronto Jazz Festival 2012」の許可を得て撮影しております。

$GOODMUSICTOM


HIROMI: The Trio Project
GOODMUSICTOM


THE BAD PLUS with Special Guest Joshua Redman
GOODMUSICTOM


ROY HARGROVE'S RH FACTOR
$GOODMUSICTOM


Roberta Gambarini
$GOODMUSICTOM


ESPERANZA SPALDING Radio Music Society
GOODMUSICTOM


Gretchen Parlato
GOODMUSICTOM


TOWER of POWER
GOODMUSICTOM


Sierra Leone's Refugee All Stars


GOODMUSICTOM
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
六月に入ってから、急加速するようにトロントの街は賑わっています。
カオスですね。

特に「EURO2012」はこのモザイクタウンを象徴するかのような、街の盛り上がり。
リトルイタリー、ギリシャ街、ポルトガル人街を中心に、街を走る車は生まれのフラッグを靡かせ、勝利を得たサポーターはダウンタウンを悠々と合唱しながら闊歩しております。

今月は、
トロントオリジナルイベントの「Luminato」
http://www.luminato.com/

世界中から実に650ものアーティストが集結、なんと30万にも観客を集めたと言われる。
「NXNE/ノース・バイ・ノース・ウェスト」
http://nxne.com/

Katy Perry, Justin Bieber, Carly Rae Jepsen, Marianas Trench, Nelly Furtado and LMFAO,などがパフォーマンスを行った、「MUCHMUSIC VIDEO AWARDS 2012」
http://mmva.muchmusic.com/

そして「Toronto JAZZ 2012」
http://torontojazz.com/


そんな中特に印象に残ったのは、「Einstein on the Beach」
20年振りに再演される現代版オペラ。
アインシュタインの相対性理論をテーマに、光の速度と時間の経過が表現されている。
前衛アーティストの巨匠、舞台演出家ロバート・ウィルソンと作曲家フィリップ・グラス。
あまりに壮大すぎるテーマで、考えれば考えるほど奥深くハマる感覚。
目の前で行われる舞台は、感覚を麻痺させ、震えるほどに感動を与えてくれました。

Robert Wilson / Philip Glass - Einstein On The Beach
http://www.youtube.com/watch?v=b26E0D2pm1c


更に翌週日曜日は、New Ageのカリスマ「Yanni」のワールドツアー、トロント公演。
彼は今までにも、インドのタジマハール・ギリシャのアクロポリス・中国の紫禁城でのライブコンサートを開催。
その壮大さをそのままに、今回の講演でも素晴らしい舞台を演出してくれました。
オーケストラを従え、観客を魅了する、息を飲むとは正にこの事。
本当に本当に素晴らしすぎました。

Yanni - Santorini (Live At Acropolis)
http://www.youtube.com/watch?v=Ecm-RFL8nNM


感じる事に限界は無いですね。
現在は「Toronto JAZZ 2012」の真っ最中。

皆さんも健康な日々を。
Thanks


映画「Back to the Future」の世界では、現在はもう「未来」の中です。
空飛ぶ車などまだ少し時間かかりそうですが、日本という国は大きく変化しようとしてますね。
「新しい時代」
僕らは常に問題と困難に立ち向かう世代などだと思います。

以下リンク読みました。

ネットで拡大、再稼働反対 官邸前に人の波
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5068616.html

僕がデモに行く理由
http://ameblo.jp/shuya-okino/entry-11283755282.html

金がないから「いい音楽」作れない?~ビジネス感覚なき職業音楽家の末期症状
http://kasakoblog.exblog.jp/18220333/

音楽プロデューサー・佐久間正英氏が語る「音楽業界の危機的状況」
http://blogos.com/article/42056/

1万字インタビュー:DJ EMMA~“THE KING OF HOUSE”と考える日本のクラブの現状~
http://www.eyescream.jp/special-all/interview/djemma-thekingofhouse/



GOODMUSICTOM
GOODMUSICTOM
GOODMUSICTOM
GOODMUSICTOM
GOODMUSICTOM
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Qubec
世界遺産にも登録されている、この街。

一歩一歩道を歩くたびに、その景色が変わる。
坂が多く、上からの街並もまた美しい。

時代がまるで止まってるかのように、優雅に過ごせる街。
過去を大切にし、今を生きる。

「Qubec」の信条は、 Je me souviens は(私は忘れない)

このモットーはわずか3語である、ジュ・ム・スヴィアン、しかしこの簡潔な表現には、とうとうと語られる演説よりももっと価値があるのだ。
そう、忘れてはならないのである。
我々は過去とその教訓、過去とその不運、過去とその栄光を忘れてはならないのである。
歴史家 トマ・シャペ

「Montreal」の信条は、 Joie de vivre(生きる喜び)


街に信条があるっていいですよね。
コンセプトがある、その街に住む意味がある。
なんかだらだらしないで、街のために何か自分自身で取り組めそうですよね。
住んでる街、育った街。
国に託すのでは無く、小さなコミュニティで一つ一つ考えて行く事が大切な気がします。

皆さんも健康な日々を。
Thanks



Has been registered as a World Heritage Site, this city.

Each time a walk on the pavement, its scenery will change.
Many hill, also beautiful streetscapes from the top.

As if time has stopped, the city spend gracefully.
To cherish the past, live in the now.

Creed of "Qubec" is, Je me souviens
Creed of "Montreal" is, Joie de vivre

What good there is a belief in the city.
Do not lazy, so tackle on its own is something for the city.
Rather than commit to the country.
Consider going one by one in a small community.
In Japan today to feel important.

Thanks


以下リンク読みました。

ミスチルを目指して終わるな──坂本龍一かく語りき
http://ascii.jp/elem/000/000/218/218272/

為末大/スポーツで身体を自由に遊ばせよう
http://onyourmark.jp/2011/8/tamesue/43?next_page=true

須永辰緒×松浦俊夫、夜遊び談議
http://openers.jp/culture/matsuura_toshio/matsuura_toshio027944.html                         



$GOODMUSICTOM
$GOODMUSICTOM
GOODMUSICTOM
$GOODMUSICTOM
GOODMUSICTOM
GOODMUSICTOM
GOODMUSICTOM
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
芸術の街、そしてフランス語圏の都市としてはパリに次ぐ規模である「Montreal」
そこで開催された、北米最大級のダンスイベント「MUTEK」は自分が想像する以上に、音楽への深みとイメージを超えさせてもらいました。

Montrealの街並は、「北米のパリ」と言われるほどヨーロッパそのもの。
標識、建造物、雰囲気。
特に旧市街と呼ばれる街並は、ゆっくりと美しく、人々を魅了する街でした。

MUTEKの会場は、ホールやクラブ、映画館、アートスペース、島、教会など。
Montrealの街全体で行われた、Music Fes。
出演アーティストは、 新旧問わず現在のミニマル・テクノ・エレクトロミュージックを牽引している、豪華メンバー。
特に自分の印象に残っているアーティストは、

Deniz Kurtel・Nicolas Jaar・BNJMN・Kode9・A GUY CALLED GERALD・ MINILOGUE VS MATHEW JONSON・CLARK...

Crosstown Rebels・Rush Hour Recordings・ Hyperdub

音の洗練さ、シンプルさ。
このMusic Fesのレベルの高さを痛感しました。

「Montreal」の信条は、 Joie de vivre(生きる喜び)。
これから夏に向け、街は音楽とArtで溢れています。
あなたにとって(生きる喜び)は何ですか?
僕は、常に笑って、自分にとって大切な人達といる事です。

皆さんも健康な日々を。
Thanks



Was held there, dance events 「MUTEK」 North America's largest imagine more than their own, I had to let the depth of music and images beyond.
Streets of Montreal, the Europe itself enough to be called the "Paris of North America."
Signs, buildings, atmosphere.
Street called the Old Town, the city was slowly and beautifully.

「MUTEK」 venues, clubs and halls, cinemas, art space, island, and churches. Was performed in the whole city of Montreal.
Performing artists are leading the current minimal techno electronic music old and new alike, gorgeous members.



以下リンク読みました。

風営法のハテナ
http://fu-ei-hatena.seesaa.net/

言葉の力
http://www.houyhnhnm.jp/blog/hikone/2012/05/post-41.html

インナーワールドの探求 TOWA TEIインタビュー
http://www.cinra.net/interview/2012/04/28/000000.php?page=1

神格化された音楽家の人生を浮き彫りに、ボブ・マーリー初の公式ドキュメンタリー
http://www.cinra.net/news/2012/05/24/210420.php

『Pacific Roots』。待望の第2弾が登場!
http://www.hmv.co.jp/news/article/1206020002/?utm_medium=twitter&utm_source=dlvr.it








GOODMUSICTOM
$GOODMUSICTOM
GOODMUSICTOM
GOODMUSICTOM
GOODMUSICTOM
GOODMUSICTOM
GOODMUSICTOM
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先週はトロント南側にある、ハーバーフロントに「Toronto International Circus Festival 」を見てきました。
KIDS向きのFesでしたが、天気も良く、ゆっくりとした時間が過ごせました。

トロントの気候はもう夏。
天気も良い日が続き、いよいよ野外イベントが気持ち良い季節になってきました。
六月~八月。
短いトロントの夏を楽しまさせて頂きます。

来月一日~は、
モントリオールにて北米最大級のダンスパーティー「MUTEK」
街全体がFes会場。フランス圏でもある街並と、Music×Artのコラボは魅力的です。
www.mutek.org/

中旬~は、
トロントオリジナルイベント「Luminato」
ダンス、音楽、ビジュアル・アートなど多様なジャンルの芸術と、力強い輝きを放つ光とのコラボが楽しめる祭典。
個人的に、20年振りに再演される現代版オペラ「Einstein On The Beach」が楽しみ。
アインシュタインの相対性理論をテーマに、光の速度と時間の経過が表現されている。その独特の空間にアクロバティックな振り付けが調和した舞台は今日のアンダーグラウンド演劇の先駆けとも言われているそうです。
www.luminato.com/

下旬~は、
「Toronto Jazz」
torontojazz.com/
メンバーもかなり豪華。
街の雰囲気、会場、色々と学べる所があればと思います。

そして、ニュー・ エイジ・シーンで日本でも有名な「Yanni」のワールドツアーがトロントでも開催。これはかなり楽しみです。
必ずや素晴らしいステージになると思います。
http://yanni.com/splash/

ではでは、皆さん健康な日々を。
Thanks



I went on the south side of Toronto, we've seen the "Toronto International Circus Festival".
Fes was facing KIDS, good weather, a slow time was spend.

Toronto's climate is already summer.
The weather continued good day, it has become pleasant outdoor event season finally.
August to June.
Please let me enjoy the short summer in Toronto.

My recommend Event

Dance Party "MUTEK" North America's largest in Montreal.
Fes The whole city venue in collaboration Music × Art is fascinating.

Original Toronto event "Luminato"
Enjoy the festival in collaboration with various genres of art and throw light, dance, music and visual arts.

"Toronto Jazz"
Members also quite gorgeous.
I would like to learn from the event.

Thanks.


以下リンク読みました。


ネット選挙運動解禁への課題は“国民の無関心”?――与野党議員と津田大介さんら議論
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120525-00000025-zdn_n-inet

デモに参加するノリでカジュアルに政治に参画する時代の幕開け
三宅洋平[(仮)ALBATRUS]×杉岡太樹[『沈黙しない春』監督]対談
http://www.webdice.jp/dice/detail/3512/

「ハッカー」に戻ろう-フェイスブックCEOが秘める決意
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M4679W6KLVR401.html

「週末も働け」というアップルが必ずしも「ブラック」でない理由
http://www.newsweekjapan.jp/reizei/2012/05/post-429.php

小松俊之(OnEdrop Cafe代表)競うだけがランニングじゃない
http://onyourmark.jp/2012/5/offbeatrun01/26022





GOODMUSICTOM
GOODMUSICTOM
GOODMUSICTOM
GOODMUSICTOM
GOODMUSICTOM
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。