インナーチャイルドカードで発見♪心の中の青い鳥,仕事も子育ても120%楽しむ女性の生き方研究所

東京のインナーチャイルドカード講座。カウンセリングで、自分の望む生き方にシフトするお手伝いをします。ナインバード、インナーチャイルドカード、パステル和アートなど。カウンセリング力重視のセラピスト養成講座が人気。会社にしがみつかない女性の生き方実践提唱中♪


【現在募集中の講座】



<カードセラピスト養成講座>



  インナーチャイルドカードセラピスト養成講座  受付中



  OSHO禅タロットセラピスト養成講座 受付中



<心理学講座>


  実践型心理セラピー講座 受付中



<数秘&カラープレゼンター養成講座>


 数秘&カラープレゼンター養成講座 受付中

<セラピスト向けビジネス支援講座>


 もう一歩踏み出すためのビジネス支援レッスン受付中



最新の開催日程は こちら を ご覧ください。



発見♪心の中の青い鳥 親子カウンセリング,実践型セラピスト養成講座,インナーチャイルドカード



発見♪心の中の青い鳥池袋セラピールームオワゾブルー現役カウンセラーが教える実践型セラピスト養成講座インナーチャイルドカード




NEW !
テーマ:
こんにちは、インナーチャイルド心理セラピストのふるたてひろこです。
インナーチャイルドカードセラピスト養成講座を始めとする各種心理学系講座をやっています。

人の言葉に傷ついたこと、ありますか?

一度もないという人はいないでしょう。
誰しも一度や二度はあるでしょう。
あるいは、傷つきっぱなし、と言う人もいるかもしれません。

かくいう私も子供の頃は、
人の言葉にいちいち傷ついてしまう繊細な子供でした。

あれは小学校高学年の頃でしょうか?
「 どうして自分はこんなに傷つきやすいんだろう?
こんなに傷ついてばかりじゃ生きていくのが大変。」
と思ったことを覚えています。

ここで大概は
間違った方法で対処してしまうのです。
心を閉ざして、人と関わらない。
とか
常に最悪の事態を想定して、期待しないようにする、とか。

まー、私もやりました(^_^;)
確かに、傷つくことは減ると思います。
でも、これをやると、人が怖くなります。人生がつまらなくなります。(そのメカニズムはまたいつか)

で、今日は。
人の言葉に悪戯に傷つかくなる方法をお伝えしますね。

あのね、
人の言葉に傷つくとき、
私たちはその言葉を全面的に受け入れちゃってるの。

誰かに
「お前はダメなヤツだ!」
と言われても

即座に
「自分はダメなヤツじゃないもん!」
と思えれば、何ら傷つかないのです。

「お前はダメなヤツだ!」
と言われて傷つくときは

実は自分が自分で
「自分はダメなヤツなのかもしれない」
と受け入れてしまっているときです。

以前こんなことがありました。
自宅てお教室を始めようとしていた女性が、「夫の言葉に傷ついた」とおっしゃいます。

どんなことがあったのですか?

「『教室の先生は、大変な仕事なんだ。責任も重いし、生半可な気持ちで出来ることじゃない。お前には無理だ。』と夫が言いました。」

なるほど、それで、どう感じましたか?

「傷つきました。悲しくなりました。そんなこと、言われなくたって分かってるよ、って思いました。」

・・・
言われなくたって分かってる?
何を?
教室の先生は責任重くて大変だってこと?
そんな仕事は自分には無理だってこと?

ね、
ご主人の言葉は実は自分の言葉。

自分が自分で薄々思っていることを、人から聞かされたとき、私たちはその言葉を「即採用」してしまいます。

本当は外部からの言葉は
「即採用」しなくていいんですよ。

採用するかしないかは自分で、吟味して、「採用」「不採用」のハンコを押し分けて、
「採用」したものだけを自分の中に入れ、
「不採用」にしたものは速やかに排出してしまえばいいんです。

心ない言葉、不安を煽る言葉、無駄にネガティブな言葉などなど、全部「不採用」のハンコをペタンと押していいんですよ?



身体は毎日それをしてくれています。
必要なものだけを吸収して、不要なものは体の外へ。
出来ないのは、便秘ですね。

人からの言葉や、
外部からの情報も、
何でもかんでも採用しなくていいの。
いるものいらないものに分けて、
「不採用」のハンコ押したら外に排出します。

あなたの中には
ちゃんと二つのハンコがありますか?


ちゃんと二つのハンコを使い分けられたら、
誰もあなたのことを傷つけることは出来なくなります。

本当は、
自分か自分を傷つけ無い限り、
なんぴとたりとも私たちを傷つけることなどできないのです。
人間の尊厳とはそういうもの。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(2)

テーマ:
こんにちは、インナーチャイルド心理セラピスト&講師をしていますふるたてひろこです。

あれは7年前、私がカウンセリングスクールに在学していた頃のこと。
授業の中のロールプレイで 、
担当の先生が クライアントの話を傾聴した後に、
気づきを促すべく、問題解決のヒントを示唆する言葉がけをしているところを見ながら 思ったものでした。

「どこからこんな言葉が出てくるんだ?私なら、こんな時にいったい何を言えばいいのか、ちっともわからないぞ」

そう思いながら、
じっと耳を傾けているうちに思いました。
この先生の中には、きっとたくさんの引き出しがあって、
その引き出しから、今目の前のクライアントに必要な言葉はこれ!と引っ張り出して来てるんだな。

と、同時に、
でもまだ私の
中の引き出しは空っぽに等しい。
これはなかなか困ったぞ、と思いました。

あれから7年。
私はたくさんの経験を積み、
そしてたくさんの心理療法や精神世界を学びました。

今、私の引き出しには、
たくさんの言葉が眠っています。
臨床の現場で、
毎瞬、目の前のクライアントの気づきを助けるために、必要な言葉が引き出しの中から勝手に顔を覗かせます。

今振り返って思うのは、
7年前の私の引き出しも、
決して空っぽではなかったということ。

41年分の人生の豊かな経験と知恵が詰まっていた。
ただあの時の私は、
どれを、どんな形で、
目の前のクライアントに見せればいいのか?がわからなかった。

それを単なる個人の経験の押しつけとしてではなく、
人間の心理や真理の側面から
伝える術を持っていなかった。

それが出来るだけの
心理療法的な知識が圧倒的に不足していたのだと、今はわかります。
それってね、
闇雲な経験だけでは補い切れないの。

私は幸い、
学ぶことが大好きで、趣味なので(笑)
学ぶことを喜びとして、
ただひたすらに、
ここまでやって来ました。
今もまだ、学び続けています。

時々聞かれることがあります。
「どこで学んだら、ふるたてさんみたいになれますか?」
と。

素晴らしい師に恵まれてきました。
今も必要と感じれば、
特定のスクールを紹介することもあります。

でも。
「どこで学んだら、ふるたてさんみたいなセラピーが出来るようになれますか?」

その答えは見つかりませんでした。

ここに至るまでに私が学んできたことを、全部習おうとしたら何年もかかります。
お金も、何百万円もかかってしまいます。

そんなにはかけられないけど、
今、自分の持っているスキルだけでは、目の前のクライアントの助けには足りない、
何とかしたい、
そう思っている人へ。

そう、7年前の私が、
「こんな講座があったら受けたかった」
と思うような、
そんな講座を作りました。

心理学や心理療法を
特定のひとつの領域に限定せずに学ぶ講座です。

私は、どんな優れた手法も、
万能ではないと思っています。
どんな素晴らしい心理療法も
この手法でやれば万人にうまく働く、ということは、残念ながらないのです。

その時、その場で、
その人に一番合ったやり方で。
それが私のセラピーのスタイルです。
それを、お伝えするのが、
『実践型心理セラピー講座』です。

一昨年の0期から今年の2期までを経て、
手探りで始めたこの講座も
随分手応えを感じるようひなりました。

最近まで学んできたことも加味して、この秋、3期をスタートさせることにしました。

ここまでが、私の中でひとつのトライアルになるのではないかと思っています。
次期(来年)からは料金を改定します。

9月から来年2月まで、月1回ずつ約半年間。
ともに学びと癒しを深めてゆける皆さまをお待ちしています。

現役セラピストさんやセラピストを目指す方だけでなく、自分自身の内面と向き合いたい方も受講されています。

詳細はこちらから。

1期受講の蓮井和泉さんからは、こんなご紹介を頂きました。

--------------
「蓮井さんは何処で心理療法を学んだの?」

私は心理療法のツールとしての資格は
たくさん持ってる方だと思います。

興味のある物なら、学ぶ意欲が湧きます。

数秘、カード、エネルギーワーク、インナーチャイルドヒーリング、spiritualリーディング…etc

私の行うどのセッションにも
心理療法の要素を多く含ませてます。

それが出来るようになったのは、この方のお陰!!

NLPやゲシュタルト、エンプティチェア、色々な手法を取り入れ、

そして何より、心理療法の基本の傾聴…
それらを総称して【心理セラピー】というのだと思います。

『大手』という表現が適切かは分からないけれど、有名どころのスクールは、その時の私には手の届かない金額だった。

先にお金を沢山かけて学んで頂き、
更に落とし込んでまとめて下さった、この方の存在は、私には大変有難かったです。
--------------


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
*******この記事は、2013年1月20日の、記事の再掲です。*******

こんにちは。
インナーチャイルドカード心理セラピスト&養成講師 ふるたてひろこです。

今朝の目覚めとともに感じた言葉。

-------------------------------------------------------------
足りないものを指折り数えるのではなく

今持っているものを指折り数えてみよう。
-------------------------------------------------------------

私たちはともすると
今の自分が持っていないものに焦点を当てがちです。

あれがほしい。
あれがあれば今よりもっと豊かになれる。

一見それは、成長のモチベーションのように見えます。

「あれ」を手に入れることが
純粋に よりよく生きるモチベーションになるならば・・・

一概にそれが悪いとは言いません。
モチベーションは生きるエネルギーですから。

でもね、

「あれがあれば今よりもっと豊かになれる」
その気持ちは

「今の私にはあれが足りない」

そんな欠乏感にもつながりがち。

「今の私にはあれが足りない」

そんな欠乏のエネルギーは
宇宙に欠乏のエネルギーを放ち、
ひいては「奪うエネルギー」へと変わって行きます。

本来、私たちには
足りないものなんて何一つないのです。

ないと思っているのは
足りないと思っているのは
ただの幻想です。

足りないと思うから
何かを手に入れなければならないと思います。

足りないと思うから
今とは違う何者かになろうとするのです。

もっと強く、
もっと賢く、
もっと豊かに。

なりたければ目指してもいい。
それが自分の望む生き方ならば。

私たちはただ、
この世に経験をするために生まれてきたのだから。

でもなれてもなれなくても
実はどっちでもいいのです。

なれてもなれなくても
自分の価値になにひとつ変わりはありません。



インナーチャイルドカード: Seeker of Wands(ワンドの探究者)

オズの魔法使いの主人公ドロシーは言います。

「今度心の望みを探しに行くのなら
 自分の家の裏庭より遠くへは行かないわ。
 なぜって裏庭の中で見つからないのなら、
 もともと持っていたものを失ったんじゃないってことだもの。」

外側に探し続けたものは、
実は全部自分の内側にあったのだ、
それを、オズの国への旅路を通して、
体験の中でドロシーたちは学びます。

まるで、私たちの人生の旅路のようですね。

そんなことをふと思った今日、
敢えて、夢や目標ではなく、
今自分が与えられているもの、

家族、家、健康、友達、仕事、人間関係、国、治安、自然環境・・・
そんなものに思いを馳せ、

ひとつひとつに感謝をしてみました。
このブログを読みに来てくださるあなたにも、ありがとうございます。

今日も最後までありがとうございました。

ブログ村ランキング、今年から参加します。
 

よかったら ポチッとクリックお願いします。
励みになります、ありがとうございます(^^)
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)