物語をライブで聴く 秋元紀子ひとり語り

語り・朗読のライブを続けて18年。演技講師の日々の気づきなどなど。



@goodface2007 もフォローミー!!

物語をライブで聴く、心に効く、豊かな時間


   秋元紀子の透明な声と音楽で織りなす、語りの世界


テーマ:
今朝は10時から、千葉に住むSさんとスカイプで朗読のレッスンをしました。

6月10日の原宿での発表会をめざしています。

宮本輝氏のエッセイを二篇読みます。

これが、いい作品なのです。

いつも彼女は、独特なセンスで他にはない作品を選んできます。

彼の少年時代の話で、父や母の姿を絶妙に描いています。

Sさんが母親の短いセリフを言うだけで、ポンと一気に混乱してた昭和の時代に吹き飛ばされます。

前回にこの話の風景をイメージして欲しくて、黒澤明の『どですかでん』を勧めました。

効果は、ばっちりでした。

その当時の雑踏な歓楽街や街並みが匂いと共に現れました。

発表会が楽しみです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
みんな、どうかすると、

綺麗に、上手に、

読もうとする。

または、

間違えないように、

丁寧に読む。

書かれている文字を

読み上げると

単なる説明になる。

朗読は、

物語を説明することではない。

説明しだすと、

あらすじだけになる。

そして、

自分がなくなってしまう。


普段、人に何かを伝えたい、

聞いてもらいたいっていう時、

その時の気持ちを

胸に秘めているでしょう?

そこが、まず原点だよね。

感動とか怒り、不安、喜び

または驚きなど

その湧いて出てくる気持ちが

根本にあるから、

話し始める。

だからね、

朗読するのに、その物語の

どこに感動したのかが

とっても大事。

見えている文章ばかりに

目が行き、

どう読むかばかりになりがち。

聞き手は、

読み手がこの物語をどう捉えて、

どんな風に感動したかが

わかりたいのだ。





{9BB3C955-BA93-4CE4-8555-2B33F363DEEC}













AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は、学習院大学で戯れの会でサルトルの「出口なし」を。今日は今、静岡に向かって、SPACの「真夏の夜の夢」を観劇。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。