注文住宅実現への道。これであなたも成功者の仲間入り!注文住宅セカンドオピニオンを活用しましょう!

注文住宅のセカンドオピニオン的存在として有名な「オカモト企画」。施主側、ハウスメーカー側双方の本音を、数多くの実例から辛口トークで綴ったブログです。このブログの中には、注文住宅を成功させるヒントが沢山あります。是非、参考にされてください。


テーマ:
失敗しない住まいづくり為にいろいろと、一般には知りえない内容のブログを沢山書いてきましたが、著者の私 岡本 尚人と私の経営している会社「オカモト企画」に対して、公式ホームページを見てもよくわからないという声を、お手伝いさせていただいた御客様からも聞きます。

そこで、今回は、ここ最近、オカモト企画に相談された方々からの疑問についてお答えしてみましょう。

一番多かった質問は、

「オカモト企画は、ボランティアなんですか?
限定といえども本当に顧客側は、コンサルタント費用を支払わないでよいのですか?」


です。

確かに、仕事を依頼してお金を支払わない場合は、ボランティアのように思われて仕方のないことだと思います。

しかし、事実として私がお世話したお客様は、私にまったくお金を支払っていませんし、オカモト企画が御客様にお金を請求したこともありません(オカモト企画の行動範囲外のケースは、御客様に承諾の上、交通費の請求をしています。)。

でも、ボランティアではありません。

もらうべきところから、コンサルタント料を支払ってもらっています。コンサルタント料を支払うのは、ハウスメーカー等建築会社側になります。

このように書くと、スーモや不動産業界に存在している紹介料という支払い方法と同じだと考える方も出てくると思いますが、まったく違います

スーモや不動産業者は、多数の建築業者に一人の顧客を紹介して、どこかで建築をされると請負金額に対して何パーセントという取り決めでお金をもらっています。

この慣習は、不動産業界や建築業界だけのものではありません。他業界でも、お礼という形で顧客を紹介してもらい、商売ができた場合は、お金や物品の動きがあります。

オカモト企画は、御客様を紹介するわけではありません。

オカモト企画を頼って、いっしょに住まいづくりを進めたいと決断された、オカモト企画のお客様をどの建築会社で建築を進めればよいかを、御客様といっしょになって考え、お客様が選んだ数社と面談の機会を作ります。

この交渉はオカモト企画が行います。その時に、建築会社側もオカモト企画の御客様になるわけです。オカモト企画がその建築会社にもコンサルを行うことも仕事になります。このコンサルを受けることができる建築会社かどうかも、条件になります。

顧客、建築業者共にコンサルを受けることができるという条件が整えば、ハウスメーカー等建築会社の選別会の実施になります。そこで、顧客側にハウスメーカー等建築会社は、自社のアピールを徹底的に行います。同日、数社で行った選別会の後、即日に御客様から1社を選択して、住まい計画を進めることになります。

この住まい計画が成就して、御客様とハウスメーカー等建築会社が請負契約を完結し、工事に着工できたケースのみ、オカモト企画に建築会社側からコンサルタント費用が支払われます。

この費用は、メーカー選別会実施前にメーカーとの面談時に交わされた条件の通り支払われることになります。その条件とは、コンサルタント料は、メーカー内に規定されている利益内から支払われることとしています。顧客に余分な費用として上乗せして請求したような金額ではいけませんということです。

もうおわかりになった思いますが、御客様がご自身の住まいを建築するための費用に上乗せされた費用から支払われるのではなく、通常、オカモト企画を使って使わなくても、請求される請負代金の中から支払われることが条件で、選別会への参加を計画できるのです。

このようなシステムを持っている会社は、他にはありません。

平成28年12月から料金体系を変更しています。
お金を払うことがないということを悪用する人達が出てきたためです。
弊社の考え方は、上記のままですが、このような悪意のある人達に弊社が損害だけを受けることは、企業存続のためによく無いと関係有識者達からのアドバイスを受け、料金体系を変更し、顧客からも費用を頂くことにしました。しかし、基本的な考え方は、変わっていませんので、顧客側に悪意がないと判断できる場合は、返金や割引のサービスも実施しております。
悪いことを考えている人達に善人達が不幸にならないための改正をご理解ください。



次に多かったのは、

「住所や電話番号を聞きたがらないのは、何故ですか?」
「メール問い合わせ時に住所や電話番号を書いていますが、営業されてこないのは何故ですか?」


です。

オカモト企画は、顧客から相談を受け、頼まれた場合にのみ、弊社の仕事としてお受けするかどうかを判断します。

オカモト企画は、販売会社でも営業主体の会社でもありません。

弁護士のような、依頼者からの依頼があって、その内容をよく確認して、御客様側にも、建築会社側にも弊社にも、誰も損をしない、誰もが幸せになれるというメリットがない限り、仕事をお受けする事はありません。

そのような理由から、顧客の個人情報を知る必要もありませんし、知ったからと言って、電話やメール等の営業行為をすることもありません。

重要なのは、素人である一般の方が、過去の自分の経験だけで間違った判断を行わないようにしてあげることです。その中で、お互いにメリットがあるようであれば、住まいづくりを助けるという形でしかお手伝いできませんので、精一杯、専門家としての能力を発揮させていただきます。

御客様側から、オカモト企画に一度相談してみようというアクションが、大変重要になってきます。どうせ駄目だからとか、何かあるのではというような裏読みは、オカモト企画に関しては不要です。

最後に御客様がよく言われる言葉があります。

「私は、いつもは慎重なので、電話やメールで問い合わせなどはしないのですが、どうしてかオカモト企画に連絡してしまったのです。その理由はわかりません。しかし、あの時、オカモト企画に連絡していなかったら、今ごろ、マイホームを持つなんてなかった、出来ていなかったと思います。本当に不思議な縁です」


この言葉は、御客様からよく聞きます。お医者様でも会社の社長様でも、一般企業のサラリーマンの方でも、同じことを話されます。

失敗しない住まいづくりは、目の前にあるのだと思います。しかし、見ているようで見ていない方が多いだけなのだと思います。たった1本の電話や1通のメールで半年から1年後には、すばらしい住まいを持てる方が沢山いると思います。

今回は、このブログを書いているオカモト企画について少しだけ書いてみました。

より多くの方に、本当の住まいづくりを知ってもらいたいと思います。
下記、バナーをクリックしていただけると幸いです。



住まいの知恵袋 ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
にほんブログ村

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/w3uxms8risdv

この記事に対してのご意見をお待ちしています。
コメント欄にご記入ください。


住まいづくりは知らないことばかりです。
従来の固定概念を捨てて、本当の住まいづくりを始めましょう。

無料電話相談を開始しました。
電話ですから、メールのような文章を理解する必要もありません。
時間限定を行っていませんので、気軽に電話してください。

また、より詳しく知りたい方向けに 土曜・日曜・祝日 2組限定の無料相談実施中です。
無料相談で住まいづくりの可能性を確かめてしましょう。
詳しくは、下記ホームページをご覧下さい。


「失敗しない住まいづくり」 オカモト企画

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

住宅セカンド・オピニオン オカモト企画さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。