10回目。

テーマ:
2006年9月1日、28歳になる誕生日に創業しました。

その日は1人で意気揚々と希望に満ち溢れてたのか、ドキドキしながらちょっと不安に過ごしたのか、、、、どんな日だったのかは全く覚えてません。
が、いつの間にか何とか息をしながら10回目の創業日を迎えることが出来ました。
いよいよ独立して10年目です。

この9年、仲間がどんどん増えて、人に悩み、人に助けられ、何とかやってこれた気がします。
毎年この日には同じことをいくつかアウトプットするためにブログを欠かさず更新してます。

まずは両親へ。
37年前に丈夫な体に産んでくれてありがとう。
自由気ままにスクスクと育てていただいたおかげで、ある意味デリカシーのないほぼ子供のままの大人に育つことが出来ました。感謝。
誕生日は親に感謝の気持ちを想う日。

次に仲間に、お客様に、取引先様に、株主の皆様に感謝を想う日。
創業時から本当に皆々様に助けられてます。
本当に本当に関係者のみなさま有難うございます。


そしてそしてこれから。
もう完全にアラフォーなのですが、まだまだ青春まっただ中。
エネルギーは有り余ってるし、アドレナリンも出まくってるし、目標ややりたい事が盛りだくさん。
毎年この詩を思い出しています。



「青春」


青春とは人生のある期間ではなく、心の持ち方をいう。
歳を重ねただけで人は老いない。理想を失った時に初めて老いる。

人は信念と共に若く、疑惑と共に老いる
人は自信と共に若く、恐怖と共に老いる
人は希望と共に若く、失望と共に老い朽ちる


いま頭を高く上げ希望の波をとらえる限り、たとえ何歳であろうと君は若い。




そう、僕は若い。
まだまだぶっ飛ばして行きます!




PS:家族からは一足早くこんなプレゼントをもらいました。

息子から。(石版に書いた似顔絵)



嫁から。(ポテチ)


自分の誕生日自体には興奮はなくなりましたし、どうでも良くなりました。
なかなかシュールで、総額100円そこそこの誕生日プレゼントですが、それで十分に幸せを感じれることが一番のような気がしてます。







AD