2010-10-11 14:55:56

昨日は近畿ノーギアパワーリフティング選手権でした。

テーマ:パワーリフティング裏方


皆様のおかげを持ちまして無事終了しました。過去最高の54名のエントリーの中、皆さん力を発揮されておりました。講評をしてみましょう。


Aグループ 男子60kg 67.5kg級


60kg級は赤星健次郎選手貫禄の優勝。赤星選手は今年ボディビルに出場。なんと80kgから60kgまで減量し、ミスター泉州→大阪フライ級とボディビル2冠王を達成!9月の関西クラス別までボディビルダーとして今年は活躍。そのあとのパワー参戦。階級も60kg級まで落としての出場。どこまでパワーが回復できるかでしたが、S145kg、B105kg、D200のとーたる450kg。特にデッドの200kgは立派!フォーミラー順位も6位と上位に名をつられました。来年もボディビル→パワーリフティングの予定での参戦との事。

4位のなりたすぐる選手は、高校の教職員。教職員の雄で、今大会審判をした松原選手の弟子。最後のデッドリフト、アンモニアを嗅ぎ気合満点で120kgを嗅ぎトータル265。赤穂パワーにも参戦との事


67.5kgは、ノーギア軽量級・兵庫のエース井上雄介選手が、トータル585kgとし、芦原選手のフォーミラーポイントを1ポイントしのぎ、最優秀選手賞をゲット。


グッドコンディションのトレーニングと店長日記


本当に強いです。特に失敗しましたが、スクワット第3試技の日本新を掛けた、211.5kgはもう少しというところでつぶれましたが力が伝わっていて、迫力のある試技。まだ体重も65.2kgなので、まだまだ体重も増やせます。

2位の越野選手までがJO標準クリア。3位の甲子園ボウル優勝経験のある廣瀬選手がパワー初出場で、415kgを記録



Bグループ 女子 男子56kg級



グッドコンディションのトレーニングと店長日記

女子はパワーハウス赤穂が結成した、吉岡コーチ率いる「ピンクパワー赤穂」女子勢5名引き連れてきました。

それにパワーハウス神河からは、松谷コーチが連れてきた、今年14歳になる新鋭堀田選手で、パワーハウス系が6名。

それに、絶叫パワー戦士、岡島晃子選手が迎え撃つセッション。


その岡島選手が強い!ノーギアでトータル265kgとしましたが、なんと最終試技で、トータル300kgを達成するために135kgを申請。必殺の35kgアップ!!残念ながら引ききれませんでしたが、その根性はすごい。優秀選手賞をゲット!


そして女子新人戦では、全日本マスターズベンチで3位をゲットした、機谷選手が優勝し優秀選手賞をゲット!


グッドコンディションのトレーニングと店長日記

記録も225kgとパワー初参戦で立派な数字。来年はボディフィットネスに参戦との事。



グッドコンディションのトレーニングと店長日記

男子56kg級は、甲子園ボウル優勝経験者、中川博司選手が、トータル412.5kgで優勝し、優秀新人賞も獲得!もちろんジャパンオープン標準もクリアし、いきなり3つの花を持って帰りました。



グッドコンディションのトレーニングと店長日記


第2位は、今年全日本マスターズ準優勝の浦野選手が入りました。最後のデッドリフト最終試技、日の丸に敬礼し、162.5kgの自己新を達成!盛り上がりました!


Cグループ 男子75kg級 82.5kg級JR M3


なんと言ってもこのセッションは、芦原徹でしょう。

S226 B147.5kg D255kgのトータル628.5kgのすごすぎる成績。最後のデッドリフト日本新記録を狙わなければ、最優秀は芦原選手のものでした。

芦原選手に話をして、練習内容を聞きました。練習は8発から10発物の練習で、たとえば180を8発狙えるか狙えないかの重量の場合、ここからスタートして、10発出来れば次回の練習のときに、10kg上げるとの事。

そのあと10kgごとセットでマイナスしていくとの事。


表にするとこんな感じ 180kgが8回程度の場合

1セット目 180 10発目指す 10発出来たら次回のセットは10kgアップ

2セット目 170 10発以上目指す

3セット目 160 10発以上目指す

4セット目 150 10発以上目指す


こんな感じとの事 練習は週5回 種目別では週2回ほど練習する感じとの事。


そしてこれが一番の秘訣じゃないかと思うんですが、睡眠時間は8時間から10時間。たぶんこれが一番の秘訣と思います。それと高校時代はしんどい自転車競技をしていました。それのベースは絶対あります。

皆さんご参考にどうぞ


75kg級一般の部は、佐名木宗貴選手の優勝。トータルも602.5kgとすばらしい数字で優秀選手賞もゲット。

佐名木選手はボディビルとパワーリフティング両立している選手。現在は関西大学のトレーニングコーチとして、活躍しています。そこにトレーニングに来ている、アメフトの選手を、今回近畿パワーに多く誘ってくれました。


グッドコンディションのトレーニングと店長日記

佐名木選手が連れてきたのは、なんと総勢5名。それも甲子園ボウル優勝メンバーもいます。そのうち3名がジャパンオープン標準をゲット。基礎体力の高さがよくわかります!そして佐名木選手自信も高記録を達成しました。選手にコーチに大活躍です。


第2位には、関本選手が570kg。体重にまだ余地がありますので、体重を増やせば特にスクワットが、延びる余地が有るでしょう。


第3位は、田邉選手が4位と同重量を体重差で振り切り銅メダルをゲット。

5位の下島選手までが標準記録突破。その下島選手パワー大会初出場で、9試技パーフェクトを達成し敢闘賞をゲット。これは本当に価値があります。下島選手と一緒に練習したことがありますが、とにかくひたむき。内に秘める気合がすごかった。下島選手は吉岡コーチが育てました。


Dグループ重量級


82.5kg級は、兵庫パワーでも活躍した、松本敏史選手が545kgを記録し見事優勝。第2位には初出場の奥野ケイスケ選手が、見事標準一発回答をして、2位。
グッドコンディションのトレーニングと店長日記


3位は最終デッド試技標準を掛けて210kg挑戦しますが、残念ながら次回にお預けになった、藤川選手が3位でした。


90kg級は、兵庫パワーで最優秀選手賞を獲得した、福田慎輔選手がここでも強さを発揮。トータル大幅に伸ばし625kgでここでも最優秀新人賞をゲット。もちろん目指すはジャパンオープンということになるでしょう。

2位には佐名木道場から初出場の、新居選手が480kg。ジュニアの吉田選手は522.5kgであと7.5kgでジャパンオープン標準。強い選手がどんどん出てきました!


グッドコンディションのトレーニングと店長日記


100kg級はこれまた佐名木道場からの、甲子園ボウル優勝者、原口大知せんしゅがトータル550kgで、見事にジャパンオープン標準を突破しての優勝!最後のデットリフト240kgは引ききりましたが、しゃくりがとられて1対2の赤。俺でも初出場で550kgは立派。第2位は家門選手で465kg、第3位は安井選手の452.5kg。

110kg級は、久々にパワー大会出場の安井篤史選手が絶大な人気を引っさげて、615kgの優勝。それにしても安井選手のデッドリフトは華があります。ジュニアのこれまた佐名木道場、井口選手は502.5kgを記録。表彰式で、写真を撮ってもらえないツッコミがありましたが、きちんとHPAがフォーローしました


グッドコンディションのトレーニングと店長日記


125kg級の遠藤選手は本当に久々に登場。記録は625kgと高記録。特にスクワット、デッドリフトはナロースタンスで迫力試技を見せてくれました。表彰式には地元のはっぴを着て登場!

グッドコンディションのトレーニングと店長日記


なお商品提供で、マッスルプロダクションからリストラップ、グッドコンディションからBCAAプロとクレアチンマレート、HPAからTシャツがありました。ご協賛ありがとうございました。



グッドコンディションのトレーニングと店長日記
マッスルプロダクションよりリストラップ進呈。



グッドコンディションのトレーニングと店長日記

最優秀選手・優秀選手表彰式。






AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

グッドコンディション 塩田宗廣さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■無題

近畿パワーお疲れ様でした。そういってもらえるとうれしいです。一度一緒にトレーニングがしたいのでよろしくお願いします!!

1 ■お疲れさまでした。

近畿ノーギアパワーお疲れさまでした。
本当に兵庫の大会はスタッフの方の御蔭で
いつも楽しく参加する事が出来ます。
学生達も良い経験が出来たと喜んでいました。
また来年もトレーニング好きな学生捕まえて参加しますので宜しくお願いいたします。

あと中川君はアメフト部じゃ無くて空手部なんです。まぎらわしくてすいません。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。