注文住宅、住まいづくりのバイブル。最強の住宅専門家、住宅コンサルタントが教える本当の住まいづくりの方法がこれだ!

誰よりも頼りがいのある住宅コンサルタント:オカモト企画代表のブログです。
誰も書かない注文住宅の話をブログにします。ハウスメーカーで注文住宅を建築する人は、必見です。注文住宅を成功させるためのバイブルなのです。


テーマ:
昨日、豊中市で建築中の御客様のハウスメーカーが主催する上棟式典に参加しました。



一般に上棟式というと、施主が工事関係者を持て成す式典になりますが、ハウスメーカーに建築依頼をされている場合は、建物の立体像が見れた状態で電気配線等の現地での確認および修正の打ち合わせ時に簡易的に行うものをさします。多額の請負金額を支払い、企業に建築依頼をされているわけですから、施主が工事関係者を持て成す必要などはないと私は考えています。

現場での工事関係者が自らお客様から依頼を受け、仕事をしているような昔の大工さんへの依頼という関係であれば、古風なしきたりもよいと思いますが、工事関係者は、ハウスメーカーから仕事を依頼されてお金をもらっているわけですから、施主からさらにもてなされる理由は無いと思います。

この簡易的な上棟式には、重大な意味が存在しています。

施主と工事関係者、ならびに今まで机上での打ち合わせを繰り返してきたスタッフたちの思いを形にするステップに進んだことを互いに喜び、また、立体化してゆくこれからが、最も重要な工程であることを再認識するための重要な機会なのです。

今回もミサワホームが施工するわけですが、毎回、不思議に思っていたことは、このような重要な式典に参加するメンバーに漏れがあることです。

営業担当者や現場監督が来るのは当たり前ですが、設計に関わったスタッフやコーディネーター、御客様と初めて面談した営業部長や営業所長、このような方々が出てこない場合が、多々ありました。今回は、過去のいろいろな事由もあり、参加者に対しては、私が事前に確認をして、参加要請をかけました。

メンバーの選択は、ミサワホームの方で行われましたが、今回は、満足の行くメンバーがそろったように思います。

営業部からは、残念ながら営業部長がスケジュール調整が出来ず不参加でしたが、営業担当者の上司である難波営業所の所長で課長職の方、設計・建設部門からは、設計担当者とインテリア担当者、ならびに部門の最高責任者の部長職の方が出席されました。
その他には、大工の棟梁、電気、水道、ガス業者の方、また、お施主様が指定した電気工事関係者の方が出席されました。



式の流れは、通常の方法で行われましたので割愛しますが、お施主様からの上棟式を行うことができた感謝のお言葉をいただき、その後、参加者全員に自己紹介と意気込み等の一言を話て頂きました。

会社組織の中でも職責の高い方々が、この上棟式で自分の言葉で宣言さえれる内容には、大変重い言葉になります。また、その発言内容は、ここにいる全員が証人になる厳しい言葉です。

私が最後にお話した内容は、いつもと同じ内容なのですが、今まで参加していなかった方々にとっては、どれだけ重要であり、また、現場の方々の苦労と言うものが考えているよりももっと大きいことだと認識してもらえたことだと思います。

最後に現場監督からこのような言葉が出ました。

「岡本先生の現場は、過去に何回かさせていただきましたが、目標数値をたて、数値として結果がでますので、達成感がすごくあります。やりがいのある現場になっています。最善を尽くし、御客様も我々業者全員も、満足の行く仕事をさせていただきたいと思います。」

この熱意、モチベーションをマックスにして、辛い現場作業を丁寧に行うことで、目標数値がクリアーできると達成感もマックスになります。その結果は、住んでいる方が住み続けることで、より大きな満足度になるということなのです。この現場に関わるすべての方々、施主も含めてみんなが、ハッピーになれるということなのです。

建築とは、本来はこのようなことを言うのです。金儲けや未熟な知識でデザインや外観といった装飾だけに目を奪われていてはいけません。多くの方々の技術と工夫と熱意で、実体化するものであることを、営業マンはもっと知っておく必要があると思います。

雨の予報が、雨は降らず、曇り空のため、気温もさほど高くありませんでしたが、式典会場内は、熱意で汗だくの状態でした。

式典終了後、営業関係者と設計・施工責任者や担当者ともすこしお話をして、打ち合わせをされている施主に挨拶を行い、帰路につきました。

熱く心地よい汗を沢山かきましたが、車のエアコンでクールダウンしながら、施主の笑顔で疲れを癒しながら豊中市から西宮市に向かいました。

設計・建設部門の部門長である村上部長です。このような職責者が上棟式に参加することは、珍しいことのようです。しかし、私は、職責者こそこのような場に出て、部下たちを鼓舞させる必要があると思っています。会社組織とは、上から下への流れが重要です。最高責任者が自分たちの仕事の場である現場に関して、意識をしてもらえていることは、責任も大きくなりますが、会社での安心感も大きくなります。部下たちのチャレンジを職責を駆使してバックアップしてもらえることだと確信しています。




営業担当者の上司であり難波営業所の所長である東課長です。大阪支店の営業部長の友中部長が私との直接対話先になりますが、今回は所用で参加できませんでした。東課長の上司である友中部長にもいろいろと話ができているので、課長職としての職責も果たしやすいと思います。その結果、担当営業も仕事がしやすくなります。会社組織とは、そのようなものです。
上司が状況を理解していると、部下も仕事がしやすくなります。また、良くない報告も出来る環境も作ることができます。すべては、御客様のためでその結果、ミサワホームが評価されることになりますので、営業部全体でバックアップしてもらえることに期待しています。




担当営業の齊戸係長です。典型的なミサワホームの住宅営業というイメージのある方です。私から見ると、物腰は低いのですが、企業の大きさに胡坐をかいているようなところが多々見受けられます。しかし、アドバイスに対してしっかり聞いて、考えて前に進めようという姿勢があったので、ここまで進むことができたということを本人も自覚しています。このことが本人の成長でもあり、また成功への道筋なのです。関係するスタッフをまとめ、上司ともよく相談しながら、御客様の満足度を世界一にするという発言を実現してもらえると期待しています。




現場監督の三好さんです。何度か私が関与する建物を監督していただいてますので、過去のブログにも登場していると思います。いつも、重責を課せられて大変だと思いますが、ご自身が言われたように、やりがいと思われているのであれば、きっと目標を達成し、測定時には、この写真以上の笑顔になることを期待しています。





より多くの方に、本当の住まいづくりを知ってもらいたいと思います。
下記、バナーをクリックしていただけると幸いです。



住まいの知恵袋 ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
にほんブログ村

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/w3uxms8risdv

この記事に対してのご意見をお待ちしています。
コメント欄にご記入ください。


住まいづくりは知らないことばかりです。
従来の固定概念を捨てて、本当の住まいづくりを始めましょう。

平日の日中限定で、無料電話相談を開始しました。
電話ですから、メールのような文章を理解する必要もありません。
時間限定を行っていませんので、気軽に電話してください。

また、より詳しく知りたい方向けに 土曜・日曜・祝日 2組限定の無料相談実施中です。
無料相談で住まいづくりの可能性を確かめてしましょう。
詳しくは、下記ホームページをご覧下さい。


「失敗しない住まいづくり」 オカモト企画
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

グッドドラゴン さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。