注文住宅、住まいづくりのバイブル。最強の住宅専門家、住宅コンサルタントが教える本当の住まいづくりの方法がこれだ!

誰よりも頼りがいのある住宅コンサルタント:オカモト企画代表のブログです。
誰も書かない注文住宅の話をブログにします。ハウスメーカーで注文住宅を建築する人は、必見です。注文住宅を成功させるためのバイブルなのです。


テーマ:
仕事がら、お客様とハウスメーカー等建築会社が間取り等の打合せをされている期間にいろいろな相談を受けます。

私は、お客様と建築会社との打合せには、同席しません。
請け負う側の会社の人選には、私が面談をして、能力があると判断した人たちが担当しているわけですから、お客様との打合せに何も心配していません。

建築する会社の建築物の特徴をもっとも良く知っているスタッフたちが、練りに練ったプランでお客様に提案していることもあり、打合せそのものに私が参加する必要がないと判断しています。

プランがほぼ決まってきたころには、お客様も私の意見が聞きたいということで、間取り図面の確認を依頼されます。

その時は、図面のバランスを中心確認して、お客様にいろいろな質問をします

その質問にお客様が答えることが出来なかった場合は、まだ、間取り上でお客様が知らない事柄があるわけですから、お客様がメーカー側に質問をして、その理由をよくお聞きになり、理解をして間取り図面を完成させて行きます。

住宅仕様なども、確認します。見積もり書や仕様書の内容は、一般の方々ではわからないことも沢山ありますので、希望されている仕様になっているかを私の方でも、確認したりします。

特に断熱仕様や施工に関しての注意事項なども、結構もれている場合が多いので、チェックしたりします。

さて、お客様と建築会社との打合せ終了後に、お客様からの依頼で内容報告を受ける場合が結構あります。

その場で、よく思うのは、お客様も建築会社も互いに遠慮していることがあるということです。

お客様側は、住まいづくりが始めての場合が多いので、進め方や流れがわからないということもあるのでしょう。

何をどのタイミングで話しをしたらよいのかも、建築会社側の進め方に準じることでしか判断できず、話していいのかどうかもわからないことが遠慮につながるだと思います。

また、お客様側で自分で判断してしまって、言う必要がないとか、言ってもだめなことだろうで胸にしまってしまうこともあるのでしょう。

このようなお客様の遠慮を建築会社側が気を利かせて、お客様から話ができるような状況をつくるべきなのでしょうがなかなかそのようにはなっていないみたいです。

私のお客様は、ハウスメーカー等建築会社選抜会で一社の会社に絞って、単独での打合せを行っているため、建築会社側もお客様だけを見て、一生懸命打合せを行えばよいのです。
しかし、このような手法で打合せを進めてきているケースがハウスメーカーや建築会社側では、ほとんど経験をされていないため、習慣的にお客様の顔色を見てしまう癖が出てしまいます。

お客様からの依頼を受けて、進捗状況の確認をお客様、建築会社の責任者、担当営業で行うときに、よく感じます。

私は、お互いに遠慮なく、お客様は安心して住まいづくりだけを考えればよいようにするためのアドバイスを行い、建築会社には、建築の専門家として言うべきことを遠慮しないで言えるようにするためのアドバイスや代弁を行います。

お客様は、私のこのようなアドバイスや助言を聞くことで、より安心して、何をすべきなのかを理解して、どのように間取り図面を見ればよいのかや建築会社側にどのように話をすれば、より希望を伝えやすいかがわかってきます。

また、建築会社側もお客様に伝えるべきことがわかり、また、お客様との接し方が従来の競合対策的な手法とはまったく違う、本来のすべき仕事が何なのかを再認識されます。

また、私からのコンサルで、提案型の住まいづくりを行うことが、仕事への負担軽減になるかを実感します。
その軽減された分、お客様へのサービス向上に努めてもらい、顧客満足度をアップしてもらいます。その結果、従来の方法では、なしえることができないような顧客満足度ナンバーワンの住まいを実現することができます。

私は、いろいろなネットの知恵袋の相談にも書き込みを行いますが、その相談内容には、あきれてしまうことばかりです。

新築相談のそのほとんどが、担当する住宅営業マンがいるにも関わらず、ネットの見ず知らずの何も責任のない一般人の回答に期待をしていることは、情けないかぎりです。

担当する営業マンに聞いてもわからないことがあるのは、信頼関係が築けていない証拠です。そのような状況で、住まい計画を進めることは、一般の方では、大きなリスクを伴うことです。早くそのことに気が付いて、ネットの相談ではなく、生身の人間に相談できるような人間関係を築いてもらいたいものです。

話がそれましたが、住まいは人生最大の買い物です。

信じている建築会社の担当者には、遠慮などいりません。

また、信頼されている営業マンであれば、お客様の本当の幸せのために自分が専門家としてできることをすべてしてあげてください。

それがお客様に対しての忠告的なアドバイスであってもです。

私は、お客様に対しても、建築会社に対してもかなりきついことを言います

それは、正しいことだからです。

私が専門家として知っていることを遠慮して、伝えることをしなければ、そのことで、不幸になるのはお客様です。

話をして、理解してもらえなかった場合もありますが、それはその方々の運命でもあります。そのことで、信頼関係が揺らぐような状況では、住まいづくりに関わってはいけないと思っています。

私といっしょになって住まいづくりをされた方々から得られた沢山もノウハウが、今の私が進める手法です。

お客様からは、「その時はよくわからなかったけど、住んでいる間によくわかるようになりました。あの時の話がなければ、このような住まい方ではなかったと思うとよく話しを聞いてみるものだと今更ながらですが、思います。ありがとうございました。」
と言われます。

人を信じて、信じられることが住まいづくりには、重要なことなのだと思います。

打合せが終わって、実際に建築が始まると、私の仕事が一段と忙しくなります。

いろいろな確認事項が建築着工前と着工後にもあります。その話題も記載してみたいと思います。




「失敗しない住まいづくり」には、ハウスメーカー選びが重要です。
通常では実現できない独自のノウハウで、お客様が満足した住まいづくりを多数実現してまいりました。
詳しくは、下記ホームページをご覧下さい。

「失敗しない住まいづくり」 オカモト企画

ヤフーロコ;オカモト企画のページ


より多くの方に、本当の住まいづくりを知ってもらいたいと思います。
下記、バナーをクリックしていただけると幸いです。


住まいの知恵袋 ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
にほんブログ村

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/w3uxms8risdv
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

グッドドラゴン さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。