注文住宅、住まいづくりのバイブル。最強の住宅専門家、住宅コンサルタントが教える本当の住まいづくりの方法がこれだ!

誰よりも頼りがいのある住宅コンサルタント:オカモト企画代表のブログです。
誰も書かない注文住宅の話をブログにします。ハウスメーカーで注文住宅を建築する人は、必見です。注文住宅を成功させるためのバイブルなのです。


テーマ:
今回は、間取り作成をされている方にも参考になることを書いてみましょう。

住まいづくりで間取りが決まってくると、外郭形状が見れてきます。
そのような段階になると、建物の配置の検討もされることだと思います。

敷地測量図面に建物をどのように配置するかによって、駐車場計画や庭等の土地の建物以外の活用方法、あるいは建物の高さに関する法的制限上の屋根形状の計画なども決まってきます。

ここまでは、お客様側も普通に目で見て、確認されて進めて行っていることだと思います。

この敷地測量図面には、間取りに関しても大変重要な情報が記載されています。

間取りを作成している中で、窓の位置と大きさは重要な項目です。

開放感のあふれる大きな窓やデザイン性の高い窓など、衣装性の部分と実用性の部分でお客様も大変興味を持って検討されていることだと思います。

この窓に関しては、隣地との関係も考える必要があります。

隣地までの距離が、何十メーターもあるような大きな敷地でない限り、隣に建設されている方の住まいの窓の位置が、計画している住まいの窓の位置にかぶさってこないかどうかを考える必要が出てきます。
この隣地の建物の窓の位置と大きさを敷地測量図面には、記載されているのです。
また、建築する土地の道路からの高さや敷地内部ので高低差なども記載されています。
この部分をよく読み取り、建物の配置と窓の場所を検討する必要があります。
これを怠ると、住んでから、あるいは建築途中に隣地の住人から、窓の配置に関しての質問や民法上のクレームがくる場合があります。

ここまでは、設計士と住宅営業マンが間取り打合せ時にいろいろと考えて提案してくれていると思いますが、一度確認されてください。

さて、それ以外のケースがあります。

この部分に関しては、設計士や住宅営業もなかなか話をしません。

もし、説明をしたり提案をするような設計士や営業マンであれば、かなり優秀なお客様主体の設計士、住宅営業マンと言えます。

それは、臭いに関しての注意です。

隣の建物から発生する生活臭と自分の住まいから発生する生活臭に関しての配慮が必要になります。

お客様側の住まいを中心に考えてみましょう。

お客様側の住まいからみて南側のお隣さんは、お客様側に対しては北側になります。

ご自身の住まいを見てみるとわかると思いますが、北側には、水周りやトイレが配置されているケースが多いです。

トイレの換気扇やキッチンのレンジフードからの換気扇が北側の外に向けられているかもしれません。

その換気扇から出された臭いが、自分の住まいの窓から入ってきます。

南側に大きな窓を作れば、北側の隣からの臭気が入りやすくなっています。

このことを、最初に理解しておくことと、住んでから気が付くこととでは、住んでからのストレスが違います。

他人のお家でしかも先に建築されている住まいに関して、どうこう言うのは、お門違いですが、自分の住まいづくりに関しては、考えることが可能です。

後から建築する側なので、すでに住んでいる方の気分を害することにならないように配慮することも必要です。

自分の住まいの北側は、その先のお隣さんの南側になります。同じようにそちら側に臭気が出る換気扇を配置する場合は、お隣さんのことも少しは考えて配慮するとしないのとでは、住んでからの近所付き合いも変わるかもしれません。

換気扇をそのまま、お隣さんに向けるのではなく、すこし角度を変えたり、フードを付けたりするだけでも、気持ちが随分変わります。

まして、24時間換気システムの吸気口がお隣さんの臭気を出す換気扇等排気口に向けれられていると、家中に臭いが充満する可能性も出てきます。

臭いの問題は、仕方がないことです。

しかし、住まいづくりの計画中にいろいろを検討されてその結果であれば、理解して住むことができます。風の向きや隣地との距離も考えて、設計士と現地での確認をされるのもよいと思います。

このように、住んでいないとわからないことが住まいづくりには沢山あります

担当されている営業マンや設計士が実際に自分の住まいを戸建てで持っていないとわからないことが沢山あります。

自分の家を持っていない営業マンや設計士がだめなわけではありませんが、知らないで許されることではありません。すべてはお客様に住んでから降りかかってくることです。

大きな金額を出して作る住まいですので、住宅メーカーの担当者には、もっとお客様のために専門家としての動きを期待します。

本当のホスピタリティーとは、口先だけではない、沢山の知識と経験を得た、心ある専門家から受けるサービスのことです。

今一度、ご自身の住まいづくりの方法を考えてみてください。





「失敗しない住まいづくり」には、ハウスメーカー選びが重要です。
通常では実現できない独自のノウハウで、お客様が満足した住まいづくりを多数実現してまいりました。
詳しくは、下記ホームページをご覧下さい。

「失敗しない住まいづくり」 オカモト企画

ヤフーロコ;オカモト企画のページ


より多くの方に、本当の住まいづくりを知ってもらいたいと思います。
下記、バナーをクリックしていただけると幸いです。


住まいの知恵袋 ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
にほんブログ村

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/w3uxms8risdv
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

グッドドラゴン さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。