ゴン駄々吉 嗚呼、今宵もわんぱくの粋

世界はいつもそれ以上でも以下でもなく、ただ世界としてそこに存在する。色眼鏡で世界を覗こう!さすれば世界はそれ以上にも以下にもなりうる。世界は僕のモノであり、僕のモノでない。


テーマ:
こんつー、
ゴン駄々吉です。

各界から三俣婦人会旗揚げに際し
応援コメントを頂戴しました!

今回はー!

『上田ダイゴさん(マーベリックコア/火曜日のゲキジョウスタッフ)』
{DA49FB3F-95A7-42AE-A23C-35F09570DBE9}

ドドーーーン、っと!!
↓             ↓               ↓
        ↓              ↓
それは30分の二人芝居の公演。
芝居が始まるとスーツをラフな感じで着こなしたゴン駄々吉が登場。
カウンターチェアーに腰掛け、お客さんに向かって流暢に落語テイストのひとり語りを始める。
『ほう。面白い導入部で来たな』と客席の私。
そのままゴン駄々吉のひとり語りは続く。5分、10分、15分…
徐々に不安になる私。そんな不安を他所に、ゴン駄々吉は延々と喋り続ける。
さらに20分、25分、気付けば語り口は完全に落語のそれになっている。
そして…驚くなかれ、最後に『下げ』が決まってそのまま終演したのだ。

聞けば本番直前に諸事情で共演者が降板されるというアクシデント故の変更だったそうだが、それにしたって度肝を抜かれた。

旗揚げ公演のチラシには豪華な出演者が並んでいるが、私は『とか言いつつ、また一人でカジュアル落語をするんじゃないのか?』という期待に胸を膨らませている。

上田ダイゴ(マーベリックコア/火曜日のゲキジョウスタッフ)




ダイゴさん、
・・・ありがとうございます!!
ゴン駄々吉。に、なるその前から
ずっと作品を見続けて貰ってる大先輩!

わー、カルジュアル落語!
あの世紀の大イリュージョン芝居!
落語!?
あれで僕は心臓に毛が生えましたね。

これからもずっとかまって下さいね!
ありがたやのコメント、
感謝です!!




三俣婦人会 
旗揚げ公演
「生きものの塊 -喜劇 3匹のこぶた-」

脚本・演出
ゴン駄々吉

出演
武田操美(劇団鉛乃文檎)×野村有志(オパンポン創造社)

奥田さぶりな美樹てぃー(IsLand☆12)  
ピンク地底人5号(ピンク地底人) 
岩切千穂(仏団観音びらき)
徳永健治 
西原希蓉美(満月動物園)  
清田亜澄(劇団ほどよし)  
〈声の出演〉池下敦子
ゴン駄々吉

日時
2017年

料金
前売2500円
当日3000円

会場
TORII HALL
TEL 06-6211-2506

三俣婦人会ホームページ
三俣婦人会ツイッター
三俣婦人会こりっち




三俣婦人会    ゴン駄々吉

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

駄々ちゅるんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。