注文住宅、住まいづくりのバイブル。最強の住宅専門家、住宅コンサルタントが教える本当の住まいづくりの方法がこれだ!

誰よりも頼りがいのある住宅コンサルタント:オカモト企画代表のブログです。
誰も書かない注文住宅の話をブログにします。ハウスメーカーで注文住宅を建築する人は、必見です。注文住宅を成功させるためのバイブルなのです。


テーマ:
インターネットが発達してから、不確かなな情報が世にあふれ出るようになりました。

ネットの情報はいろいろなことを教えてくれる便利なツールにはかわりありませんが、それらの情報の真偽を確かめないで、鵜呑みにすると大きな問題を起こすことが沢山あります。

また、情報を発信している側も無責任な情報発信を行っており、その上、悪意がないのが大変厄介なことです。つまり、情報発信をしている人も素人ならば、その情報を信用してしまう人も素人ということが、大変恐ろしい結果を招く原因でもあります。

住まいづくりも例外ではありません。

ネットの情報や見ず知らずの他人あるいは専門知識のない友人・知人等からの噂やクチコミ情報を検証することなく鵜呑みにして、住まいづくりをされている方々の中には、契約後あるいは建築途中に大きなトラブルを抱えて、住まいづくりに失望されることもあります。

昨日、三田市ゆりのき台で建築途中のお客様の施工確認試験に立会いました。

私がお手伝いしているすべての住宅では、施工の正確さを機械を使って検査しています。

施工の正確さは、材料の加工精度と組み立て精度で確かめることができます。

今回はお客様がハウスメーカー選別会で複数社から選んだメーカーで、ミサワホームの施工になります。

ネットでは、ミサワホームは気密が低いとか、手が荒いとかいろいろ言われています。

私も何も工夫しなくて、やる気のないスタッフが建築すれば、そのような建物になるということは、ミサワホームに限らず、どのメーカーでも同じだと思っています。

実際にミサワホームの同じ管轄エリア(阪神エリア)でも、手が荒いと思う現場を実際に見ていますし、断熱の低い気密の恐らく取れていないだろうと思われる現場も見たことがあります(実際に試験されていないので、結果は不明です)

他のハウスメーカーでも同じことが言えます。そのような現場は、分譲地に行けば、沢山あります。

サラリーマン化された住宅営業マンに仕事を普通にさせると、会社の基準以内の無難な建物になるのは当たり前です。
メーカーのテクニカル・マニュアルに書かれていないことは、担当者も知識として知らないわけですし、誰もそれ以上の住宅性能を求めようとはしません。

これが、実状なのです。

しかし、大手ハウスメーカーの底力というのは、すごいものはあります。

材料の加工技術と耐久力、建築技法についても大きなフレがあります。

このフレを活用することで、最高にすばらしい建物にすることも可能なことを、そのメーカー側の営業も含め、スタッフたちが知らないだけのことです。

やる気を出して、自分の知らない未知の分野にチャレンジすれば、よい結果が出ることを体験させてあげる必要があります。

今回もそのスタンスでミサワホームにチャレンジしてもらいました。

建物は、通常のフリー設計タイプです。

断熱に関しては、寒冷地仕様と温暖地仕様の部位単位での使い分けをお願いしています。

気密工事は行いません

高気密化するために、設計上の制限を排除しています。

つまり、設計上、気密は無視して、お客様が希望する間取りを法規・土地の形状・予算の範囲内で作成して、出来上がった設計図面に関して最大の断熱効果を発揮する仕様にしています。

当然、高断熱化をはかるわけですから、施工上で発生する隙間を最小限におさえる施工技術を要求します。

また、隙間が少なくなるわけですから、家内部の負圧計算も行い、効率のもっともよい換気システムを採用して、結露の完全排除も計画します。

室内空気環境も最良にすることで、健康維持が高次元でできるようにも計画します。

当然の長期優良住宅対応で、基礎の劣化時期を100年後にするための呼び強度計算も実証します。

つまり、基礎用コンクリートの破壊試験も行い、設計上の基礎強度が出ていることを実証するわけです。

内部石膏ボード完了後に気密測定を行い、隙間の状況を検査するすることで、構造材の施工精度を試験します。

気密専用住宅ではありませんので、気密専用材料を使用していません。

その状態で高気密住宅専用の国際基準値C値2.0c㎡/㎡を越えるカナダの超気密住宅用基準値R2000の1.0c㎡/㎡以上の隙間係数を目標にしています。

このチャレンジは、尋常ではないチャレンジです。

ミサワホームの今回のスタッフは、お客様の前で目標クリアーにチャレンジすると宣言しています。

その成果が今日、わかるわけです。

当日は、お客様立会いのうえ、午前10時から試験開始の予定でした。
私もすこし早めに現地について、準備状況を確認しようと思いました。

30分程度早くつきました。

すると、もうすでに営業担当の多田さんと現場監督の荒井さん、検査会社の株式会社ピコイの検査員の方々が準備作業の最中でした。

気密試験機を使っていますが、構造の施工隙間と住宅設備商品(サッシや玄関・勝手口ドア等)の商品精度を検査することが目的です。

その為に、外部につながる穴関係をふさぐ必要があります。

写真を見ていただくとわかりますが、営業の多田さんが高所にある点検口の蓋を養生されています。

この方、ミサワホーム近畿の神戸営業所所長です。

その役職にある方が、このように自ら進んで検査前の汚れ仕事をされているのです。

同じミサワホームでもこのような方がいるのでしょうか。

他のハウスメーカーではどうしょう。

私が知る限りでは、いません。

この意気込みが、すべて結果として出てくると私はこの時点でも思っていました。

住宅コンサルの失敗しない住まいづくり、注文住宅相談や知られていない住まいづくりのノウハウ、趣味のバイク・ブルース・リーのブログ


住宅コンサルの失敗しない住まいづくり、注文住宅相談や知られていない住まいづくりのノウハウ、趣味のバイク・ブルース・リーのブログ


住宅コンサルの失敗しない住まいづくり、注文住宅相談や知られていない住まいづくりのノウハウ、趣味のバイク・ブルース・リーのブログ


住宅コンサルの失敗しない住まいづくり、注文住宅相談や知られていない住まいづくりのノウハウ、趣味のバイク・ブルース・リーのブログ


住宅コンサルの失敗しない住まいづくり、注文住宅相談や知られていない住まいづくりのノウハウ、趣味のバイク・ブルース・リーのブログ


このような試験は、私が関係しない他のミサワホームの建物では行われていません。

この検査を行うからと言って別途多額の費用がかかるわけでもありません

しなくてもミサワホームの住まいは住まいなのです。

しかし、このような苦労がお客様の安心できる住まいづくりには、必要なことなのです。

さて、お客様も到着されて、検査の準備も整いました。

試験機を稼動させて、検査を行います。


住宅コンサルの失敗しない住まいづくり、注文住宅相談や知られていない住まいづくりのノウハウ、趣味のバイク・ブルース・リーのブログ


住宅コンサルの失敗しない住まいづくり、注文住宅相談や知られていない住まいづくりのノウハウ、趣味のバイク・ブルース・リーのブログ


試験の結果がでました。

0.9c㎡/㎡です。

信じられない数値です。

お客様にお約束していたR2000の数値を大きく上回る数値がでました。

3回、計測しましたが、どの数値も0.9c㎡/㎡という結果になります(小数点第2以降は四捨五入しますので、最高値は、0.88c㎡/㎡という結果も出ました)

これが事実です。ネットでは、気密がとれないとか書いている人がいますが、真実をしらない人だということがここで証明されました。

実測値というものが、真実なのです。

自分で見て、感じて、数値化されたものが最も正しいことなのです。

$住宅コンサルの失敗しない住まいづくり、注文住宅相談や知られていない住まいづくりのノウハウ、趣味のバイク・ブルース・リーのブログ


検査が終わって、笑顔で満足そうな表情になりました。

東北の震災支援のために、こちらを建築していただいた棟梁はこの検査に参加できませんでしたが、すばらしいお仕事をしていただきました。

お客様も大変喜んでおられました。

営業の多田さんも検査の結果を大変気にされていて、今日も早くから現場に来て、準備中も気が気でなかったそうです。

本当にすばらしいスタッフに恵まれて、その成果を実証でき、最高の瞬間でした。


担当営業の多田所長との2ショットです。

有言実行は大変難しいことですが、それゆえ、大きな価値のあるものです。

握っている手にも力が入ります。営業の能力が関係するスタッフの仕事に現れます。
営業マンがプロデューサーとして、スタッフたちの心をひとつにさせることができた結果がお客様の安心して住み続けることができる住まいづくりにつながるわけです。
本当によい仕事をありがとうございました。

住宅コンサルの失敗しない住まいづくり、注文住宅相談や知られていない住まいづくりのノウハウ、趣味のバイク・ブルース・リーのブログ



現場監督の荒井さんとの2ショットです。

長年、ミサワホームで現場監督をされているとのことでしたが、このようなチャレンジは初めてだったとのことです。監督自身も大工さんの力量ややる気の高さを再認識していただけたことでしょう。よい職人は、よい仕事ができることを証明して評価することでますますよくなってゆきます。これからも多くのよい現場を監督されて続けてください。

住宅コンサルの失敗しない住まいづくり、注文住宅相談や知られていない住まいづくりのノウハウ、趣味のバイク・ブルース・リーのブログ



このお二人がチャレンジしようと思わなければ、今回のこのすばらしい結果は残すことはできませんでした。彼らの熱き思いは、お客様に安心して暮らしてもらうためのすばらしい住まいづくりに向けられていたのだと思います。

すべては、お客様のためにです。

本当にすばらしい仕事をありがとうございました。

引渡しまでも気を抜かず、よろしくお願いたします。

住宅コンサルの失敗しない住まいづくり、注文住宅相談や知られていない住まいづくりのノウハウ、趣味のバイク・ブルース・リーのブログ


秋晴れのさわやかな日差しの中、最高によい気分で帰路につくことができました。

住まいづくりを始める方は、間違った情報に翻弄されないようにしてください。

実証された数値のみが真実なのです。



住まいづくりは知らないことばかりです。
従来の固定概念を捨てて、本当の住まいづくりを始めましょう。
詳しくは、下記ホームページをご覧下さい。

「失敗しない住まいづくり」 オカモト企画

より多くの方に、本当の住まいづくりを知ってもらいたいと思います。
下記、バナーをクリックしていただけると幸いです。


住まいの知恵袋 ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
にほんブログ村

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/w3uxms8risdv

この記事に対してのご意見をお待ちしています。
コメント欄にご記入ください。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

グッドドラゴン さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。