大手ハウスメーカーに特化した最強の住宅専門家、住宅コンサルタントが教える本当の住まいづくりの方法がこれだ!

誰も書かない注文住宅の話をブログにします。大手ハウスメーカーに特化し、より専門的な見地からのブログは、大手ハウスメーカーで注文住宅を建築する人必見です。注文住宅を成功させるためのバイブルなのです。


テーマ:
昨日、お客様と大手ハウスメーカー(ミサワホーム)との建物請負契約の調印に立ち会いました。

住まいづくりにおいて、契約行為は大変大きなイベントです。

喜ばしいことなのですが、大きな責任を伴う行為でもあります。

この注文住宅の契約は、未完成物件の建築をお客様が依頼するということで、請負契約と呼ばれています。出来合いのものを購入する売買契約とは違います。

売買契約ではありませんので、沢山の確認事項がこの契約には必要になります。

本来、売買契約においても、責任の所在をはっきりさせるために、沢山の注意事項や確約事項が記載されている書類をもらうケースが沢山ありますが、それらの説明をしっかり受けるようなことは無いのが実情でしょう。

例えば、携帯電話の契約時にもらう約款を、店員と全ページ読みあわせをして確認された方は皆無だと思います。保険関係も車の売買も同様だと思います。

建築に関しても同様のことが言えます。

毎日のようにネットに書き込まれているトラブルや問い合わせの中で、契約後に起こる事象のほとんどが、この契約時に確認されていなかった事柄だと言えるくらい、約款には建築途中に発生する可能性のある事柄が書かれています。

また、住宅営業のほとんどすべてと言ってよいほど、請負契約時にこの約款のすべてを読まずに飛ばしています。
このことが、大きな問題なのです。
お客様と直接接する建築の専門家たちが、約款に書かれている事柄の意味を知らないで住まいづくりを進めているケースが多いということが、トラブルを起こす原因にもなっているのです。

さて、昨日も私が立ち会わないと、簡単に請負契約が終了していたと思われることが沢山ありました。

建築基準法違反で社会的に問題になった事件以降、建築士法24条の7に基づく重要事項の説明が義務つけられています。不動産売買でいう重要事項の説明とはまったく違うものですから、混同しないようにしなければなりません。

建築士の資格を有している方が各社独自のフォームで記載されている内容をお客様に説明して、承諾を得ます。建築士の仕事の範囲や責任の分担、かかる費用の明確化等お客様には、初めて聞く内容のことばかりです。

話の内容からどうしても一方的な説明になってしまいますし、また、お客様も初めての経験ということもあり、聞くだけ精一杯なのでしょう。

また、建築士なので、説明に長けていない方も多いです。
説明のための研修は受けている方ばかりなのですが、説明するのがやっと程度の方が多いです。

今回も建築士としては、優れている方なのでしょうが説明が下手でした。
まず、最初にこの書類を交わす理由や背景、何に注目して内容を確認するかがありませんでした。

この部分がないと、お客様側が何を注意して聞けばよいかがわからなくなります。

この説明は、お客様に安心をしてもらうために行うことなのですが、そのことを使えずに説明をしてしまうと、文字を読んでいるだけになってしまいます。

建築士の説明が終わった後、私から追加説明を行い、建築士にも補足説明をしていただきました。

その後に請負契約の説明に入ります。

この日は、朝9時30分から始まり、終了したのが午後2時30分でした。5時間程度、時間がかかるような内容ということです。

途中、休憩や雑談もありますので、実質は4時間程度の説明になります。

それほど、時間のかかる行為です。

契約約款の内容は、各社いろいろなので条項数もいろいろですが、おおむね3時間から4時間程度かかるものだと思われていて正解です。

これよりも、短いケースは説明を省いていると私は思います。

時間配分は、契約約款の説明が8割以上ということになります。

約款の内容は、一度の説明ですべてを理解することはできませんし、また、すべての事象を説明することは不可能です。しかし、これだけの長い時間をかけて、説明を受けたということが、これから起こるすべての事象に関して、お客様側も強く意識することになります。

また、担当営業側も自分の仕事の重みを再認識し、また、お客様の前で約束をした事実を重く受け止めて、住まいづくりを進めてゆくことになります。

私が関係する物件で請負契約に同席を依頼されたケースでは、毎回新しいケーススタディー
の話をします。

営業担当者は勉強になると思いますが、そのような事象が増えて、契約時に話をしなければならないことに対しては、私は残念に思えて仕方がありません。

どのような話をしているかは、割愛しますが、読み合わせを終えると、担当者もお客様も私もヘロヘロになっているぐらい、神経を使います。

請負契約の調印というのは、これくらい神経を使うものなのです。

今日も請負契約をされている方は、沢山いると思いますが、契約調印で疲れないようでしたら、建築途中で疲れることが無い様にだけ、注意されてください。

契約行為が終わって、かなりお疲れになられたお客様ですが、その顔はいきいきとされていました。大きな夢が現実のものに近づいてゆくことを強く意識されて、楽しい住まいづくりの流れも理解し、これからの打ち合わせにも弾みがつくことでしょう。

また、営業マンも契約約款の内容をお客様に説明することができ、約款上のお客様に劣勢ともとられる内容の意味をしっかりと理解してもらうことで、気持ちよく住まいづくりに協力してもらえると喜んでいました。

ミサワホームの事務所を出ると、秋晴れのよいお天気で、さわやかな風がふいていました。

その風を車内で感じながら、帰路につきました。




住まいづくりは知らないことばかりです。
従来の固定概念を捨てて、本当の住まいづくりを始めましょう。
無料相談会への多数のお申し込みありがとうございました。
次回の無料申し込み日は、未定ですが、週に2組の無料相談受付は実施中ですので、ご利用ください。尚、申し込み多数のため、ご希望に添えられない場合もありますことをお詫び申し上げます。
詳しくは、下記ホームページをご覧下さい。

「失敗しない住まいづくり」 オカモト企画

ヤフーロコ;オカモト企画のページ


より多くの方に、本当の住まいづくりを知ってもらいたいと思います。
下記、バナーをクリックしていただけると幸いです。


住まいの知恵袋 ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
にほんブログ村

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/w3uxms8risdv
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

グッドドラゴン さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。