注文住宅、住まいづくりのバイブル。最強の住宅専門家、住宅コンサルタントが教える本当の住まいづくりの方法がこれだ!

誰よりも頼りがいのある住宅コンサルタント:オカモト企画代表のブログです。
誰も書かない注文住宅の話をブログにします。ハウスメーカーで注文住宅を建築する人は、必見です。注文住宅を成功させるためのバイブルなのです。


テーマ:
住まいづくり、マイホーム計画を始める方々の8割以上は、建築用土地をお持ちではありません。今回は、土地が必要な住まいづくりの手順を書いてみましょう。

土地から住まい計画を始める方々のほぼすべての方は、まずは土地からと考えます。地面がなければ当然、建物を建てることはできませんし、住む場所にも大きな期待があることも理由なのでしょう。

この土地からという住まいづくりには、大きな落とし穴があります。

誰しもマイホーム予算には、限りがあります。その範囲内で計画を実行するわけですから、予算の配分を考えておかないと、住んでから苦痛を伴うことにもなります。

住まいづくりのトラブルの原因の多くは、計画性の不確かから起こっています。

予算を大きく分類すると、土地と建物になります。
この配分を間違えると後々、大きな失望と苦痛が待っています。

計画をされるのはお客様側ですのでこの配分を自由に考えればよいのですが、正しい選択であったかどうかは、住んでからでしかわからないという怖さがマイホーム計画にはあります。

そのことをよく理解して、住まいづくりを進める必要があります。

そこで、一般には知られていない住まいづくりの手順を書いてみましょう。

土地がある場合でも、土地が無い場合でも同じです。

住むのに必要な住まいのボリュームを理解することから始めるのが基本です。

住まいづくりを始める方のほとんどは、実際に必要な住まいの大きさを理解されているわけではありません。雑誌やその他の情報等で何と無く希望の大きさを描いているわけです。

まず、実際に必要な住まいの大きさと実物を確認することから始めましょう。

百聞は一見にしかずといいます。

現物を確認するのが最もよい方法です。

アバウトな状況でもかまいません。まずは、実物の大きさを目で確かめることで、必要かどうか、欲しいかどうかを判断することから始めます。

自分たちの住まいづくりのベースになるものを建物で認識するわけです。

これが、住まいづくりを具現化する第一歩です。

今回は、先日のハウスメーカー選別会で勝利したミサワホームを例に挙げて説明しましょう。

先週の日曜日に、お客様とミサワホームの営業担当者で実物の建物を確認してもらいました。ハウスメーカー事で建物の考え方も違いますので、同じ建坪でも感じる広さが違います。今回は、お客様の希望のサイズが神戸市北区桜森町の分譲地に建築済みの見学可能な建物が3棟ありましたので、そちらを確認してもらうことにしました。

住宅コンサルの失敗しない住まいづくり、注文住宅相談や知られていない住まいづくりのノウハウ、趣味のバイク・ブルース・リーのブログ


住宅コンサルの失敗しない住まいづくり、注文住宅相談や知られていない住まいづくりのノウハウ、趣味のバイク・ブルース・リーのブログ


住宅コンサルの失敗しない住まいづくり、注文住宅相談や知られていない住まいづくりのノウハウ、趣味のバイク・ブルース・リーのブログ


住宅コンサルの失敗しない住まいづくり、注文住宅相談や知られていない住まいづくりのノウハウ、趣味のバイク・ブルース・リーのブログ


建坪が35坪前後の個性的な建物を3棟、外観、内観、各部屋の大きさやつながり方、ミサワホームの特徴である蔵の配置方法などを確認していただきました。

重要なのは、同じ建坪であっても建て方や間取りの取り方、内装色の違いでの印象や天井の高さの違いによって、平面図では想像できない部分を認識してもらうことです。

とかく間取り、間取りといって、平面図面だけを一生懸命見ている方が住まいづくりの場合は多いですが、平面図でわかることは、各部屋の配置ということがお客様はあまり理解されていないようです。

また、メーカー側の営業も立体的な話でお客様に理解を得るようなことをあまりしません。

机上では、お互いの知識の差で認識にもずれが生じますでの、本当の住まいが想像できているわけではありません。

このように実物を見ることで、同じ20帖でも感覚的に広さに差がでることがわかります。

また、実際に欲しい大きさも理解することが可能になります。

このような方法で実際に欲しい住まいの大きさを体験すると、それがベースになり、必要な土地の大きさや建物予算も理解することができます

住まいをベースに考えることで、実際に建築可能な住まいの大きさに関しての論理的な意味も理解することができ、希望の大きさよりも大きくできる場合も小さくしなければならない場合もその理由がはっきりしてきます。

その結果、住んでからの不満も少なくなります。

また、不明瞭な建物の金額も実際に使用している内装材や外装材、デザイン等も理解することが可能になります。

この後に欲しい建物を建築するために必要な土地のサイズと土地予算で購入できる場所を探し、実際にその場所で土地があるかどうかを探すという作業に入って行きます。

この段階から不動産業者を活用するようにします。

これがになると、不動産業者は、販売業者ですので、お客様の希望の場所で出来るだけ高い土地の斡旋を中心に考えます。

商売にならないと考えると、お客様への土地紹介もすることもありません。お客様の優先順位を勝手に考えて、下のランクになったお客様は、何もアクションを起こしてくれません。

今回の場合は、建物予算と土地予算、土地の大きさが明確になっていますので、ハウスメーカー側のネットワークを駆使して建築可能な場所を提案してもらうことが可能です。

たとえそのエリア以外であっても、ハウスメーカーを介して不動産業者に条件を指定して、検索をかけるので、ほったらかしになることはなく、結果がしっかりと出てきます。

私が関与する場合は、私の独自のルートを通じて、土地探しも可能になります。

不動産業者が仲介できない物件であっても、私やハウスメーカーのネットワークで物件探しも可能になります。

この方法では、確実に予算内での適正配分で土地・建物を考えることができます。

土地は、水物です。

欲しい時期に欲しい場所で都合よく売り出されていればよいのですが、これも運と縁です。

待っていたらよい土地が出てくると思っている方も多いのかもしれませんが、そのような土地にめぐり合える運や縁をもっている方は、探し出したときに良縁にめぐり合えます。

私の経験から、待っていてよい土地にめぐり合えた人は誰もいません。

反対に土地トラウマに陥って、あの時検討した土地が購入できていたらよかったという方が大変多いです。

今回は、総合的に判断してUR国見台が理想に最も近いだろうということで、国見台をご覧になられました。よい話を別段する必要はありませんので、実際にご覧になられての印象やご自身の考えで決断されることになると思います。

ただ単に土地だけを見て、不動産業者に土地の説明を受けても、その土地がご自身たちにとってベストな選択なのかをわかることはまずありません。

決断するには、理由が必要です。

その理由には、具体的な論理が伴わないで感覚だけで判断しても、後々不安が出てくるだけなのが土地というものだと私は考えています。

今回は、土地からの住まいづくりは、土地探しから始めるといろいろな落とし穴があることを書いてみました。文章では表現できないことも沢山ありますので、土地探しから初められる方々は、すこし立ち止まってよく考えてください。考えても答えが出ない場合は、私に連絡してください。いろいろなアドバイスが待っています。

さて今回、ミサワホームで担当していただく方を紹介しましょう。
ハウスメーカー選別会で数社のハウスメーカーと数社の地場工務店の中からお客様が選んだのは、ミサワホームでした。担当責任者の杉崎営業本部長と担当営業の多田営業所長の2名です。今回、建物を案内していただいたのは、多田営業所長です。

$住宅コンサルの失敗しない住まいづくり、注文住宅相談や知られていない住まいづくりのノウハウ、趣味のバイク・ブルース・リーのブログ


ミサワホーム近畿の神戸支店の営業所長です。兵庫県の尼崎から明石までを管轄している営業のトップになります。通常は、個別にお客様を担当されることはありませんが、営業本部長の杉崎さんからの指名ということもあり、また、私と話ができる営業マンということで任命されています。管理職の仕事をしながらの担当になりますが、グループ全体でお客様をホローしてもらいながら進めて行きます。今回も女性営業マンを内覧中の子供さん対応のためにご用意いただくなどいろいろと配慮いただきました。
所長さんですが、非常にフットワークの軽い、行動力のある営業マンです。


住まいづくりは知らないことばかりです。
従来の固定概念を捨てて、本当の住まいづくりを始めましょう。
無料相談会への多数のお申し込みありがとうございました。
次回の無料申し込み日は、未定ですが、週に2組の無料相談受付は実施中ですので、ご利用ください。尚、申し込み多数のため、ご希望に添えられない場合もありますことをお詫び申し上げます。
詳しくは、下記ホームページをご覧下さい。

「失敗しない住まいづくり」 オカモト企画

ヤフーロコ;オカモト企画のページ


より多くの方に、本当の住まいづくりを知ってもらいたいと思います。
下記、バナーをクリックしていただけると幸いです。


住まいの知恵袋 ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
にほんブログ村

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/w3uxms8risdv
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

グッドドラゴン さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。