インナーチャイルドカードで発見♪心の中の青い鳥,仕事も子育ても120%楽しむ女性の生き方研究所

東京のインナーチャイルドカード講座。カウンセリングで、自分の望む生き方にシフトするお手伝いをします。ナインバード、インナーチャイルドカード、パステル和アートなど。カウンセリング力重視のセラピスト養成講座が人気。会社にしがみつかない女性の生き方実践提唱中♪


【現在募集中の講座】



<カードセラピスト養成講座>



  インナーチャイルドカードセラピスト養成講座  受付中NEW



  OSHO禅タロットセラピスト養成講座 受付中



<心理学講座>



  勇気づけリーダー養成講座受付中NEW



  実践型心理セラピー講座受付中NEW

<数秘&カラープレゼンター養成講座>



  数秘&カラープレゼンター養成講座 受付中NEW



  プチカラーセラピー講座<数秘&カラー分科コース> リクエスト受付中NEW



各種講座募集中です。



最新の開催日程は こちら を ご覧ください。



合格セラピスト支援ビジネス講座を開催しています合格



<大人気!限定メニュー☆オワゾブルーオリジナルビジネス支援レッスン> → 詳しくはこちら



発見♪心の中の青い鳥 親子カウンセリング,実践型セラピスト養成講座,インナーチャイルドカード



発見♪心の中の青い鳥池袋セラピールームオワゾブルー現役カウンセラーが教える実践型セラピスト養成講座インナーチャイルドカード





テーマ:

 こんにちは、心理セラピスト&講師のふるたてひろこです。

すっごい急なお知らせですが、
1年ぶりにこのワークショップを開催します。

あなたも、点描曼荼羅アートを通じて、

「無になる」感覚を味わってみませんか?
きっと、新たな楽しさ発見できると思います。

頭であれこれ考え過ぎちゃって思考が止まらない方にはおススメですよん。
過去、「シコーズ」(思考を止めるのが苦手な人々^^)にはとっても大好評だったという実績が証明されています!

ちなみに、こんな番外編のご感想も頂きました。
「教えて頂いた点描曼荼羅、紙とボールペンがあればいつでもどこでも簡単に描けるので、お店でお客さんを待つ時間の暇つぶしに重宝してます。不思議なんですが、これを描いていると、よくお客さんが入るような気がします。本を読んでいてもちっとも入らなかったのが、これを描いてると来るんです。不思議~。気のせいじゃないと思います。」

ムムム、なんか不思議ですね~。
でも、ある種の瞑想状態になるから、そんな影響もありかも~。

 点描曼荼羅アートを描こう☆ワークショップ 
日時:9月8日(火) 10:00~13:00 
場所:セラピールームオワゾブルー(東京メトロ副都心線雑司が谷駅徒歩7分)
参加費:5000円
定員:4名


こちらのWSは気まぐれ開催なので、次はあるかないかわかりません(笑)
気になった方は、今回、がんばって来てください。

お申し込みは こちら から。

以下、昔の記事で詳細のご紹介です。
-----------------------------------------
なかなか日々の様子をブログでお知らせすることができませんが、
毎日講座をしたり、個人セッションをさせて頂いたりしながら、楽しく過ごしています(^^)
ありがとうございます。

今月~来月開講のインナーチャイルドカードセラピスト養成講座は
続々と満席になっておりまして・・・・。
こちらもまたあらためてお知らせをいたします。

さて、今日は別件。
先日、あれは・・・・
もう2週間前のことですが(笑)、点描曼荼羅アートワークショップ第2回目を初開催しました。

点描曼荼羅っていうのは・・・・・

未設定  
こんなやつです。

11月に第1回目を開催したのですが、大好評となりました。
その時に参加したかったけれど、どうしても都合がつかなかった・・・・
という方の熱い熱いラブコールにお応えして、
今回の開催となりました。ありがとうございました。

実は前回初開催の折りには、こんな心配があったんです・・・・。

私自身は、今年の夏から点描曼荼羅の楽しさに魅せられてはいたものの・・・
お伝えするのは今回が初めて、ということで正直開催前は
「描けない」方が出ないように・・・といつになく緊張して準備していたりして。

ところが!
開催してみて、それはただの取り越し苦労だったと知りました。
そんなのちゃんちゃらおかしいやいっ!(←何かが乗り移っている?)
っていうくらい皆さん全員が素晴らしい作品を描かれました。

 → 前回の様子はこちらからどうぞ

そして今回の皆さまも
舌を巻くほどの素晴らしい作品を仕上げられていましたよ。

 未設定 
 未設定 
 
 未設定 
 
未設定

 未設定 


最初に10cm四方の小さめの紙で練習をします。
今回の皆さまは、この練習の段階ですでに個性発揮!

次の15cm四方の本番の紙にも、
引き続き、それぞれが伸び伸びと、ご自分らしい世界を表現されました。

すごいですねー。
どれひとつとっても同じ作品はないんですよ。
これぞ! 曼荼羅の世界ですねー。
自己表現ですからね、お見本見て書いたって、同じにはならないんですよ。
そこにはその方の息吹が感じられます。

あ、ちなみに「なんて読むんですか?」って質問も頂いたんですが、
曼荼羅(まんだら)です。

未設定 
 
私は、夜になってちまちまとテンテンを続け・・・
ようやく完成。

未設定 

笑ってしまったのが、
皆さんあまりにも集中して無心にテンテンテンテンと点を打っていたので、
ものっすご~く無口でした。
こんなに無口なワークショップも珍しいよねって(笑)

前回の途中、ちょっとは話しかけてみようかな、って思ってトライしてみたんですけど、
皆さんあんまり反応してくれなくて(爆)

諦めて私も黙ってテンテンすることにしましたので、この回も無言(笑)

点描ハイなる言葉が誕生するくらい、無心になる感覚、あなたも味わってみませんか?
きっと、想像しているより、ずっとずっとず~っと、楽しいと思います。

このひのご参加者様の感想記事はこちらです。

朝霞・和光 親子サイン教室 平ここねさん →☆☆☆

爆発的行動力で夢叶える元ナース ハレルヤ晴れ子♪ →☆☆☆

癒しの紙細工 *Atelier Mani mani*さん  →☆☆☆

スピリチュアルセラピスト しらい あつこさん →☆☆☆

ご参加ありがとうございました。

パステル曼荼羅もやっている私ですが、今回の点描曼荼羅アートは、パステルは使いません。
黒い画用紙にボールペンを使って描きます。

こんな見本を見ながら、
ご自分オリジナルの曼荼羅が描けるようになりますよ~。

未設定 
 ご興味ある方はぜひこの機会をお見逃しなく。
お申し込みは こちら から。

 いつもありがとうございます。

ブログ村ランキング、今年から参加しています。
 


よかったら ポチッとクリックお願いします。
励みになります、ありがとうございます(^^)
 
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
こんにちは、インナーチャイルドセラピスト養成スクールを主宰しています ふるたてひろこ です。

今日は昔話をひとつ。
もう10年近く前のお話しです。

私は5年半前からセラピストをしていますが、その前はフルタイムワークの会社員でした。
3人目の子供が生まれたとき、私はまだ会社勤めをしていました。
産後8か月で職場復帰をしました。

朝8時半に家を出て、保育園に3人の子供を預けて、18時半まで会社で働いて、19時15分の保育園のお迎えに行く。
駅から保育園までの道はいつも走っていました。
保育園を出て、3人の子供たちと家路に。
帰ったらご飯を食べて、お風呂に入って、遅くても10時には寝かせる。
毎日、毎日、この繰り返し。

全部がいっぱいいっぱいだったけど、末息子誕生からこの頃にかけて私が一番困っていたのがお風呂タイム。
当時長男は5歳、娘は2歳、末の息子が0歳。
この3人の子をどうやってお風呂に入れるか?
それが私の最大の悩みだったのです。

そうい言うと、ピンと来ない方も多いかもしれないと思います。
「お風呂なんて、ただ順番に入れればいいだけじゃない。」
そんな声も聞こえてきそうです。

けれど当時、5歳の長男も、誰もいない室内でひとりで待つ、ということが出来ませんでした。
つまり、長男を待たせて、下のふたりと私がお風呂に入る、ということは出来なかった。
必然的に、3人を連れて一斉に、お風呂に入る、という選択になります。

マンションの決して広いとは言い難い浴室に、4人で一緒に入り、それぞれの髪と身体を洗ってあげること。
これがなかなかに骨の折れることで。
末の息子がまだ腰が据わらない月齢のときなどは、抱っこしたまま上の子を洗わなくてはならない・・・・。
自分がゆっくり湯船に漬かることはもちろん、髪や体を洗う事さえ、とりあえず全部諦めて(子供が寝た後に入りなおせばいい)も、それでもどうにもしようがない、そんな状態でした。

誰かひとり、私と下のふたりがお風呂に入っているほんの10分間、長男の相手をしてくれる大人がいればそれで済むことなのに。
当時夫の帰りは連日午前様。
年老いた親は夜出かけるのは身体に堪えるという・・・。

もう、これっていったい私にどうしろと???
と真剣に思い悩んでいた時、ひとりの救世主が現れました。

見るに見かねた私の母の連れ合いのおじいちゃまが、
自分の朝の体操仲間のご婦人に私の話をしたところ、
お風呂タイムだけお手伝いに行ってもいいですよ、と言ってくれたというのです。

というわけで、まったく面識のなかったこのおばさま(以降Sさん)が
週に3回、夜8時からの1時間だけ我が家にお手伝いにきてくれることになりました。

私は本当に感謝しました。
夜8時と言えば、一般的に主婦はいちばん家を空けにくい時間帯。
その時間に、わずかな時給で見ず知らずに他人のために、週3回も来てくれるという。
なんて奇特な人がいるものか、と。

余程子供好きとか?
と一瞬思いましたが、おじいちゃま経由で聞けば、「そんなに子供は好きなわけではない」とのこと。
けれど、Sさんにも3人の子供さんがいて、もう成人しているけれど、育て上げるまでそれはそれは大変だった。私の話をおじいちゃまから聞いたとき、なんだか他人事とは思えなかった、と。
だから、自分に出来ることがあるなら、お手伝いしますよ、と、そう言ってきてくださることになりました。

Sさんに来てもらえる週3回、私にとって、泣きたくなるような地獄のお風呂タイムが、激変しました。
私が子供をひとりずつお風呂に入れている間、Sさんは部屋で子供の話し相手になったり、遊んだししてくれました。
子供たちもすぐにSさんを好きになり、Sさんと会えるのを楽しみにするように。
Sさんは時折「たくさん作ったから」と夕飯のおかずを持ってきてくれました。
「美味しい!」と言うと、レシピを紙に書いて持ってきてくれたり。
そして何より、私の話を聞いてくれました。

育休明けで会社に復帰したとき、降格・減俸という痛手をこうむっていた私の話(今思えば愚痴・笑)や、子育ての話を、アドバイスすらせず、ただただ聞いてくれました。
何を言っても、「ひろこさんはよく頑張ってる」と言い続けながら。

今思えば、あの頃私はSさんに支えられていたのだと思います。
何を言っても「十分頑張っている」と認め、肯定してくれる、アドバイスすらせず、私の気持ちにただただ寄り添ってくれるSさんに。

そしてそんなSさんともお別れの時がやって来ます。
最初に来てもらってから1年ほどが過ぎたときでした。
Sさんにお孫さんが誕生することがわかり、忙しくなるのでもう来られなくなる、ということでした。

でもその時には、末息子も1歳を過ぎ、長男も小学生になり、あのひとりではどうしようもなかったお風呂タイムも、もうひとりでも大丈夫、と思えるようになっていました。

私は言いました。
「Sさん、おめでとうございます!今まで本当にありがとうございました。私はもう大丈夫です。あのときSさんがお手伝いに行ってあげると言ってくださったことで、私は本当に救われました。これからの人生まだ長いけど、私はSさんへのご恩を一章忘れないと思います。」

Sさんは安心したように微笑みました。
そしておずおずと差し出した小さな紙袋。
その中には あいだみつおさんの言葉がかかれたハンドタオルが。



「これね、だいぶ前にあいだみつお美術館に言ったときに、ひろこさんにお土産と思って買ったものなの。でもね、なんだかいつも渡しそびれちゃって・・・。どうしても、ずっと渡せなかったんだけど、今のひろこさんを見て、今なら渡せる、と思って。」

そう言ってSさんは私に手渡してくれました。

「しあわせは いつも じぶんのこころがきめる」

私の大好きな言葉です。
でも、もしかしたら、心が弱りすぎているときには、厳しく感じたり、受け取ることが難しい言葉かもしれませんね。

私はあの頃、自分ではそんなに弱っているつもりも、辛そうにしているつもり、愚痴をこぼしているつもりもありませんでした。
ただただ日々の自分の状況や出来事を世間話のように語っているつもりでしたが、Sさんはそこに、語られない何かを感じていたのかもしれません。
職場復帰して、3人の子育てしながら、どっちもちゃんと両立しなくちゃ!と頑張っていたから、弱ってなんかいられない、と思っていたのかもしれない、と今なら思います。

そのときにこのタオルをもらっても、きっと私は別に傷ついたり、不快に思ったりはしなかったと思います。
でも、お土産手に買ったタオルを何か月も渡せなかったSさんの気持ちを知った時、私はそこにSさんの思いやりの気持ちを感じ、そのことに感謝の念を抱かずにはいられませんでした。

Sさんがこの記事を読むことはきっとないと思うのだけれど
私はSさんにこう言いたいのです。

Sさん、あのときあなたに出会えて、確かに私は支えられました。
あなたがその思いやりと優しさを私にくれたから、
私は今、私の周りでそれを必要としている人に思いやりと優しさをあげることが出来るのです。
私は、あなたから、ただ寄り添うことの意味を教えてもらいました。
あなたとの出会いを私は一生忘れません。
本当にありがとう。

今日も最後までおよみくださってありがとうございました。

いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
こんにちは、インナーチャイルドセラピスト養成スクールを主宰している
ふるたてひろこです。

おとといはインナーチャイルドカードプロセッションクラスの6期平日クラスがスタートしました。





このクラスは名前がプロセッションだからか、「今はまだ人にセッションするより自分の癒しが必要?」と思う方々は躊躇してしまうようなのですが、実は自分と向き合うことがもれなくついてくる講座です。
(ネーミング見直すべきか?)

けど、自分が癒されるということと、人にセラピーする側に近づくことに違いはないんだよな。

ま、それはさておき、今回もぎりぎりまで参加を迷っていた方。

1日目が終わってメールをくださいました。
「思い切って参加してよかったです!」

1日目のオープンセッションに名乗りをあげてくださって、何かヒントをつかまれたようです。







ありがとうございました。
その決断が、必ず、新しい結果を産むのです。

また来月♪
いいね!した人  |  コメント(0)