2005-06-07 09:46:35

ル・デッサン@牛込柳町(ディナー)

テーマ:フレンチ

dessan


大久保通り沿いにある14席の小さなレストラン。まだ開店して1年ほどではあるが、なかなか予約が取れない店になっている。私の場合、ほんの偶然なのだろうが前日に取れてしまった(笑)。
コースは3000円台と5000円台の2種。我々は5000円台のを選択。食前酒とワインもいただいて7000円くらいであがった。安くておいしくて、可愛いお店で人気になるのも頷ける。

●料理の写真はこちらをクリック
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-05-06 18:27:08

ジョエルロブション@恵比寿(2800円のランチ)

テーマ:フレンチ

rb


しかしまぁ、気軽にロブションに行くようになってしまっては
なんかこう私もダメだな、と思う(笑)。

もっとハレの日とか、デートの日とか、
ワクワクするような時とか、
そういう時のために取っておきたいものだ。

と言っても、基本メニューは3種類とも食べたので
内容が変わらない限りはランチには行かないと思う。

今日の前菜はサーモン。
私は生魚がダメなのだが、今回はあえて頼んだのである。
しかし、こんなに厚みがあって大きいとは思わなかった。(^^;
ロブションとはいえ、ダメなモノはダメだった(笑)。
まっ、前菜だからいいでしょう。(我慢して食べた)

豚肉はなかなかおいしかった。
でも、満席でテラスで食べることになったのだが
直射日光で風が強くて、あれじゃぁ、落ち着いて食べれない。
それを承知でOKしたのだが、勧めるお店もそれでいいのだろうか?

パンを半分食べて皿に置くと風で飛びそうなのだ。(^^;
だから、置くこともできずに食べきるしかないのである(笑)。

サーモンの野菜なんて、来たらすぐに野菜だけを先に
食べきるしかなかった。ホントに風で飛んでしまうから。

なので、コーヒーはパスした。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-03-21 15:12:20

シェ・リュイ@代官山(一軒家の落ち着くフレンチ)

テーマ:フレンチ
代官山駅から5分ほどの静かなところに建つ
一軒家のレストラン。店内はやや複雑な構造に
なっており、下を見て歩かないとつまずきそう。
平日の1時半、そんなに客数はない。
むしろ静かでいいかな。
ランチメニューは以下の通り。
【本日のランチ】 1,200円(税込)
 本日の魚料理又は本日の肉料理
【Menu A】 1人前 1,500円(税込)
 スープ+魚料理 又は 肉料理
【Menu B】 1人前 1,800円(税込)
 スープ・魚料理 又は 肉料理+デザート
【Menu C】 1人前 2,200円(税込)
 前菜+魚料理 又は 肉料理+デザート
【シェフ おまかせコース】1人前 3,500円(税込)
・オードブル
・長崎港より直送の鮮魚料理
・シェフのおすすめの肉料理
・デザート

※すべてパン・食後のお飲み物が付く。

この中からCを選び、さらにデザートを追加。
なんと言ってもパティスリーの老舗として
有名な店でもあるし、デザートは食っておかないと。
という気分だったのだ。

しかぁ~し、前菜もメインの鴨肉もさらにはデザートも。
どうにも普通というか、これといった個性もなく、
ちょっと拍子抜け。特にデザートは期待して追加(つまり二種)
したにも関わらず、どちらもパッとしなかった。

雰囲気はいいんだけどねぇ~。
ーーーーーーーーーー
Restaurant Chez Lui
住所:東京都渋谷区猿楽町20-15
アクセス:東横線代官山駅より徒歩5分
営業時間:11:30-16:00(ランチLO 14:30)、18:00-23:00
定休日:無し
電話:03-3461-0070
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-03-14 10:09:33

ジョエル・ロブション(最近食べた中で最高峰のランチ)

テーマ:フレンチ
実は前のロブションの印象はそんなに良くなかった。
だから経営が変わったと言っても興味がなかったのである。
しかし、この近くにいて「さて、昼飯をどうしようか?」
と思った時に、ついつい、食べてみたくなったのだ。
まぁ、ランチならまた失敗してもいいや、くらいの
気持ちで・・・。

午後も2時くらいだったからか、店内は空いていた。
にも関わらず、一人だったからか、個室風の席へ
通された。この気遣いがまずは嬉しかった。

1Fのランチは2800円のみ。プラスデザートで3700円。

まずはパンをいただいたがこれが旨い。
次にアミューズ。
ここでもうすでにそのうまさにやられてしまった。
前菜のカリフラワーの冷製スープカレー風味に
いたっては、うまくて皿をなめたいほど(笑)。

メインの「フォアグラのポワレ、パルメザンチーズ風リゾットあえ」
にいたっては、しびれた。いや、毒が盛られていたわけではない。(^^;
フォアグラだけで食べても相当旨い。今まで何度も食べてきた
食材ではあるが、こんなにうまかったか?と思えるほど。
そして、リゾット。米の固さが絶妙。味付けも申し分なし。
そして、それを一緒に食べるとまた味わいが変わり、
とてつもない至福が訪れる。
あぁ~、おいしい幸せってのは、こういうことを
言うんだろうなぁ~と悦に浸る。

デザートはシャーベット。
なんだ、シャーベットか、と聞いた時は思ったが
これも美味すぎ。ここまで美味いのがあるんだと
びっくり。

そして味以外にも驚いたのが、接客サービス。
個室風の席に座ったためにギャルソンからも見えにくい。
普通に気の利く店ならちょこちょこと私の食べ具合を覗いて、
食べ終わったら片づけに来る感じである。

ところが、この時はそういう「覗き」が感じられなかった。
なのに、食べ終えて、グッドタイミングで片づけに来る。
カメラでも仕込まれていたんだろうか?
というくらい絶妙のタイミング。

味・接客・サービス・器、すべてにおいて感服。
まいりました。
私は典型的なコレクタータイプなので
一度食べたら満足して、他のレストランを
探し始めるのだが、ここはまた来たいと思った。
近いこともあるが毎月でも来たいと思った。
次回もこの感動を提供してくれるのだろうか?(^^;

※料理の写真はこちらの私のブログにアップしてあります。
ーーーーーーーーー
シャトーレストラン ジョエル・ロブション
目黒区三田1-13-1 恵比寿ガーデンプレイス内
03-5424-1338(ラ・ターブル・ドゥ・ジョエル・ロブション)
ランチ 11:30-14:30
ティータイム 14:30-17:00
ディナー 18:00-22:00
●ジョエル・ロブションのホームページ
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-02-15 18:43:58

ル・ヴェルデュリエ@鵜の木(住宅街にひっそりと佇むフレンチ)

テーマ:フレンチ
昨年の3月頃にオールアバウトの日記で告知させていただいた「フレンチオフ」を開催。男性陣が最初に3人決まり、この日記を通じて女性を募集。(だいたいガイドテーマと関係ないオフの募集をあの日記でやっていいんだろうか?(笑)と今更ながら・・・)

どれくらいの反応があるのか、まったく予想が付かなかったのですが、3-4名を希望していたのですが、2名からの応募でした。(しょぼーん)

日記で追加募集をするのも格好悪すぎなので、参加者に頼んで女性を二人追加。いやはや、なんとも。

「大田区のフレンチ」としか書いてなかったのに参加者も他の読者の方も場所を当ててしまったのはいったいどういう訳なんでしょう?大田区には他にも沢山のフレンチがあるのに・・・。そんなわけで行ってきたお店は「ル・ヴェルデュリエ」(鵜の木)。ある意味、知る人ぞ知る店なわけです。

私は鵜の木駅に初めて降りました。ということは、私が気になったラーメン屋さんがない駅ということ。他の参加者にいたっては「多摩川線って、初めて乗りました」という方がチラホラ。

23区内なのに、なかなか足を運ばない地域ですね。しかも、お店はさらに「こんな所にあるの?」という住宅街にひっそりとありました。なかなかいい雰囲気でしたがランチだったからか、私にはちょっと満足度が高くなくて・・・・。さらに意気消沈。(しょぼぼーん)

おいしかったのですがボリュームが少なめだったのと、出てくるまでの時間がかかり過ぎかなぁ。。。

それを察したのか、地元の方が「こっちに行くと福山雅治が歌にした「桜坂」がありますよ」と突発的花見大会。「へぇ~」とか「ほぉ~」とか言いながら見学してきました。

で、なぜかその後、田園調布駅まで歩きました。都合、電車の3駅分ですがな・・・。(笑)

いやはや、冷や汗かき通しのオフ会でした。
ーーーーーーーーーー
ル・ヴェルデュリエ 
住所:大田区鵜の木3-2-10
電話:03-5741-7687
営業時間:11:30~(L.O.14:00)、17:30~(L.O.21:00)
定休日:水休(祝は営業)
交通:東急多摩川線鵜の木駅より徒歩7分
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-01-25 13:43:52

クーカーニョ@渋谷(渋谷の夜景を見下ろしながら食べるプロヴァンス料理)

テーマ:フレンチ
今年初フレンチはゴージャスに、40Fの高さから
渋谷の夜景を見下ろしながら、、、、、ってね。

でも、ゲストに夜景を見えるようにしていたので
私は席に着くまでの3秒間と、帰る前にゆっくり見た
5秒間しか見ることができませんでした。(^^;

そうそう、セルリアンタワーって、渋谷駅から歩いていくと
なんだかたどり着くまでに迷いますね。
目の前にそびえ立っているにもかかわらず。
3人で「あれ?こっち?間違えたかな?」とか
言いながら、少々冷や汗を滲ませてやっと辿り着きました。

お店は南仏プロヴァンス料理らしく、
見事にプロヴァンスでした。(って、なんやそれ(^^;)
(しまった。調べたら地名だった。。。)

ポーション少なめに種類を多く、と頼んだので
いろんなものをいただくことができました。

これらの料理に合わせたワインがまた個性的で
最初はドイツの白。独特の風味豊かなワインで
初めての味(経験値少ないですが・・・)。
しっとり甘めで飲みやすかったです。

後半の赤は、一転、苦みを利かしたもの。
料理に合っていて、なかなか良かったように思います。

驚いたのはデザート。
「こちらが一つ目のデザートになります。」
と言って運ばれてきたのです。
「ん?『一つ目』てことは、もしかして『五つ目』
なんてのもある??」なぁ~んて、デザート好きな
私の気持ちが言葉に出てしまいました(笑)。

実際は二つだったのですが、デザートが2回運ばれてくる
というのも初体験(ポッ(*^^*))でした。

そういや
「レストランでは、ドレスコードをお願いしております」
だそうで、最近そんな店には行ってなかったので
普通のスーツで大丈夫かな?
などという要らぬ心配までしてしまいました。(^^;

接客・サービスもスマートで気持ちよく食事を
いただけました。

この店は「勝負!」の時に来るのがいいかもしれませんね。
カップル向けと言ってもいいでしょう。
あっ、普段は一人が多い私ですが
さすがにこの日ばかりは、2対2でした。(^^;
合コンじゃありませんよ。(笑)

この日、いただいた料理。
タラバ蟹を詰めたトマトのファルス柚子風味
 最初から蟹がガツンと来て、まんまんとやられました。(^^;

ポロ葱のプレッセとエスカルゴのソテー
 エスカルゴが旨い。それととろけるポロ葱。

有機野菜のエチュベと冬の味覚赤貝の軽いソテー(写真)
 ちょっと箸休め気分ですがそれぞれが美味い。

シェーブルチーズとオマール海老を詰めたラヴィオリ
 スープも美味いし、オマール好きなのでほっぺが落ちました。

アンコウとアン肝のソテー
 う~ん、まいった。嫌らしさのないアンキモ。

ドンブ産ウズラとフォワグラのパイ包み焼
 メインであり、ウリのメニューではないでしょうか?
 メインとしてのビジュアルは、あれれ?という感じでしたが
 うまいですねぇ~。

リンゴとブリーチーズを熱く焼いたルコーラのサラダ
 ルッコラの味が濃厚で美味。

アヴァンデセール
グランデセール

 2種類のデザートはおとなしく「締め」の味わい。
 好みとしては、もうちょいガツンと来ても良かったかな。

コーヒー・紅茶又はハーブティーと小菓子

というわけで、なかなか素晴らしいひとときを
過ごすことができました。
ーーーーーーーーーー
セルリアンタワー東急ホテル40F
渋谷区桜丘町26-1
Lunch 11:30 ~ 14:00 
Dinner 17:30 ~ 22:00
席数 68席 個室 2室(6名様~12名様)
TEL 03-3476-3000
●クーカーニョの紹介ページ
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2004-12-12 22:20:27

VIRON@渋谷(仏直輸入の小麦粉を使うパン屋さん)

テーマ:フレンチ
【びろぉ~~~~ん】

これで渋谷の店を思い浮かべたアナタは偉い!(^^;

いやね、私ですら「VIRON」は知ってるわけですよ。なんと言っても昨年のベストパン(オールアバウトのパンガイド調査)でも全国4位という強者です。

おまけに東急本店の前にあり、私ですら何度も前を通ってます。それにあの赤い装飾が目立つ目立つ。

でもね、そこでパンを買ったこともない私は読み方を知らなかったのですよ。「ヴィロン」なのか「バイロン」なのか、と。店の前で腕を組んで考えましたよ。よせばいいのに、ロゴを見ながら考えたら、私の頭の中には「びろぉ~~~~ん」としか浮かびませんでした。だって、あのロゴのRを見てくださいな。伸びてるわけです。これはもう伸ばすに違いないな、と。もう私の中ではあの店は「びろぉ~~~~ん」です。可哀想に。(^^;

選んだのはまったくの気まぐれ。ホントは入り口左にあるケーキにしたかったのですが、ケーキを買ったんじゃ、失格だな、とか思っちゃったりして(笑)。

今食べてるんですけどね、どれも旨いです。ただ、後悔しているのは夕方ラーメン2杯食べた後に、これらのパンを夜食用に買ってきたことです。お腹はいっぱいなのに、旨いから食っちゃうし、まだ仕事は残ってるし(今22時半)、でも食いたいし、苦しいし。。。。

ヤバイです。と言いながら食ってます。(もぐもぐ)

ふぅ~~。
(2004年6月)
ーーーーーーーーーー
VIRON(ブランジュリー・パティスリー・ブラッスリー ヴィロン)
東京都渋谷区宇田川町33-8 塚田ビル1F2F
TEL 03-5458-1770(1F販売) 5458-1776(2Fブラッスリー)
営業時間:9時~22時(ブラッスリーは~24時)
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2004-12-01 20:30:56

誤時@代官山(フレンチと和食の同居)

テーマ:フレンチ
旧山手通り、西郷山公園の隣にあるサンタフェ風の建物が「誤時」。私は「サンタフェ」というとどうしても宮沢りえを思い出してしまう。今も脳裏から焼き付いて離れないあの表紙(買ってませんけど)。そしてマスコミ報道が出る前の衝撃的な朝日新聞の全面広告。

サンタフェというのは、米国のニューメキシコ州にある都市名のことです。もちろん私は行ったことありません。上野のサンタフェならあるけど(笑)。でも、ここでいうサンタフェはパリのリゾートのサンタフェのことらしい。当然こっちも行ったことないです。六本木ならあるけど(笑)。

このお店、入り口にはちょっと和風の感じもあります。それは何故かというとなんと、フレンチと和風の同居するレストランなのです。最近「フレンチと和食の融合」などをうたう店もありますがそういう類とも違います。

ロイヤルパークホテルで修行した姉「加賀田京子」(料理の鉄人で勝利したこともある)となだ万で修行した弟の「加賀田龍之介」がフレンチと和食を出し合っているのです。複数人で行って、一人はフレンチもう一人は和食、というのが叶姉妹、、、じゃなくて可能なのです。さらには一人で行っても前菜やデザートがフレンチでメインが和食というのですら叶姉妹(しつこいって(^^;)。

私はフレンチのみでいきました。前菜は鴨のロースト。メインは仔牛にトマトと茄子をのせて焼き上げたもの。デザートがミルクティー風味のクリームブリュレ。なかなかおいしかったです。特にブリュレがたまらなかったなぁ。(ランチ3000円)

そうそう、この前、パン好きの方とお会いしてから、パンにも気を配りながら食べるようにしています。今日のはパン語的にはハード系というのでしょうか?固いったらありゃしない、というくらい固い。歯が弱ってきている私には(でも歯医者には生まれて一度も行ったことがない)格闘食でした。でも旨い。私はカタウマ系と名付けました。固いのにおいしいからたくさん食べてしまって、今でもアゴと歯茎が痛いです(笑)。

接客も雰囲気も良かったし、また行こうかな。
(2004年4月)
ーーーーーーーーーー
TEL:03-5428-1250
住所:渋谷区鉢山町15-8
営業時間:11:30~14:00、17:30~22:00
定休日:月曜日
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-11-27 18:56:28

クレオール@白金台(静かな大人のフレンチ)

テーマ:フレンチ
ここは、目黒にある「キャス・クルート」の姉妹?店。
「キャス・クルート」には2回行ってますが
値段、雰囲気、サービス共に普通の印象。
逆に言えば、気取らずに気軽に行けるお店、かな?(^^;

そんな印象が頭にあったので、お店に着いた時には
「大人じゃぁ~ん」と思ってしまいました。(笑)
そう、「大人のレストラン」という感じなのです。

まぁ、白金という雰囲気もありますが、
店自体も厳かな雰囲気を持っております。
でも、そんなに堅苦しくはない感じ。
ゆとりのある空間が気に入りました。

ランチは3500円のコースのみ。
まずは、食前酒としてボジョレーがサービスで
出てきました。今月末までのサービスのようです。

なかなか素敵なテーブルには箸も置いてありました。
そして、サービスのワイン。

パン。パンは温かい方が良いのか、冷めた方が良いのか?
私にはよくわかりませんが、個人的には温かいのは好きです。
ここも温か、というか、焦げてないか、これ?(^^;
焦げてはいませんが、よく焼けてます。
そして、なかなか旨いです。当然、全部食いました。

海鱒のマリネとしょうが風味のニョッキ
「魂のワンスプーン」みたいに一口で食べます。
(そういや麺屋武蔵の山田さんが勝ったみたいですね。)
おかきの食感が楽しく、そして海鱒がいけてます。

北海道産帆立貝の自家製燻製及び赤カブと林檎のお菓子仕立て
胡桃のクリーム添え   
赤カブと林檎の組み合わせが口の中で楽しいですね。

プチ・トマトのコンポートとフレッシュチーズ
テーブル上で温かいコンソメを注いでくれます。
量が少ないのですが、なかなかおいしい。

骨付のもち豚のクレオール特製タジン
(スパイスを利かせたモロッコ風煮込み料理) 
シチリアのアーモンドやオクラがアクセント  

メインは魚と肉の選択なんですが肉を選びました。
実は、これはあまり感動しなかったです。(^^;

アカリグア(フランスのヴァイス社のショコラ)を
たっぷり使ったチョコレートムース
山梨産 巨峰のコンポートと一緒に

これも口に入れた時の食感が楽しいです。
もちろん味の方もなかなかのものです。

メインであまり満足できなかったので
全体としてダメかな?と思いきや、
そんなことはなくて、結構気に入りました。
なかなか良い店ではないでしょうか?
夜も来てみたいですね。

目黒通りと外苑西通りから一本入ったところなので
静かだし、落ち着いて食事が出来そうです。
この日は、私以外におばさん4~5人グループ。

そんなおばさんたちも
「静かでいいお店だわねぇ~」って言うじゃなぁ~い。

・・・でも、静かなのは表のことで
あなた達は、賑やかすぎて雰囲気台無しなんですから~
残念~っ!

シロガネ~ゼもしゃべってばかりじゃ
しょうがね~ぜ斬りっ!

まぁ、そう言う私も男一人で白金でランチしてるわけで・・・。
切腹っ!
ーーーーーーーーーー
港区白金台5-18-17 2F
03-3441-8307
12:00-14:00、18:00-22:00
月曜休み
ランチ3500円 ディナー6800円他
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2004-11-16 22:48:23

ラ・フィーユ・リリアル@目黒(隠れ家的なカジュアルフレンチ)

テーマ:フレンチ
今日の昼は目黒にある「ラ・フィーユ・リリアル」というフレンチ。
ラストオーダーギリギリに滑り込み、なんとか食べさせていただいた。

ほうれん草のスープ
ヒラメ(写真)
ブランマンジェ

それと紅茶で1800円(+TAX)。

雰囲気も良く、1時半過ぎにもかかわらず来客数も多い。
味の方も接客も大変良かったのできっと人気店なのでしょう。

ただ一つ、気になったのは、
男性のよく通る話し声がギンギンに聞こえてきたこと。
客(つまり私のこと(^^;)を不快にさせるくらいの
大声(響いてただけかも)なので心得のない客なのかと思ったら、
なんとカウンターに座っている女性客二人を相手にしている店主?
(あんなにしゃべっていて怒られないんだから店主でしょうね)
であった。あらあら。

ゆっくりお茶を飲む気持ちにもなれずに、
ちょっとストレスをためながらお店を後にしました。

こんなこともあるんだなぁ。。。
(2003年11月のある日)
ーーーーーーーーーー
品川区上大崎3-4-9
03-6408-0433
営業時間:11:30~13:30、18:00~21:00
月曜定休
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。