【 常々思う候 】

テーマ:
 
この手の記事を見るといつも首を傾げてしまう。
内容がスーッと腹に落ちないのである。
 
・正規の受皿減少=非正規増大
・非正規でいるのは仕方なく
 
リーマンショック以降、確かに企業の雇用情勢は変わったと思います。
毎年のように『今年は新卒を採らない』、採ったとしても『若干名です』とか。
記事で言われてるように、確かに狭き門にはなったのは事実。
 
働く側からの視点ばかりではなく、記事で言う受皿側としてみたらどうなるのか。
 
景気が悪くなると多くの企業はまず人件費に目を向けます。
 
仕事柄、様々な企業の人事担当者や総務部長さん等とお話をする機会が多いので、ニュアンスは三者三様で違うけれども、大枠で捉えると皆さん仰る事は同じです。
 
製造業でしたら、手順書があれば誰にでも出来そうな仕事は非正規に。
ホワイトカラーでしたら、業績に左右されない業務や、お金を直接扱わない業務などを非正規に。
 
果たして本当に狭き門なのでしょうか。
受皿側も決して無条件で誰でも受け入れる訳ありません。
では無条件ではなく、条件をクリアしている人なら?
何個か前のブログでも書きましたが、今後は手に職を持った人しか食べて行けない世の中になるのでは?と。
 
政府は『働き方改革』とかハードの部分ばかり。
法改正もそう。
 
働く側の人達も意識を改革してみてはどうか。
※皆が皆ではありません。ほんの一握りの方達。
 
・企業が欲しがるような何か武器を備えようと努力する(スキルでも性格でも)
・就いた仕事が合わないとすぐ見切りをつけていないだろうか。
・仕方なく非正規にと言う方、どうしても就きたい仕事があり、そこを目指していて仕方なくなら分かります。
 
簡単な指標だが、『自分が経営者だとして、今の自分を採用したいかどうか』。
 
世の中、どうしても自分の都合ばかり優先する方が多い。就職は相手があること。
 
過去に何人も非正規から一流企業へ入り、のし上がって行った人を見て来た。
私が派遣会社の営業で、担当していた派遣社員がである。
派遣社員の中でも何か輝くモノがあれば、必ず企業の方は見ています。
その輝きを発するか発さないか。
発するモノがなければ手に入れようとしているのかどうか。
それも無しに無条件で正規になりたいという〝時代〟では無いように思う。
 
長々とスミマセン  m(_ _)m
AD