インナーチャイルドカードで発見♪心の中の青い鳥,仕事も子育ても120%楽しむ女性の生き方研究所

東京のインナーチャイルドカード講座。カウンセリングで、自分の望む生き方にシフトするお手伝いをします。ナインバード、インナーチャイルドカード、パステル和アートなど。カウンセリング力重視のセラピスト養成講座が人気。会社にしがみつかない女性の生き方実践提唱中♪


【現在募集中の講座】



<カードセラピスト養成講座>



  インナーチャイルドカードセラピスト養成講座  受付中NEW



  OSHO禅タロットセラピスト養成講座 受付中



<心理学講座>



  勇気づけリーダー養成講座受付中NEW



  実践型心理セラピー講座受付中NEW

<数秘&カラープレゼンター養成講座>



  数秘&カラープレゼンター養成講座 受付中NEW



各種講座募集中です。



最新の開催日程は こちら を ご覧ください。



合格セラピスト支援ビジネス講座を開催しています合格



<大人気!限定メニュー☆オワゾブルーオリジナルビジネス支援レッスン> → 詳しくはこちら



発見♪心の中の青い鳥 親子カウンセリング,実践型セラピスト養成講座,インナーチャイルドカード



発見♪心の中の青い鳥池袋セラピールームオワゾブルー現役カウンセラーが教える実践型セラピスト養成講座インナーチャイルドカード





テーマ:

当ルームのインナーチャイルドカードセラピスト養成講座は、
ご受講頂いたのと同じ講座を再受講して頂くことが出来ます。(1日5千円)

人が一度に受け取れる、感受できる情報量には限りがあります。
またそのときの自分の段階に見合ったようにしか理解することは出来ません。

そのため、このクラスの再受講を利用されると、次のような成果を得られる方がいらっしゃいます。



・1度では理解できなかったカードの意味が理解でき、また腑に落ちた

・自分について新しい発見や気づきが得られた

・バラバラに点在していた知識が線になって繋がった



その日に集まられた方のエネルギーでお話しする内容も変わります。
私自身のカードへの理解も日々深まっていますので、タイミングによってはかなり違った内容になることもあります。。

その日ご自分に響くメッセージが受け取れると好評です。
どうぞご利用ください。

なお、当ルームの再受講制度には回数制限はありません。
(定員いっぱいの場合はお入り頂けない場合もありますが)
何度でもご利用可能です。

これまでの最高記録では、
通しで4回受講された方がいらっしゃいます。
(初受講+再受講3回)

いつもいつも
「今回で最後~」
とおっしゃりながら、最終日には「次もいいですか?」とおっしゃっていました。
そして4回目が終わった時に
「今度こそ卒業します!」
と晴れやかに卒業してゆかれました。

その方の理解が遅かったので決してなく、
誰よりも熱心に、貪欲に、
その場で吸収できるすべてのことを、
全身で感じ、吸収してゆかれた方でした。

その方を見ていて思ったのですよ。
皆さん、もっと再受講制度を活用してください!!!
ってね。

一度しか受けないなんて、もったいないです。

再受講 = 復習 ではないのです。

生きた講座からは
受講する度に、まったく新しいもの吸収できます。

再受講は、新規受講者がいる場合のみ受講可能です。

当ルームのHP開催日程から、開催日をご確認の上、お申し込みください。
1日単位でお申込み可能です。

告知している日程でも、
新規受講者の都合によっては直前に開催中止となる場合もあります。

最新の開催日程はこちらからご確認ください。


>>再受講のお申込みはこちらから

   ※再受講希望します、にチェックを付けて、参加希望日をお書きください。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
+++この記事は2015.5.5公開記事の、再掲です+++

こんにちは、ふるたてひろこです。
インナーチャイルドカードを使った心理セラピー&講座を中心に、女性が仕事も子育ても120%楽しむ生き方を提唱・実践しています。

突然ですが、「やる気が出ないとき」ってありませんか?
やらなきゃ、やらなきゃ、と思うことがあるのだけど、
なんだかちっともやる気が起きない。

四六時中そのやらなきゃ、って気持ちが頭の隅に張り付いているのだけど、なぜだかちっとも行動には結びつかない、あるいははかどらない。
そんなときは余暇も絶えず気持ちだけが焦っているので、休んだり楽しんだりもできないものです。
私、結構この傾向が長年ありました。

で、最近になってようやくこれへの対処法を編み出しました!
あのね、それはね。

そのやらなきゃ、って思っていることを、「とことんやらないと決めてみる」ということです。

これは私のやっている心理療法のベースになる考え方の応用です。
その考え方とは

「人は今やっていることが一番やりたいこと」

いやいや!そんなことはない
と反発したい気持ちはよくわかります(笑)

けれど、もしあなたが今やっているそのことが、
誰かが物理的にあなたを後ろから羽交い絞めにして、そうさせているのではない限り、あなたはそれをそうしたくてやっています。

というのが、この考え方です。

よくよく考えてみると最終的には気づくのですが、
たとえどんなに「それを望んでいない」と思っていたとしても、あなたが今それをしているということは、それをしていた方がいい、あるいは他の何かよりはそれの方がマシ、な事情があるからなのです。

これは心理療法の原則にもなる考え方ゆえに、話が大ぐくりになりそうなので、タイトルのケースに話を戻しますと。

「やらなきゃと思っているのにやる気が起きないとき」というのは「やらない方がいい事情」あるいは「やらない方がマシな事情」があるんだ、ということです。

もちろんこれは意識できる領域以外での判断のことも多く、だからこそなかなか気づけずに、やれない自分を責めたり、焦ったり、悩んだり、ということをしがちです。
が、さっきの理屈で言えば、「やらないにはやらない事情がちゃんとある」わけなので、責めたり焦ったり悩んだりすることは、基本的に何の解決にもなりません。
っていうか、百害あって一利なし、です。

じゃあどうしたらいいの?

ということなんですが、心理セラピーを受ければ「その事情」がなんなのか?を知ることが比較的容易で、変化も早いです。
でも、その一歩手前で、自分でできるカンタンな対処法を見つけました。

それが、「とことんやらないと決めてみる」ということです。
焦りも悩みもみんな脇に置いて、「今はやりたくない自分」を尊重してあげるのです。
「やらない」と決めるのですから、もちろんやれないことへの自責の念も無用になります。

とにかく、まあ、やってみるとですが、必ず、どこかで自分の中に新しい感覚が湧いてきます。
それはいろんなパターンがあるでしょうね。

「あれ?もしかしてやらなくていいんじゃない?」
かもしれないし
「あれ?なんだかちょっとやる気が出てきたぞ。ちょっとやってみようかな。」
かもしれないし
「やっぱり嫌だ!やりたい!」
かもしれません。

やらなくていいんじゃない?
ってなるのなら、もしかしたらそれは最初から「やらなきゃ」って勘違いしていたことかもしれません。

だんだんやる気が出て来たのなら、もしかしたら、あなたは少し疲れすぎていたのかもしれません。単にエネルギー不足だっただけ。充電完了でやる気が出来たたのかもね。

やっぱりこのままずっとやらないのは嫌だ!
ってなるのなら、それはあなたの本当にやりたいこと。だったら、どうやったら出来るのか?もう一度真剣に考えてみましょう。そのときあなたは「やれる方法」が見るかるまで、考え続けることが出来るはず。

「やりたいのにやる気が出ない」とお悩みのあなた。
「とことんやらないと決めてみる」

よかったら試してみてくださいね。

私もここ2ヶ月ほどやってみてましたよ。
そして、そろそろ、動き出せそうな気配です。

今日も最後までお読みくださってありがとうございます。


心理セラピーを受けたい方はこちら
心理セラピーを学びたい方はこちら


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
+++この記事は2014.11.10公開記事の、再掲です+++

こんにちは、インナーチャイルドカード心理セラピスト&講師の ふるたてひろこ です。

インナーチャイルドカード

随分と長いことブログを放置してしまいました。
また心を入れ替えてがんばります(^^)
※がんばります、って言葉、久しぶりに使った(笑)

さて、カウンセリングをしていると、ある時期に訪れるクライエントさんはみんなどこか共通点があります。
気づくとね、みんなに同じことを言っているのよ。
これ、ホントにホント。

でもって、っていうことはね、
もう一歩踏み込むなら、それってセラピストである自分の中にもある要素ってことね。

おおっ。
じゃあ、今から書くことは、自分に言い聞かせることになるのねっ。
わかったわ!心して聞きましょう(笑)

お話しているとね。
しばしば私はこう口にするわけです。

「決めましょう」

あるいは

「決意しましょう」

あるいは

「覚悟しましょう」

ええ、
決意と覚悟

ですね。

そうすると、かなりの確率でこう聞かれるのですよ。

「決意ってどうすればいいんですか?」

「決めたつもりなんですけど・・・・。決めてないんですかね?」

こんな感じです。

そこで私はこう答えることにしています。

「決めるっていうのは、それ以外の選択肢を自分の中から排除することです。
『幸せに生きる』と決めたなら、幸せに生きている自分以外の選択肢を自分の中に残さないことです。『セラピストになる』と決めたなら、セラピストになっている自分以外の選択肢を自分の中から排除することです。」

「それ以外の選択肢を残さない・・・ですか?」

「そうです。『幸せに生きる』と決めたのに、次の瞬間にはもう『幸せに生きていない自分』を脳裏に浮かべて『幸せになれなかったらどうしよう・・・』と不安になる。『セラピストになる』と決めたのに、次の瞬間にはもう『セラピストになれなかったらどうしよう・・・』と心配し始める。そういうのは全部、『決めてない』と言います。

そうなんですよー。
こういうこと、よくありませんか?
私はよく見かけます(笑)

『セラピストになる』って決めたと言いながら、『セラピストになれなかったらどうしよう』って不安にかられている光景。
見ていて思います。

ああ、まだ決めてないんだな、と。

でね、次にどうなるかわかりますか?
次に始めるのは『セラピストになれなかったときの保険』探しです。
それは、セラピストになるのが難しい理由だったり、セラピストになれなかったときにも困らない代わりの仕事だったり、セラピストになれなかったときのショックを和らげてくれる何かだったり、いろいろです。

いずれにせよ、共通しているのことはひとつ。
「セラピストにならない」ことにフォーカスしているということ。
つまり、『セラピストになれない道まっしぐら~』ってことですね。

だからつまり、『なれなくてもなんの不思議もない』わけね。

5年前、私がカウンセラースクールに通っていたときに、先生が言った言葉で印象に残っているもの。それは
「カウンセラーになりたいと入学してくるたくさんの方の中で、実際にカウンセラーになるのはごく一部の人です。実際にカウンセラーになる人の共通点、それは『カウンセラーになると決めていること』ただそれだけです。」

私はその時点で『カウンセラーになる』と決めていたので、卒業の翌月にプロカンセラーデビューしました。
私の中にプロカウンセラーになる以外の選択肢は存在していなかったのです。

決める・決意する・覚悟する ってそういうこと。

あのときは私、決めていたからできたのねぇ・・・。

ってことは今なかなか出来ないあれは・・・・
決めてないってことだな(爆)

あ、自力で『決めること』が難しい人は、
セラピスト向けビジネス支援レッスンにお越しくだされば全力でサポートしますよ。
最後決めるのはあなたですけどね。
あなたがあなた自身を諦めない限り、私はあなたを諦めません。
あなたが『決意する』までサポートし続けます。


決めたあとは、やれる方法を考えるだけなんで、カンタンです。

今日も最後までお読みくださってありがとうございました。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)