注文住宅、住まいづくりのバイブル。最強の住宅専門家、住宅コンサルタントが教える本当の住まいづくりの方法がこれだ!

誰よりも頼りがいのある住宅コンサルタント:オカモト企画代表のブログです。
誰も書かない注文住宅の話をブログにします。ハウスメーカーで注文住宅を建築する人は、必見です。注文住宅を成功させるためのバイブルなのです。


テーマ:
昨日の日曜日、三田のゆりのき台で建築中の御客様の現場で上棟の簡易式典が行われました。

メーカーから招かれていたので参加してきました。





私が上棟の式典等に参加するには、重要な意味があります。

単に、ハウスメーカーと御客様で行われる式辞であれば、参加することはありません。

私が参加する場合は、重要なお話をするケースです。

地鎮祭も上棟式も検査も私が、建築に関しての大変重要なお話をする必要があるために、招かれて参加するわけです。

そのような重要なイベントということを、ハウスメーカーが理解していなかったのが、今回の上棟式でした。

今回はミサワホームで建築をされていますので、何度も上棟式には、参加してお話をしているわけですから、まず、この重要さを理解しているだろうと考えていたのが、間違いだったようです。

過去の上棟式は、たまたま当日の段取りが私が意図している意味とは別に、順番があっていたのに過ぎなかったということが今回わかりました。

上棟式は、御客様が建築に関係する方々をもてなす式典です。

しかし、ハウスメーカーのように、御客様が個人的に大工に建築を依頼しているわけではなく、多額のお金を企業に支払っているわけですから、御客様がメーカー関係者をもてなす必要はないと私は考えています。

しかし、御客様の住まい建築を実際に作業として行ってもらう職人さんたちや、今まで長い時間をかけて打ち合わせを行ってきたスタッフたちに、この時点で一度線引きをして、あたらな気持ちで御客様の住まいづくりに熱心になれる気持ちの一致団結を行う式典にするのが、このようなメーカーの行う簡易的な上棟式だと考えています。

それゆえに、御客様の計画に携わってきたスタッフたちに参列してもらい、自分のしてきた仕事の重要さとこれから施工に関しての重責をよく理解してもらう必要があります。

営業や現場監督は、現実と向いながら引渡しまで気が抜けない状態にありますが、内勤スタッフは自分たちのミスが現場に与える影響や御客様の不安の原因になることを、しっかりと認識してもらうことが重要なのです。

残念なことに、その重要さを担当営業も現場監督も認識しておらず、せっかく遠い場所から来ていた設計担当者と内装等のインテリアを担当している担当者を上棟式の前に帰してしまいました。

上棟の式典自体の時間は、30分程度です。それくらいの時間は、彼らの移動の労力を考えるとまず先に行うことで、その後の打ち合わせに影響など及ぼす時間ではありません。

インテリアの担当者の打ち合わせが終わるのを30分以上も待たされ、終わったら水道の打ち合わせを行うなどと言い出しため、私の激怒にふれ、現場監督は、懇々と説教を受けることになりました。

設計も帰り、インテリアの担当者も帰り、がらんとした中でお客様と営業担当者、現場監督と私、帰り損ねた水道業者と工事関係者が一人、寂しい雰囲気の中で上棟式が始まりました。

聞くべき内勤者がいなくなったので、その分、営業担当者と現場監督の責任が重くなります

私が話す内容は、彼らが話せるような内容ではありません。

また、彼らは社内の上下関係もあり、言い難いことも沢山あると思います。私は、私の御客様の住まいづくりをこのメーカーに託しているコンサルです。いうべきことは、言葉をオブラートに包むような言い方はしません。直球で投げ込みます。また、その直球に返答できなければ、さらに厳しい追及が起こります。

営業にも現場監督にも、自分に代わって話しをしてもらえるチャンスがなくなってしまったわけです。

これからが、彼らの踏ん張りどころなのでしょう。

近隣からのクレームや不安をなくし、現場を安全に職人たちのストレスを和らげて、施工の精度を最高までに高める努力を後押ししてもら、御客様の満足度を最高までに上昇してもらう必要があります。
式の最後には、営業も現場監督も身の引き締まった表情で、仕事にチャレンジする気迫を出していたので、少し安心して帰路につくことができました。

ときどき、現場の様子を見る必要があるように思いました。


私に激怒に触れ、懇々と説教をされた現場監督の宮城さんです。仕事は、丁寧にしてくれている様子は、よくわかります。しかし、まだまだ、見れていない部分が沢山あるように思います。御客様のために、今まで以上に仕事にチャレンジしてくれることを期待しています。



営業担当の工藤さんです。
数棟、私の仕事を担当しているのに、まだまだ私の仕事が理解できていないところがあるようです。まだまだ、延びしろがあることがわかったので、本人が自覚すればさらによい仕事をしてくれることでしょう。これからの仕事ぶりに期待しています。




より多くの方に、本当の住まいづくりを知ってもらいたいと思います。
下記、バナーをクリックしていただけると幸いです。



住まいの知恵袋 ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
にほんブログ村

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/w3uxms8risdv

この記事に対してのご意見をお待ちしています。
コメント欄にご記入ください。


住まいづくりは知らないことばかりです。
従来の固定概念を捨てて、本当の住まいづくりを始めましょう。

平日の日中限定で、無料電話相談を開始しました。
電話ですから、メールのような文章を理解する必要もありません。
時間限定を行っていませんので、気軽に電話してください。

また、より詳しく知りたい方向けに 土曜・日曜・祝日 2組限定の無料相談実施中です。
無料相談で住まいづくりの可能性を確かめてしましょう。
詳しくは、下記ホームページをご覧下さい。


「失敗しない住まいづくり」 オカモト企画
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

グッドドラゴン さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。