注文住宅、住まいづくりのバイブル。最強の住宅専門家、住宅コンサルタントが教える本当の住まいづくりの方法がこれだ!

誰よりも頼りがいのある住宅コンサルタント:オカモト企画代表のブログです。
誰も書かない注文住宅の話をブログにします。ハウスメーカーで注文住宅を建築する人は、必見です。注文住宅を成功させるためのバイブルなのです。


テーマ:
昨日の水曜日、ハウスメーカ選別会を行いました。

今回は、希望されているハウスメーカが同じ住宅展示場会場に無かったため、2ヶ所の会場に移動しながらの選別会でした。

ともにABCハウジングでしたが、伊丹の昆陽の里住宅公園と千里の万博公園の住宅展示場が会場になりました。

午前10時に伊丹の住宅展示場からスタートし、昼食も移動中の車中で簡単に済ませて、千里の住宅展示場で2社との面談を計画するというかなりタイトなスケジュールでした。

今回の選別会に選択されたハウスメーカは、新昭和のウィザースホーム、ダイワハウス、ミサワホームの3社です。他のメーカは、事前に御客様との相談の中で排除されていますので、この3社の中から1社を選び、住まいづくりの計画をスタートさせます。

短い時間でのプレゼンテーションですから、間取りや内外装等の装飾の話などをしている時間がありません。自社の他社を出し抜くだけの魅力と営業マンが御客様を魅了するバイタリティーや能力、意欲といったものをいかに訴求できているかによって明暗が分かれます。
まさに、住宅営業専門家としての絶対能力が試されるわけです。

今回は、ウィザースホームからスタートしました。担当される営業マンは、伊丹展示場の店長をされている方でした。

伊丹の展示場は、築7年が経過した新昭和の別会社モデル(クレバリーホームの在来工法)でした。ウィザースホームは、2x4工法なので、展示場としてはまったく建築対象のものではありません。今回の選別会では、展示場の内容はさほど問題になりませんので、このような状況でも問題はありませんが、普通に考えると売れないモデルで営業されていることは、営業マンとしては、やり難いことも多々あるのかなって、関係のないことも考えてしまいました。

さて、担当者との面談内容ですが、特筆すべきこともありませんので割愛します。

2時間半ぐらいの面談を終え、次の会場に移動します。千里万博公園までは、40分程度の道のりですが、伊丹の展示場の駐車場で10分程度休憩をしてから、移動しました。
昼食は、車中で取る予定だったので、私は事前に簡単に済ませることができるようにと持参していましたが、ありがたいことに、御客様から昼食の差し入れをいただきました。
お気遣いいただき、午前中の疲れも吹っ飛びました。ありがとうございました。

移動中、道路状況が非常によく、スムーズに千里万博公園まで行くことができました。

2社目は、ダイワハウスです。この万博公園には、3ヶ所の展示場を出展されています。そのひとつで建築コンセプトは、余裕と遊び心といったような感じだそうです。

担当される営業マンは、店長からの指名でしたが若い営業マンでした。

他の熟練された豪腕の営業マンに比べ、貧弱のようにも感じましたが、まさにその予想通りでした。

展示場内を内覧することもなく、リビングのテーブルに案内され、面談がスタートしました。淡々と質問を御客様にするだけで、一向に自社アピールをしない状況でしかも、この面談に時間制限を自ら作っているようです。

1時40分ぐらいからスタートしたのですが、3時30分には、別の顧客との約束をしていることを始めに話をしてのスタートでした。

時間が短いのに、本題になかなか入ろうしない姿勢に、私はストレスの限界を超えてしまい、この営業マンを叱り付けました。ダイワハウスにチャンスを与えているのに、そのチャンスを生かそうとしている気配がまったく感じられないような面談では、御客様に失礼であるだけでなく、選んでももらえなかった多くの他社に対してもどう考えているのか、また、私はダイワハウスのアピールをより確実なものにするために同席しているのに、何を考えているのかと言ったような感じで叱咤しました。

やっと、この営業マンも自分の置かれている立場に気が付いたようで、しっかりと自社の説明を始めました。内容については、特筆すべきことがありませんので、割愛します。

この営業マンは、私のことを先生といいながら、話の最中にいろいろなことを私に聞いていました。私は、聞かれたことに関しては、彼らの知らない話も交えて説明しますので、この営業マンは、この短時間でかなりの勉強ができたことでしょう。

その光景は、御客様には、どのように映ったかは、選別会の結果で判断できると思います。

最後は、ミサワホームでした。

今回も面談に出てこられたのは、営業本部長でした。今回は、お一人ではなく、部下で担当予定の営業マンも同席していました。

ミサワホームの内容は、このブログに沢山出てきますので、どのような内容だったかは割愛いたします。

3時30分ぐらいからの面談が終了は、7時ぐらいでした。

全体を通して、9時間程度の面談時間を必要としました。

その面談中、ほとんどの時間、話をしていた私は、いつものことながらヘロヘロ状態です。

御客様は、大変楽しく満足の行く面談だったとのコメントをいただきました。今晩一晩、家族会議を開き、翌日にはどのメーカで話を進めるかのお返事をいただくことを約束して千里万博公園を後にしました。

ヘロヘロの状況での車の運転ですが、心地よい疲れが私を車中でやさしく包んでくれました。

今回の面談途中に、飛び込み(アポなし訪問)で住宅展示場を訪問されているご家族の方々を何度か目にしました。

夢と希望をもって展示場めぐりをされていることだと思いますが、その方法では、何も解消できないことを知られていないのが大変残念でした。

その理由は、展示場で案内している営業マンとの話の内容で簡単にわかります。

また、お客さんの目の動きや言動でも簡単にわかります。

同じ展示場内で、優秀営業マンにおける必死のプレゼンを受けている私の御客様とこのように単独で展示場にこられて、たまたま控えていた営業マンの話をきかされている御客様との差は、どこにあるのでしょう。

まったく同じように、夢をかなえたいと思ってメーカ探しをされていることには変わりありません。唯一違うのは、私のような専門家が間に入っているか、入ないかなのです。

私の助けることができる御客様は私を頼ってきた御客様だけなのですが、このような光景をみてしまうと、かなり複雑な気持ちになります。



住まいづくりは知らないことばかりです。
従来の固定概念を捨てて、本当の住まいづくりを始めましょう。
無料相談で住まいづくりの可能性を確かめてしましょう。
詳しくは、下記ホームページをご覧下さい。

「失敗しない住まいづくり」 オカモト企画

より多くの方に、本当の住まいづくりを知ってもらいたいと思います。
下記、バナーをクリックしていただけると幸いです。



住まいの知恵袋 ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
にほんブログ村

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/w3uxms8risdv

この記事に対してのご意見をお待ちしています。
コメント欄にご記入ください。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

グッドドラゴン さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。