注文住宅、住まいづくりのバイブル。最強の住宅専門家、住宅コンサルタントが教える本当の住まいづくりの方法がこれだ!

誰よりも頼りがいのある住宅コンサルタント:オカモト企画代表のブログです。
誰も書かない注文住宅の話をブログにします。ハウスメーカーで注文住宅を建築する人は、必見です。注文住宅を成功させるためのバイブルなのです。


テーマ:
今回は、初回面談時に苦労させられる営業マンかどうかを見極める方法について書いてみましょう。

契約時の契約約款に関わることが、実は初回面談時にも大変重要な事柄なのです。

約款は、どんな契約行為時にも付属されています。契約後のいろいろな制限事項や免除や義務等のことが書かれています。携帯電話の契約時にも細かな文字で沢山のページにわたり記載されています。恐らく誰も読んでいないと思います。しかし、住宅の場合は、これをしっかりと読んで理解していないと大変なことになります。

先週の日曜日、ハウスメーカーとの契約調印に立ち会ってきました。

ミサワホームで契約される私のお客様の請負契約調印です。

私のお客様には特権で、このような契約行為等重要な場面では私の同席が可能になります。

同席することで、難しい表現ばかりの契約約款等、文章だけでは理解できない真意を理解することが可能になります。

ハウスメーカーも含め、担当される営業マンが契約約款の内容を細かく実例をあげて説明することは皆無に等しいです。また、約款の文章をすべて読み上げる営業は、大変少ないです。

この約款には、これから建築してゆく途中に起こってはいけない事柄が記載されています。

ただ、文章だけを見てみると、お客様に対して不利益なことばかりに感じられる内容が多いです。これが、後々お客様の誤解を招き、トラブルを大きくしてゆく原因なのですね。

契約行為は、お客様との信頼の確認を行う重要な場面です。手を抜くとその後の信頼関係が大きく崩れてゆくことになります。また、お客様側も、安心して建築を任せることができることを確約する重要な場面なのです。

この約款には、

「止むを得ない事情があった場合、金銭にて解決する」

という内容の文章があります。表現方法は、各社いろいろですが、同じような表現で記載されています。

この説明を行わない営業マンが大半です。お客様も沢山ある項目の中で、この文章に疑問を生じる方もあまりいません。すんなり流されてしまいます。

金銭にて解決というのは、賠償責任だけを負って、当初の予定されていた状態にしないということです。間違いは認めるが、修復はしないという意味になります。

この状況を発見するのは、多くの場合、お客様です。
お客様が確認をしたときに、間違いに気がつき、担当者に連絡を取って、確認後、発覚します。
その原因は、メーカー側の確認ミスによるものです。
お客様側に過失がないのに、修復はされず、決められた金額を支払われて終わりです。
納得されないお客様が多いので、ネットの掲示板などにトラブルとしてよく相談されています。

出来る限りこのような不幸な事態は避けたいと思います。

契約時にこの約款の内容よく理解し、説明を受けることで、お客様側にも注意すべきことがわかり、メーカー側も約款にあるようなトラブルを避けるために何をするかをお客様と約束することができます。

双方の意識を高め、すべき事柄を仕事の流れに任せるのではなく、営業マンがしっかりと関係各所の担当者の意識を高上させ、責任を全うさせることで、トラブル発生の確率が下がります。

何故、契約時に契約約款を読む必要があるのか、おわかりになってきたことだと思います。

実は、契約時に約款を読まない営業マンなのかどうかは、初回面談時に確認することができます。

約款を読まない営業マンは、約款の内容とそこに書かれている意味を知りません。

また、約款記載の事柄に対する具体的な例も知ることはありません。

一番、だめな営業マンは、契約することとはどういうことなのかも知りません。

まず、住宅展示場やその他の場所等で担当営業マンと面談する初めての機会に確認されるとその後、その営業マンに苦労させられるかどうかがわかります。

2つ質問されるとよいでしょう。

ひとつは、

「契約約款に記載されている項目で、最も重要な項目、言いたいことが記載されているのは、どれですか」

もうひとつは、

「金銭で解決しなければならない事象とは、どのような事象なのでしょうか。具体的な例とそのようなことになる理由を教えてください」


この2点に関して、回答できないような営業マンは、住宅営業マンとしては、失格しています。
そのような営業マンに担当されると、トラブルを誘発し、回避どころか大きな問題に拡大することも予想されます。

夢のマイホームが悪夢の監獄になりかねません。

住まいづくりは、物品を購入するのとは、まったく違います。

今までの購買という考え方を捨てて、夢を自分たちと業者とで協力して作り上げるという過去に経験したことのない事柄にチャレンジするのだと意識しましょう。

このブログで知り得た知識です。早速活用されてみてください。



住まいづくりは知らないことばかりです。
従来の固定概念を捨てて、本当の住まいづくりを始めましょう。
試さないで、過去の経験にとらわれて、道を誤るのは愚かな行為です。
成功する鍵は、試して確認して決断することで得られます。
詳しくは、下記ホームページをご覧下さい。

「失敗しない住まいづくり」 オカモト企画

ヤフーロコ;オカモト企画のページ


より多くの方に、本当の住まいづくりを知ってもらいたいと思います。
下記、バナーをクリックしていただけると幸いです。


住まいの知恵袋 ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
にほんブログ村

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/w3uxms8risdv
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

グッドドラゴン さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。