注文住宅、住まいづくりのバイブル。最強の住宅専門家、住宅コンサルタントが教える本当の住まいづくりの方法がこれだ!

誰よりも頼りがいのある住宅コンサルタント:オカモト企画代表のブログです。
誰も書かない注文住宅の話をブログにします。ハウスメーカーで注文住宅を建築する人は、必見です。注文住宅を成功させるためのバイブルなのです。


テーマ:

成功への道というものは、失敗から何を学ぶかと言えます。失敗なくして成功は有りえません。

しかし、人生でたった一回しかできない大事業に対しては、失敗は許されるものではありません。その為に、他の実例から学ぶことが必要なのです。

 

今回は、この他人の失敗実例から、何を学ぶべきかを書いてみましょう。

 

数多くの公開掲示板には、多くの人が書き込みをしています。中には、真偽が疑わしいことも沢山ありますが、この相談が目にとまりました。匿名で書かれていますし、メーカー名も記載されていないので、本当かどうかもわかりませんが、題材としては一般人にとっても、業者にとっても学ぶべき事柄が多い内容です。

全文を転記します。

 

「現在ハウスメーカーで新築を建設中です。」

現在ハウスメーカーで新築を建設中です。

上棟後から、色々な問題事があり何度も工事が止まりました。
設計ミスでリビングの梁が邪魔で窓サッシが入らない、天井が5センチ低くなってしまう、埋め込み式のリビングのエアコンが要望通りの場所につかない、床材の発注間違え、外壁の貼り間違え等、とにかくことごとく打ち合わせ通りにやってもらえず工事が止まって来ました。

壁紙も、決めたのは何ヵ月も前なのに1番使うリビングの白が欠品していると、壁紙をはる前日に言ってきました。ここまでひどいと言葉もなく。

今引き渡しが2ヵ月遅れています。再び出させた工程表もまたズレ、予定していた引っ越し日に間に合いませんでした。

主人が建設関係の仕事をしているので、毎日夜中でも現場をチェックしています。

このハウスメーカーの現場監督は何もやってないんじゃないかという感じで、名前ばかり。
主人が怒って呼びつけてやっときた感じです。でも担当者は本当に頑張ってくれてはいます。

でも正直にここまでひどいと思っていませんでした。
今までの問題は金額で代償をとってくれと話し、見積もりはもちろん着工前に出ていましたが再度出すように促しても促しても出てきませんでした。もちろん既に銀行からの借入れ金額も決まっています。

昨日引き渡しの予定がまたズレましたが、見積もりが出てきたのが引き渡し予定3日前。
…。予算のプラス400万でした。

唖然として突き返しましたが、今値引いてくれても予算プラス300万です。


こんなことは許されるのでしょうか。

実は着工前にローンの申請など待っていると工期に間に合わないと、ハウスメーカーの都合でかなり現金を入れています。
なので今家具家電を貯蓄から払うのはキツく、借入れを当てにしていました。

貯蓄もなく、予算プラス300万とはどうしたら良いのか途方にくれています。
もちろん、散々ちゃんと予算内か、見積もりを出してくれと言い続けてきました。

ハウスメーカーは現場監督の上司を連れてきて謝るだけ。
謝られても今更解決しません。

幸い、外構がまだなので外構を削るしかないかと主人と話していますが納得できません。
引っ越しに向けて今生活も不便で、荷造りも頑張ってきましたがやる気にもうなれません。
楽しみにしてきた新築、子供たちも小さいですが私と主人の話を聞いて「引っ越しできないの?」と泣き出しました。


本当に訴えたいレベルかと思いますが、担当者と主人は現場への思い入れも強く涙しています。私は引き渡し、引っ越しは無理だと思っていますが何か良い方法はあるのでしょうか。

そのハウスメーカーを選んだ私達が悪いのは分かっていますので誹謗中傷はご遠慮いただけたらと思います。

 

記載掲示板:現在ハウスメーカーで新築を建設中です。

 

リンク先の記事は、削除されている場合があります。

 

さて、この記事を読んでみると、よく聞くトラブルであると思われることでしょう。

しかし、この内容には、2つの大きな問題があるのです。

それが今回のトラブルの原因なのです。それにお気づきになられた方は、大変優秀な方だと思います。

その2つとは、この文章に書かれています。

 

・主人が建設関係の仕事をしているので、毎日夜中でも現場をチェックしています。

・でも担当者は本当に頑張ってくれてはいます。

 

今回のトラブルは、起こるべくして起こっています。それは、この2つの文章から容易にわかることです。

 

施主が建築関係者ということがまず第一の問題なのです。

おそらく、建築という広い意味での関係者なのでしょう。もし、住宅建築に詳しい建築の専門家やその仕事に従事している人であれば、自分で現場チェックなどはしません。

他人が現場のチェックをするということが、現場で作業をしている人達に与える影響を知っていると、自分でチェックはしないで、チェックさせる方法を指導するだけのことです。

また、チェックしなければならない現場しかできない会社とは、決して契約などはしません。

 

建築関係者であれば、建築業界というものをよく知っているわけですから、現場でどのような事が行われているかを熟知しているわけです。自分の現場もそうなることは百も承知なのです。また、そのような状況なのでどのようなトラブルが起こっているかも知っているわけです。自分達がそのようにならないためには、何をどうすれば良いかを知っているのが、建築業界にいれば当たり前なのです。それを知らないで自分で対処しようなどと思っていることが、そもそもの間違いなのです。また、施主の勤め先がこのような対処しかできていないために、どう対処するべきかを知らないということもあります。そうであったならば、そもそも建築関係者というような業者に間違った期待と権勢を行わせるようなことを言わなければ良かったのです。素人に徹することで、業者側に責任ある進め方をさせることも十分可能だったわけです。

 

さて、もう一点ですが、このような痛い目にあっているにも関わらず、担当している営業に関しては、よくやっているという馬鹿げた評価をしていることです。

 

この相談者がまったく気が付いていないことは、すべては、この住宅営業が無能だったために引き起こされているということです。

顧客側に対しても、会社側に対しても八方美人な対応をしているので住宅営業の評価が下がっていません。これが大きな問題なのです。

住宅営業は、建築プロセスに対して専門的なことは何もできません。すべては、専門職の人間達が行うことです。建築図面に関しても作成するのは、建築士ですし、確認申請を作り、建築図面や作業工程を組み、実際に組み立てを行うのは、住宅営業ではありません。

住宅営業の仕事は、彼らがストレスなく仕事を順調に行い、目的物を完成させることなのです。各部署間の連携や予測される障害を取り除くために、自らが汚れ役に徹して、各自を守り、施主の利益を守ることが業務なのです。

しかし、この営業は、現場に責任を押し付け、施主側に苦悩を与え、行う必要のない作業を施主側と職人側にさせています。しかし、自分の立場だけは確保しています。

最低な住宅営業であり、また、反対に卑怯な営業としては大変優秀な人と言えます。

最も接触してはいけない悪意のある営業なのです。

 

この点を読み取れない人は、確実に同じ間違いを犯すことになります。

未経験者という劣勢な状況で頼れると思った住宅営業が悪意に満ちた八方美人タイプであり、営業成績だけで会社に守られている場合は、施主側は、訴訟など法廷な手段に訴えたとしても、幸せな勝利はありません。

 

確実に言えることは、このような事態は、初期段階で予見できていたということです。

これに対して、防止策は住まいづくり工程の中に何度も出てきます。その場で確実な方法を行うことでこのような事態にはならなかったと言えます。

互いに先行きが読めない人達だけで進めてくるとこうなるわけです。住まいづくりと言うことは、本物のプロに頼らないと決して成功できることではありません。

頼れる人材を間違えなかったらこの相談者もこのような不幸な事態にはならなかったのです。

 

さて、皆さんはしっかりと学べましたか?

 

学ばない方は、顧客にしても、業者にしても必ず同様な事態に陥り、胃の痛い、頭の痛い、そして経済的に大打撃を受けることになるのです。

 

 

 

 

住まいづくりは知らないことばかりです。
従来の固定概念を捨てて、本当の住まいづくりを始めましょう。


弊社への電話相談は何時間でも無料です。
電話ですから、メールのような文章を理解する必要もありません。
時間限定を行っていませんので、気軽に電話してください。
詳しくは、下記ホームページをご覧下さい。


「失敗しない住まいづくり」 オカモト企画



より多くの方に、本当の住まいづくりを知ってもらいたいと思います。
下記、バナーをクリックしていただけると幸いです。




住まいの知恵袋 ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
にほんブログ村

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/w3uxms8risdv

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

グッドドラゴン さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。